【2019】サーフおすすめリール8選!ハイコスパリールでヒラメをゲット!のイメージ

【2019】サーフおすすめリール8選!ハイコスパリールでヒラメをゲット!

サーフ向けのおすすめリール8選!2019年の新作を中心に、ヒラメ狙いや青物狙いで活躍するおすすめモデルをまとめて紹介しています。サーフはもちろん、ライトショアジギングへの流用もバッチリ楽しめる!サーフ向けのリールをお探しの方は是非チェックしてみてください!

2019年10月20日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. サーフおすすめリールを一気にチェック!
  2. サーフ向けリールの条件をチェックしておこう!
  3. サーフおすすめリール8選!
  4. 1.ダイワ「18 レガリス」
  5. 2.ダイワ「18 フリームス」
  6. 3.シマノ「19 スフェロス SW」
  7. 4.ダイワ「19 レグザ」
  8. 5.シマノ「19 ストラディック」
  9. 6.ダイワ「19 バリスティック」
  10. 7.ダイワ「19 セルテート」
  11. 8.シマノ「19 ヴァンキッシュ」
  12. サーフおすすめリールでヒラメに挑戦!

サーフおすすめリールを一気にチェック!

サーフ向けのおすすめスピニングリールをまとめてご紹介!

2019年のサーフ向けおすすめスピニングリールまとめ!シマノ、ダイワの新作を中心に、入門向けからハイエンドまでをまとめてご紹介します。今年は両メーカーとも高剛性タイプの入門機をリリース!コスパ重視で始めたい初心者の方も、是非チェックしてみてください!

サーフ向けリールの条件をチェックしておこう!

4000XGがスタンダードな番手!

ヒラメ

出典: https://www.flickr.com

まずはサーフ向けスピニングリールの基本的な条件をチェックしておきましょう!サーフゲームのスタンダードは4000番サイズのエクストラハイギアモデで、ラインはPE1.2号前後を200m程度とする構成が人気。ギア比はライトショアジギングとの併用を考えるとXGですが、ワンランクギア比の低いハイギアでも十分楽しめます。岸からの釣りで使用する番手としてはやや大型ながら、初心者の方もこの番手から始めればOK!まずはスタンダードサイズの4000番からスタートしましょう!

高剛性、防水機能に優れたモデルがおすすめ!

使用するルアーは30g前後、強い流れを受けながらのリーリングも必要になるサーフゲーム。巻きにパワーが必要になるシチュエーションが出てくる釣りなので、モデルは歪みにくい高剛性タイプが人気です。軽さと強さを両立できる上位モデル以外、ミドルクラスからリールを選ぶ場合は、パワーを重視したアイテムをチェックしてましょう。風に乗って砂、潮が舞ってくるフィールドなので、防水系の機能が充実していると安心です!

サーフおすすめリール8選!

最新機種からサーフリールを見つけよう!

2019年のサーフ向けスピニングリールおすすめ8選!今年リリースされた最新機種を中心に、おすすめできるアイテムをまとめてご紹介します。インプレも合わせて紹介していたので、気になっていた1台がある方はそちらも要チェック!ハイコスパな1台をゲットして、サーフタックルを完成させましょう!

1.ダイワ「18 レガリス」

価格重視ならレガリスLT!

低価格帯モデルの中で特に評価の高い、ダイワの入門機です。特別な防水機能が無く、歪みにくさについてもミドルグレードと比べて弱さが目立つシチュエーションはあるものの、ドラグ性能やサイズ感、巻き心地といった部分については価格を感じさせない高品質な仕上がり。価格重視で選びたい方におすすめです!

「18 レガリス」のインプレをチェック!

本格的な使用感、ドラグ、巻き心地と十分な性能を備えながら、抑えた価格が非常に魅力的、という評価が目立ちます。防水性能、高負荷時のゆがみが気になるといったコメントも寄せられているので、サーフ専用に長く楽しめる1台を探す場合は上位グレードも検討してみてください。いろいろな釣りを試しながら、ある程度のところで乗り換えも考える、という場合にはレガリスLTがおすすめです!

とにかく安い
耐久性は低いが、とにかく軽い。お値段以上だね。

2.ダイワ「18 フリームス」

人気の入門機もチェック!

ダイワ新規格となるLT機シリーズで、特に人気の高い一台です。先ほどご紹介した「18 レガリス」に防水機能「マグシールド」をプラスしたような内容で、こちらはハンドルがねじ込み式。ガタ付きが少なく、カチっとした巻きが楽しめます。実売価格の差は約5,000円程度、内容としては価格差相応といったところなので、予算に合わせて選んでみましょう。風に乗ってリールに付着する潮の影響等、サーフ特有の事情を考えると防水性能の有無は非常に大きなポイントになります!

「18 フリームス」のインプレをチェック!

