Twitter
Facebook
LINE

【2022最新】青森のおすすめキャンプ場13選!格安&無料サイトも!

はぐれ猫

【2022最新】青森のおすすめキャンプ場13選!格安&無料サイトも!

はぐれ猫

雪解け後の青森には、理想的な日々を過ごせるおすすめキャンプ場が無数に見つかります。自然いっぱいな青森では格安なところや無料のフリーサイトまでもあり、BBQや温泉などの楽しみ方も色々。2022年に利用してみたい、青森のおすすめキャンプ場の最新情報です。



青森のキャンプ場といえば

青森の絶景と共にキャンプできる

象徴的な山である八甲田山や岩木山、そして高台から見える日本海の姿など、青森には絶景を鑑賞しながらキャンプできる名所が揃っています。青森のおすすめな絶景のキャンプ場のフリーサイトやオートサイトなら、休日も理想的なものにできるに違いありません。

無料や格安なキャンプ場に恵まれた青森

とにかく無料でキャンプをしてみたいなら、青森県内で探して損はしません。青森は設備が整いながらも、無料で使えるキャンプ場に恵まれているためです。さらに青森はキャンプ場が格安で使える施設も多いので、自然を肌で感じるキャンプを愛する人にとってはおすすめな土地になっています。

コテージやバンガローも色々



とても寒い日もある青森で、気候をあまり気にしないキャンプを実現するならコテージやバンガローを選んでみてください。青森のキャンプ場には、おすすめな最新式コテージやバンガローが付属する場所も充実しています。ホテルみたいな建物までも含まれて、お手軽なキャンプにはぴったりです。

青森のおすすめキャンプ場①(深浦町)

八森山町民の森公園

標高200mの高原に50haもの面積を有する、八森山町民の森公園。青森の日本海側の深浦町にある公園は、子供のチャレンジ広場、スケボー場など各種スポーツの魅力も備えています。おすすめなキャンプ場は格安なテント場、コテージ、バンガローまであり、施設の充実ぶりが目立ちます。



日本海を眺めながらの絶景キャンプ

芝生が眩しいキャンプ場には、青森の日本海の絶景を眺められる理想的なサイトがあります。レンタルやシャワーも使えるので、テント生活も快適です。コテージはまだ最新と言っても過言ではないおすすめなログハウス。内部は家電からフル装備状態だから、深浦の森でホテル並みの生活が待っています。

基本情報

【所在地】青森県西津軽郡深浦町字岡崎
【電話】0173-75-2811(ふかうら開発)
【期間】4月~10月
【営業時間】8:30~17:00

八森山町民の森公園 ふかうら開発

青森のおすすめキャンプ場②(鰺ヶ沢町)

鯵ヶ沢キャンピングパーク

この青森を象徴する岩木山の北山麓なら、鯵ヶ沢キャンピングパークがおすすめ。標高260mの人気キャンプ場にはドッグランがあるために、ペット連れの利用者も目立ちます。テント、バンガロー、ログハウスという3種の宿泊がある上に、ピザ作り、丸太割りなど色んな体験プランがあるのも人気の理由です。

コテージでも犬と一緒にキャンプ

どの形態の宿泊を選んでみても、ペットも一緒でokという青森の太っ腹なキャンプ場です。おすすめなオートキャンプ場は森の中にあり、BBQ施設を使えるのも利点。15棟あるログハウスはフル装備な上お風呂までもあり、寒い時期も暖まれます。40棟並ぶバンガローは、気軽なキャンプを過ごすには最適です。

基本情報

【所在地】青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字長平町甲音羽山65
【電話】0173-72-1571
【期間】5月1日~10月31日
【営業時間】‐

鯵ヶ沢キャンピングパーク

青森のおすすめキャンプ場③(西目屋村)

アクアグリーンビレッジANMON

ブナが鬱蒼と茂る白神山地の真ん中で、アクアグリーンビレッジANMONが人気を集めています。青森の世界遺産の中にあるキャンプ場は、オート・フリーサイトを使える上、最新ぽいコテージを使えるのも見どころ。名物を用意したレストランやおすすめの温泉まで併設なので、極楽気分が高まります。

世界遺産のブナ林キャンプ

ブナ林に流れる暗門川に寄り添うキャンプ場は、オートサイトと川原のフリーサイトに分かれています。炊事場やかまどや水洗トイレなどが集まるサテライトハウスが、フリーサイトのおすすめ度を高める存在です。青森でまだ最新な10棟のコテージなら、ホテルみたいなリゾート生活が待っています。

基本情報

【所在地】青森県中津軽郡西目屋村大字川原平大川添417
【電話】0172-85-3021
【期間】‐
【営業時間】レストラン:9:00~16:00

アクアグリーンビレッジANMON 白神公社

青森のおすすめキャンプ場④(五所川原市)

芦野公園オートキャンプ場

芦野湖は津軽半島の真ん中あたりの景勝地で、その北岸には芦野公園オートキャンプ場があります。湖に囲まれたおすすめなオートサイトは、無料で使えるので青森ではかなりの人気です。近くには福祉センターの温泉があり、オートサイトで過ごす合間、公園で動物園や釣りなどを楽しめる魅力もあります。

湖畔の絶景で無料キャンプ

この芦野湖は春に桜が見事なことでも知られるため、春に訪れたらキャンプ場はお花見も堪能できるという魅力を備えています。全面芝生でおすすめなオートサイトは無料とは思えないほど綺麗で、湖のほとりでBBQしたりと、青森のテント生活も充実したものになります。

基本情報

【所在地】青森県五所川原市金木町川倉七夕野
【電話】0173-35-2111
【期間】4月下旬~10月下旬
【営業時間】‐

芦野公園オートキャンプ場 五所川原観光情報局

青森のおすすめキャンプ場⑤(外ヶ浜町)

龍飛崎シーサイドパーク

階段国道や竜飛岬など名所に満ちた青森の外ヶ浜町で、キャンプ場と言ったらシーサイドパーク。キャンプではテントサイトが選べるほか、おすすめな最新のケビンやバンガローなども揃えられています。日本海の絶景を眺めながら格安で利用できる上、近くの日帰り温泉でのんびりできることも魅力です。

竜飛岬の絶景キャンプ

荒波が寄せては引く青森の海岸の景色はまさに絶景で、キャンプ場には11のテントサイトが用意されています。シャワーのある管理棟や炊事場もあり、海辺のキャンプは不自由ありません。6棟ある人気の最新に近いケビンは特におすすめ。建物の内部も真新しい設備があって、グランピングコテージのようです。

基本情報

【所在地】青森県東津軽郡外ヶ浜町字字三厩龍浜
【電話】0174-38-2741
【期間】4月下旬~11月上旬
【営業時間】‐

龍飛崎シーサイドパーク 青森県観光情報サイト

青森のおすすめキャンプ場⑥(外ヶ浜町)

おだいばオートビレッジ

外ヶ浜のおだいばオートビレッジは、豪雪地の青森では希少となる通年営業のキャンプ場です。陸奥湾の海域に近いおすすめキャンプ場では、格安なオートキャンプやコテージでの理想生活がまっています。真夏には海水浴を楽しめるし、歴史ある平舘灯台などの名所も必見です。

森のゆったりキャンプ

20区画あるオートサイトは、青森の森に囲まれゆったりとした雰囲気。電源付きオートサイトもあり、サニタリーにはシャワーや売店やレンタルと揃って文句ありません。キャンプ場の10棟のコテージはおすすめのログ風と西洋風の2種があり、各種家電やお風呂などのんびりできる設備が整っています。

基本情報

【所在地】青森県東津軽郡外ヶ浜町字平舘田の沢67‐1
【電話】0174-31-2211
【期間】通年
【営業時間】9:00~17:00

おだいばオートビレッジ 外ヶ浜町

青森のおすすめキャンプ場⑦(つがる市)

つがる地球村

岩木山の北に位置するつがる地球村は、青森で屋外リゾートを楽しむなら選びたい大型施設です。ここにはおすすめな温泉も物産館もあるし、パターゴルフなどのスポーツ各種や、巨大な複合遊具など遊びの要素が詰まっています。格安で人気の高いオートキャンプ場は、コテージ宿泊もできる本格派です。

岩木山を眺める絶景キャンプ

南方に岩木山の絶景を眺めながら、オートサイトでの魅惑のキャンプが始められます。青森のつがる地球村のキャンプ場ではAC電源付きトレーラーサイトもあり、BBQセットを注文できるのも人気のポイントです。おすすめのコテージは温泉並みに満足できる露天風呂を完備していて、満足感が違います。

