シマノ「熱砂 メタルドライブ」!2020年ぶっ飛び仕様の38gが追加!のイメージ

シマノ「熱砂 メタルドライブ」!2020年ぶっ飛び仕様の38gが追加!

「熱砂 メタルドライブ」に新ウェイトが追加!新しく投入される38gと既存モデルの違い、32gモデルのインプレを紹介しています。発売直後から人気が高く、ワームが高いものの釣果実績は文句無し!性能重視なら、「熱砂 メタルドライブ」をチェックです!

2019年12月23日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「熱砂 メタルドライブ」に新ウェイトが登場!
  2. 「熱砂 メタルドライブ」とは
  3. 「熱砂 メタルドライブ」はアーチドライブシステムが凄い!
  4. 「熱砂 メタルドライブ」のプチロックシステムについて
  5. 「熱砂 メタルドライブ」に38gが追加!
  6. 「熱砂 メタルドライブ」定番の32gもチェック!
  7. 「熱砂 メタルドライブ」のインプレまとめ!
  8. 「熱砂 メタルドライブ」の使い方!
  9. 「熱砂 メタルドライブ シャッド」も準備しておこう!
  10. 「熱砂 メタルドライブ」でロングキャスト!

「熱砂 メタルドライブ」に新ウェイトが登場!

人気のオリジナル、期待の新モデルを合わせてご紹介!

シマノの人気ハイブリッドルアー「熱砂 メタルドライブ」をご紹介!既に発売されているオリジナルモデル、来春発売予定のヘビーウェイトモデルを合わせて紹介しています。オリジナルモデルのインプレも合わせてチェック!ジグヘッドよりも飛んでワームを使える、独特なスタイルとユーザーの評価をチェックしてみましょう!

「熱砂 メタルドライブ」とは

シマノの新機軸サーフルアー

熱砂 メタルドライブ

出典: https://www.amazon.co.jp

「熱砂 メタルドライブ」は、2018年に登場したシマノのサーフ向けハイブリッドルアーです。ハードなマテリアルはヘッドだけでなくボディにまで拡大、ワームを背負うような構造が特徴のアイテムで、ヒラメだけでなく青物にも効くルアーとしてファンを拡大中。2019年末、アクションにも違いを出したヘビーウェイトモデルが展開されることになりました。ワームアクションを遠投できる、というのがこのルアーの最大の魅力!ジグヘッド+ワームで飛距離が物足りないと感じる方は、「熱砂 メタルドライブ」をチェックです!

「熱砂 メタルドライブ」はアーチドライブシステムが凄い!

大胆に可変するアーチドライブシステム

アーチドライブシステム

出典: http://fishing.shimano.co.jp

アーチドライブシステムは、「熱砂 メタルドライブ」の飛距離を支えるシマノオリジナルの可変構造です。ワームを固定せず、頭部分とヘッドを軽く繋ぐ構造で、キャスト時の姿勢はボディ部分が前、ワームはひっくり返って後ろからついていくような形になります。後方重心、飛行姿勢がよいボディ部分が抵抗の大きいワームを先導することで、切り裂くようなキャストを実現!ジグヘッド+ワームよりも明らかに飛ぶ、魅力的な飛距離を生み出します。遠投が効くルアーセレクトで、釣果アップを目指しましょう!

着水後はオートマチックに姿勢変化

着水後、リトリーブを始めると、ワームは水の抵抗を受けてスタンダードポジションに移行。ボディパーツがワームを背負う、いつものセッティングに戻ります。この状態が魚を誘うためのモードで、ワームがひっくり返った状態は飛行中専用。2つのモードをオートマチックに行き来しながら、理想的な飛距離とワームの泳ぎを両立します!

「熱砂 メタルドライブ」のプチロックシステムについて

フロントフックは固定可能

メタルドライブ

出典: http://fishing.shimano.co.jp

こちらも既存ウェイト、新ウェイト共通のオリジナルシステムです。キャスト前にフロントフックをボディに固定することで、更なる姿勢制御とフックトラブル低減を実現。回収後フックが固定された状態のままであれば、そのままキャストすればOKです。使う時はカチッとロックして、ルアーの性能を引き出しましょう!

フッキング後はいつもと同じ!

プチロックは魚が掛かると外れて、いつもと同じリング接続と同じように魚の動きに追従します。トラブルを低減しながら大きめのフックが使える、という部分にも影響を与えている機能なので、フッキング性能もバッチリ!掛ける時はしっかり掛かって、掛けてからはフレキシブルに稼働する、アイデアが詰まった構造が採用されています。

「熱砂 メタルドライブ」に38gが追加!

飛距離を伸ばせる新ウェイト

38gの新ウェイトが2020年2月リリース予定!ウェイトのアップだけでなく、ボディ、ワームのサイズ拡大、フックのサイズアップと全てをボリュームアップした、意欲的な新モデルとなっています。丸みを帯びた樹脂ボディは、アクションのスピードを下げつつしっかり泳ぐ新しいデザイン。人気の32gと使い分けながら遊べる構成です!

新ウェイトは遠浅向け!

熱砂 メタルドライブ

出典: http://fishing.shimano.co.jp

新しく投入される38gは、フォールスピードを抑えたセッティングが特徴。メタルジグ的にストンと沈んだ32gに対して、プラグ的なアプローチが楽しめるような構成になっています。流されやすい、沈みが遅いといった部分が気になるときは、沈みが早い32gにチェンジ!飛距離を伸ばしつつ、しっかり見せながら探れるのが、新ウェイトのストロングポイントと言えそうです!

「熱砂 メタルドライブ」定番の32gもチェック!

実績抜群のオリジナルモデル!

発売以来高い実績をキープし続ける、オリジナルの「熱砂 メタルドライブ」です。ヒラメはもちろん、青物に対しても効果が高い、というのが人気のポイント。ワームの柔らかい動きとフラッシング、スピーディーなアクションを両立できます。新モデルの追加でメタルボディかつコンパクト、という使い分けのポイントが生まれたので、新作が気になっていた方は32gもチェックです!

スピード感のある展開で攻略しよう!

熱砂 メタルドライブ 32g チャートファイヤー
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

沈みに優れる32gモデルは、メタルルアーらしいアクションスピードが持ち味。深い場所を攻める、流れが速い、こんなシチュエーションは32gモデルの出番です。スローよりもファスト、リトリーブ、フォールともスピード感を出したい場合も32g!新モデルと組み合わせて、イメージに合致させながら遊んでみてください!

「熱砂 メタルドライブ」のインプレまとめ!

32gモデルのインプレを3つご紹介!

既に発売されている既存アイテム、32gモデルのインプレを3つご紹介!通販サイトでは他製品に比べて評価件数が多く、期待感や実績、高いリピート率を感じさせる内容です。コンセプト通りよく飛んでよく釣れる反面、価格が高すぎるという指摘もあったので、気になっていた方はこちらも要チェックです!

①インプレ:評判通り釣果はバッチリ!

釣果報告、製品についてのインプレです。ヒラメをメインにイシモチも多数、非常に釣れると感じている、という内容で、コンセプト通り、飛距離とワームアクションのハイブリッドが非常に高く評価されています。飛ばしやすく、サイズを問わなければ釣りやすいというタイプのルアーなので、初心者の方にもおすすめ!安心感のあるワームで遊びたいけどイマイチ飛ばない、と悩んでいた方は要チェックです!

ヒラメ・62センチ、45センチ
ソゲ・36センチ、32センチ、28センチ
イシモチ・10尾以上
エイ・メーター級
ショアから、11月中旬〜12月の1.5ヶ月の約10回の釣果です。とにかくこんなに釣れるルアーはかつてありません。ワームを80〜90m先まで飛ばせて、探れるハイブリッドルアー!
ヒラメをとりあえず釣りたい初心者に最適。

②インプレ:ワームのフォールがイイ感じ!

こちらも製品についてのインプレです。奇抜なデザインが特徴の「熱砂 メタルドライブ」ですが、リトリーブもフォールもこなせて使いやすい、と高評価。フォール時はワームの姿勢が変化しながら落ちるようで、この動きがかなりよさそうだ、とコメントされています。青物ナブラに間に合うトラブルレスな性能もグッド!サーフルアーに必要な性能がギュッと詰め込まれたルアーに仕上がっています。

もっと飛ぶメタルジグをコンセプトにこんな一見ふざけたような形になっていますが、縦の釣りでも横の釣りにも応用できるバーサタイルルアーです。

ジグの上にワームが乗っているのが良いんでしょう。フォール時のワームが上を向いてひらひら落ちるのがアピールとして効いているのだと思います。
またキャスト時にフックが変なところに絡まないような特殊な仕掛けもワンキャストを無駄にしないので釣果に繋がっています。

③インプレ:いい製品だけど高い!

弱点についてのインプレもご紹介。複数のインプレでワーム部分の価格が高すぎる、とコメントされていました。交換用のワームは「メタルドライブ シャッド」の名前で展開されており、価格設定は3.2インチが3本入りで定価970円、4インチは2本入りで定価850円。オリジナリティの強い構造なので、専用接続パーツと接続パーツの埋め込み分で価格が上がっているのかもしれません。コスパよりも実績と性能、という方におすすめのアイテムです!

他社製品はワーム部分が欠損した時の交換が面倒でしたが、それが改善された点が自分としては大きい。

VJなんかもワームの交換は容易でしたがフックサイズが小さく飛行安定性に難があったのであれは完全にシーバス用。その点でもこの製品はメリットが大きいです。

ただ、個人的に少しお高いので星4つ。

「熱砂 メタルドライブ」の使い方!

使い方を3つに分けてご紹介!

「熱砂 メタルドライブ」の使い方についてです。サーフルアーらしくアクションもサーフ定番、タダ巻きとリフト&フォールでバッチリ遊べるルアーです。ジグヘッドリグが届かない、沖のポイントをワームアクションで攻めてみましょう。基本が詰まった「熱砂 メタルドライブ」の使い方がマスターできれば、サーフ向けルアーはほとんどのもの扱えるようになります!

①使い方:底をとってタダ巻き!

32g、38gどちらも基本は底をとってタダ巻き!青物を狙う場合は少しレンジをあげて、マゴチを狙う場合はボトムを意識しながら巻いてきましょう。操作感を失ったら、一度ストップを入れて底を取り直し。底取りとリトリーブを繰り返す中で、当日操作感をキープできる速度を見つけるのがポイントになります。32gは少し早め、38gはややスローから始めてみましょう!

②使い方:リフト&フォールでアピール!

こちらもサーフゲーム定番のアクションです。インプレでもコメントされていたように、しなやかなワーム部分が持つフォールアクションは非常に魅力的。ロッドで持ち上げて、ラインを回収しながらテンションフォール、この繰り返しでOKです。青物狙いでもフォールが効くシチュエーションはあるので、表層からのフォール、高速巻きで回収しつつリフトからフォール、の動きも試してみてください!

③使い方:軽いトゥイッチで食わせの間を演出!

タダ巻き、フォールといった基本の使い方にプラスしたいのがトゥイッチアクション。軽くロッドで跳ねさせて、直後の停止動作で口を使わせるようなイメージです。しなやかなテールがピリっと動いてアピール力は抜群!青物狙いの表層巻き、マゴチ狙いのボトム系、どちらのアクションにプラスしても効果があります!

「熱砂 メタルドライブ シャッド」も準備しておこう!

交換用のワームもチェック!

「熱砂 メタルドライブ」用の交換ワーム、「熱砂 メタルドライブ シャッド」もご紹介。取り付け、取り外しはジグヘッド系の製品よりも簡単なので、気軽にカラーローテーションが楽しめるアイテムになっています。マゴチ、ヒラメのバイトによる劣化はもちろん、フグ等に齧られた時の対策に、予備は必ず用意して釣行に臨みましょう!

2つのサイズを使い分けよう!

シマノ 熱砂 メタルドライブシャッド 3.2in
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

「熱砂 メタルドライブ シャッド」のラインナップは3.2インチと4インチの2サイズ。32gには3.2、38gは4インチというのが標準のセッティングになっています。32gに4インチとしても問題ないので、ルアーのシルエット調整に、サイズローテーションも考慮に入れながらチェックしてみてください。カラーはサーフ定番のものが揃っています!

「熱砂 メタルドライブ シャッド」のインプレをチェック!

「熱砂 メタルドライブ シャッド」のインプレもご紹介。素材なのか構造なのかやはり高い、というコメントが目立ちますが、実釣時にワームが受けるダメージはジグヘッドリグよりも軽微、そして何より釣れる、と評価されています。どのインプレも価格がネックというのは共通ですが、釣れると感じて満足している方が多いのも共通点!試す価値は十分です!

少々値段が高いのが難ではあるが・・・

メタルドライブで使用する場合、魚のバイトによってワームがすぐにボロボロになるなんてことはありません。
それはワームの素材とメタルドライブ(メタルジグ)の特殊な形状のおかげだと思います。
メタルドライブは腹部分までメタル素材で出来ています。ですのでワームの下半分を守ってくれることになります。

ちょっと高いワームですがロストしない限り、かなりの数の魚を釣っても全然そのまま使えます。

ビックリするくらい釣れますのでかなりオススメです。

「熱砂 メタルドライブ」でロングキャスト!

飛距離を活かして攻めてみよう!

ワームの持つ弱い波動を沖のポイントに届ける「熱砂 メタルドライブ」。発売直後から評価が高く、新ウェイトも期待感十分の内容となっています。青物に対するアピールも十分、というのが嬉しいところ!混じる青物を楽しみにお出かけになる方は、是非「熱砂 メタルドライブ」を試してみてください!

シマノが気になる方はこちらもチェック!

シマノが気になる方は、下記のリンクをチェック!サーフ入門におすすめの新製品「19 ストラディック」と「エンカウンター」をご紹介します。どちらもサーフ向けの特性を備えつつ、コスパが高いおすすめアイテム!「熱砂 メタルドライブ」と合わせてタックルも用意しておきたい方は、是非こちらも合わせってチェックしてみてください!

Thumbシマノ「19 ストラディック」が公開!ロングストロークスプールと新型ギアで超ハイコスパ! | 暮らし~の[クラシーノ]
19ストラディックは、シマノの2019年新作スピニングリールです。ロングストロークスプール、...
Thumbシマノ「エンカウンター」!シーバスから青物までを担当する新作入門ロッドが登場! | 暮らし~の[クラシーノ]
エンカウンターは、シマノの2019年新作ロッドシリーズです。シーバスを中心にヒラメ、青物も遊...

あなたへのおすすめ