ダイワ(Daiwa) 18フリームス LT4000S-CXH
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

使用感についてのインプレです。自重の軽さや巻き、ドラグ性能といった部分はどのインプレでも高評価ながら、剛性の部分については不足を感じている方が多いです。4000番クラスでは特に気になるポイントなので、低水温期、青物混じりでのサーフゲームをお考えの場合は、上位グレードの機種も検討しておくのがおすすめ。高水温期、湾内、サーフ隣接の堤防等、負荷が小さいエリアでの釣りならおすすめできます!

サブのLSJ用に使えるかもと思い4000D-CXHを購入。
カルディア同様軽い!

30〜40程度のサバ等なら問題ないが、それ以上大きい魚が不意に掛かった時はかなり巻き取りづらい。
また、ボディーが歪むのでもう少し剛性を上げて欲しい。

3.シマノ「19 スフェロス SW」

コスパ抜群のおすすめスピニングリール!

シマノの2019年新製品、剛性感をウリにした大型番手入門向けの1台です。3000番、4000番に絞ったラインナップながら、サーフやライトショアジギング向けの一台として検討するのであれば問題ナシ。ドラグワッシャーは耐久性の高いカーボン製で、高負荷時の急激な滑りに対応しやすく、青物向けのドラグ設定でも遊びやすいスペックとなっています。強さと価格、両方を兼ね備えたコスパ抜群の1台です!

「19 スフェロス SW」のインプレをチェック!

シマノ リール '19 スフェロス SW 4000HG 【2019年新製品】
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

実売価格12,000円を切る価格ながら、巻き感についての評価はそれなり。上位機種と比べれば気になる部分が出てきますが、価格を考えるとかなりコスパは高いと言えそうです。デザインはナスキー系、シマノらしいと言えばシマノらしいルックスですが、安っぽさがある、といったコメントも見受けられたので、見た目にもこだわって選びたい方は次項の「19 レグザ」もチェックしてみてください!

PEの古いラインを150M下巻きして、1,5号150M 使っていますが、ピッタリの感じです
巻いてる感覚も、すごくいいと思います。

4.ダイワ「19 レグザ」

ダイワの高剛性モデルならレグザ!

メタルボディで高剛性!LTコンセプトシリーズの中でパワーゲームを担当する、ローミドルクラスの1台です。ねじ込み式ハンドルはもちろん、マグシールド、オートマチックドラグシステムとダイワの人気機能を余すことなく採用。サーフやライトショアジギングに適した構造を持っているので、予算に余裕があれば「18 フリームス」よりもこちらがおすすめです。ダイワ機でデビューするならこの一台!ダイワらしいシャープなデザインも高評価です!

「19 レグザ」のインプレをチェック!

ダイワ  19LEXA(レグザ) LT4000D−CXH
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

使用感についてのインプレです。剛性感、デザインとも価格相応、自重こそ275gとヘビーですが、強さからくる巻き心地も非常に好評です。1.5号430mの「LT4000D-CXH」、1.2号190mの「LT4000S-CXH」と用意されているので、タックル構成を検討しながらモデルを選んでみましょう!PE以外を使用、PE2号でのライトショアジギングで使用しない場合は、下巻き無しでジャストサイズとなる「LT4000S-CXH」がおすすめです。替えスプールを使った運用も検討してみてください!

見た目と剛性は、価格通りと思います。上を見るとキリがないので気兼ねなく使用できるのでショアジギング、シーバス等にも充分使用できます。

5.シマノ「19 ストラディック」

おすすめのハイコスパスピニングリール!

コスパの高さで高い評価を獲得した「ストラディック」が2019年モデルチェンジ!マイクロモジュールギアⅡ、ロングストロークスプールといった魅力的な機能を複数搭載し、新作として帰ってきました!旧モデルのコンセプトであった剛性感、巻き、ドラグやギアの耐久性といった部分もそのまま継承されており、青物狙いのライトショアジギングからサーフまでを十分にフォローできるスペックも非常に魅力的。SW機よりも若干軽くコンパクトで、実売価格2万円程度と新作もコスパは抜群です!

「19 ストラディック」のインプレをチェック!

19 ストラディック

出典: https://www.amazon.co.jp

使用感についてのインプレをご紹介。価格の近いダイワ「18 カルディア」と比較して、巻きは重厚でパワフル、ボディ剛性もストラディックに分がある、と評価されています。ある程度パワーが欲しいサーフゲームと、「19 ストラディック」の相性は抜群!重さやサイズ感にもこだわって遊びたい方におすすめです!

どうしても同価格帯のライバル機? ダイワ18カルディア と比べてしまうのですが、どちらも
価格にしては非常に高品質のリールで巻き心地は良いです。
18カルディアが勝っている点は動き出しの速さと自重(の軽さ)で、19ストラディックは剛性と
リーリングのパワーだという気がしました。

6.ダイワ「19 バリスティック」

ソルト対応モデルが登場!

ダイワの2019年新作軽量スピニングリール「19 バリスティック」もチェック!こちらは剛性よりも軽さを重視したタイプのモデルで、先行して展開されていたFWモデルに続いて、ソルト向けのマグシールド搭載モデルがリリースされました。軽さを重視してタックルを組みたい方はこのタイプのリールもチェック!剛性感は強さを重視したモデルに分がありますが、パワーとの両立を図った上位機種らしいフィーリングにも注目です!

「19 バリスティック」のインプレをチェック!

ダイワ 19バリスティック LT4000-CXH
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

軽さを重視したモデルながら、インプレではパワー、剛性についても高評価。大型青物までを視野に入れるなら高剛性タイプですが、ヒラメ、マゴチが中心であれば、巻きや自重の軽さが活きてきそうです。強風時の振り感、長時間釣行など、軽快なフィーリングを重視したタックル構成におすすめ!流れの変化を捉える、軽量タックルの感度を楽しみましょう!

7.ダイワ「19 セルテート」

サーフゲームには特におすすめ!

やや高額ながら、2019年新製品の中では特におすすめ!ダイワ高剛性リール「セルテート」の19年モデルです。LTコンセプト採用となったことで、シリーズの持つ強さはそのままに大幅な軽量化、コンパクト化に成功。気密性の高い一体型ボディフレーム「モノコックボディ」の採用で、サーフゲームに必要な耐久性の部分もパワーアップしました。青物狙いのライトショアジギングにも対応!乗り換えを検討中の上級者の方には特におすすめです!

「19 セルテート」のインプレをチェック!

ダイワ リール '19 セルテート LT4000-CXH 【2019年新製品】
楽天で詳細を見る

「LT4000-CXH」はヒラメ狙いにジャストサイズなPE1.5号200mのスペック。青物、ヒラメ狙いで使用される方はほとんどがこの番手を選択しています。リーリングパワーを損なうことなく軽量化されたボディで、長時間の釣行も快適!追加モデルとして5000番サイズのリリースが始まっているので、大型青物、座布団ヒラメに絞って狙う方はそちらも要チェックです!

サーフのフラット狙いで使用しています。40g前後のルアーもストレス無く巻き取れました。軽量なので釣行後の疲れも軽減されると思います。

8.シマノ「19 ヴァンキッシュ」

軽快に振り切れる自重が魅力

驚異の軽さが魅力、シマノの2019年新作フラッグシップモデルです。4000番クラスは前作と比較して30g以上の軽量化に成功、「4000XG」で200gと超軽量なスペック。青物を相手にした時の剛性感で言えば「ステラ」に分がありますが、軽さを重視したタックルとの相性は素晴らしいものがあります。ドラグを活かしたファイトで、ヒラメ、マゴチを攻略しましょう!

「19 ヴァンキッシュ」のインプレをチェック!

シマノ 19 ヴァンキッシュ 4000MHG (2019年モデル)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ライトショアジギング、ヒラスズキ向けの5000番までラインナップされているモデルなので、サーフタックル向けに「19 ヴァンキッシュ」を選ぶ方も多数。パワーが気になる場合は、ギア比を抑えてHGとする方法もあります。軽さと巻き感による軽快なフィーリングで、使用感は抜群!軽さにこだわるタックル構築を目指す方におすすめの一台です!

サーフ釣りのモチベーションの為、リールを探していたら見つけ購入。
届いて巻いていると若干のシャリ感と巻き重りを感じ、噂のダメなやつを引いたかと思いましたがしばらくしてグリスが馴染んだのか一気に軽くなり、さっきまでのが嘘の様に最高の巻心地になりました!
ラインを巻き、竿にセットすると本当に軽い!これなら一日中投げ倒しても苦にならない!
本当に購入して良かったです。

サーフおすすめリールでヒラメに挑戦!

サーフゲームを始めよう!

今年も新作充実のサーフ向けスピニングリール。ライトショアジギングと併用しやすい番手ということもあって、近年は特に人気が高くなっているサイズです。1台あれば遊べる釣りが一気に広がる!サーフからルアーゲームを始める方はもちろん、乗り換え、追加をお考えの方も是非検討してみてください!

サーフが気になる方はこちらもチェック!

サーフ向けのアイテムが気になる方は、下記のリンクをチェック!2019年のサーフルアーおすすめ8選、ウェーディング入門におすすめのマズメ新作まとめをご紹介します。マズメのウェーディング入門セットは初心者の方に特におすすめ!冬季向けのネオプレーンウェーダーをお探しの方は要チェックです!

Thumb【2019】サーフおすすめルアー8選!新作ルアーでヒラメを攻略! | 暮らし~の[クラシーノ]
2019年のサーフルアーおすすめ8選!今年の新作をメインに、おすすめのルアーを8つ紹介してい...
Thumb【2019】マズメの冬季新作まとめ!お得感抜群のウェーディングエントリーセットに注目! | 暮らし~の[クラシーノ]
マズメのウェーディングアイテムおすすめまとめ!期間限定販売となるお得なネオプレーンウェーダー...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