【2019】サーフ向けロッドおすすめ8選!入門向けロッドでヒラメ釣りを始めよう!のイメージ

【2019】サーフ向けロッドおすすめ8選!入門向けロッドでヒラメ釣りを始めよう!

サーフロッドのおすすめ8選です。入門向けとしておすすめしやすい価格帯の製品から、サーフ向けのモデルをピックアップしてご紹介します。おすすめモデル、インプレ紹介付き!スタート向けのロッドをお探しの方は、是非チェックしてみてください!

2019年12月27日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. サーフ向けロッドのおすすめをまとめてチェック!
  2. サーフ向けロッドはココが違う!
  3. サーフ向けロッドおすすめ8選!
  4. 1.メジャークラフト「ファーストキャスト シーバス」
  5. 2.メジャークラフト「3代目クロステージ」
  6. 3.ジャクソン「オーシャンゲート サーフ」
  7. 4.アブガルシア「ソルティースタイルフラットフィッシュ」
  8. 5.ダイワ「リバティクラブ シーバス」
  9. 6.ダイワ「ラテオ FJ」
  10. 7.シマノ「ソルティーアドバンス」
  11. 8.シマノ「ネッサ BB」
  12. サーフ向けロッドをゲットしよう!

サーフ向けロッドのおすすめをまとめてチェック!

サーフのヒラメ、青物に挑戦!

サーフロッドのおすすめ8選!釣り初心者向け、入門向けの価格帯から、サーフゲームにピッタリの8本をご紹介します。快適性重視なら専用製品!初心者向けサーフロッドをゲットして、青物、ヒラメを狙ってみましょう!

サーフ向けロッドはココが違う!

食い込みと遠投を意識したデザイン!

サーフ

出典: https://www.flickr.com

サーフロッドを選ぶ前に、サーフ向けが持つ独特なデザインについてチェックしておきましょう。ティップはシーバスロッドよりも少し硬く、バットは曲がりよりも力強いキャストを重視したハリの強さが特徴。ライトショアジギングロッドほどの硬さはなく、パワーも若干弱めというのがサーフロッドの立ち位置になります。バラシにくさや乗せやすさはシーバスロッド、シャクリやすさとパワーはライトショアジギングロッドになるので、流用をお考えの場合はどの釣りをメインにするかイメージしながら検討してみてください。サーフメインなら、最も快適度が高いサーフ専用ロッドがおすすめです!

サーフ向けロッドおすすめ8選!

入門向けのおすすめをご紹介!

入門向けサーフロッドのおすすめをまとめてご紹介!人気メーカーのアイテムから、入門向けとして検討しやすい価格のロッドをピックアップしてご紹介します。おすすめモデルの紹介とインプレ付き!初めての1本をお探しの方は、こちらも要チェックです!

1.メジャークラフト「ファーストキャスト シーバス」

価格優先で選ぶならファーストキャスト!

入門ロッドが人気のメーカー、メジャークラフトの入門向けシリーズです。サーフ以外にも人気のジャンルを幅広く網羅しているシリーズで、どのアイテムも概ね高評価。他メーカーのものとして価格が安く、ノーブランド系のアイテムとはしっかり違いを感じることができる仕上がり、というのが人気のポイントになっています。釣り初心者、まずは安いロッドから、という方におすすめです!

「ファーストキャスト シーバス」のおすすめモデルはコレ!

メジャークラフト ファーストキャスト FCS-1002M
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

おすすめモデルはサーフゲームに必要な長さ、ルアーウェイトといった条件を満たす「FCS-1002M」。あくまでもシーバスロッドなので、突き詰めると気になるところが出てくるモデルですが、価格と性能のバランスは入門向けの1本として十分なパフォーマンスを持っています。30g前後のルアーと4000番のリールをプラスして、サーフの釣りを始めましょう!

「ファーストキャスト シーバス」のインプレをチェック!

使用感についてのインプレです。メタルジグの使用も問題なく、サーフで青物、ヒラメと十分に遊べる、と評価されており、気になる点として挙げられている部分も価格を考えると我慢できる範囲の内容。MAX42gのロッドですが、メジャークラフトのロッドはMAX表記が対応できるMAXの値、というイメージになっているので、投げやすいウェイトは30g程度と感じている方が多いです!

サーフのルアーフィッシングを始めた時に初めて買ったロッドです。
80cm程度のシーバスやヒラメ、青物などたくさん釣りました。
30g程度のメタルジグが扱いやすいので、初心者がこれからサーフやライトジギングを始めるにはうってつけのロッドだと思います。
★4とした理由は、トップガイドに糸がらみしやすい点とキャスト後のブレが多少ある点でマイナス1点としてます。

2.メジャークラフト「3代目クロステージ」

メジャクラのサーフロッドならコレ!

シーバスロッドではなく、サーフロッドらしいデザインの1本から始めたい、という方におすすめのシリーズが「3代目クロステージ」。こちらもメーカーが持つロープライス、ハイコスパのコンセプトがしっかり反映されたアイテムで、入門向けにおすすめしやすいです。「ファーストキャスト」には無いサーフモデルが用意されているので、是非こちらもチェックしてみてください!

「3代目クロステージ」のおすすめモデルはコレ!

メジャークラフト 3代目クロステージ サーフシリーズ CRX-1002surf
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

3本用意されているサーフロッドの中でも、初めての1本におすすめしやすいモデルが「CRX-1002surf」。ラインナップの中では中間となるモデルで、遠浅から急深まで、地域やエリアを問わず無難に始められる構成になっています。予算に余裕があれば、価格差を考えても「ファーストキャスト」よりこちらがおすすめ!専用モデルで快適なサーフゲームを楽しんでください!

「3代目クロステージ」のインプレをチェック!

使用感についてのインプレです。こちらでもルアーウェイトについて言及されており、表記MAXよりもワンランク下が投げやすい、とコメントされています。ティップの硬さ、バットの強さについてはサーフロッドらしさがある、と評価されているので、使用感は期待できそう!ロープライスながら、専用ロッドらしい使い心地を楽しめます!

ルアーウェイトはMAX45gですが、フルキャスト出来るのは35g位が上限ではないでしょうか。このロッドはライトショアジギングのサーフモデルというだけあって、ベースがLSJモデルのようです。
ティップは海底の状況を伝えてくれるだけのしなやかさがあり、カケアガリ等の地形の変化を把握しやすいです。価格以上の性能はありますね。

3.ジャクソン「オーシャンゲート サーフ」

サーフ人気メーカーのロッドから始めよう!

サーフジャンルで人気のルアーメーカー、ジャクソンの入門向けシリーズです。得意のサーフ専用モデルかつ、入門向けに曲げてしっかり投げられるマイルドなセッティングがコンセプトのアイテムで、強いキャストが難しい釣り初心者の方でも遊びやすい1本。気になる飛距離の難易度を、デザインでフォローしてくれるロッドです。長いロッドをビシっと振るのは難しそう、という方は、是非チェックしてみてください!

「オーシャンゲート サーフ」のおすすめモデルはコレ!

ジャクソン Jacksonオーシャンゲート サーフ JOG-1062M-K-SF
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

2本のラインナップからおすすめする1本はマイルドなセッティングの「1062M」。ワンランク強いMHよりもルアーのMAXは落ちますが、10gから45gとサーフの王道ルアーを一通り遊べる十分なパワーを持ったモデルです。MHは重いルアーでの大遠投、大型青物狙いといったモデルなので、まずはヒラメにジャストなMから遊んでみてください!

「オーシャンゲート サーフ」の解説をチェック!

メディアで人気の井熊氏による、「オーシャンゲート サーフ」の解説動画です。ロッドのコンセプト、モデルの解説をチェックできます。ロッドの解説動画だけでなく、ルアーや釣り方の動画もビギナーフレンドリーなメーカーなので、ロッドが気に入った方はそちらも要チェックです!

4.アブガルシア「ソルティースタイルフラットフィッシュ」

アブのロッドも見逃せない!

こちらもエントリー系製品の評価が非常に高いメーカー、アブガルシアのサーフ向けロッドです。ソルティースタイルが持つ別ジャンルでの実績の高さ、ガイドやブランクス加工といった採用技術が感じさせる信頼感とコスパが魅力。2016年発売と発売から年数が経過していますが、その分値引きやセールに期待できるモデルです!

「ソルティースタイルフラットフィッシュ」のおすすめモデルはコレ!

アブガルシア:ソルティースタイルフラットフィッシュ STFS-1032MH-KR
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

962MH、1032MHと2本のモデルが用意されており、近年流行傾向にあるヘビー、遠投、サーチといった釣りには1032MHがマッチ。MH表記ですが、PE1.5号までのライン、42gまでのルアーに対応とスペック的にはスタンダードな構成です!

「ソルティースタイルフラットフィッシュ」のインプレをチェック!

インプレは使用感について。表記ウェイトギリギリの40gを十分キャスト出来て、大きな魚とのやり取りも問題なく、コスパ感についての評価は抜群。ヒラメ、マゴチにシーバスとサーフの釣りをバッチリ楽しめる1本に仕上がっています。リールも展開しているメーカーなので、まとめて揃える方は合わせてチェックです!

コスパ最高!
10ft以上で1万円前半は安い。40gのジグをキャストしても力負けせず投げられます。ヒラメはもちろん60cmのシーバスも問題なく釣ることができました。

5.ダイワ「リバティクラブ シーバス」

ダイワのロープライスシーバスロッド!

大手メーカーダイワの入門向けシーバスロッドです。シーバスロッドではありますが、手ごろな価格とダイワらしいデザインが非常に魅力的。実売価格で言えば「ファーストキャスト」よりも安いケースがあります。リールの人気が高いメーカーでもあるので、合わせて揃えたい方は要チェック!釣り初心者の方にピッタリの1本です!

「リバティクラブ シーバス」のおすすめモデルはコレ!

ダイワ(Daiwa) リバティクラブ シーバス 96ML
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

おすすめモデルは96ML。近いモデルに96Mがあるので、メタルジグメイン、青物メインという場合はこのモデルも検討してみてください。対応できるルアーは35gまでとMLでパワーは十分、シーバスロッドだけに穂先が柔らかい、全体が曲がりすぎるといった部分が出てきますが、価格以上の仕事をしてくれます!

「リバティクラブ シーバス」のインプレをチェック!

使用感についてのインプレです。ヒラメから青物まで、サーフターゲットとのファイトも問題なくこなせるパワーで、40g程度のメタルジグも十分投げられて、飛距離もある程度だせる、とコメントされています。重さや感度、反発力など、使用感については上を見ればキリがないので、まずは釣りに慣れるところから、乗り換えを考慮に入れながら使うロッドにおすすめです。

一年使ってきたが素晴らしいロッド、
こいつでシーバスも青物もヒラメもマゴチも釣ってきた。
40g位まで試したが余裕で投げられるし、
慣れるとそれくらいの方が飛距離が出る。

6.ダイワ「ラテオ FJ」

ダイワの専用ロッドなら「ラテオ FJ」!

サーフらしいセッティングを持つ、ダイワ製ロッドをお探しの方には「ラテオ FJ」シリーズがおすすめ。FJはフラットジャンキーの略で、シーバスロッド「ラテオ」から派生したフラットフィッシュ向けのモデルになります。ベースとなっている「ラテオ」は新作「ラテオR」の登場で旧モデルとなりましたが、ハイコスパな名竿として人気が高かった1本!ステップアップ後も満足して使える仕様感が魅力のモデルです!

「ラテオ FJ」のおすすめモデルはコレ!

ダイワ(Daiwa) LATEO(ラテオ) FJ 1010ML/M 01474640 【大型商品】
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

おすすめのモデルは「ラテオ FJ」らしさを楽しめる「1010ML/M」。ML/Mは穂先が柔らかいML、バットは強めのMパワーという意味で、ヒラメに合わせたFJ独自のセッティングです。40gまでに対応するマイルドなモデルなので、ワーム、ミノーにシンペンとルアーは何でもOK!ミノー、ジグヘッドといったやや軽めのルアーは特におすすめです!

「ラテオ FJ」のインプレをチェック!

「1010ML/M」のインプレです。フラットフィッシュに合わせたハイブリッドなセッティングが、投げやすさ、食わせ両面で高い性能を発揮。自重も軽く、初心者の方でも振りやすいと思います。予算を準備してよいものからスタート!という方は、是非このクラスのロッドを検討してみてください!

ML/Mのラテオにないアクション設定がティップから曲げやすく軽量ルアーの遠投にとても良い。
この長さだとMクラスがほとんどだが、Mクラスだとティップが曲がらないので、投げにくかった
逆にジグ等の重量級ルアーもMのバットが受け止めるのでゆったりと投げると遠投可能。
この長さで170グラムというのは、相当軽いと思う。

7.シマノ「ソルティーアドバンス」

シマノ期待の新作ロッド!

ダイワと並ぶ大手釣り具メーカー、シマノの新作入門向けロッドです。幅広いジャンルのロッドが同シリーズ内にラインナップされているアイテムで、サーフ専用は無いものの、シーバス向けのモデルにサーフを意識したアイテムが用意されています。ガイド、採用技術等、入門向けながら気合が入った、ハイコスパなアイテムです!

「ソルティーアドバンス」のおすすめモデルはコレ!

シマノ(SHIMANO) 19 ソルティーアドバンス シーバス S106M
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

おすすめのモデルはシーバス向けの「S106M」。「S96M」と合わせてMパワーはサーフ、河口向けというモデルなので、サーフのフラットフィッシュも気持ちよく遊べます。実売価格は1万円弱とライバルが多い価格帯、流通量が多いロッドでもあるので、時間に余裕がある方は店頭で触ってみるのもおすすめです!

「ソルティーアドバンス」のインプレをチェック!

メタルジグを使ったライトショアジギングでのインプレをご紹介。自重、使用感とも非常に軽快で、入門向けを感じさせないシャープな使い心地が魅力的。ルアーのMAXは45gですが、30gが扱いやすかった、とコメントされています。小型の青物が掛かってもやり取りは問題ナシです!

ライトショアジギングに使用した
とにかく軽い。
個人的には30グラムが一番投げやすかった
ハマチがかかったけど、問題なく、キャッチできる。

8.シマノ「ネッサ BB」

ハイエンドロッドから受け継がれる専用設計が魅力!

シマノのサーフ専用入門向けロッドはコレ!ハイエンドロッド「NESSA」から3本継ぎ構造を受け継いだ、「ネッサ BB」をご紹介します。特徴である3本継ぎのスタイルは、持ち運び時の利便性だけでなく、各パーツの役割を明確にし、フラットフィッシュ向け、サーフでの使用感を追求するための構造。シーバスロッドの違いをバッチリ楽しめます!

「ネッサ BB」のおすすめモデルはコレ!

おすすめモデルは「S1008MMH」。メーカーによってパワー設定の表記がまちまちで分かりにくいですが、「S1008MMH」は中間的、万能タイプのパワー設定となっています。対応ルアーウェイト38gまでで、メタルジグもしっかり投げ込める!こちらもサーフロッドらしさを求める方におすすめです!

「ネッサ BB」のインプレをチェック!

インプレは使用感について。シーバスロッドから乗り換えた、という方のコメントをご紹介します。シーバスロッドよりもバットの強さを感じることができた、という内容で、ティップは柔らかくいかにもフラットフィッシュ向けな仕上がり。メタルジグも気持ちよく飛ばせるようなので、青物狙いもバッチリです!

期待以上でした

今まで9ftほどのシーバスロッドでいろいろ投げてましたが、ネッサBBは重めのジグヘッドやメタルジグに負けずにしっかりと力を伝えて遠投することができました
ティップは柔らか目でアクションなどで扱いやすく、しかしバットがかなり強くしっかりしているので30gや40gくらいなら苦もなく投げられます

サーフ向けロッドをゲットしよう!

ハイコスパな1本で始めよう!

釣り入門向けから、専門性の高さと価格を両立できるハイコスパな1本まで、人気ジャンルのサーフロッドは選択肢が非常に豊富です。お気に入りの1本を見つけて、さっそく釣りに出かけましょう!

サーフが気になる方はこちらもチェック!

サーフが気になる方は、下記のリンクをチェック!入門向けロッドと合わせて揃えたい初心者、乗り換え向けのサーフリールおすすめリール8選、人気ルアーのおすすめリール8選をご紹介します。おすすめルアーは2019年の新作がメイン!新製品から始めたい初心者の方は、こちらも要チェックです!

Thumb【2019】サーフおすすめリール8選!ハイコスパリールでヒラメをゲット! | 暮らし~の[クラシーノ]
サーフ向けのおすすめリール8選!2019年の新作を中心に、ヒラメ狙いや青物狙いで活躍するおす...
Thumb【2019】サーフおすすめルアー8選!新作ルアーでヒラメを攻略! | 暮らし~の[クラシーノ]
2019年のサーフルアーおすすめ8選!今年の新作をメインに、おすすめのルアーを8つ紹介してい...

あなたへのおすすめ