ツーリングキャンプ初心者におすすめ用品10選!初めに必要なのはコレ!のイメージ

ツーリングキャンプ初心者におすすめ用品10選!初めに必要なのはコレ!

初めてツーリングキャンプに行く時の持ち物は本当に悩むものです。色々な雑誌や情報をみても、どれがおすすめなものなのか判別出来ないのが初心者の方です。実際にツーリングキャンプを行ったうえで、初心者におすすめの用品と感じた用品をご紹介していきます。

2020年05月03日更新

HANA0087
HANA0087
キャンプなどのアウトドアが得意分野です。バイクに乗って旅をしている傍らキャンプギヤやアウトドア製品などを皆さんに実践経験と最新情報をお届けしていきます。またバイク用のバッグ・アクセサリー品などのwebショップもやっていますので、商品の魅力や性能などわかりやすくお届けできるようにライティングもおこなっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ツーリングキャンプ初心者の持ち物
  2. ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品をご紹介
  3. ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品1
  4. ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品2
  5. ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品3
  6. ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品4
  7. ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品5
  8. ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品6
  9. ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品7
  10. ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品8
  11. ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品9
  12. ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品10
  13. ツーリングキャンプ初心者はリストをつくろう!
  14. ツーリングキャンプ初心者の装備品のポイント
  15. ツーリングキャンプおすすめ用品10選!まとめ

ツーリングキャンプ初心者の持ち物

ツーリングキャンプ用品選び方のポイント

バイクでいくツーリングキャンプはとても楽しいです。キャンプ当日も楽しいですがキャンプ用品の持ち物を揃えていく過程も楽しいですね。しかし家族でいくファミリーキャンプと違いツーリングキャンプはバイクに車載していかなければなりません。キャンプ用品や持ち物も、どれだけコンパクトになるかなどの装備がポイントとなってきます。ツーリングキャンプ用品の初心者でも簡単で分かりやすい選び方をご紹介していきますね。どのようなポイントをおさえると良いのかなどが分かると、選び方も簡単ですよ。

キャンプ用品選び方1:簡単に使える用品を選ぶ

ツーリングキャンプでの持ち物は簡単に使えるものを選んでいきましょう。簡単に取り出せたり簡単に使いこなせる用品はストレスも少なく面倒だと思う事が少ないので使いのも楽しいですよ。テーブルやクッカーなどの用品や、ガスコンロなども簡単なものがおすすめです。ツーリング途中の休憩場所でさっと取り出せてコーヒーなど簡単に飲めればキャンプ場に行くまでの時間も楽しくなりますね。キャンプ用の持ち物は簡単に使いこなせるものをポイントとして選んでいきましょう。

キャンプ用品選び方2:コンパクト装備の用品を選ぶ

次のポイントはコンパクトになりバイクへの装備がしやすいものを選ぶことです。バイクへの車載はほとんどの方が箱やバッグなどを使用して装備をおこないます。ハーレーやアメリカンタイプのバイクなどは比較的装備がしやすいのですが、ツアラーやオフロードタイプのバイクは装備をおこなうのに、荷物があまり乗せられない造りになっています。いかにキャンプ用品や持ち物をコンパクトにまとめて装備をおこなうかがポイントとなりますので、用品もコンパクトに収納できるものを選んでいきましょう。

キャンプ用品選び方3:初めは安めな持ち物を揃えよう

ツーリングキャンプ初心者の方は、初めから高いキャンプ用品を購入するのはおすすめできません。確かに有名メーカー品などはしっかりしている物が多く安心して使用出来るものが多いです。しかし値段もそこそこしてしまうのでキャンプを始めたいと思っていてもお小遣いだけでは中々揃えられないもの現実です。やっとの思いでキャンプ用品を揃えても、キャンプ自体が自分には合わないと感じてしまった場合には、無駄な買い物になってしまう事もあります。まずはお試し感覚で気軽に手に入るキャンプギアなどを購入してみてはいかがでしょうか?

ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品をご紹介

初めに必要な用品はこちらの持ち物でOK

ツーリングキャンプ用品は、キャンプをおこなっていくうちに自分にあった用品や簡単で使いやすい用品などが分かっていくものですが、初心者の方はいったい何を揃えたら良いのか分からないと思います。その結果不必要なものを購入してしまい購入したが1度も使用していない用品が出てきてしまいますね。初めてキャンプをおこなう時にこれだけ準備しておけばキャンプが楽しめる最低限の用品とポイントをご紹介していきますね。焦らずポイントさえおさえておけば楽しいツーリングキャンプがおこなえますよ。

ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品1

初心者に必要な持ち物:テント

ツーリングキャンプをおこなう場合にテントは必ず必要となります。ツーリングテントはコンパクトに収納できるものが多く販売されていています。サイズなどを確認して購入するとバイクへの装備も簡単におこなえます。テントのサイズはソロ用でも装備している荷物や着替え、ヘルメットなどの持ち物もテントの中に入れておきたいので2人~3人用のテントを選ぶのがおすすめですよ。雨の日でなくても夜露などで荷物が濡れる可能性もあるので荷物はテント内にしまうようにしましょう。

ツーリングテント:選び方ポイント

初心者のツーリングテントの選び方としてまずは形を選んでいくのがポイントです。テントにはドーム型テントやポールテント・ワンタッチテント・2ルーム型テントなどの種類がありますがツーリングキャンプに適しているのはコンパクトに収納できるドーム型かポールテントがおすすめです。ドームテントはシングルウォールとダブルウォールがありますが、設営が楽なのはシングルタイプですね。結露や浸水が気になる方はダブルウォールタイプがおすすめです。ポールテントはポールを真ん中に立てるだけなので簡単に設営がおこなえます。

ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品2

初心者に必要な持ち物:銀マット

銀マットはテントの中に敷きこみ、その上にシュラフを敷いて就寝します。エアーマットなども良いのですが空気の入れる手間や収納する時間を考えた場合、初心者の方には銀マットをおすすめします。くるくると巻ける銀マットがバイクのライトの上に装備できますし、折りたたみの銀マットはコンパクトに箱や袋に収納できるのでおすすめですよ。肌寒い日のキャンプでも暖かく就寝できるのも特徴です。サイズが色々ありますのでテントサイズに合わせて購入しましょう。

銀マット:選び方ポイント

銀マットの選び方のコツとしてはバイクへの装備に邪魔にならないかが基準となります。ロール式タイプの銀マットはライトの上に装備ができるアメリカンタイプのバイクの方におすすめです。見た目も旅感が出せて良いですね。ツアラータイプのバイクの方には折りたたみができる銀マットがおすすめです。コンパクトになるので箱や袋に入れられ楽に詰め込めます。銀マットの使い方は普段は地熱を抑えるために銀面を下向きに使い寒い時季は上向きにして保温性を高めましょう。

ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品3

初心者に必要な持ち物:シュラフ

シュラフはテント内で寝るために快適なアイテムとなります。シュラフを使う時季によって使い分ける方法もあります。夏場などのキャンプでは筒型のシュラフがおすすめです。横がジッパーのなっているタイプのシュラフは広げて毛布代わりにも使用できて開放感があり快適に寝られます。他の時季におすすめな形はマミー型のシュラフです。スッポリと中に入れ体を包み込んでくれるため、風が中に入らず暖かく眠れますよ。多少窮屈に感じる方もいらっしゃいますが、マミー型は暖かくて安心感があります。

シュラフ:選び方ポイント

シュラフの形以外の選び方のポイントとして素材で選ぶ方法もあります。シュラフの素材は大きく分けて2種類あります。化学繊維の素材のものとダウン素材のものです。化学繊維素材のものは中空ポリエステルのものが多くお手ごろな値段で購入しやすく、シワや型崩れに強く洗濯しても大丈夫です。カビに強いのも特徴的ですね。ダウンは軽量で保温性も高くコンパクトに収納できますが、金額が高いものが多いです。またデリケートなので雨に弱くカビなどにも注意が必要です。初心者は化学繊維のメンテが簡単な素材から試してみてはいかがでしょうか?

ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品4

初心者に必要な持ち物:ランタン

キャンプツーリングの夜の食卓を明るく照らしてくれるアイテムとしてランタンは必要となります。キャンプ場の夜は基本真っ暗になるのでランタンを準備しておくと料理や作業するのにも安心して作業がおこなえますよ。ガスランタンやガソリンランタンの灯りは優しく周りを照らしてくれ夜のキャンプが楽しいものになりますね。また積載に余裕があればテントに吊るすランタンなどがあればテントの出入りも楽にできます。夜のキャンプ場を快適に過ごす為にランタンは必要なアイテムとなってきます。

ランタン:選び方ポイント

ランタンの種類にはガスランタン・ガソリンランタン・LEDランタンがあります。ツーリングキャンプにおすすめなのはガスランタンかLEDランタンがおすすめです。LEDランタンは電池があればその場ですぐに明るくなり燃料などが要らないので初心者にはおすすめです。ガスランタンはクッカーでの料理に使用するガスストーブの燃料がそのまま使用できるので楽にランタンを楽しめます。優しい光で癒されますが、ガラスグローブになっているので持ち運びには注意が必要となります。

ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品5

初心者に必要な持ち物:ヘッドライト

ヘッドライトは夜のキャンプ場での移動に必要なアイテムとなります。夜間のトイレに行ったり、食事のあと片付けに行く際にキャンプ場はとても暗く足元が不安定となります。そんな時に役に立つのがヘッドライトです。ヘッドライトは頭に装着しているので両手も使えます。荷物が多い時でも安心して明るさを確保できますね。楽しい焚き火などの火おこし作業でもヘッドライトは役に立ちますね。色々な場面で使えるヘッドライトは準備しておきましょう。コンパクトなので荷物にもなりません。

ヘッドライト:選び方ポイント

キャンプで使用するヘッドライトは、LEDのヘッドライトが主流となっています。選び方として注意しておきたいのがヘッドライトの明るさです。すごく明るいものを購入してしまうと、明るすぎ手元が逆に見えにくくなったり他のキャンパーの方に迷惑がかかる場合も出てきてしまいます。10M位の範囲が照らせるもので十分使用可能ですので、明るさは注意して選びましょう。広角照射式ヘッドライトなどでローモードと切り替えが出来るものであれば場所に応じて使い分ける事もできますよ。広角照射でも20ルーメンの明るさがあれば完璧です。

ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品6

初心者に必要な持ち物:ガスバーナー

キャンプ場で楽しい料理をする時に大活躍するのが、ガスバーナーです。シングルバーナーやガスストーブとも言われています。軽量で使いやすくキャンプ料理を簡単に楽しくおこなえるアイテムですよ。種類もたくさんあります。ガスバーナーによってはカセットコンロ用のガスを使用できるものもあります。こちらのタイプはキャンプ場で燃料切れになってしまっても近くのコンビニなどで入手可能ですので便利ですよ。楽しい料理をおこなったりコーヒーを飲むのにお湯を沸かしたりと色々使えるガスバーナーは準備しておきたいですね。

ガスバーナー:選び方ポイント

ガスバーナーの燃料は2種類あります。OD缶という丸みを帯びたアウトドア専用のガス缶です。屋外のキャンプ場などの使用でも火力が安定してくれるのが特徴です。火力の安定を重視したい方にはおすすめですね。ただし購入場所は限定されたショップでしか購入できないので事前に燃料を確認しておきましょう。CB缶はカセットコンロにも使えるガス缶です。屋内使用が目的なので火力はやや劣りますが、燃料がコンビニなどでも購入できますので安心してキャンプがおこなえます。バーナーと燃料は同じメーカーを使用してください。

ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品7

初心者に必要な持ち物:クッカーセット

キャンプ場での楽しい料理を快適におこなうにはクッカーセットが必要となります。おすすめなのは鍋やフライパン・お皿などがセットになっているものです。また大きいものから順番にコンパクトに収納していけるものであればツーリングキャンプ用の袋にもすんなり収納ができて荷物になりませんよ。コンパクト重視で選んでいくと良いでしょう。仲間同士のツーリングキャンプであっても食器やお湯を沸かせる鍋などは自分のものを各自で持参しておきたいものですね。

クッカーセット:選び方ポイント

クッカーセットの選び方は素材や形を重視して選びましょう。コンパクト収納できるセットの中には角型のものと丸型のものがあります。車載する際にどちらの形が邪魔にならず収納できるかがポイントです。素材に関しては、アルミ・ステンレス・チタンなどがあります。アルミのものは安く購入できますが、耐久性が弱いです。ステンレスは保温・耐久性は優れていますが焦げやすいので注意が必要です。チタンは軽量で耐久性はすぐれていますが値段が高価で焦げやすいので要注意です。初心者の方なら手軽に購入出来るアルミ製から初めてみてはいかがでしょうか?

ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品8

初心者に必要な持ち物:アウトドアチェア

キャンプ場でくつろげる楽しい時間を過ごすにはアウトドアチェアが必要となります。コンパクトに収納できるサイズのものがツーリングキャンプにはおすすめです。しかし自分の体型に合わせて選ぶ事も重要となってきます。コンパクトで荷物にならないとしても自分が座れないのであれば本末転倒です。またキャンプ場では立ったり座ったりの作業が多い為、そこに対応できるチェアなのか見極める事も選び方のポイントとなってきますよ。体型に合わせたアウトドアチェアと収納性の良いコンパクトチェアで楽しいキャンプにしていきましょう。

アウトドアチェア:選び方ポイント

ツーリングキャンプでのアウトドアチェアには形が色々とあり、選んでいくのにも苦労すると思います。ポイントとしては、ツーリングキャンプの積載に邪魔にならないくらいのコンパクトさがあるか、組み立てやすいものかどうか、大きさが自分の体型に合っているかなどが選び方のポイントになってきます。またキャンプスタイルやアウトドアテーブルによっても選び方は変わってきます。アウトドアテーブルを持参する場合にはテーブルの高さに合わせたチェアがおすすめですよ。

ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品9

初心者に必要な持ち物:アウトドアテーブル

アウトドアテーブルはツーリングキャンプで必要な持ち物となります。車載の都合上持参できない方は車載などの箱などでも対応できますが、食材や荷物ランタンなどを置くのにとても便利なので持参できればした方が便利なアイテムです。ツーリングキャンプ用に適しているアウトドアテーブルはコンパクトに折りたためて専用の袋にしまえるものがおすすめです。アウトドアテーブルも色々な大きさや種類のものが販売されていますので、自分のスタイルにあったものを購入するようにしていきましょう。

アウトドアテーブル:選び方ポイント

アウトドアテーブルを選ぶポイントは3つあります。まずは高さで選ぶ方法です、アウトドアテーブルにはロータイプのものとハイタイプのものに分かれています。自分が行動しやすい高さのものを選んでいきましょう。次は重量で選ぶ方法です。バイクに装備していくのでなるべく軽量のものを選んでいくと良いですよ。最後に収納力や設営が簡単におこなえるかです。キャンプ開始や出発時に時間をかけたくないのでさっと組み立てられて片付けも簡単におこなえるものがおすすめです。ポイントを確認しながら選ぶようにしましょう。

ツーリングキャンプ初心者おすすめ用品10

初心者に必要な持ち物:着替え類・洗顔用品

着替えや洗顔用品は必要なアイテムですね。しかしツーリングキャンプは荷物をなるべく減らして行きたいので最低限の着替えを準備していくようにしましょう。洗顔用品もお泊りセットなどのパック品を使用することで荷物が減らせますよ。特に女性ライダーの方は化粧品なども持参しなくてはならないので男性ライダーより荷物が多少増えますが、全てを持参しようとすると大変になります。まとめた洗顔用品などはメッシュの袋に入れて着替え袋と一緒にしておくと立ち寄った温泉などでもすぐに取り出せて便利です。

着替え類・洗顔用品:選び方ポイント

着替え類は最低限必要なものを持参するようにしましょう。タオルなどは洗って乾かす事も出来ますので枚数は少なめにしても大丈夫です。洗顔用品はパックのセット品を購入しておくと荷物になりません。シャンプーやリンスも1泊2日のツーリングキャンプであれば使い切りパックで十分ですね。女性の方の化粧品などは、ドラッグストアなどで貰える試供品を集めておくとキャンプの時に役に立ちますよ。新作を試せて尚且つコンパクトで荷物にならないので最高です。ぜひお試しくださいね。なるべくコンパクトにまとめる事が選び方のポイントです。

ツーリングキャンプ初心者はリストをつくろう!

持ち物リストを作成しておくと準備が簡単に!

ツーリングキャンプの初心者の方におすすめなのは持ち物リストを作っておく事です。実際に自分もツーリングキャンプ初心者の頃に先輩ライダーから教えていただいた方法ですが、必要だと思うものをリストに記入しておく事で出発前に忘れ物が減ります。そしてツーリングキャンプから帰宅した後に必要だったものと必要でなかった物の選別をおこなっていくうちに、自分のキャンプスタイルで本当に必要だと思うものだけが残りますよ。リストに無く必要だったと思うものも書き足しておきましょう。

ツーリングキャンプ初心者の装備品のポイント

ツーリングキャンプ初心者は使いやすさを重視

ツーリングキャンプに必要なアイテムはたくさん販売されていますが、初心者の方は実際に何が必要なのか判別はつきにくいものだと思います。悩んだときにはとりあえず、使いやすさを重視してみてはいかがでしょうか?お手軽に購入できて使いやすいものなら最高ですね。ツーリングキャンプをこなしていくうちに自分のキャンプスタイルが決まってきます。その時に初めて使いやすい本物のギアなどを購入したのでも良いと思いますよ。焦らず使いやすいキャンプアイテムからそろえましょう。

ツーリングキャンプおすすめ用品10選!まとめ

簡単で快適な持ち物で楽しいツーリングキャンプを!

ツーリングキャンプおすすめ用品10選をご紹介していきましたがいかがだったでしょうか?初心者の方でも楽しいツーリングキャンプは最高ですよね。キャンプ場でギアの使い方が分からなくてもベテランライダーの方が教えてくれたりしますので安心してツーリングキャンプを楽しんでいきましょう。簡単に使いこなせるアイテムはキャンプをより楽しいものにしてくれますよ。

バイクキャンプが気になる方はこちらもチェック!

バイクでのツーリングキャンプの用品や楽しみ方をまとめた記事となります。気になる方はこちらの記事もあわせてチェックしてみて下さいね。

Thumbバイクに乗ってソロキャンプに行こう!ソロキャンプ初心者の心得! | 暮らし~の[クラシーノ]
バイクでのソロキャンプは楽しみがたくさんあります。しかしソロキャンプをおこなってみたい初心者...
Thumb【2020】キャンプツーリングにおすすめの一人用テント15選!タイプ別にご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回はキャンプツーリングにおすすめの一人用テントを紹介します。現在ではキャンプツーリングに使...
Thumb【最新】バイクでソロキャンプにおすすめの道具11選!初めての荷造りや装備を徹底ガイド! | 暮らし~の[クラシーノ]
バイクを使ってキャンプを楽しむバイクツーリングは、車を使ったキャンプのように好きなものを好き...

あなたへのおすすめ