パクチーの臭いの成分は?美味しいけど、気になる臭いの消し方を大公開!

パクチーの臭いの成分は?美味しいけど、気になる臭いの消し方を大公開!

パクチーとは、タイ料理やベトナム料理など東南アジアの料理などに入っており、ここ最近で話題になったものでもあります。特にパクチーの匂いが臭いなど好き嫌いがはっきりしております。話題のパクチーの匂いの成分など、美味しく食べながら、臭いの消し方を記載していきます。

記事の目次

  1. 1.最近話題となっているパクチーの匂いは
  2. 2.パクチーの臭い匂いの消し方の調理方法1
  3. 3.パクチーの臭い匂いの消し方の調理方法2
  4. 4.パクチーの臭い匂いの消し方の調理方法3
  5. 5.パクチーの臭い匂いの消し方の調理方法4
  6. 6.パクチーの匂いが気にならない料理を知ろう
  7. 7.パクチーの臭い匂いが気にならない料理1
  8. 8.パクチーの臭い匂いが気にならない料理2
  9. 9.パクチーの臭い匂いが気にならない料理3
  10. 10.パクチーの臭い匂いが気にならない料理4
  11. 11.パクチーの臭い匂いが気にならない料理5
  12. 12.パクチーの臭い匂いが気にならない料理6
  13. 13.パクチーの臭い匂いが気にならない料理7
  14. 14.パクチーの臭い匂いが気にならない料理8
  15. 15.美味しいパクチー料理を食べてみよう

最近話題となっているパクチーの匂いは

パクチーの匂いは臭い?

パクチーとは、タイ料理やベトナム料理ではよく入っており、例えるなら、東南アジアの料理のスパイスみたいな感じであります。ローカルの屋台などに行けばパクチーは、よくついていきます。パクチーの香りは、好きな方もおおいですが、匂いがきついとかで、好き嫌いがはっきりしております。パクチーの匂いの消し方、パクチーを入れても気にならない料理などを記載していきますので、1人でも多くの方にパクチーの良さを知って欲しい次第でございます。

パクチーの臭い匂いの成分の原因は、芳香成分

パクチーには、嫌な臭い匂いをもつ科学物質があります。これを芳香成分と言いますが、パクチーには、葉を始め、茎、根の部分に含まれております。芳香成分には、エッセンシャルオイルにも使用されたりするほどの臭い匂いがあります。

パクチーの匂いは、カメムシに似てる

パクチーには、カメムシの匂いにも似てるということ声もありますが、このカメムシに似てる匂いというのは、芳香成分が乾燥に弱いためです。生のパクチーを料理などをトッピングをすると、人によってカメムシに似てる嫌な香りだと感じてしまいます。ベトナムやタイのローカルの屋台では、生のパクチーがそのまま出てきますが、筆者はローカル屋台でもパクチーを入れても食べたりしています。

パクチーの匂いは、ワキガに似てる

あまり大々的に記載できないですが、パクチーの匂いはワキガの香りにも似てるとも言われています。このワキガの香りは、芳香成分が原因となります。基本的に、ワキガの香りを好む人はいないはずです。ですので、ワキガに似てる香りだから、嫌だという人もいるはずですが、パクチーを食べると体臭が抑えられるということもありますので、ワキガに似ている香りだから、まずいというイメージは捨てて、騙されたと思い食べてみることをおすすめです。
 

パクチーの臭い匂いの消し方の調理方法1

パクチーの匂いが気にならない料理:加熱すること

パクチーは、カメムシの匂いだので、食べ物ではないという拒否反応が出ると、筆者の周りでも聞いたりしますが、匂いの消し方は、まずは強い火で加熱をすることです。パクチーの臭い匂いの成分は、乾燥には強くないため、蒸発しやすいものでもあります。まずは、パクチーの匂いを消すには、強い火で加熱をすれば、臭い匂いは軽くなるはずです。パクチーの香りだけで偏見がある人は、まずは加熱されたパクチーの香りを嗅いでみてください。

