葵の花言葉は?言葉の意味や由来と見頃の季節などの基本情報を解説!のイメージ

葵の花言葉は?言葉の意味や由来と見頃の季節などの基本情報を解説!

葵と言う花を知っていますか?葵は大きな花を太陽に向かって咲かす綺麗な花です。葵は花言葉も有名で、よく名前などに葵と言う漢字が使われるのも花言葉の意味を用いて使用している人も多いです。今回はそんな気になる葵の花言葉の意味を詳しくみて行きましょう。

2020年01月21日更新

bambi
bambi
2人の小学生を持つ主婦ライターです。趣味はアウトドアとインテリア。主婦ならではの体験や視点からさまざまな情報を発信して行きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 葵の花とは
  2. 葵の見頃は?
  3. 葵の花言葉を見てみよう
  4. 葵の花言葉①
  5. 葵の花言葉②
  6. 葵の花言葉③
  7. 葵の花言葉④
  8. 葵の花言葉⑤
  9. 葵の花言葉⑥
  10. 葵の花言葉⑦
  11. 女の子の名前にも使われる葵
  12. まとめ

葵の花とは

葵の花を知っていますか?葵とは、梅雨の時期から夏に綺麗な見頃を迎える植物です。葵は太陽に向かって咲く傾向があり、漢字で葵と書くと草冠に太陽の包囲を知る為に使われる器具を表す漢字が用いられています。つまり葵は太陽に受かって元気よく咲く花なのでそれが漢字の由来にもなっています。葵と言う名前を聞いてもすぐに花のイメージが浮かばない人はハイビスカスと同じと言う方がわかりやすいかも知れません。ハイビスカスもアオイ科に属する植物で、アオイ科には他にもタチアオイ、オクラなどもあげられるのです。

葵はいろいろな色がある

葵の花の色は、赤やピンク、白、黄色、紫などがあり、どれも5枚の花びらからあるのが特徴です。葵の開花時期は、主に6月から8月の時期で、梅雨時期に茎の下っから徐々に花が咲き始めて、だんだん夏の時期に近づくと茎の上の方まで花が咲くと言われており、梅雨明けと同時に葵が満開に開花するとも言われています。葵は開花するととても華やかで花壇一杯に花が広がるので、葵が夏を知らせにやってくるようなイメージがあります。葵の開花の時期を知り、ぜひ満開の見頃の葵を楽しんでみてはいかがでしょうか?

葵の見頃は?

葵はもともと中国が原産の花だと思われていましたが、実はトルコうや地中海沿いにある植物だという説が今では主流になっています。一年草と多年草の種類があり、ハイビスカスにもよく似ています。花びらも一重や八重咲などがあり、種類によって花のイメージも変わって来ます。どれも鮮やかでボリュームのある花なので花壇などに植えるととても綺麗で見頃になると華やかな印象になります。葵の見頃は、夏前で梅雨から徐々に花を咲かせ、夏の始まりを告げるころ最高の見頃を迎えます。その為、葵の見頃と共に夏を感じる人も多いのではないでしょうか?

葵の誕生花は

葵の誕生花は、6月18日、6月23日、8月18日とされています。ちょうど葵が開花する見頃の時期です。6月から8月にかけて葵の綺麗な大輪の花を楽しめるので、この誕生日意外の人にも季節の花として葵をプレゼントしてみるのも良いでしょう。夏と言えばひまわりのイメージが強いですが、ぜひ梅雨から夏にかけて楽しめる葵の花も探してみて下さい。葵は日当たりと水はけのよい場所なら育てやすく、比較的育てやすいです。水の与えすぎに注意し乾燥しているのを感じてから水を与えるだけで大丈夫です。ぜひ自宅で綺麗な葵の花を咲かせてみてはいかがでしょうか?

