女性ライダーの一人旅!魅力と悩み、キャンプ場での対策などを解説!のイメージ

女性ライダーの一人旅!魅力と悩み、キャンプ場での対策などを解説!

女性ライダーでの一人旅は楽しい!一人旅の魅力や悩み、キャンプ場での安全対策方法など分かりやすく解説していきます。まず一歩が踏み出せれば怖くないものです。キャンプ場や田舎の風景など楽しい事は盛りだくさんです。魅力たっぷりの女性ライダーの一人旅をしてみましょう。

2019年12月14日更新

HANA0087
HANA0087
キャンプなどのアウトドアが得意分野です。バイクに乗って旅をしている傍らキャンプギヤやアウトドア製品などを皆さんに実践経験と最新情報をお届けしていきます。またバイク用のバッグ・アクセサリー品などのwebショップもやっていますので、商品の魅力や性能などわかりやすくお届けできるようにライティングもおこなっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 女性ライダー一人旅魅力とは?楽しい事が一番!
  2. 女性ライダー一人旅の悩みと不安はやはりある
  3. 女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力とは
  4. 女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力1
  5. 女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力2
  6. 女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力3
  7. 女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力4
  8. 女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力5
  9. 女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力6
  10. 女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力7
  11. 女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力8
  12. 女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力9
  13. 女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力10
  14. 女性ライダーソロキャンプ場での安全対策方法!
  15. 女性ライダーの一人旅!魅力と悩みのまとめ

女性ライダー一人旅魅力とは?楽しい事が一番!

女性ライダーの一人旅の魅力は何?

女性ライダーの中でも一人旅を楽しいと思い実践している方は少ないと思います。しかし女性ライダーの一人旅は特別な事ではなく楽しいと思えるかどうかと、ある程度の対策方法がわかっていれば危険な事もなく本当に楽しいですよ。知らない土地に一人で行き、旅先の風景や人とのつながりなど実際に感じる事ができます。女性ライダーの一人旅は人間的にも大きくなれ心の洗濯も出来る為楽しい事ばかりですよ。やらないうちから出来ないと決めつけないでチャレンジしてみてください。やってみて楽しいと思えなければ辞めればいいだけですよ!まず一歩を踏み出してみませんか?

女性ライダー一人旅の悩みと不安はやはりある

魅力たっぷりの中にも悩みがある!

女性ライダーが一人旅をおこなう場合魅力があり楽しい事もたくさんありますが、やはり悩みや不安もありますよね。一人で旅して危険があるのではないか?や荷物などの持ち物が分からない・万が一トラブルになった場合が困る!など・・そのような悩みや不満をベテラン一人旅の女性ライダーはどのように悩み対策をしてきているのでしょうか?少しご紹介していきますね。

悩み1:女性一人での旅は危険?危険の対策方法

女性ライダーで一人旅をしていると必ずこの質問を受けます。いままでの経験からいって身の危険を感じる事もなく一人旅を過ごしていますよ。ただし、トラブルに巻き込まれないように最低限の対策はおこなっています。たとえば夜遅い時間に一人でバイクで走り回らないとか旅先(知らない土地)では夜の街を一人で動き回らない。安心して泊まれる宿などを探すなどです。夜さえしっかりと対策できていれば昼間は普通のツーリングと同じですよ。

悩み2:荷物などの持ち物は?旅行と一人旅の違い

荷物も初めは悩みます。旅行とバイクで一人旅の持って行く荷物の違いは量の違いです。バイクは荷物の積載が車ほど積めないので最低限の荷物で済ませましょう。荷物の中の下着やTシャツ・靴下などは一人旅をおこないながら道沿いにあるコインランドリーなどで洗いながら旅を進めばいいのです。一人旅なので誰が待っているわけでもなく洗濯して乾かす時間はたっぷりあります。この方法なら荷物も最低限で済みますよ。もし待ち時間が暇ならその時間を使って近所を散歩してみても楽しいですよ。

悩み3:もしものバイクトラブル!一人でどうしたら良い?

もしものバイクトラブルは一番焦りますね。対策をしていても立ちゴケやエンジンがかからなくなったりなどのトラブルは発生します。マイナートラブルの対処が出来るように少しだけ一人旅をおこなう前にマイナートラブル対策もしておきましょう。私もそうですが女性ライダーは整備など出来ない方がほとんどなのでせめて人がいる場所やバイク屋さんまでバイクを持って行ける位のマイナートラブル対策を覚えておきたいですね。また無理でもロードサービスなどもありますので有効に活用しましょう。

女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力とは

一人旅のついでにソロキャンプも楽しい!