パクチー入りビーフン

加熱したパクチーをビーフンと絡めたりすれば、パクチーの匂いが気にならない料理となります。エスニック専門店などで、メニューとしてあったりします。酒のつまみに相性良いですし、美味しい料理を食べて、美味しいパクチーの料理を食べた翌日は、勉強や仕事なども頑張れるはずです。

パクチーの臭い匂いの消し方の調理方法2

パクチーの匂いが気にならない料理:たまねぎと料理する

パクチーの臭い消し方の方法の2つ目ですが、玉ねぎと一緒に調理することです。強い火の加熱で、パクチーのワキガみたいな匂いやカメムシの臭いは消えますので、玉ねぎと炒めたら、パクチーの嫌な香りが気にならない料理に変わります。筆者は、パクチーは好きですが、玉ねぎが食べれませんが、パクチー嫌い、玉ねぎは好きという方のが多いのではないでしょうか?玉ねぎとパクチーを炒めたら美味しい料理に変わります。匂いの気にならない料理に変身するはずです。

鶏肉のパクチー炒め

玉ねぎと鶏モモ肉とパクチーを炒めた、パクチーの匂いが気にならない料理が、鶏肉のパクチー炒めであります。これなら、鶏肉の良い匂いが食欲をそそり、パクチーの嫌な香りはしないはずで、むしろパクチーの存在自体を忘れてしまうほどのおすすめなの匂いが気にならない料理となります。翌日も、また頑張れるはずです。

パクチーの臭い匂いの消し方の調理方法3

パクチーの匂いが気にならない料理:ふりかけにする

パクチーの臭い消し方の方法の3つ目として、パクチーを乾燥させてふりかけにすることをおすすめしております。パクチーのカメムシ似ている香りは、乾燥させると弱くなります。パクチーを干して乾燥させれば、匂いは軽くなり、ワキガのような匂いは抑えれます。パリパリになったパクチーをふりかけにして、例えばご飯などと一緒に食べれば美味しいはずです。筆者は、試したことないですが、是非パクチーふりかけで美味しく食べてみてください。

パクチーふりかけ

先ほど、簡単に説明しましたが、パクチーをふりかけにして、白いご飯にかけるのもおすすめです。ふりかけなら、カメムシやワキガに似てる匂いは抑えれておりますので、美味しく食べれるはずです。パクチーふりかけがお気に入りになり、翌日からハマる可能性も大きくあります。例えば、パクチーふりかけでおにぎりを作って、学校や職場に持っていくのもありです。

パクチーの臭い匂いの消し方の調理方法4

パクチーの匂いが気にならない料理:匂いの強い食材と料理

パクチーの臭い消し方の方法の4つ目として、少し匂いが強い食材と一緒に調理することです。ここでいう、匂いが強い食材といのは、例えるとニンニクやハーブなど、香りが強い食材のことを言います。中には、パクチーが臭いのに、ニンニクなどと炒めたらさらに匂いがきつくなるという方もいるかもしれません。ですので、単純に匂いだけを消したい方には、おすすめではないですが、ニンニクが好きとかいう人には、ニンニクとパクチーを調理をおすすめしており、ニンニクとパクチーの愛称はかなり良いです。

鶏肉とニンニクとパクチー炒め

鶏肉とニンニクとパクチーを炒めた料理です。味付けに塩レモンなどでしたら、食欲をそそる香りで、もはやパクチーの匂いなんて忘れてしまいます。例えばお酒を飲みながらつまみにしても良いはずです。パクチーの匂いが嫌いとか言っても、翌日には、また食べたいとかなるかもしれません。

パクチーの匂いが気にならない料理を知ろう

パクチーは、美容や健康に良い成分が入っていることがわかり、パクチーの臭い匂いも加熱したりすれば、消せるということがわかりました。パクチーの成分は、肌の健康を維持したりしますし、体に良い成分が入っておりますので、この機会にパクチーを克服をして欲しいです。ちなみに、筆者は東南アジアでローカルの屋台の料理好きで、生のパクチーをそのまま入れてよく食べますが、パクチーの匂いがダメな人のためでも、美味しい料理を紹介していきます。

パクチーの臭い匂いが気にならない料理1

パクチーの匂いが気にならない料理:パクチー餃子

パクチーの臭い消し方の料理方法として、パクチー餃子があります。パクチーは強い加熱を与えることで、匂いを抑えられますので、例えば、家で餃子を作る人なら、餃子の中身の材料を少し変更して、パクチーにするだけですので、そんな難しくないはずです。筆者も、パクチーの餃子を食べたことありますが、普通に匂いは餃子の良い香りもしますし、美味しい餃子でした。パクチーの匂いが気にならない料理であり、むしろパクチーを好きになるかもしれません。

パクチーの匂いが気にならない料理:パクチー餃子の作り方

パクチー餃子ですが、ニンニクとパクチーは相性が良いので、先ほどお伝えしように、匂いが気になる人は家で作るのはおすすめしませんが、外で食べることもできます。ご自宅で作る場合は、ボウルにひき肉と刻んだニンニクと調味料を合わせ、混ぜ合わせた後、刻んだパクチーを入れ、それを餃子の皮に包みます。フライパンで焼き色が付いてきたら、お湯をかけてから、蓋をし加熱をし、お湯が蒸発したら完成となります。きっと翌日には、また食べたくなります。

パクチーの臭い匂いが気にならない料理2

パクチーの匂いが気にならない料理:パクチー焼きそば

パクチーの嫌なカメムシのような匂いでも、乾燥させれば匂いが抑えられます。パクチーを乾燥させた後に、焼きそばの上にトッピングすると美味しいです。濃い目のソース焼きそばの上に乾燥させたパクチーを載せれば、カメムシのような味や匂いも気にならないはずです。タイ屋台の定番で、タイ風の焼きそばで、パッタイという料理がありますが、パッタイには、パクチーはトッピングされております。筆者は好きで、よくパッタイなどを食べますが、普通に美味しいです。日本の焼きそばと似ていますが、味は全然違います。

パクチーの匂いが気にならない料理:パクチー焼きそばの作り方

パクチー焼きそばですが、キャベツをまず大きく切り、切ったキャベツとひき肉を油で炒め、その後焼きそば麺を加えた後に、水を入れて炒めます。麺に火が通りましたら、パクチーを加えます。そして、焼きそばのソースタレを回しかけて、なじませたら完成です。濃いめの味付けにすれば、嫌なワキガやカメムシの匂いは無くなります。例えるなら、日本風パッタイです。筆者は、タイの焼きそばパッタイが好きなので、パクチーソース焼きそばで成功したらパッタイもチャレンジしてみてください。

パクチーの臭い匂いが気にならない料理3

パクチーの匂いが気にならない料理:パクチー生姜スープ

パクチーのワキガのような強い匂いを消すには、同じく匂いが強い食材と料理すればパクチーのワキガのような匂いは消すことができますが、家で作る際には、匂いがきつくなるので、匂いを気にする方には、おすすめではないので、外で食べることをおすすめしております。生姜や玉ねぎなどとスープにすれば、パクチーの美味しいスープができるはずです。ちなみに筆者は、玉ねぎは食べれませんが、クタクタにしたオニオンスープは好きであり、そこにパクチーが入っていても匂いは気にならなくなります。

パクチーの匂いが気にならない料理:パクチー生姜スープの作り方

パクチーの生姜スープですが、普通に美味しく筆者は好きです。特にお酒を飲んだ翌日に、パクチーの生姜スープはおすすめであります。作り方は簡単であり、鍋にスープ用に水を入れ、たまねぎを大きめに切って、火にかけ和風だしの素を加え、玉ねぎが柔らかくなったら、生姜とパクチーを加え、ゴマを散らせば完成となります。パクチーを細かく刻むとカメムシのような嫌な匂いがするので、大きめに切ることをおすすめしております。

パクチーの臭い匂いが気にならない料理4

パクチーの匂いが気にならない料理:パクチーハンバーグ

パクチーを刻んで、お肉に練り込むことで、臭い匂いがなくなるはずであります。パクチーの成分と肉の成分で、嫌なワキガやカメムシの匂いはなくなるはずです。例えるなら、東南アジアのハンバーグとでも言いましょう。子供でも大人でも好きなハンバーグだったら、美味しく食べれるはずです。一緒にニンニクや生姜なども刻んで入れれば、匂いは消えるはずです。

パクチーの匂いが気にならない料理:パクチーハンバーグの作り方

ハンバーグなら、嫌なパクチーも食べれるはずです。パクチーハンバーグも作り方も非常に簡単であります。ひき肉、ニンニク、生姜、パクチーをを刻んで加え、牛乳、溶き卵、パン粉を加え混ぜます。30分から60分ほどラップをして冷蔵庫で寝かせ、小判型に丸めてフライパンで両面焼けばハンバーグの完成であります。作りすぎた翌日には、パクチーハンバーグの弁当など、おかずにもするのもありです。是非トライしてみてください。

パクチーの臭い匂いが気にならない料理5

パクチーの匂いが気にならない料理:パクチーえび春巻き

エビ春巻きも嫌いな人は、嫌いな人は少ないのではないでしょうか?美味しい揚げたエビ春巻きだったら、パクチーの匂いも気にならないはずです。筆者は、生春巻きが好きで、生パクチーをベトナムなのでたべた経験があります。例えるなら、東洋のおしゃれな料理でもあり、ベトナムは東洋のフランスとも呼べれています。作りすぎたら、翌日のお弁当などおかずとしてもおすすめであります。

パクチーの匂いが気にならない料理:パクチーえび春巻きの作り方

パクチーエビ春巻きも作り方は簡単でして、エビを簡単に茹でた後で、塩コショウします。春巻きの皮を広げ、1枚につきエビを贅沢に入れ、パクチーを入れ包み、きつね色くらいまで焼いたら完成であります。筆者は、生春巻きも好きで、個人的におすすめですので、例えばパクチーのえび春巻きの次に生春巻きなどもチャンレンジするのもありです。どっちが自分の口にあうか試してみてください。

パクチーの臭い匂いが気にならない料理6

パクチーの匂いが気にならない料理:パクチー入りのワカモーレ

あまり知られていない料理でもありますが、メキシコ料理の代表的な料理サルサに似てる料理が、このワカモーレとなります。日本人にも親しみやすい料理ですので、例えば、パクチー入りのワカモーレなら違和感なく食べれるはずです。自宅でも簡単に作れます。レモンなどで味付けすれば嫌な匂いはなくなり、美味しく食べれるはずです。体にもいいですので、パクチーを加えることにより、エスニック似てるような感覚の料理を味合うことが出来ます。

パクチーの匂いが気にならない料理:パクチー入りのワカモーレの作り方

パクチーをみじん切りにし、ボールに種を取ったアボガドを入れて、潰してペースト上にします。水気を切った玉ねぎ、プチトマト、パクチーを混ぜ、レモン汁や塩を加えれば、パクチーの嫌に匂いは消え、レモンの風味が食欲をそそるはずです。エスニック風味の似た味で、お酒との相性もよく、翌日の朝食として食べることが出来ます。

パクチーの臭い匂いが気にならない料理7

パクチーの匂いが気にならない料理:パクチー天ぷら

パクチーの天ぷらなら、パクチーの苦手な人でも食べれるはずです。筆者は、フィリピンの屋台で、パクチーの天ぷらを食べたことがありますが、普通に日本の味で似てる味で、私は好きでした。天ぷら好きで、パクチーが苦手な人でもこれなら美味しく食べれるはずです。油で揚げるので、パクチーの嫌な香りもしなく、匂いが駄目な人でも、天ぷらならいけるはずです。

パクチーの匂いが気にならない料理:パクチー天ぷらの作り方

パクチー天ぷらも普通に天ぷらを作る要領で作れますのでそこまで難しくないはずです。天ぷら粉をボールに入れ、水でとき、刻んだパクチーと塩コショウなどお好みで入れ、混ぜます。それを加熱にした油に入れてカラッと揚げれば出来上がりです。お酒のおつまみなどにもおすすめであり、パクチーの成分は、体に良いので、翌日も元気にまた頑張れるはずです。

