ピーナッツの糖質とカロリーは?その栄養素からダイエット効果まで解説!

ピーナッツの糖質とカロリーは?その栄養素からダイエット効果まで解説!

ピーナッツについて、糖質やカロリーなどの栄養についてご存知ですか?ピーナッツは健康にいいと言われる脂肪酸や、低糖で食物繊維が豊富といった、ダイエットに適する魅力が詰まっています。ピーナッツの糖質をはじめ、健康への効果まで詳しくご紹介していきます!

記事の目次

  1. 1.ピーナッツとは?
  2. 2.ピーナッツの糖質
  3. 3.ピーナッツの糖質は食べ過ぎると太る?
  4. 4.ピーナッツの糖質ダイエット効果
  5. 5.ピーナッツの糖質ダイエット方法をご紹介!
  6. 6.ピーナッツの糖質ダイエット方法①
  7. 7.ピーナッツの糖質ダイエット方法②
  8. 8.ピーナッツの糖質ダイエット方法③
  9. 9.ピーナッツの糖質ダイエット方法④
  10. 10.まとめ

ピーナッツとは?

ピーナッツとは日本では落花生(らっかせい)の名前で知られているナッツ類です。みじかなんピーナッツを使ったお菓子としては柿の種が有名ですね。ピーナッツは感じで書いた通り、花が咲いて落下したのちに結実します。夏になると黄色の花を咲かせ、受粉する前に地面に落ちてしまいます。その後、地面の上で食べる部分である身をつけるためそう呼ばれています。その他、ピーナッツの糖質やダイエット効果などを詳しくご紹介しますので、ナッツ類がお好きな方はぜひチェックしてみてくださいね。

原産地

ピーナッツの原産地は南米と言われています。東アジアを通って江戸時代に日本に入ってきました。ピーナッツの皮は、地面に落ちて実をつけるため、乾燥していて、少し力を入れないと割れないようになっています。この皮が硬い特徴は他のアーモンドなどのナッツ類にも共通しています。南北戦争のときの食料不足により、食用がより一般的になりました。今ではピーナッツやアーモンドを代表に様々なナッツ類が人気です。

主成分

ピーナッツは、食べたり、その用途を考えるとわかるように、脂質が主な成分になっています。しかし、不飽和脂肪酸やリノール酸、オレイン酸が多く、血中のコレステロール値を下げる働きをします。たくさん食べ過ぎるとカロリーが気になりますが、糖質制限をしてダイエットをしたい方にはピーナッツを使ったダイエットがおすすめです。その他、アーモンドをはじめ、他のナッツ類も、この血中のコレステロールを下げる資質が含まれますので、合わせて食べてみるのもいいですよ。

ピーナッツの糖質

ピーナッツには、体に良いと言われている脂質が多く含まれていることをご紹介しましたが、ピーナッツの糖質は少なく、ダイエットにおすすめの食品とも言われています。ピーナッツの糖質は、30グラム程度に約1.2グラムの糖質が含まれています。そのため、100グラムにしても4グラム程度と大変低糖のナッツ類です。炭水化物は少し高めですが、食物繊維も豊富です。糖質と食物繊維豊富なピーナッツですが、他のアーモンドなどのナッツ類とわせるのもダイエットにおすすめです。

ピーナッツの糖質とカロリー

ピーナッツの糖質について、低糖で比較的ダイエットにも効果があり、健康にいいとご紹介しまいしたが、実はカロリーは少し高めです。100gあたり、およそ500キロカロリーを摂取することになります。ナッツ類は100グラムほど食べても良いですが、ピーナッツだけではなく、アーモンドなどの他のナッツ類やヨーグルトなども合わせて食べるといいでしょう。

ピーナッツの糖質は食べ過ぎると太る?