基本情報

【所在地】青森県つがる市森田町床舞藤山244
【電話】0173-26-2855
【期間】4月~11月上旬
【営業時間】‐

つがる地球村

青森のおすすめキャンプ場⑧(大鰐町)

あじゃらの森キャンプ場

冬にはスキー客で賑わいを見せる青森の大鰐町で、春からのアウトドアにはあじゃらの森キャンプ場が一押しです。標高260mの高原は山々の絶景がある場所で、おすすめのフリーサイト、ケビン、バンガローなど各種の宿泊で過ごすにも魅力的。近隣の温泉に立ち寄りやすいという魅力もあります。

あじゃらの高原キャンプ

あじゃらのフリーサイトはバンガローと共に格安利用が実現でき、レンタルでテントや寝袋などを揃えることもできます。キャンプ場で特に人気なケビンは、シャワーも家電も付いたおすすめな施設。青森の山岳を目にしながら、紅葉の秋まで絶景BBQも自在です。

基本情報

【所在地】青森県南津軽郡大鰐町大字大字大鰐萢頭28‐74
【電話】0172-47-6664
【期間】4月下旬~11月上旬
【営業時間】‐

あじゃらの森キャンプ場 大鰐町

青森のおすすめキャンプ場⑨(青森市)

月見野森林公園

できるだけ青森市街から遠くない場所でのキャンプを希望する人には、月見野森林公園がおすすめ。青森市の人里離れた山林の真っ只中に、無料フリーサイトが広がります。フリーサイト利用中には、6コースある林間歩道のトレッキングができるなど、キャンプ場では自然に溶け込む時間が待っています。

森のフリーサイトキャンプ

実に5,350㎡も広がる月見野森林公園のフリーサイトは、釜場を併設する炊事施設や休憩施設も備えています。青森の無料キャンプ場はBBQも許可されているため、休日にはテントを張っての日帰りBBQを楽しむにもおすすめ。公園内のログハウスで休憩をすることもできます。

基本情報

【所在地】青森県青森市大字駒込深沢
【電話】017-743-5226
【期間】4月末~10月末
【営業時間】9:00~17:00

月見野森林公園 青森市

青森のおすすめキャンプ場⑩(青森市)

モヤヒルズ

日頃のモヤモヤを吹き飛ばすなら、青森市の山間部で人気なモヤヒルズでのキャンプです。冬のスキー場とは打って変わり、春~秋のキャンプ場には陸奥湾を見渡す絶景でのテント生活になります。おすすめ過ぎるサイトはペット同伴可能で、近くの雲谷温泉や、施設のカフェやアスレチックも楽しみです。

モヤヒルズの絶景キャンプ

全サイトがAC電源付きという恵まれている青森のオートサイトは、面積8m×10mと十分な広さが確保されます。一方でキャンプ場のおすすめなフリーサイトは、とにかく格安さが目立ちます。ドームテントなどのレンタル品は充実そのもので、常設テントを使えば荷物の少ないキャンプもokです。

基本情報

【所在地】青森県青森市大字雲谷梨野木63
【電話】017-764-1110
【期間】ケビン:通年
【営業時間】9:00~21:00

モヤヒルズキャンプ

青森のおすすめキャンプ場⑪(東北町)

清水目ダムオートキャンプ場

烏帽子岳の東山麓の清水目ダムには、無料で利用ができて人気なオートキャンプ場があります。わずか4ヶ月限定で開放されるキャンプ場は。青森の山林の自然で満たされた場所。清水目川での釣りや、森のきのこ狩りなどおすすめな楽しみ方もあり、近くの天間林温泉も利用しやすい立地です。

ダムのそばでの無料キャンプ

全く無料だとは考えられないオートキャンプ施設が、ダムの近くには整備されています。オートサイトは個別になっていて、芝生の上に木製のテーブル・イスを完備。さらに共同炊事場やトイレなど基本設備は揃っているため、青森でバイクを使った宿泊キャンプにもおすすめなキャンプ場です。

基本情報

【所在地】青森県上北郡東北町字塞ノ神1‐15
【電話】0175-64-2239
【期間】6月~9月
【営業時間】‐

清水目ダムオートキャンプ場 青森県観光情報局

青森のおすすめキャンプ場⑫(十和田市)

十和田市営宇樽部キャンプ場

湖畔でゆっくりするテント生活なら、宇樽部キャンプ場を選ぶのも正解です。十和田湖東方の御倉半島にあるキャンプ場は、青森の標高400m地点の湖面と、遠方の八甲田山の絶景が見事なところ。オートやフリーサイト、最新かと思わせるおすすめコテージもあって、間違いなくのんびりな日常になります。

湖畔の絶景キャンプ

特にフリーサイトの場合は半端ではない格安さで、おすすめのオートサイトでも1区画の料金はお得です。青森の湖畔にはシャワーやランドリーや自販機も完備し、長期滞在もバッチリ。キャンプ場のコテージ内部は子供が喜びそうな2階建て構造で、暖房など最新家電も装備していて過ごしやすさを実感できます。

基本情報

【所在地】青森県十和田市大字奥瀬 十和田湖畔宇樽部
【電話】0176-75-2477
【期間】7月初旬~10月末
【営業時間】‐

十和田市営宇樽部キャンプ場 十和田市

青森のおすすめキャンプ場⑬(三沢市)

三沢オートキャンプ場

水辺でアウトドアを満喫できる三沢オートキャンプ場も、青森で常に人気の高い施設です。小川原湖畔で寺山修司記念館に隣接するキャンプ場は。見晴らしの良い敷地に各種オートサイトを揃えています。ペットを連れてキャンプをしたり、自転車で湖を駆け抜けたい方にもおすすめなところです。

小川原湖のほとりのキャンプ

森と小川原湖の水面にいだかれる広いキャンプ場は、キャンピングカーも入れるキャラバンサイトも備えています。場内にはシャワーとランドリーも完備だから、青森が蒸し暑い日もおすすめ。貸テントや自転車などレンタルがあり、販売品も揃えられる管理棟はあって助かる施設です。

基本情報

【所在地】青森県三沢市大字大字三沢字 早稲田261-4
【電話】0176-59-3311
【期間】4月下旬~10月末
【営業時間】‐

三沢オートキャンプ場 三沢市観光協会

休日は青森でキャンプしよう

理想的な青森のキャンプ場で

いつも雪国やリンゴのイメージが先行する青森には、色んな魅力的なキャンプ場が見つけられました。おすすめの場所は格安でオートキャンプができたり、無料の場所も多く、温泉でゆっくり出来る場所も目立っています。青森の最新情報から、2022年のキャンプ場所を探してみませんか。

青森が気になる方はこちらもチェック!

当サイトでは青森のおすすめキャンプ場の他にも、訪ねてみたい魅力的な観光地情報をまとめています。青森で一人旅してみたい方も、最新や人気の候補地をチェックしてみてください。

Movie動画記事

【毎日キャンプ生活1ヶ月】ワークマンのテントから始まりジムニーでキャンプ場デビュー!

キャンプど初心者が1ヶ月間毎日、何かしらのキャンプ行為をした全記録をまとめました!1日目にワークマンのテントを手に入れてから、31日目にジムニーでキャンプ場に行くまで何があったかを全部記録しましたので...

【堤防SLS】奇跡の夕マズメでヒラマサ炸裂!【島日記12】

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 ここのところ黒潮と水温上昇ですこーしカンパチの数が減ってきました。磯も場所を間違えるとご覧の有り様・・・笑 困ったときはやっぱりSLSですね!! ★ロックショア実釣動画...

年に一度しか行かない危険な地磯へ・・・【島日記11】

製品貸与:グローブライド株式会社 撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 今回は近況報告と本当は行きたく無い、しんどいランキング1位の磯へ調査へ行ってきました!最近の地磯は特定のポイントを除いて、ベイトに釣果が...

【初心者用】キャンプで使う三大ロープワーク・結び方3つが使えすぎて感動した…

キャンパーに必要なスキルの一つが「ロープワーク」!数々の方法がありますが、今回は「3大ロープワーク」を、人気書籍を参考にして学びました! もやい結び・自在結び・テグス結びは本当に使える結び方だと感じま...

初めてキャンプ場へ行った初心者、ガチで初心者丸出しすぎたwww【毎日キャンプ生活30-31日目】

今回のキャンプのテーマは「ギア不足の初心者でもキャンプ場をちゃんと楽しめるのか?」。大人気のキャンプ場「能登島家族旅行村 Weランド」に行ってきましたが、色々スタッフの方に初心者丸出しでお聞きしつつ、...