葵の花言葉を見てみよう

葵と言う漢字は子どもの名前としてもとても人気があります。そんな葵は、7つの花言葉を持つと言われています。また、葵の由来は長く江戸幕府の徳川家の家紋三つ葉葵にも使われていました。よく時代劇などで使われている印籠などの御紋に葵が使われていることにも由来されます。その為、葵は昔から日本でも馴染みのある植物だったのです。また葵は英語や西洋での花言葉もあり「大望、野心」「豊かな実り」などと言った意味があります。とても前向きなイメージの花言葉です。それでは誕生花などにも使われる葵の花言葉を見て行きましょう。

葵の花言葉①

大望

葵の花言葉と言うとこの大望を思い浮かべる人も多いでしょう。大きな望みや夢を表す花言葉で、その花言葉の意味から子どもい大きな夢や希望を持って欲しいと願い、名前に葵と言う漢字を使う人も多いです。とてもわかりやすい花言葉でどんな場面でも使いやすい花言葉ではないでしょうか?この花言葉の由来は日本でも西洋でも同じく、葵の花の太陽に向かって咲くイメージにピッタリです。葵をプレゼントなどで贈ることで大きな希望を相手に伝えることができるのではないでしょうか?色もさまざまなので贈る相手を思いお気に入りの色の葵の花を探してみて下さい。

葵の花言葉②

豊かな実り

葵の花言葉には豊な実りと言う意味もあります。この言葉は、葵が梅雨から夏の時期にかけて徐々に花を咲かすような豊かさを表現しているからかも知れません。豊かな実りはさまざまな出来事を無事過ごして欲しいという願いも込められる花言葉なので、名付けの際の由来にも大変いい意味があると言われています。葵と言う漢字が名づけなどに人気があるのもとても納得できるのではないでしょうか?相手の順調な成長などを祝う気持ちも込めて葵を贈るのもいいでしょう。比較的丈夫な花でもあるので、初心者などにプレゼントするのにもおすすめです。

葵の花言葉③

野心

野心と聞くと競争心のようなイメージがありますが、さまざまな場面でも強く生き抜くたくましさなどを表す為にもとても良い花言葉ではないでしょうか?人は野心がないとなかなか自分の成長にも繋がりません。その為にもさまざまなチャンスに向かって前向きに取り組む野心を表しているのかも知れません。困難などにも立ち向かう強さを表す花言葉は、葵が太陽に向かって咲く姿に連想されているのではないでしょうか?葵の梅雨から夏にかけて徐々に満開を迎える姿は人々に希望と勇気を与えてくれるのかも知れません。

葵の花言葉④

気高く威厳に満ちた美

気高く威厳に満ちた美と聞くと、難しく感じるかも知れませんがそれは葵の開花する姿を意味しているのではないでしょうか?葵は太陽に向いて育ち、開花するのでその姿は凛としているとも言えます。どんなことがあっても前向きに凛として生きて欲しいという意味も含まれているので、葵と言う花言葉の意味を用いて、女の子の名前に使われることもあるのです。葵の気高く威厳に満ちた美しさを使って、恋愛の成就の為に好きな相手にプレゼントしてみるのも良いかも知れません。華やかで育てやすいので、プレゼントとしても使いやすい花の種類だと思います。

葵の花言葉⑤

高貴

葵には高貴と言う花言葉もあります。葵は昔は聖職者など身分の高い人へのプレゼントに贈るものとされて来ました。その為、特別な高貴なプレゼントを贈るという意味も込められて高貴と言う花言葉があるのです。さらに葵の種類でもあるハイビスカスもインドでは神様に捧げる花として使われています。日本ではハイビスカスと言うと夏や南国をイメージする花ですが、ハイビスカスや葵はより特別なプレゼントを贈る際に用いられていたのです。その為、葵をプレゼントとして贈ることもとてもいい意味があるのではないでしょうか?

葵の花言葉⑥

神聖

葵とは先ほどの花言葉の高貴と言う意味と似ていますが、神聖と言う意味もあります。その神聖の由来は、12世紀のヨーロッパでキリスト教の聖地に十字軍がシリアから運んできたからだと言われており、聖地の花と言う意味で神様と祝福とも言われているのです。葵の花が開花することで、神様などに贈る風習も多く、葵がいかに神聖な花なのかと言うことが伺えます。その神聖な雰囲気は花のイメージにも合います。葵はさまざまな色がありますが、特に高貴なイメージを表すなら紫の葵の色を選ぶのがおすすめです。

葵の花言葉⑦

温和・優しさ

葵の中にはいろいろな種類がありますが、その中には沼地なのでも大輪の花を咲かせる紅葉葵と呼ばれる種類があります。この紅葉葵にこの温和・優しさと言う花言葉が使われます。紅葉葵の咲く姿は、優しくけなげなように見えた為とも言われています。葵の花言葉はどれも葵の開花の姿を表したような物が多く、どれも前向きになれるようなイメージの花言葉が多いのも特徴です。葵の花言葉がどれをとっても相手に敬意ある感謝などを伝えられやすいので、プレゼントなどに葵を選んでみるのもおすすめです。ぜひ葵の見頃の時期を選んで贈り物にしてみて下さい。

女の子の名前にも使われる葵

葵の花言葉は、どれも前向きで良い意味が多いのが特徴です。その為、子どもの名前を考える際に葵と言う漢字を使うのもとても人気があります。葵は綺麗で可愛い花でもあるので、生まれたての可愛い自分の子どもに付けたいという親御さんも多いのではないのでしょうか?葵と言う響きもとてもよく、常に女の子の名前ランキングで上位に出てくることも多い人気の名前です。また、一文字で葵と読ませず他の漢字と組み合わせて葵と読ます名前を付ける人もいます。

葵の花言葉には親の希望も含みやすい

葵は基本的に太陽に向かって成長し、開花するのでその前向きなイメージを誇る花言葉の意味が多いのも特徴です。これから子どもの成長を願う親の気持ちと一致しやすいということもあるのではないでしょうか?そんな葵の花言葉を理解し、ぜひこれから名前などを考える人は参考にしてみて下さい。また、葵と言う漢字を組み合わせていろいろな名前を付ける人も多いです。大切な名前にはさまざまな由来を求める人も多く、そんな場合に葵の持つ意味はとても穏やかで気品のあるイメージが強いのも人気の理由になるのです。また、女の子だけではなく最近では男の子の名前の中に葵と言う漢字を用いる人も多くいます。

まとめ

葵の花言葉はいかがでしたか?葵の花のイメージにピッタリな素敵な花言葉の意味が多かったと思います。葵の花の見頃の満開な鮮やかなイメージに合う花言葉は、どれも贈る相手に喜ばれそうな花言葉ではないでしょうか?葵は梅雨から夏の時期にかけてだんだんと開花し楽しめる花でもあるので、ぜひ誕生日花としてや感謝の気持ちを込めた花のプレゼントに選んでみてはいかがでしょうか?葵には色や種類もいろいろあるので、贈る相手に合わせた物を選ぶのも良いでしょう。ぜひ葵をプレゼントする際には素敵な花言葉も一緒に相手に贈ってみてはいかがでしょうか?きっと相手も驚く素敵なプレゼントになると思います。

花言葉が気になる人はこちらもチェック!

花にはそれぞれ花言葉があります。葵の他の花言葉も知りたい人はこちらの記事もチェックしてみましょう。花言葉を知ると花を選ぶのがさらに楽しくなり、花を贈る際のメッセージとしても使えるのでおすすめです。

Thumb向日葵(ひまわり)の色別花言葉!本数や種類で意味が変わるってホント? | 暮らし~の[クラシーノ]
夏に咲くお馴染みの黄色い花、向日葵にはさまざな花言葉あります。どの花言葉も素敵なものが多いの...
Thumb【可憐で個性豊か】エリカの特徴とは?種類の違いや花言葉までわかりやすく解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
小さな花が細い枝いっぱいに咲くかわいらしいエリカ、名前も可愛らしいですね。庭植えや鉢植えだけ...
Thumbアマリリスの花言葉を色別にご紹介!由来や種類ごとの特徴も徹底解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
アマリリスはさまざまな色の大きな花が楽しめるので、鉢植えや切り花として人気のある花です。そん...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