パクチーの臭い匂いが気にならない料理8

パクチーの匂いが気にならない料理:パクチー炒飯

筆者は、タイやベトナムの屋台で、パクチー炒飯を食べたことありますが、パラパラのご飯で生野菜も載っており、普通に美味しかった経験があります。筆者は、パラパラしたご飯やパクチーが好きなので、抵抗ないですが、パクチーやパラパラご飯が苦手という方なら、炒めた炒飯なら、美味しくパクチーを食べることができます。日本風の炒飯でパクチー入れなら美味しく食べれるはずです。加熱したフライパンでパクチーを炒めるので、ワキガやカメムシの匂いがすることはないはずです。

パクチーの匂いが気にならない料理:パクチー炒飯の作り方

パクチー炒飯もそこまで難しくなく、作れるはずです。玉ねぎ、ニンニク、ネギ、パクチーを適度に切ります。野菜をカットしたら、熱々に熱したフライパンに油を入れ、玉ねぎ、ニンニクなどを炒め、香りがしてきたら、お好みで肉や海鮮などを入れます。その後溶き卵を入れ、すぐにご飯を入れかき混ぜます。ネギ、パクチーなどを入れ、炒め、パラパラになったご飯に調味料を入れ、出来上がりです。お好みで生野菜などを飾ればおしゃれな健康な料理になります。筆者は、パクチー炒飯好きですので、是非食べてみることをおすすめします。

美味しいパクチー料理を食べてみよう

パクチーは料理次第で、嫌な匂いが消え、美味しく食べれます。例えば、パクチーふりかけでおにぎりなど、炒め料理など、例えはたくさんありますので、是非パクチーを食べてみてください。カメムシやワキガの似てる匂いとここだけを聞くと、嫌な感じがしますが、チャレンジしてみることで新しい世界が見えてくるはずです。翌日からあなたもパクチー通になるかもです。筆者は、タイ料理やベトナム料理が好きなので、パクチーの匂いなどは気にしたことなかったのですが、匂いが気になる人は、匂いが気にならない料理でアレンジしてみてください。

匂いの消し方を知ってパクチーを食べよう

パクチーには、癖がありありますが、匂いの消し方を知れば、美味しく食べれるはずでもあります。是非、ここで記載した匂いの消し方を知って、美味しくパクチーを食べてみましょう。パクチーには、費用や健康に効果の良い成分も含まれているので、食べた翌日には、体の調子も良くなることもあります。

【簡単&絶品】パクチーのおすすめ人気レシピ15選!さらに美味しくなる食べ方も! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【簡単&絶品】パクチーのおすすめ人気レシピ15選!さらに美味しくなる食べ方も! | 暮らし~の[クラシーノ]
パクチーはアジアン系の料理によく使われるファンも多い香草です。生春巻きやスープに使われるのが有名でおつまみとしての食べ方も試したことがある人もいるのではないでしょうか。パクチー料理で人気の高いおすすめレシピを15個ご紹介しましょう。
コリアンダーとパクチーの違いは何?その栄養や効能から料理での使い方も解説! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
コリアンダーとパクチーの違いは何?その栄養や効能から料理での使い方も解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
パクチーはタイやベトナム料理に入っている香草。一方、パクチーととてもよく似ているコリアンダーという植物。実をすりつぶし香辛料としてカレーなどに使われます。この2つの植物の違いはどこにあるのか?今日はコリアンダーとパクチーの違いや料理のレシピをご紹介します。
MINTO
ライター

MINTO

絵やデザインや詩などクリエティブな事が好きで、 日々感性を磨いております。 趣味が音楽や本を読むことで、お金や時間に余裕できたら、ピアノも挑戦したいと思っており、 一応私の武器が、英語やデザインや政策などであります。 2014年から海外も行くようになり、ノマドワーカーとしても活動をしております。 海外の観光名所、アートや海外の料理などを、トラベル系を中心に一人でも多くの方に伝わるように、 わかりやすいように届けれるように日々随筆をしております。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking