ラナンキュラスの育て方は?上手に開花させる栽培方法を解説!植えっぱなしはOK?のイメージ

ラナンキュラスの育て方は?上手に開花させる栽培方法を解説!植えっぱなしはOK?

ラナンキュラスと言う花を知っているだろうか?薄い花びらが幾度の重なりとても美しく人気の花だ。育て方も比較的簡単なので、自宅で育てることも可能なので、花壇などをラナンキュラスで彩ってみるのもおすすめだ。今回は、そんなラナンキュラスの育て方を紹介して行こう。

2020年02月07日更新

bambi
bambi
2人の小学生を持つ主婦ライターです。趣味はアウトドアとインテリア。主婦ならではの体験や視点からさまざまな情報を発信して行きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ラナンキュラスとは
  2. ラナンキュラスの花言葉
  3. ラナンキュラスの育て方①
  4. ラナンキュラスの育て方②
  5. ラナンキュラスの育て方③
  6. ラナンキュラスの育て方④
  7. ラナンキュラスの育て方⑤
  8. ラナンキュラスの育て方⑥
  9. ラナンキュラスの育て方⑦
  10. ラナンキュラスの育て方⑧
  11. ラナンキュラスの育て方⑨
  12. ラナンキュラスの育て方⑩
  13. ラナンキュラスの育て方⑪
  14. ラナンキュラスの育て方⑫
  15. まとめ

ラナンキュラスとは

ラナンキュラスいう花を知っていますか?ラナンキュラスと言う名前を聞いてもいまいちわからない人も多いのではないでしょうか?ラナンキュラスは、薄い花びらを何枚も重ねた美しい花で、まるで造花なような華やかな印象があり、贈り物などとしても喜ばれています。ラナンキュラスは、400種あると言われており、球根から栽培します。1960年代には日本で花びらの多いビクトリアストレインと言う種類が発表され、より今までの花よりも大きく花びらの数の多い八重咲のラナンキュラスが人気が出て来ました。

ラナンキュラスの花言葉

ラナンキュラスはたくさんのの花びらが重なるように咲き、とても華やかで美しいのが特徴ですが、色によって素敵な花言葉を持っています。赤色はあなたは魅力に満ちているという花言葉を持ち、紫色は幸福、白色は純潔、ピンク色は飾らない美しさなど花のイメージにピッタリの花言葉を持っているのです。その為、贈り物として花言葉を添えてプレゼントするのも良いでしょう。見ているだけでも幸せになれるような花えだるラナンキュラの育て方を見て行きましょう。

ラナンキュラスの育て方①

ラナンキュラスの育てる前の基本

ラナンキュラスの育て方は種、苗、球根から選べます。鉢植えと地植えのどちらでも栽培することが出来るので、鉢植えにして自宅の中で楽しんだり、花壇などに地植えしてガーデニングを楽しむのもおすすめです。基本的な草丈は30~60㎝と言われています。また、寄せ植えなどをする際にも人気の花なので、華やかな寄せ植えを作りたい際に、ラナンキュラスを他の花と合わせて栽培するのも良いでしょう。また、初心者の人がラナンキュラスを栽培する場合は、鉢植えから始めるのが手入れがしやすいです。

初心者は球根がおすすめ

ラナンキュラスを初めて育てる際は、苗や球根から育てるのがおすすめです。芽出しなど植える前に準備もあるので、苗や球根、種などを購入する前に、栽培方法の違いなどを理解しておくと良いでしょう。どれもホームセンターや園芸店で購入することが出来るので、自分に合った栽培方法を選ぶのが良いでしょう。基本的に寒いのが苦手で、冬場は室内でも栽培がおすすめです。基本を抑えれば、誰でも簡単に栽培できる花なので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

ラナンキュラスの育て方②

栽培前に準備するもの

ラナンキュラスを栽培する前に準備しておきたいのが、苗や球根と土、肥料、鉢やプランター、鉢底ネット、鉢底石、スコップです。どれもホームセンターや園芸店で購入可能です。もし地植えでラナンキュラスを栽培するのなら、有機石灰や苦土石灰を用意しておくのが良いでしょう。ラナンキュラスの植え付けを行う時期は、だいたい11月から12月になります。その為、その時期になったら球根などを購入しに行きましょう。

ラナンキュラスの育て方③

土作り

草花を栽培する際は、土作りが大切です。ラナンキュラスは水はけのよい土を好み、弱酸性から弱アルカリ性の土が良いとされています。鉢植えで育てる場合は、すでに草花用の培養土としいて販売しているものを使うと良いでしょう。地植えの場合は、土の土壌をチェックしてから植え付けを行うのがおすすめです。最初に土を作る際には、肥料を足しておくのが良いでしょう。使う肥料の種類は緩効制活性肥料が良いでしょう。さらにラナンキュラスの場合は、綺麗な花を開花させる為に定期的に追肥を行う必要があります。

ラナンキュラスの育て方④

好む環境

ラナンキュラスを育てる際に、気をつけたいのが生育環境だ。基本的にラナンキュラスは日なたを好みます。その為、北風などがあたらない場所で栽培するのが良いでしょう。また冬などの時期を外で越す場合は、霜などが当たらない場所にしてあげるのがおすすめです。また、ラナンキュラスは、比較的草丈が高くなるので、風通しが良く蒸れないような環境が良いです。花壇などに地植えする場合は、特に育てる環境をよく確認してから地植えを行うのが良いでしょう。場所によって開花の状態なども変わってくるので、気をつけてみて下さい。

ラナンキュラスの育て方⑤

購入時期

ラナンキュラスを育てる際は、植える時期を決めるのも大切です。基本的にラナンキュラの苗は、11月の終わりから4月頃にかけて園芸店などで販売されています。初心者が育てる場合は、3月か4月に苗を購入するのがおすすめです。理由は、3月から4月だとある程度苗は育っていて、芽出しをしている場合が多いからです。すでに芽出ししている苗は安定して育てやすいです。苗からの育て方は、比較的失敗もなく、芽出しなどの作業もないことから、初めてのラナンキュラスの栽培にはピッタリではないでしょうか?

芽出し方法

球根で育てる場合の芽出しは、ちょっとしたコツが必要です。球根の芽出しを行うにはしっかり給水をさせてあげる必要があるからです。そのままの状態で植え付けをしてしまうと球根が急激に給水して腐ってしまうことがあります。その為、事前の芽出し作業をしてあげると良いでしょう。軽く湿らせたバーミキュライトと呼ばれる栄養の入った専用の土に球根を入れて、冷蔵庫で1週間おくのがおすすめの方法です。まだ、芽出しが出来ていない球根を購入した場合は、自宅でこの芽出しの作業を行ってみて下さい。

ラナンキュラスの育て方⑥

苗の植え方

ラナンキュラのの苗を購入した場合の植え付けの時期を紹介します。植え付けは暖かい場所では11月の中旬から行い、寒い場所では10月上旬から植え付けます。まず。寄せ植えなど鉢を使って栽培する場合は、鉢に鉢底ネットをひき土を入れ、芽出ししたラナンキュラの苗を植え付けます。その際に、鉢の中心に苗を置いて、周りに土を入れて行くイメージで行うと良いでしょう。ラナンキュラを寄せ植えで育てる場合は、だいたい15㎝程間隔をあけて寄せ植えしてあげるのがおすすめです。間隔が詰まり過ぎているとすぐに植え替え作業を行わなければいけなくなってしまうので、注意しましょう。

苗の地植え

ラナンキュラを苗から地植えしたい場合は、地植えする場所に3㎝程の深さを掘って球根を埋めます。この際の苗はちょっと盛り上がっているぐらいがおすすめです。地植えが完了したら、しっかり水をあげましょう。苗から植え付ける場合は、根を傷つけないように行うのがポイントです。根を傷つけてしまうと、その後の成長を妨げてしまいます。苗からの栽培は基本的に失敗は少ないので、地植えする環境や土などの状況などをしっかり見極めてから行うと良いでしょう。

ラナンキュラスの育て方⑦

球根の植え方

ラナンキュラスを球根から育てる場合に適した時期は寄せ植え、地植え共に10月頃です。球根の場合は、そのまま寄せ植えや地植えをするのではなく、事前に球根に給水をさせておく必要があります。給水を行わないで地植えをすると球根が腐るので注意して下さい。寄せ植えなどで球根を植える際は、穴の深さを2㎝ぐらい掘って球根を入れ、土を被せます。いくつもラナンキュラスを寄せ植えする場合は、15㎝程間隔を開けましょう。ランキュラスは植えっぱなしで翌年また花を咲かせるので、その辺りも踏まえて植え方を調整してみるといいのではないでしょうか?

球根の地植え

球根から地植えを行う場合は、事前に肥料などを混ぜておいた場所に球根を地植えして行きます。寄せ植えを行う場合と同じく15㎝程間隔を持たせて球根を植えていくと良いでしょう。あまり窮屈になったら植え替えの作業を行わなければいけなくなってしまいますので、事前にある程度の余裕を持って植えるのがおすすめです。さらに寄せ植えのプランターと同じ方法で植えたら、水やりをして終わりだ。

ラナンキュラスの育て方⑧

種からの育て方

ランキュラスは種からも育てることができます。種も球根と同じく吸水をしておくと発芽しやすいでしょう。やり方は10月頃に水を含ませたティッシュなどに種を挟んで冷蔵庫に1日入れておくだけです。また、種から育てる場合は、まず発芽をさせてから植え替え作業を行うのがおすすめです。その為に、最初は発芽用の鉢などに種をまくのがおすすめです。

種の植え方

種の植え方は、まず10粒を目安に土の上に重ならないように撒きます。上から薄く土をかぶせて日陰においたら完成です。種まきの後は定期的に水やりを行いましょう。だいたい種が発芽するまでには10日程かかります。種から目が出て本葉が5枚程になったら寄せ植えや地植えなどに、植え替え作業を行うと良いでしょう。とりあえず種からの栽培の場合は、発芽までは鉢植えで管理してあげて下さい。

ラナンキュラスの育て方⑨

水やりについて

苗や球根などさまざまな栽培方法があるラナンキュラスですが、水やりのタイミングは同じです。基本的に多湿を好まないので、土は湿り過ぎていると根腐れを起こしてしまいます。その為、寄せ植えでも地植えでも土がしっかり乾いてから水やりを行うのが良いでしょう。5月頃になると葉が黄色くなります。その時期は水やりを減らしてあげるのがおすすめです。また水やりのタイミングは日光のよく当たる暖かい午前中が良いでしょう。

ラナンキュラスの育て方⑩

肥料は足すべき?

開花に向けてどんどん成長するラナンキュラスを育てていると気になるのが追肥の肥料です。特に開花になるとたくさんの栄養がないと綺麗な花を開花させてくれません。その為にも追肥として液体肥料をあげるのがおすすめです。時期は花の咲いている時期の2週間に1度のペースです。さらにラナンキュラスが枯れ始める時期は肥料をあげないのが良いでしょう。枯れる際に肥料をあげすぎると球根が腐ってしまうからです。

ラナンキュラスの育て方⑪

植え替えをしてみよう

ラナンキュラスは1つの球根から多くの芽が出るので、植え替え作業をしてあげないと成長と共に根詰まりを起こしてしまうことがあります。特に寄せ植えなど鉢植えでも栽培の場合は注意が必要です。寄せ植えなどをしていて鉢から葉が溢れていたりしたら植え替えのタイミングかも知れません。植え替えの時期は暖かい場所で11月の中旬頃から12月中旬、寒い地域で10月上旬から11月中旬がおすすめです。

植え替えの際の注意点

植え替えを行う際の注意点としては、根を傷めないようにすることです。鉢の中で多くの根が絡み合っている場合も多いと思いますが、その際もできるだけ根を傷つけないようにするのが大切です。根を崩してしまうと、植え替え後の成長が悪くなってうまく開花しないことがあります。その為、植え替えを行う場合は、根の管理を気をつけてみて下さい。

ラナンキュラスの育て方⑫

植えっぱなしでOK

ラナンキュラスが開花した後は、植えっぱなしでも大丈夫です。ラナンキュラスの球根は開花の後そのまま植えっぱなしにしておくと、翌年また綺麗な花を開花させてくれます。しかし植えっぱなしで綺麗な花を開花させるにはコツがあります。それは水やりです。ついつい水やりに失敗して植えっぱなしで球根を腐らせてしまう場合も多いのです。その為、地上の部分が枯れている時期もしっかり水の管理をしてあげましょう。土が湿気てばかりいると、植えっぱなしの球根が腐ってしまいます。

植えっぱなしにしない方法

植えっぱなしにして球根が腐ってしまうのが心配な人は、開花が終わって枯れたら茎の根元を切り取り、球根を土から出すのがおすすめです。その際、葉や茎はすべて取り除き、球根の土は綺麗に洗い落とします。そして天日干しを行うことで、また球根として使うことができるのです。ラナンキュラスの場合は、条件が良ければ植えっぱなしでも翌年また花を楽しむことができるのです。来年はまた違う場所で栽培したい場合などは、花が枯れた後に球根を取り出しておくのが良いでしょう。ぜひ賢く球根の管理をして何回も花を楽しんでみて下さい。

まとめ

ラナンキュラスの育て方は以下ただしたか?苗や球根から栽培することができ、芽出しなどをしっかり行ってから正しい植え方をすれば、綺麗な花を咲かせてくれます。基本的に開花の後も植えっぱなしでも大丈夫なのも魅力です。球根などを植えっぱなしにしておいても翌年また綺麗な花を咲かせてくれるのもラナンキュラスの魅力です。基本的な植え方や水やりなどを理解しておけば、自宅で華やかなラナンキュラスの植え方を楽しむことができるでしょう。ぜひ植えっぱなしOKで初心者でも育てやすいラナンキュラスの植え方に挑戦してみてはいかがでしょうか?華やかな印象で、さまざまな色を楽しむことができるので自宅を明るくしてくれる花だと思います。

ラナンキュラスが気になる方はこちらをチェック!

ラナンキュラスの植え方が気になる人は、こちらの記事もチェックしてみて下さい。ラナンキュラス上手に栽培して美しい花を楽しんでみてはいかがでしょうか?

Thumbラナンキュラスの育て方は?植え方から上手な寄せ植え方法までご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
球根植物の中でもひときわ豪華で美しい花を咲かせるラナンキュラス。結婚式のブーケでもよく使われ...
Thumbラナンキュラス(ハナキンポウゲ)の育て方!苗選びや植え方からご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
春の華やかな雰囲気をまとったラナンキュラスは、絹のようなフワフワとした花びらで、たくさんの種...
Thumbラナンキュラスの色別花言葉!見頃の季節と合わせてご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
ラナンキュラスといえば、バラのような大輪を見事に咲かせ日本の芍薬のように美しい花です。そんな...

あなたへのおすすめ