シマノ「20 ゾディアス」!カーボンモノコックグリップ採用の2020年目玉機種!のイメージ

シマノ「20 ゾディアス」!カーボンモノコックグリップ採用の2020年目玉機種!

「20 ゾディアス」は、シマノの2020年新作バスロッドです。評価の高かった前作を踏襲しつつ、上位機種向けのカーボンモノコックグリップを惜しみなく採用。価格はそのまま、更に高性能になって帰ってきました。コスパで探すなら「20 ゾディアス」をチェックです!

2020年02月18日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「20 ゾディアス」のおすすめモデルをまとめてご紹介!
  2. 「20 ゾディアス」とは
  3. 「20 ゾディアス」のおすすめ8本をチェック!
  4. 1.シマノ「20 ゾディアス:264UL-S」
  5. 2.シマノ「20 ゾディアス:264L」
  6. 3.シマノ「20 ゾディアス:268ML」
  7. 4.シマノ「20 ゾディアス:166ML」
  8. 5.シマノ「20 ゾディアス:167M-S」
  9. 6.シマノ「20 ゾディアス:1610MH」
  10. 7.シマノ「20 ゾディアス:170M-G」
  11. 8.シマノ「20 ゾディアス:172H」
  12. 「20 ゾディアス」でバス釣りを始めよう!

「20 ゾディアス」のおすすめモデルをまとめてご紹介!

バス釣り初心者に間違いナシの新ロッド!

初めての1本、乗り換え先の1本として超おすすめ!2020年新製品の中でも特にコスパの高さを感じさせる注目の新ロッド「20 ゾディアス」をご紹介します。15年モデルの手ごろな価格はそのままに、「カーボンモノコックグリップ」まで採用!今年の新しい1本をお探しの方は要チェックです!

「20 ゾディアス」とは

「20 ゾディアス」の特徴を3つに分けてご紹介!

ゾディアス

出典: http://fishing.shimano.co.jp

まずは「20 ゾディアス」の概要をチェック!前作となる「15 ゾディアス」から低価格かつ使用感も十分、入門向けやサブロッドとして非常に高い評価を獲得していたアイテムで、新作は価格破壊を感じさせる「カーボンモノコックグリップ」の採用が大きな話題となっています。手ごろな価格はそのままなので、今年からバス釣りを始める方は是非チェックしてみてください!

①シマノの入門向けバスロッドシリーズ

「20 ゾディアス」は、シマノの2020年新作バスロッドシリーズです。15年に展開された「15 ゾディアス」の新しいバージョンで、前作はバス入門ロッドと言えばコレ!という高い評価が続いた名竿。初めての1本として検討できる価格設定でありながら、初心者向け、入門向けといった性格を全く感じさせない本格派の仕上がりで人気のアイテムでした。モデルチェンジ後の20年バージョンも、15年モデルで評価の高かったブランクスのテイストは近いセッティング!人気機種の後継機らしい、抜群の完成度が楽しめそうです!

②2020年モデルはカーボンモノコックグリップ採用!

モデルチェンジ後の20年モデルはなんと「カーボンモノコックグリップ」採用。グリップのエンド部分までをカーボン一体成型、内部を空洞にすることで、ロッドに伝わる振動を増幅し感度を高めるシマノオリジナルの構造が採用されています。上位機種から降りてきた技術ではありますが、ローグレードへの採用は「20 ゾディアス」が初!もちろん現状では「カーボンモノコックグリップ」採用機種最安値です!

③手軽な価格設定はそのまま!

上位機種をメインに採用されている「カーボンモノコックグリップ」の採用で価格アップの可能性もあった「20 ゾディアス」ですが、モデルによっては若干価格が下がったものもあり、基本的には前作同様の価格を踏襲。入門ロッドとしての手ごろさはそのまま、大幅にコスパが上昇しました。「カーボンモノコックグリップ」以外の部分も非常に優秀なアイテムなので、特殊な構造を使いきれるか心配、という方も気にする必要はナシ!前作との比較は軽くなって手元に伝わる感度がアップした、とイメージしておけばOKです!

「20 ゾディアス」のおすすめ8本をチェック!

おすすめモデル8本をピックアップ!

1ピースモデル15本、2ピース15本の全30本から、おすすめのモデルを8本ご紹介!1ピースはグリップジョイントなので継数2となっていますが、ブランクス自体は継ぎ無しの構成です。使用感追及なら1ピース、利便性重視なら仕舞寸法がショートな2ピースのモデルで選んでみましょう。現在のラインナップはバーサタイルモデル中心、専門性の高いモデルはこれから追加されていくことになりそうです!

1.シマノ「20 ゾディアス:264UL-S」

「カーボンモノコックグリップ」が光るフィネスなスピニング!

ライトゲーム向けロッドでもおなじみの「タフテックα」を採用したソリッドティップモデルで、繊細なアクションと違和感を与えない食わせ性能が魅力の「264UL-S」をチェック!1本で何でもできる、というタイプのモデルはありませんが、ハイプレッシャーなエリアの攻略にスピニングを用意したい方には是非試してほしい1本です。高感度な「カーボンモノコックグリップ」と繊細なソリッドティップで、フィネスな釣りを楽しみましょう!

264UL-Sのスペックをチェック!

シマノ SHIMANO 20ゾディアス 264UL-S-2【新製品 予約 入荷次第ご連絡】
楽天で詳細を見る

エクストラファーストアクションのソリッドティップ、というのが最大の特徴。スタンダードなモデルよりも専門性が高く、ライトリグを繊細に操作できるスペックです。推奨ルアーウェイトは1.5gから5g、ラインは2lbから5lbが推奨セッティング。自重92gと軽量な自重がコスパの高さを感じさせます!

2.シマノ「20 ゾディアス:264L」

スピニングから始めるならこのモデル!

バス釣り初心者の方におすすめ!入門に最適なスピニング、出番の多いライトリグ全般をカバーできるLクラスのモデルです。小場所の釣りからバス釣りを始める方にはこのモデルがおすすめ。ネコリグやスモラバ、小型のシャッド等、釣りやすいルアーを気持ちよく扱えます。まずはこのロッドでいろいろなルアーを試して、自分の釣り場、スタイルに合うルアーを見つけましょう!

264Lのスペックをチェック!

シマノ SHIMANO 20ゾディアス 264L-2【新製品 予約 入荷次第ご連絡】
楽天で詳細を見る

対応できるルアーの範囲は3gから10g程度。5lb前後のラインを巻いて、ライトなバスルアーを一通り遊べるスペックになっています。ロッドアクションはファーストテーパーと幅広さを重視!出番の多さ、扱いやすさから、バス釣り入門のための1本として特におすすめです!

3.シマノ「20 ゾディアス:268ML」

PEラインとの組み合わせがおすすめ!

スピニングロッドらしい操作性の高さに、遠投からのフッキングをサポートする強さを組み合わせたモデルです。高比重なノーシンカーワーム、小型のスピンテールを遠投する釣りから、ややライトなパワーフィネスまでこの1本でOK。大場所でライトリグを遠投、野池でサイズを目指す釣りどちらも楽しめそる1本になっています。遠投性能、フッキング性能を活かせる細めのPEと組み合わせるのがおすすめ!スピニングで少し重めまでフォローしたい方はこのモデルをチェックです!

268MLのスペックをチェック!

シマノ SHIMANO 20ゾディアス 268ML-2【新製品 予約 入荷次第ご連絡】
楽天で詳細を見る

ルアーは4gから12gと軽めもしっかり使えるスペック。ラインは4lbから8lbが推奨となっています。PEラインを選択する場合は、0.8号前後を組み合わせればOK。PEラインの持つ感度と「カーボンモノコックグリップ」で、遠投プラス高感度な釣りを楽しみましょう。フッキング性能重視のバットパワーで、ライトカバーまわりのパワーゲームも任せられる強めのスペックです!

4.シマノ「20 ゾディアス:166ML」

流行のライトバーサタイルで楽しもう!

「166ML」は、流行のライトバーサタイルスタイルにピッタリのMLモデル。スタンダードなベイトタックルよりも若干ライトに、軽量なプラグや高比重ワームを気持ちよく使える構成を目指す方におすすめのモデルです。サイズを選ばずまずは一匹という釣りや、プレッシャーの掛かるシチュエーション、小規模な野池の釣りから始める方におすすめ。「19 SLX MGL」の「マグナムライトスプール」に「20 ゾディアス」の「カーボンモノコックグリップ」を合わせて、流行のスタイルを楽しみましょう!

166MLのスペックをチェック!

シマノ SHIMANO 20ゾディアス 166ML-2【新製品 予約 入荷次第ご連絡】
楽天で詳細を見る

気になる推奨ルアーウェイトは5gから15g。ベイトタックルとしては軽めのところから、飛距離を意識して選びたいルアーまで幅広く遊べるスペックだと思います。ラインも7lbから14lbとライトなセッティングが推奨されているスペック!12lb前後のライン、軽量ルアーに強いリールを合わせて、気軽に遊べるベイトタックルの完成です!

5.シマノ「20 ゾディアス:167M-S」

ベイト+ソリッドティップでライトに遊ぼう!

先ほどご紹介した「166ML」とは異なるアプローチ、個性的な特性を持つ「167M-S」をご紹介します。Mパワーにソリッドティップを組み合わせた1本で、ティップはカーボンテープによる強化を施した「ハイパワーXソリッド」仕様。Mパワーのロッドデザインに合わせて、パワーも十分のティップセクションを採用した構成になっています。強めのベイトフィネス的にスモラバ、ライトテキサスといった釣りで試してみましょう!

167M-Sのスペックをチェック!

シマノ SHIMANO 20ゾディアス 167M-S 【新製品 予約 入荷次第ご連絡】
楽天で詳細を見る

4gから15gまでのルアー、6lbから12lbまでのラインに対応するライトなスペック。ロッドアクションがエクストラファーストとなっている点にも注目です。ライトなプラグも十分遊べそうな1本ですが、ソリッドティップの特性を活かすならやっぱりワーミング!スピニングよりも強めでソリッドティップが欲しい、「167M-S」にハマる釣りに投入しましょう!

6.シマノ「20 ゾディアス:1610MH」

パワーバーサタイルでベイト入門!

パワーバーサタイルにまとめたベイトロッドらしいスペック、ベイト入門向けの1本をお探しの方におすすめのモデルです。ベイトタックルと相性のよいヘビーな釣りを満喫できる1本で、スピナーベイトやテキサスリグの釣りにおすすめ。軽量ルアーに強い「19 SLX MGL」ではなく、遠投性能に優れる「20 SLX DC」を組み合わせるようなロッドをお探しの方は是非チェックしてみてください!

1610MHのスペックをチェック!

シマノ SHIMANO 20ゾディアス 1610MH-2【新製品 予約 入荷次第ご連絡】
楽天で詳細を見る

30gまでのルアー、20lbまでのラインに対応できる強めのスペック。遠投を目的にヘビーなリグを使いたいシチュエーションから、太めのラインを合わせてパワフルに遊ぶ釣りまで、MHらしい釣りが楽しめそうです。大規模河川や湖からバス釣りを始める初心者の方にピッタリ!このモデルも遊べる幅が広く、コスパはバッチリです!

7.シマノ「20 ゾディアス:170M-G」

巻モノにおすすめのグラスコンポジットモデル

クランクベイトの動きを最大限に引き出せる、レギュラーテーパーのグラスコンポジットモデルです。障害物への接触をより鮮明に伝える「カーボンモノコックグリップ」の採用が光るモデルで、グラス系のロッドを試してみたかった、2本目をお探しの方には特におすすめの1本。専門性の高さをコスパ抜群の価格で楽しめます。陸っぱり、ボート、どちらの釣りにもおすすめです!

170M-Gのスペックをチェック!

シマノ SHIMANO 20ゾディアス 170M-G-2【新製品 予約 入荷次第ご連絡】
楽天で詳細を見る

28gまでのルアー、20lbまでのラインに対応と巻きモノ系のロッドとしては非常にスタンダードなスペック。ミドルクラスのサイズを中心に活躍するスペックになっています。1ピースと2ピースでカーボン含有率に大きな違いがあるモデルでもあるので、発売後のインプレは両方を必ずチェック!1ピースは46.3%表記とグラスらしいしなやかを優先、2ピースは70.8%表記で、カーボンの軽さや感度も楽しめるような構成です!

8.シマノ「20 ゾディアス:172H」

ストロングゲームにはHパワー!

フロッグ、ラバージグのカバー撃ちに最適なHパワーのモデルです。XH以上がまだないシリーズなので、「20 ゾディアス」の中では現状このロッドが最もパワフル。ビッグベイト等2ozクラスには届かないものの、ロッドにパワーが必要な釣りをマルチにこなせる1本になっています。パワーゲームには「172H」を投入しましょう!

172Hのスペックをチェック!

シマノ SHIMANO 20ゾディアス 172H-2【新製品 予約 入荷次第ご連絡】
楽天で詳細を見る

ルアーは42gまでが推奨ウェイト。約1.5oz、小型のものを選べば、スイムベイトや大型プラグに分類されるルアーも楽しめそうなスペックです。ラインは25lbまで対応!PEラインを組み合わせたパワーゲームにも対応できる、強靭なブランクスが魅力のロッドに仕上がっています!

「20 ゾディアス」でバス釣りを始めよう!

初心者から上級者までおすすめ!

価格以上のブランクスに「カーボンモノコックグリップ」まで追加された新ゾディアス。初心者の方が長く楽しめる1本としてはもちろん、中級者の2本目以降、上級者の方のサブロッドとしてもおすすめしやすいハイコスパなアイテムです。追加機種も楽しみ!「20 ゾディアス」でバス釣りをもっと楽しみましょう!

シマノが気になる方はこちらもチェック!

「20 ゾディアス」に合わせるリールが気になる方は、下記のリンクをチェック!近い価格帯でハイコスパ、初心者の方にもおすすめしやすい「19 ストラディック」、「20 SLX DC」、「19 SLX MGL」をご紹介します。どのアイテムもローミディアムな価格とは思えないハイスペックなアイテムなので、よいものから始めたい初心者の方は是非チェックしてみてください!

Thumbシマノ「19 ストラディック」が公開!ロングストロークスプールと新型ギアで超ハイコスパ! | 暮らし~の[クラシーノ]
19ストラディックは、シマノの2019年新作スピニングリールです。ロングストロークスプール、...
Thumbシマノ「20 SLX DC」!話題のコスパ最強バスベイトリールは要チェック! | 暮らし~の[クラシーノ]
「20 SLX DC」は、シマノの2020年新作ベイトリールです。DCブレーキ採用で実売価格...
Thumbシマノ「19 SLX MGL」インプレまとめ!ロープライスでハイコスパ! | 暮らし~の[クラシーノ]
「19 SLX MGL」のインプレをまとめてチェック!アンダー二万円クラスに投入された、シマ...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