初心者でも育てやすいバラの人気品種おすすめ15選!育て方のポイント含めてご紹介!のイメージ

初心者でも育てやすいバラの人気品種おすすめ15選!育て方のポイント含めてご紹介!

バラの栽培はハードルが高そうと思っている方も多いのではないでしょうか?最近では新しい丈夫な品種がたくさん出ていて、初心者でも育て方のポイントを抑えれば、簡単に美しい花を咲かせることができます。バラ人気品種と育て方のポイントをご紹介します。

2020年01月21日更新

chie
chie
休日は主人と5歳の息子と一緒に郊外へ出掛けて釣りやアウトドアを楽しんでいます。人気のお出かけスポットやおすすめのアウトドアグッズをご紹介しています。読んでいて楽しくなるような記事を届けられたら嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 初心者にもおすすめ!強健で美しいバラ!
  2. バラ選びと栽培のポイント
  3. 初心者でも育てやすいバラの人気品種①
  4. 初心者でも育てやすいバラの人気品種②
  5. 初心者でも育てやすいバラの人気品種③
  6. 初心者でも育てやすいバラの人気品種④
  7. 初心者でも育てやすいバラの人気品種⑤
  8. 初心者でも育てやすいバラの人気品種⑥
  9. 初心者でも育てやすいバラの人気品種⑦
  10. 初心者でも育てやすいバラの人気品種⑧
  11. 初心者でも育てやすいバラの人気品種⑨
  12. 初心者でも育てやすいバラの人気品種⑩
  13. 初心者でも育てやすいバラの人気品種⑪
  14. 初心者でも育てやすいバラの人気品種⑫
  15. 初心者でも育てやすいバラの人気品種⑬
  16. 初心者でも育てやすいバラの人気品種⑭
  17. 初心者でも育てやすいバラの人気品種⑮
  18. 人気のバラを育ててみよう!

初心者にもおすすめ!強健で美しいバラ!

バラには豊富な品種があり、色や形、香りも様々です。おしゃれなオールドローズやイングリッシュローズが人気ですね。初心者でも育てやすいのは強健種のバラで、植える場合は大苗を購入して植えると、株がしっかりと育っているのでおすすめです。初めてでもきれいな花を咲かせられる、つるバラや中輪・大輪系のバラもあります。

バラ選びと栽培のポイント

育てる環境

バラを栽培する場合には、鉢植えと地飢えがありますが、栽培するスペースを考慮して品種を選びます。樹勢の強いつるバラなどはローズガーデンを作る際に向いていますが、誘引を考えて植える場所を選ぶようにします。スペースが少ない場合は、あまり樹高が大きくならないバラの鉢植えがおすすめです。

品種の選び方

バラの失敗しない品種の選び方は、鉢や庭スペースで育てる場合は樹高が大きくならない品種を選び、アーチやフェンスに這わせる場合は、大きく育つ品種やつるバラを選びます。

初心者におすすめの品種

初心者におすすめの品種は、花付が良く繰り返し花を付ける四季咲きタイプです。剪定してもすぐに枝が伸びてまた花を付けます。花持ちが良い品種は長めに剪定して、切り花やブーケにするのもおすすめです。病害虫に強い品種は、手入れも簡単で長持ちします。

今回は初心者でも育てやすいバラの人気品種を、15選厳選してご紹介します。人気のおしゃれな品種の中から、丈夫な強健種のバラを集めてみました。花形や花色も様々で新しい品種もたくさん出ていますので、好みに合わせて選んでみてくださいね。バラを育てる際の品種選びの参考にしていただければ幸いです。(本記事の情報は、2020年1月21日現在のものです)

初心者でも育てやすいバラの人気品種①

ザ・レディ・ガーデナー

ザ・レディ・ガーデナーは、人気の高いイングリッシュローズの品種で、アプリコット色がおしゃれで美しいバラです。初心者でも育てやすい強健種のバラで、花びらがぎっしりと詰まった大輪の花は、バニラが香る濃厚なティー系の強い香りです。