ピーナッツの糖質は、先ほどご紹介したように、糖質は少なめです。しかし、100グラムのピーナッツを食べるとなると、一粒およそ0.6グラムですので166粒ほど食べることになります。これだけの量を食べることは脂質も多く、カロリーもたくさん摂取することになるので、ダイエットに適しているとは言えません。また、ピーナッツの糖質は低いですが、他のナッツ類も糖質は低いことが知られています。アーモンドはピーナッツよりも糖質が低く、ピーナッツだけ食べるよりもアーモンドも合わせて食べることがおすすめです。

太る原因

太る原因と言えば、色々と言われていますが、その一つに食べ過ぎによるカロリーの摂り過ぎがあります。1日の消費カロリー量を超えたカロリーを食べ過ぎで摂ってしまうとやはり太ってしまいます。運動でカロリーを消費するのもいいですが、最近若い女性に特に人気なのが炭水化物を抑えた糖質制限をしたダイエット方法です。その糖質制限にピーナッツをはじめ、アーモンドなどのナッツ類を選ぶ人が続出しています。

ピーナッツの糖質ダイエット効果

ピーナッツの糖質ダイエットによる効果は、炭水化物を抑えて糖質制限することで太る原因を減らすことが1番の効果です。しかし、それ以外にもいくつか体に嬉しい効果があります。低糖の食事をすることで生活習慣病予防や、ピーナッツ、アーモンドなどのナッツ類にはアンチエイジング効果・美容効果が期待されています。

効果①

糖質制限によるダイエット効果は女性にピーナッツが人気に理由でもあります。炭水化物を減らし、低糖の食事をすることで、カロリーを抑え、太る原因を減らすことができます。ダイエットは色々な方法が世に知られていますが、自分に合ったダイエット方法を選ぶことが大切です。ピーナッツアレルギーもありますので、事前に注意して糖質制限のダイエットに挑戦してみてください。

効果②

男女問わず、人気の効果はアンチエイジング・美容効果です。肌の健康に効果があると期待されています。ピーナッツだけではなく、アーモンドなどのナッツ類も同様に健康にいいとされています。ピーナッツだけでは低糖ですが、カロリーが少し高めなので、他のナッツ類も合わせるといいでしょう。また、ピーナッツを皮付きで食べることで動脈硬化などの生活習慣病予防にも繋がります。もし、渋皮が苦手でなければ、ピーナッツを皮付きで食べることをおすすめします!

ピーナッツの糖質ダイエット方法をご紹介!

ここからはピーナッツの糖質ダイエット方法をご紹介します!ピーナッツはそのまま食べるのもいいですが、皮付きで食べたり、他のアーモンドなどのナッツ類と合わせるなど色々な楽しみ方ができます。糖質制限したダイエットは、食事がパターン化してしまって飽きてしまうことがあります。そんな時にピーナッツで色々な食事のアレンジをして飽きない糖質制限ダイエットをしてみてください。いくつか方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ピーナッツの糖質ダイエット方法①

ピーナッツの糖質ダイエット方法をご紹介します!ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類には特にタンパク質が多く入っており、反対に炭水化物が少ないことが特徴です。タンパク質は、人の体の中では筋肉を作る働きをします。ピーナッツを使った糖質ダイエットの本質にあるのは、この豊富なタンパク質で筋肉を作り、脂肪を燃焼しやすい体を作ることです。ピーナッツは皮付きで食べるとさらに健康にもいいと言われています。

脂肪を燃焼しやすくする

脂肪を燃焼しやすくする、このようなダイエット方法をケトンダイエットとも呼ばれています。炭水化物の食べ過ぎを減らすために低糖のピーナッツを食べることで、筋肉を作ります。そうすることで、脂肪を燃焼しやすい体を作ります。この時注意するべきポイントは、食べ過ぎず、適量のピーナッツを食べることです。ピーナッツは、低糖ですが、比較的カロリーが高いナッツ類です。食べ過ぎると太る原因ですので、1日30グラム程度を心がけましょう。

ピーナッツの糖質ダイエット方法②

ピーナッツの糖質ダイエット方法で続いてご紹介するのは、よく噛んで食べることで、満腹効果を引き出すことです。ピーナッツをはじめ、アーモンドなどのナッツ類は歯ごたえのある印象があると思います。そのため、他の食べ物に比べて自然と噛む回数が増え、満腹効果があると言われています。炭水化物の食べ過ぎが心配な方は、低糖のピーナッツをたくさん噛んで食べることをおすすめします。

満腹効果への期待

噛む回数は、普段の食事であまりきにすることが少ないかと思います。そんな時におすすめなのが、硬さの違う食材を混ぜることです。そうすることで、噛む回数が自然と増加すると報告されています。ピーナッツの他にもナッツ類を混ぜることで、よく噛んで満腹効果を引き出し、食べ過ぎによる太る原因を抑えることに繋がります。また、皮付きピーナッツは動脈硬化などの生活習慣病予防にも繋がりますので、食べ過ぎ、飲み過ぎの次の日に食べるのもいいかもしれません。

ピーナッツの糖質ダイエット方法③

次にご紹介するピーナッツの糖質ダイエットは、体重を減らしながら、健康体を作るダイエット方法です。そのためのポイントは、ピーナッツを皮付きで食べることです。皮付きピーナッツは動脈硬化などの生活習慣病を抑える効果があると言われているため、皮なしで食べるよりもおすすめです。渋皮が苦手ではない方にはおすすめです。また、食物繊維も豊富で、アンチエイジング・美容効果もありますので、体の中から外まで健康的な体になるのに効果があると言われています。

健康体を作りながらダイエット

健康体を作りながらダイエットというのは、食事制限などはせず、体に負荷がかからないようにダイエットすることです。ピーナッツによる糖質制限のダイエットでは、太る原因の糖質を減らすだけではなく、食物繊維も同時にたくさん摂取することができます。また、ピーナッツにはアンチエイジング効果や美容効果も期待されています。ピーナッツダイエットは体重を減らすだけでなく、同時に体の中から健康体に近くことができますよ。

ピーナッツの糖質ダイエット方法④

ピーナッツの糖質ダイエット方法の4つ目は、他のナッツ類と合わせて食べることです。ピーナッツは糖質は少なめですが、カロリーはあります。アーモンドやカシューナッツとうまく組み合わせて食べることで、糖質や、カロリー、食物繊維をバランスよく摂ることができますよ。ナッツ類は1日に30グラム程度が良いと言われている量です。朝食にピーナッツや他のナッツ類とヨーグルトを合わせて食べる方法は、若い女性にも人気です。

他のナッツ類と合わせて食べる

他のナッツ類と合わせて食べることで、カロリーを調整するだけでなく、飽きずに毎日食べることができます。もしピーナッツだけでは飽きてしまって長く続かないかもしれませんよね。そんな時におすすめなのが、アーモンドやカシューナッツなどの他のナッツ類と合わせることです。

まとめ

いかがでしたか?ダイエット方法は様々紹介されていますが、ピーナッツや他のナッツ類が好きな人にはおすすめのダイエット方法です。炭水化物の代わりにピーナッツを食べることで、ダイエットに効果があるだけでなく、アンチエイジング効果や美容効果も期待できます。また、ピーナッツは皮付きで食べると動脈硬化の予防にも効果があります。体の中から健康になれるピーナッツをぜひ、毎日の食生活に加えてみてください。

ピーナッツについてもっと詳しく気になる方はこちらもチェック!

ピーナッツについて、もっと詳しく効果や効能、レシピが気になる方はこちらをチェックしてみてください。ダイエットを期に、ナッツにハマる人も続出していますので、最近では色々なナッツがスーパーで簡単に手に入ります。ぜひ、ピーナッツについての詳しい情報を入手してみてください!

落花生とピーナッツの違いは殻?その詳細と美味しいピーナッツレシピもご紹介 | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
落花生とピーナッツの違いは殻?その詳細と美味しいピーナッツレシピもご紹介 | 暮らし~の[クラシーノ]
落花生とピーナッツの違いを聞かれて困ってしまう人が多いようです。漢字とカタカナの違い以外にも、このふたつの食べ物には違いがあるのでしょうか。はたまた同じ食べ物?今回は落花生とピーナッツの違いをメインに、食品としての美味しい食べ方についても触れていきます。
ピーナッツを食べ過ぎたら?健康に与える影響とピーナッツの効果・効能を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
ピーナッツを食べ過ぎたら?健康に与える影響とピーナッツの効果・効能を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
お酒のおつまみにもよく食べられるピーナッツ。ついつい食べ過ぎてしまうこともあるのではないでしょうか。今回はそんなピーナッツをたくさん食べ過ぎるとどうなるのかということをピーナッツの効果や効能、栄養分や消化についても触れてご紹介します。
なつ
ライター

なつ


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking