【2020最新】鶴岡市立加茂水族館の見どころ大解剖!世界一のクラゲが見れる?

【2020最新】鶴岡市立加茂水族館の見どころ大解剖!世界一のクラゲが見れる?

今回は山形県の「鶴岡市立加茂水族館」の見どころを紹介します。四季折々に変化する鶴岡の豊かな自然から、世界一のクラゲ水族館「クラゲドリーム館」が生まれました。大人から子供まで家族みんなが楽しめるイベント以外にも、料金やお土産、レストランもご紹介します。

記事の目次

  1. 1.鶴岡市立加茂水族館「クラゲドリーム館」とは
  2. 2.鶴岡市立加茂水族館「クラゲドリーム館」は優しい
  3. 3.鶴岡市立加茂水族館・見どころ1「淡水魚と海水魚」
  4. 4.鶴岡市立加茂水族館・見どころ2「キッズコーナー」
  5. 5.鶴岡市立加茂水族館・見どころ3「クラネタリウム」
  6. 6.鶴岡市立加茂水族館・見どころ4「クラゲドリームシアター」
  7. 7.鶴岡市立加茂水族館・見どころ5「アザラシ・アシカショー」
  8. 8.鶴岡市立加茂水族館・見どころ6「2つの屋外広場」
  9. 9.加茂水族館「クラゲドリーム館」のショップ・レストラン
  10. 10.鶴岡市立加茂水族館「クラゲドリーム館」のまとめ

鶴岡市立加茂水族館「クラゲドリーム館」とは

鶴岡市立加茂水族館「クラゲドリーム館」は山形県鶴岡市にある、山形県唯一の水族館です。1956年(昭和31年)から続く加茂水族館もかつては、経営難による営業休止を経験しました。起死回生の方針転換として1997年(平成9年)から、クラゲを専門分野とした水族館づくりに尽力。見事に経営危機を乗り越え、復活を遂げました。2012年(平成24年)にはクラゲの種類数でギネス世界記録に認定。2014年(平成26年)には延べ床面積約4000平方メートル新館「クラゲドリーム館」が完成し、年間83万人以上の入館者数を記録しました。現在も世界一のクラゲ水族館として、世界中の水族館、海洋生物学研究者からも注目されています。

鶴岡市立加茂水族館「クラゲドリーム館」は優しい

世界一のクラゲ水族館として知られる加茂水族館ですが、来館者にとっての良心的な入館料も、おすすめ観光スポットとしての人気を支えています。お得な料金メニューも豊富で、何度も訪れる来館者のために年間パスポートをご用意。障がい者の入館料減免も認められていて、館内はバリアフリーに対応。子供からお年寄りまで、幅広い年齢層からの人気が年間50万人以上という、驚異的な集客力を生み出しています。

良心的な価格の入館料

【基本料金】一般個人1,000円・一般団体900円・小中学生個人500円・小中学生団体450円・幼児無料 ※団体は幼児以外の合計人数が10名以上
【年間パスポート】一般2,500円・小中学生1,250円 ※購入日から1年間有効
【減免入館料】障がい者一般500円・障がい者小中学生200円・障がい者の介助者無料 ※障がい者手帳の提示が必要・介助者は原則1名まで
他にも学校行事や老人クラブなどに合わせた減免入館料が、ご用意されています。詳しくはホームページなど、チェックしておくといいでしょう。

バリアフリー情報

【施設情報】車いす入店可・車いす貸出・障がい者専用駐車場・車いす対応トイレ・オストメイト対応・エレベーター・障がい者割引・ベビーカー貸出
バリアフリー観光としても、加茂水族館はおすすめスポットに数えられています。お年寄りの来館者も多く、家族全員が安心して楽しめる観光施設づくりに注力しているようです。
 

施設情報

【住所】〒997-1206 山形県鶴岡市今泉字大久保657-1
【TEL】0235-33-3036(営業時間内)
【FAX】0235-33-1129
【開館時間】年中無休・通常9:00~17:00・夏休み9:00~17:30(毎年:7月20日~8月20日)※最終入館は閉館30分前
 

鶴岡市立加茂水族館・見どころ1「淡水魚と海水魚」

山形県庄内の淡水魚と海水魚

庄内の川から海への流れの中で暮らす、約140種類の魚。庄内沿岸をイメージした水槽いっぱいに見ることができます。庄内沿岸は海の幸が豊富なので、食用としても美味な魚が数多く展示。子供の目線でも楽しめるよう、岩陰からのぞくように魚を観察できるポイントや、庄内の旬の魚や食文化について学べるコーナーもあります。

ユニークなイベントも

あおむけに寝転んで眺めたクラゲ水槽

庄内の淡水魚・海水魚、クラゲ等を見ながら宿泊できる「お泊り水族館inかもすい」。水族館の館内に寝具を持ち込み、水槽の前で一風変わった夜を過ごせます。家族で楽しみたい、とてもユニークなイベント。年間パスポートを所有している方限定のイベントですが、年間パスポートの当日購入も可能。開催日時の限られている、とても貴重なイベントですので、応募要項等をこまめにチェックしておくといいでしょう。

鶴岡市立加茂水族館・見どころ2「キッズコーナー」

家族で楽しめるキッズコーナー

庄内浜で暮らす海の生き物を間近で観察できるキッズコーナー。悠々と泳ぐウミガメのプールの他にも、岩場をイメージした水槽の中にはヒトデやヤドカリもいて、実際に触れる事ができます。子供がもっと楽しめるように、飼育員が生き物の解説や来場者に向けたメッセージをホワイトボードに書き加える、などのサービスも行っています。

ウミガメプール

長い前脚を羽ばたかせ優雅に泳ぐウミガメも、好奇心が強く人懐こい性格。小さな子供が間近で見られる距離まで近づき、愛くるしい動きをみせてくれます。まるで水槽の中のウミガメが、キッズコーナーで遊ぶ子供たちを見守っているかのよう。加茂水族館の隠れた人気者です。

鶴岡市立加茂水族館・見どころ3「クラネタリウム」

世界一のクラゲ展示室

鶴岡市立加茂水族館の代名詞である、クラゲ専用展示室「クラネタリウム」。クラネタリウムは来館者数が最も少なかった1997年(平成9年)、低予算で行われたサンゴ展から始まりました。水槽内で偶然発生したクラゲが、メインであるサンゴより集めた注目。予想外の出来事からヒントを得た加茂水族館は、再起をかけクラゲ繁殖に尽力。クラゲの展示種類数を増やすことに成功し、現在では世界最大規模のクラゲ種類数を誇る展示室として進化を続けています。

50種類以上ものクラゲ

世界一のクラゲ種類数を誇るクラゲドリーム館。世界最大規模といわれる常時50種以上ものクラゲを展示し、子供にもわかりやすく生態や魅力について案内。クラゲはとても寿命の短い生き物ですが、加茂水族館ではハイレベルなクラゲの繁殖、研究を積極的に行うことで、クラゲ種類数世界一の座を守り続けています。繁忙期のクラネタリウムは大変混雑し、状況によっては安全確保のために撮影が禁止されることも。

クラゲ解説コーナー

展示室の中ほどに、クラゲの「解説コーナー」があります。クラゲが成長していく様子を観察し、クラゲの食事についての解説も。クラゲについての不思議にも間近で見ながら学び、子供から大人までがクラゲの生態に関心を抱くことができます。時間ごとに行われるプログラム「クラゲのおはなし」で聞ける内容は、クラゲの飼育、繁殖に関する高度なノウハウと装置を持つ、加茂水族館ならでは。

鶴岡市立加茂水族館・見どころ4「クラゲドリームシアター」

世界に誇るフォトジェニック

世界一のクラゲ水族館「クラゲドリーム館」が世界に誇る、直径は5メートルもの水槽「クラゲドリームシアター」。現在では1万匹にも迫る数のミズクラゲが浮遊し、館内に流れる流麗な音楽とともに、クラネタリウムの最終地点を鮮やかに彩ります。混雑状況によりクラネタリウム内の撮影を禁止されることもあるのですが、クラゲドリームシアターは混雑時も撮影可能。山形県を代表する、人気フォトスポットとしてもおすすめです。水槽の前には座れる場所もあり、ライトアップされた水槽をゆっくりと眺めることができます。クラゲドリームシアターを舞台にした音楽イベントも好評です。

鶴岡市立加茂水族館・見どころ5「アザラシ・アシカショー」

異なる個性を持つ2種類のアザラシ

庄内の岩礁地をイメージしたプールの中からは、なんとも愛くるしいアザラシたちが興味深そうにこちらを見つめ、来館者を迎えてくれます。活発な時は写真撮影するのが大変なほど、ものすごいスピードで泳ぐアザラシですが手を振ると近づいてくれることも。人懐こいゴマフアザラシと貫禄のあるキタゾウアザラシ、種類の違うアザラシの個性を見て、楽しみましょう。

ひれあしの時間

「ひれあしの時間」はひれあし広場で行われる、アザラシやアシカが大活躍のショータイムです。アザラシやアシカは「ひれあし類」と呼び、「ひれあしの時間」では特徴や違いを学ぶことができます。飼育員と息ピッタリのショーでは輪投げやキャッチボール、輪くぐりなども披露。アザラシとアシカのかわいらしくも豪快なアクションが、子供のみならず家族全員をも興奮させてくれます。冬期間お休みのイベントですので、ご注意ください。

鶴岡市立加茂水族館・見どころ6「2つの屋外広場」

ウミネコとの通じ合い

アザラシプールから階段を上がった所にある、屋外の広場ではウミネコとの触れ合いを楽しむことができる「ウミネコスポット」があります。「ウミネコスポット」では1日4回「ウミネコのえさやり」が行われ、飼育員が鳴らした合図に合わせてやってきたウミネコに、小魚を投げ与えることができます。こちらも、子供から家族みんなで盛り上がれるイベントです。冬期間お休みのイベントですので、ご注意ください。

屋上芝生広場から望む日本海

芝生が敷き詰められている屋上には、開放的な空間が広がっています。飲食が認められていますので、天気の良い日は家族で海鳥の声や日本海の波音を聴き、庄内沿岸の雄大な景色を眺めながら伸び伸びと、お食事などを楽しんでみてはいかがでしょうか。

加茂水族館「クラゲドリーム館」のショップ・レストラン

グッズショップ

グッズショップ「海月灯り(つきあかり)」では、クラゲのコリコリ食感が楽しめる、おまんじゅうやラーメン。クラゲのぬいぐるみ、クラゲデザインの文房具、ネクタイなど、クラゲドリーム館ならではのオリジナルグッズが豊富に揃っています。こちらでは特に人気のある商品を2点ほど、ご紹介します。

おすすめ人気商品1

コラーゲンたっぷりの、刻んだクラゲがあんの中に入っている「クラゲ入りまんじゅう(12個入り1,000円)」。クラゲの食感を楽しめる、加茂水族館限定の人気商品です。口の中で広がる甘さに、細かく刻まれたクラゲのプチプチとした食感が個性的。「クラゲ入りようかん(250g550円)」、「クラゲ入りかすてら焼き(8個入り760円)」も、クラゲのプチプチ食感が楽しめる人気商品です。

おすすめ人気商品2

山形名物「玉こんにゃく」をクラゲの形にした「クラゲこんにゃく(800円)」。クラゲをイメージとした、きめ細やかな形のおかげで昆布だしがよく絡み、普通の玉こんにゃくより濃厚な味わいを楽しめます。素材にクラゲを使用していないので、クラゲを食べることに慣れていない人でもおすすめです。

軽食

エントランスホールにある軽食売店「御休処 波の華」では、人気のクラゲアイスやクラゲソフト、ドリンクも販売されています。エントランスホールからはひれあし広場を眺めることもできますので、展示を観終わった後に一息ついてみてはいかがでしょうか。

レストラン

鶴岡市立加茂水族館の館内レストラン、「魚匠ダイニング 沖海月(おきみづき)」。日本海庄内浜の幸を味で楽しみながら、日本海の広大な風景や上から見下ろすアザラシプールの様子を目で楽しむ事もできます。クラゲ水族館ならではのメニュー、クラゲの入ったラーメンやアイスクリームなども人気。繁忙期でなければレストランのみでもご利用可能です。

鶴岡市立加茂水族館「クラゲドリーム館」のまとめ

世界一のクラゲ水族館である、鶴岡市立加茂水族館「クラゲドリーム館」。長い歴史の中で培われた、来館者に優しいサービスとユニークな展示の数々が人気です。閉館の危機を乗り越え進化し続ける加茂水族館だからこそ、提供できる楽しさなのではないでしょうか。お年寄りが目を輝かせながら館内を歩く場面も見られます。家族みんなで楽しめる水族館としてもおすすめ、バリアフリー観光としてもおすすめの、鶴岡市立加茂水族館をご紹介しました。

山形県の観光地を知りたい方はこちらもチェック!

山形県には魅力的な温泉地があります。鶴岡市立加茂水族館から近い温泉地といえば、日本海に面した海浜の温泉郷、湯野浜温泉です。他にも山形県の温泉を知りたい方、山形県の海水浴場を知りたい方のために、こちらのリンクをご用意致しました。世界一のクラゲ水族館だけにとどまらない、山形県と日本海の魅力を存分に、楽しんで下さい。

山形県のおすすめ海水浴場・ビーチ7選!夏に行きたい景色も綺麗な海はココ! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
山形県のおすすめ海水浴場・ビーチ7選!夏に行きたい景色も綺麗な海はココ! | 暮らし~の[クラシーノ]
山形県のおすすめ海水浴場を北から順番にご紹介します。山形の海水浴場、さらにビーチ周辺のおすすめ情報も併せてご紹介しております。綺麗な景色もビーチもたっぷりお楽しみくださいね。この情報は2018年7月5日に調べたものです。
山形県でおすすめな温泉ランキング12!有名温泉地の人気温泉といえばココ! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
山形県でおすすめな温泉ランキング12!有名温泉地の人気温泉といえばココ! | 暮らし~の[クラシーノ]
山形県にはたくさんの魅力的な温泉地があります。メジャーな温泉地から穴場の温泉地まで選び放題です。本記事では、山形県のおすすめの温泉をランキングでご紹介します。厳選したおすすめの温泉地12ヶ所をランキングします。ぜひご覧ください。
嶋山
ライター

嶋山

ブログ始めました! 「嶋山@副業webライター」https://shimayama-teru.com/ よろしくお願いします!

Article Ranking