バラの育て方のポイント

ザ・レディ・ガーデナーの栽培は、初心者の場合は10月~3月の時期に大苗を植えこみます。育て方はバラ専用培養土を使用し、有機質肥料を与えて管理します。四季咲きで繰り返し早いペースで咲き、雨にも強く健康な状態が長続きする品種です。

バラの基本情報

【作出国】イギリス
【花色】美しい深みのあるアプリコット色
【花径】大輪
【花弁】120枚
【花形】半八重花びらが詰まったロゼット咲
【樹高】0.75~1m
【芳香】心地良いティー系の濃厚な薫りで、バニラとスギの木がほのかに香る

初心者でも育てやすいバラの人気品種②

レディ・エマ・ハミルトン

レディ・エマ・ハミルトンは、濃いオレンジ色で色鮮やかなおすすめのイングリッシュローズです。ローズガーデンの中でも、ひと際目を引く存在感のある美しいバラです。初心者でも育てやすく、爽やかなフルーツ系の強い香りが人気です。

バラの育て方のポイント

レディ・エマ・ハミルトンの栽培は、大苗を購入して冬場の10月~3月までに植えこみます。樹高が低めのコンパクトなバラなので、鉢植え栽培もおすすめです。育て方は有機質肥料を与えて、ニームスプレーを定期的に与えます。ベランダや玄関前に鉢植えを置くと、すばらしいバラの芳香を放ちます。

バラの基本情報

【作出国】イギリス
【花色】花びらの内側は濃いオレンジ色、外側はイエローオレンジ混
【花径】大輪
【花弁】45枚
【花形】八重多弁、ディープカップ咲き
【樹高】1~1.25m
【芳香】フルーツ系のグレープ・羊ナシ・シトラスの濃厚かつさわやかな香り

初心者でも育てやすいバラの人気品種③

つるアイスバーグ

つるアイスバーグは、人気の中輪咲きの白バラのアイスバーグのつる枝です。庭に植えるとたわわにたくさんの美しい花が咲き、つるを大きく伸ばすと自然で華やかな景観になります。初心者でも栽培しやすい丈夫さで、世界中で愛されているバラです。

バラの育て方のポイント

つるアイスバーグの栽培は、つるが長く伸びてくるので植える場所や仕立て方を考慮して、冬場の10月~3月までの時期に植えていきます。育て方は有機肥料を与え、花がしおれた時に剪定をして管理します。丈夫で花付が良く、冬場に強剪定すると、新芽が春にたくさん出てきます。

バラの基本情報

【作出国】ドイツ
【花色】純白
【花径】16~20枚
【花弁】7~8cm
【花形】半八重咲き
【樹高】3m
【芳香】微香

初心者でも育てやすいバラの人気品種④

アンジェラ

アンジェラは可愛いピンク色のバラをびっしりと咲かせる、丈夫で育てやすいつるバラです。四季を通して咲き続けるので、庭を華やかに演出します。強健種でつるが長く伸び、美しいバラのアーチやフェンスを作ることも出来ます。初心者でも枯れにくいバラでおすすめです。

バラの育て方のポイント

アンジェラの栽培は場所を考慮して、冬場の10月~3月の時期に植えていきます。育て方も簡単で有機肥料を2~3ヶ月おきに与えて管理します。害虫にも強く、黒点病などにかかっても、また新芽を出して復活します。つるの細い枝先を剪定して、枯れた枝や混み合っている枝を切って風通しを良くします。

バラの基本情報

【作出国】ドイツ
【花色】ピンク
【花径】4cm
【花弁】15~16枚
【花形】カップ咲
【樹高】3m
【芳香】微香

初心者でも育てやすいバラの人気品種⑤

パパメイアン

パパメイアンは大輪の美しい赤バラで、強いダマスクモダンの香りが人気です。黒みを帯びたビロードの様な花弁で見る人を魅了します。細立ちのバラですが、育てやすい丈夫な強健種です。花付が良く冬場の時期以外は、繰り返して何度も開花します。花もちは短いので、切り花で楽しむのもおすすめです。

バラの育て方のポイント

パパメイアンの栽培は冬場の10月~3月の時期に大苗を植え、他のバラよりも施肥量を多めに与えます。1mを優に越える高さになるので、地植えがおすすめです。四季咲きで花は繰り返し咲きますが、花持ちが悪いので花を切った後は深めに剪定して管理します。切ったところからまた大きく伸びて花を咲かせます。

バラの基本情報

【作出国】フランス
【花色】ビロードがかる黒赤
【花径】15cm
【花弁】25~30枚
【花形】半剣弁高芯咲
【樹高】1.5m
【芳香】強香ダマスクモダンの香り

初心者でも育てやすいバラの人気品種⑥

クイーンエリザベス

クイーンエリザベスは美しい桃色の大輪のバラで、世界中で愛され殿堂入りを果たしている人気品種です。寒さや暑さにも強く枯れにくいバラで、育てやすく初心者にもおすすめです。主幹が太くしっかりとしていて、直立に伸びていきます。四季咲きで冬の時期を除いて、繰り返し何度も開花します。

バラの育て方のポイント

クイーンエリザベスの栽培は、高さがどんどん上に伸び2m近くになるので地植えがおすすめです。冬場の10月~3月の時期に本苗を植えこみ、有機肥料を入れ込んでおきます。大輪の花を枝分かれして咲かせるので、切り花もおすすめです。冬場に剪定をして管理しておくと、また50㎝程伸びて花を咲かせます。

バラの基本情報

【作出国】アメリカ
【花色】澄んだピンク
【花径】10~11cm
【花弁】20~25枚
【花形】丸弁平咲
【樹高】1.5~1.8m
【芳香】微香

初心者でも育てやすいバラの人気品種⑦

アッサンブラージュ

アッサンブラージュは、日本人の小山内健さんが2018年に作出した新品種です。白いカップ咲きの美しいグリーンアイで、中央がほんのりピンク色の、気品のあるおしゃれなバラです。フルーツ系とダマスクの強い香りになっています。鉢植えでも育てられ、初心者でも育てやすいバラです。

バラの育て方のポイント

アッサンブラージュの栽培は、良く日の当たる場所を選び、腐葉土や有機肥料を入れて本苗を植えこみます。成長に合わせて株周りに追肥をします。うどん粉病が発生しやすいので薬剤で防除して管理します。冬場の12月~1月の時期に剪定をしておきます。

バラの基本情報

【作出国】日本
【花色】ほんのりとしたピンク色
【花径】8cm
【花形】カップ咲き
【樹高】1.2~1.3m
【芳香】強香ダマスク&フルーツのかぐわしい香り

初心者でも育てやすいバラの人気品種⑧

ピエール ドゥ ロンサール

ピエールドゥロンサールはつるバラで、花の中心が濃いピンク色で花弁はクリーム色の大輪の花がたくさん咲きます。とても丈夫で初心者でも育てやすいバラで、庭を華やかに演出します。病害虫にも強く繰り返し花を付けます。

バラの育て方のポイント

ピエールドゥロンサールの栽培は、大輪の花がたくさん咲くバラなので、基本的に地植えがおすすめです。冬場の時期以外は繰り返し花が咲きます。開花後は花がらをつむようにして、強剪定は控えます。樹勢の強いつるバラなので、大きなフェンスやアーチになどに誘引するのがおすすめです。

バラの基本情報

【作出国】フランス
【花色】中心が淡いピンクで緑を帯びた白
【花径】10~12cm
【花弁】50枚
【花形】カップ咲
【樹高】3m
【芳香】微香

初心者でも育てやすいバラの人気品種⑨

スカーレットボニカ

スカーレットボニカは明るい赤色の見ごたえのあるバラで、国際コンクールでも多数受賞している人気の品種です。花付が良く非常に育てやすいので、初心者にもおすすめのバラです。病害虫にも強く、手入れも簡単な強健種です。

バラの育て方のポイント

スカーレットボニカの栽培は樹高があまり大きくならないので、鉢植えでの栽培も可能です。良く日の当たるところで、冬場の10月~3月の時期に大苗を植え、有機肥料を与えて管理します。繰り返し絶え間なく花が付くので、開花後に剪定をすると次の枝を成長させます。剪定をして樹形をコンパクトに整えます。

バラの基本情報

【作出国】フランス
【花色】赤スカーレット
【花径】7cm
【花弁】50~60枚
【花形】丸弁平咲
【樹高】0.7m
【芳香】微香

初心者でも育てやすいバラの人気品種⑩

ブリーズ

ブリーズはフレンチシックでおしゃれなバラで、アプリコットがかったクリームピンクの花色がとてもきれいです。爽やかな香りも魅力的です。花持ちが良く病害虫にも強いので、初心者にもおすすめの育てやすいバラです。房咲きで花付が良く庭を華やかに演出します。

バラの育て方のポイント

ブリーズの栽培は、直立性でまっすぐに伸びるので、鉢植えと地植え両方で楽しめます。良く日が当たる場所に、冬場の10月~3月の時期に大苗を植えて有機肥料を与えます。花付が良いので開花後に剪定をします。切ったところからすぐに枝を伸ばします。冬場に株元から40cm~50cmのところで強剪定して管理します。

バラの基本情報

【作出国】フランス
【花色】アプリコットピンク、クリームピンク 
【花径】6~8cm
【花形】カップ咲
【樹高】1.5m
【芳香】強香ムスク香
 

初心者でも育てやすいバラの人気品種⑪

サマースノー

サマースノーは軽やかな白花をたくさん咲かせるつるバラで、ローズガーデンで最も人気のあるバラです。枝が柔らかいバラでフェンスやアーチ作りにも使いやすく、波を打つ花弁が美しく上品でとてもきれいです。花付も良く四季咲きで繰り返し花を咲かせます。

バラの育て方のポイント

サマースノーの栽培はガーデン作りに最適の、枝が柔らかく誘引しやすいバラなので、場所を考慮して植えていきます。たくさんの花をつけるバラですが、うどん粉病にかかりやすいので、葉が混みあいすぎないように風通しを良くして誘引していきます。定期的に有機肥料を与えて管理します。

バラの基本情報

【作出国】アメリカ
【花色】純白色
【花径】6cm
【花形】丸弁半八重咲
【樹高】2m
【芳香】微香

初心者でも育てやすいバラの人気品種⑫

クリスティアーナ

クリスティアーナはアンティークな雰囲気で、おしゃれな人気のカップ咲のバラです。繊細なピンクがかったピュアホワイトの花色が美しく、レモンのような爽やかな強い香りが人気です。病害虫にも強く丈夫で、初心者でも育てやすいおすすめのバラです。

バラの育て方のポイント

クリスティアーナの栽培は、樹高が大きくなるので基本的に地植えになります。冬場の寒さにも強い品種です。日差しが強いと葉が傷むので半日陰がおすすめです。四季咲きで繰り返し花を付けます。開花後に深めに剪定をすると、グングン枝が伸びて花を咲かせます。株元に有機肥料を与えて管理します。

バラの基本情報

【作出国】ドイツ
【花色】ピュアホワイト中心ライラックピンク
【花径】8cm
【花弁】100~120枚
【花形】カップ咲
【樹高】1.8~2.0m
【芳香】強香レモンを思わせる香り

初心者でも育てやすいバラの人気品種⑬

グラハムトーマス

グラハムトーマスはイングリッシュローズで、明るいレモン色の花がきれいな殿堂入りの人気品種です。オールド・ローズのクラシカルなつるバラで、庭を華やかに演出します。よく枝分かれしてたくさん花を付けるので、フェンスやアーチにもおすすめです。樹勢が良いので広いガーデンにおすすめのバラです。

バラの育て方のポイント

グラハムトーマスの栽培は、地植え両方ができますが、樹高1.7~4mに生長するので、場所を考慮して植えていきます。良く伸びるつるバラなので、アーチやパーゴラにも向いています。花付が良いので、開花後に剪定して株元に肥料を与えます。年に2回夏と冬の時期に、固く古い枝を剪定をして管理します。

バラの基本情報

【作出国】イギリス
【花色】山吹色
【花径】8~10cm
【花弁】60枚
【花形】カップ咲~ロゼット咲
【樹高】1.5m
【芳香】中香濃厚なティーローズの香り
 

初心者でも育てやすいバラの人気品種⑭

ラ・パリジェンヌ

ラ・パリジェンヌは色鮮やかな黄色とオレンジのバラで、グラデーションカラーがとてもきれいです。名前の通りおしゃれで華やかさのあるバラです。鉢植えでも育てられ、初心者でも育てやすい丈夫な品種です。庭に植えても独特の花色が目を引きます。耐病性が強く手入れも簡単です。

バラの育て方のポイント

ラ・パリジェンヌの栽培は、樹高が大きくならないので鉢植え、地植え両方で楽しめます。冬場の10月~3月の時期に本苗を植えこみます。枝があまり暴れなく伸びていきます。開花後の冬場の時期に強剪定をして、鉢植えの場合は植え替えをします。また開花の時期には、グングン新芽を出して花を付けます。

 

バラの基本情報

【作出国】フランス
【花色】オレンジ黄色の複色
【花径】8~10cm
【花形】抱え咲
【樹高】1.2m
【芳香】中香
 

初心者でも育てやすいバラの人気品種⑮

ラ・マリエ

ラ・マリエはフリルの入った花弁がとても美しい、フロリバンダのバラです。フランス語で花嫁の意味を持ち、ウエディングブーケにも使用される人気のバラです。四季咲きで春はピンク色、秋はライラックピンクに変化します。フレッシュな強い香りで切り花にもおすすめです。

バラの育て方のポイント

ラ・マリエの栽培は、あまり大きくならないので鉢植えがおすすめです。花持ちが良く上品な香りなので、玄関先やベランダで育てるのに向いています。冬場の時期の12月~3月に大苗を植えて、株元に有機肥料を与えます。開花後に剪定をして、鉢植えの場合は冬場に植え替えをして管理します。

バラの基本情報

【作出国】日本
【花色】さくらピンク色~ライラックがかったピンク色
【花径】6~8cm
【花形】オープンカップ咲き
【樹高】1m
【芳香】強香さわやかで初々しいフレッシュな香り

人気のバラを育ててみよう!

いかがでしたでしょうか?色や香りも様々でおしゃれなバラがいっぱいですね。四季咲きのバラが多いので、冬の時期以外は年間通して楽しめます。樹勢の良い品種は、剪定をしてもすぐに枝が伸びてくるので毎年花を咲かせます。庭や玄関先に美しいバラを咲かせると、とても華やかで良いですね。ぜひ好みのバラを見つけて栽培してみてくださいね。

バラが気になる方はこちらもチェック!

当サイト「暮らしーの」には、バラの種類や人気の品種、育て方、植え替え方法などのおすすめの記事が多数掲載されております。ガーデニングでバラを栽培する際の参考にこちらもあわせてお読みください。

Thumbバラにはどんな種類がある?有名&珍しい品種22選の特徴や見分け方をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
バラの種類はとても多く育ててみたいけれどどの種類を選んでいいのか分からないですね。まずは自分...
Thumbバラの育て方と気になる管理方法は?植え替えや剪定など手入れのコツを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
バラ栽培は難しいとよくいわれますが、育て方のポイントを押さえてしまえば誰でも簡単に育てられる...
Thumbバラの植え替え方法は?鉢植えや地植えなど、最適な時期ややり方を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
バラの栽培は難しいとお考えの方、そんな先入観を捨ててバラ苗の植え替えに挑戦してみましょう。バ...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