女性ライダーの一人旅も楽しいですがそれに付け加えてソロキャンプもおこなってみると楽しさが倍増しますよ。荷物の量は増えますが、荷物の量よりもっと大切な事も気が付けるハズです。女性ライダーのソロキャンプには魅力がたくさんです。旅先の風景や人とのふれあいなども感じつつソロキャンプもおこなっていきましょう。危険対策もしていれば危険なこともありません。女性ライダーの方も一人旅ソロキャンプを楽しいとチャレンジしてくれるように魅力たっぷりの女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力をご紹介していきますね。

女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力1

その土地の人達の優しさに触れる事ができる

旅先で出会った人達の優しさに触れる事が出来るのは一人旅ソロキャンプの魅力です。知らない方と無理に話をして仲良くなれという事ではありませんが、一人旅で不安になった時や道に迷った時など一番優しくしてくれるのが旅に行った先の地元の方です。本当に心細かったりしたときに地元の方々の優しさは心にしみます。普段では体験できないことですね。ただし怪しそうな人とか、面倒くさそうな方に話しかけてしまうと後々危険になってしまう事があるかもしれないので人を見て話しかけましょうね。

女性ライダーソロキャンプ一人旅どんな出会いがあるの?

私の旅は都会を避けて里や海沿いの、のんびり出来る場所を選んで一人旅に出かける為優しい方が多いです。真剣に道案内をしてくれる方やそんな小さい体で大丈夫なのか?など荷物やバイクの心配をしてくれたおばさん、旅先で出会った旅仲間やバイク仲間のみなさんのんびりと稲刈りの田んぼをみていたら作業の手を止めて話しかけてくれたお爺さん・女性ライダーで一人旅なんてすごいなと買ったばかりのパンをくれたおじさんなど本当に色々な方に励まされて旅が出来るのだなと実感できるところが一人旅ソロキャンプの魅力です。

女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力2

自然の作り出す環境をそのまま受け入れられる

表現が一番悩みますが、自然の作り出す環境をそのまま受け入れられるのもソロキャンプ一人旅の魅力です。バイクの楽しみが風が感じられる事とよく言われますが、風だけではないような気がします。本当にその瞬間にしか味わえない環境や風景などを感じられるのもバイクでのソロキャンプ一人旅の魅力のひとつです。風景が良い道の隅にバイクを止めてヘルメットを脱いだ時に感じる風やバイクのオイルの匂いに混じって土の匂いや草の匂いなどを感じます。思わず目をつぶって深呼吸したくなる瞬間です。この感覚はバイクに乗って一人旅をおこなっているからこそ味わえる感覚です。

自然の作り出す環境とは?

自然が作り出す環境とは絶景ポイントの風景だけではないのです。普段は普通に生活していてその瞬間に気が付かないだけで自分が住んでいる場所にも素晴らしい景色は訪れます。どんな風景?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、雨が降っていて小雨になりかけた時に目の前に虹がでる瞬間があります。しかしこの風景はすぐに消えてしましますよね。夕日もそうですねバイクで走っていて素晴らしい風景の夕日だ!と思っていてもすぐに暗くなってしまします。このように素晴らしい風景に出会えるのはその日のその瞬間だけなのです。普段は生活に追われて見過ごしているこの風景をソロキャンプ一人旅なら感じる事ができます。

女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力3

旅先でしか食べられない美味しいものを食べられる

旅先でしか食べられないご当地グルメこれもまたソロキャンプ一人旅の魅力です。有名店に入り食事をするのも楽しいですが、その土地でしか食べられない食材を地元のお店で見つけキャンプ場で調理するのはもっと楽しいですよ。地元の方と仲良くなって地元の方が良く行っているおすすめのスーパーなども狙い目です。自分の住んでいる地域では当たり前のスーパーも他の地域では売っている食材が違いますよ。そこの土地の方が当たり前に食べているものが自分は食べた事がない食材がたくさんあり楽しいですよ。

旅先グルメおすすめの見つけ方

海沿いであれば走りながら漁港など新鮮な魚を売ってくれる場所を探しても楽しいですし、商店街の中にある魚屋さんなどを探しても新鮮な魚介類がおいてあります。漁港や魚屋さんであれば今の時季どの魚がおすすめなのかも聞きながら購入する事ができます。山沿いであれば直売所がおすすめです。地元の農家の方が作っている野菜など新鮮で安く購入できますよ。賢く旅先グルメを楽しみましょう。

女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力4

女子ライダーソロキャンプ一人旅には開放感がある

女性ライダーはライダーである前に女性です。主婦の方もいらっしゃいますし子供や孫がいて毎日の家事に追われて忙しく過ごしている方も多いです。独身の方も毎日の仕事や家の事があったりと忙しい日々を送っています。また人間関係で悩んでいたり、仕事がうまくいかなかったりと悩みもたくさんあります。そんな時ソロキャンプ一人旅は全てを忘れ開放感たっぷりの心の洗濯ができるのです。

開放感たっぷりのソロキャンプ一人旅

バイクで走っていると景色もいつもと違って見えます。走れば走るほどいつもとは違う感覚で開放感たっぷりのソロキャンプ一人旅。家の事も普段の日常的な家事や仕事を忘れてただ景色や空・雲などを楽しむだけの走り方も最高で、とても魅力的ですよ。普段では見られない風景や普段気が付かない雲の流れなど気が付くことがたくさんあります。開放感たっぷりの魅力あるソロキャンプ一人旅を楽しんでみましょう。

女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力5

焚火をしながら綺麗な夜空を眺められる時間がある

女性ライダーソロキャンプ一人旅のキャンプ場での魅力は、なんといっても焚火をしながら綺麗な夜空を眺められる時間があることです。旅が長くなれば曇りや雨の日もありますが、星が夜空いっぱいに広がっている景色を見られた日のソロキャンプは本当に来て良かったなと思います。ソロキャンプなので静かにひとりで夜空を眺める時間は贅沢で楽しいひとときですね。普段の騒がしさから開放され幸せ時間でもある為、魅力たっぷりですね。また夜空が綺麗に写るカメラなど持参しても楽しいですよ。

ソロキャンプ焚火の魅力

ソロキャンプ一人旅キャンプ場でのおすすめアイテムは焚火です。私もはじめは荷物になると思いランタンやガスバーナーだけ持参していましたが、春のキャンプでとても寒い思いをしたのでそこから焚火台を持ち歩くようになりました。大きいものでなくていいのです。少し暖がとれるだけのものでも十分だと思いますね。また焚火の火を見ているととても癒されます。静かに焚火を眺めてみましょう優しい色合いをした炎が疲れた心を癒してくれますよ。

女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力6

一人旅は世間のしがらみから解き放たれる

世間のしがらみは誰にでもあることだと思います。仕事であったり家族とうまくいかなかったりご近所関係や友人関係すべての事に関してみなさんある程度は我慢して毎日を過ごしているのではないのでしょうか?バイクで一人旅を始めてから3日目あたりから世間のしがらみから解き放たれてきます。私も女性ライダーとしてソロキャンプを始めたころに先輩ライダーから言われた言葉なのですが、その時はまだ長期でソロキャンプ一人旅をしたことが無かったため意味は分かりませんでした。

なぜ3日目あたりから解き放たれる?

自分で実際に経験して思った事ですが、1泊2日のソロキャンプは一人旅ではなくただのソロキャンプなのです。目的地にまっすぐ向かう方も多いでしょう。そしてキャンプ場でキャンプをして帰宅するのがメインとなります。1泊2日でも十分楽しいですが、世間のしがらみからは解き放たれません。3日目に帰宅するのではなく他の場所に向かうという事がだんだんと世間から遠ざけてくれる感覚になるのです。4日目に入るとすっかり旅モードで普段の生活など忘れてしまっていますよ。携帯もあまり気にならなくなってきます。これが一人旅をする魅力なのですね。

女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力7

自然の中で自分を見直せる時間がつくれる

女性ライダーソロキャンプ一人旅では自然の中で一人きりの時間を過ごす事ができます。その中で今の自分としっかり向き合える時間や見直せる時間をつくる事ができます。普段時間に追われて忙しい毎日の中では、自分が何をしたいのか?自分は何が出来るのか?など落ち着いて考える余裕すらありませんよね。しっかりと見つめなおす時間も大切なのではないでしょうか?ぜっかくの一人旅です。自分を見直す時間も作ってみましょう。

自然の中での自分探し

たとえキャンプ場だとしても想像以上に暗いキャンプ場もありヘットライトのありがたみに気が付いたりします。またテントの中で想像以上に寒い時はシュラフや湯たんぽが必要性に気が付きます。しかし自然はトラブルだけではなく感動もあたえてくれるのです。海沿いのキャンプ場で見た夕日がすごく綺麗で感動したり夏の雲が空の青さとマッチして思わずバイクを停めて眺めたりもできます。一人旅ソロキャンプはそんな自然の中で、これからの自分のあり方を考えながら精神的にも成長できる魅力がありますよ。

女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力8

家族や友達・仲間の大切さを知る事ができる

1週間から10日間ほど女性ライダーソロキャンプ一人旅を続けていると、色々な方に助けられたり声をかけて励ましていただいたりもします。人の優しさにふれ自分のなかで精神的に成長してきた時にふと家族の事や友達・仲間の顔を思い出します。そしてこの一人旅で出会った事を誰かに聞いてもらいたくなったりもします。女性ライダーソロキャンプ一人旅が楽しいのは理解してくれる家族や旅の帰りを待っていてくれる仲間がいる事の大切さに気が付くのもソロキャンプ一人旅の魅力といえるでしょう。

帰れる場所があるという感謝の気持ち

女性ライダーソロキャンプ一人旅の出発時にはわくわくする気持ちと自分ひとりになりたい気持ちしかなく出発するものですが、時間が経つにつれて帰れる場所や待っていてくれる家族や仲間がいてくれるおかげで自由にソロキャンプ一人旅がおこなえているという感謝の気持ちに変わってきます。一人旅が終わり日常生活に戻るとまた忘れがちになってしまいますが、この考え方になれるのはソロキャンプ一人旅をおこなっているからなのです。帰れる場所があるという感謝の気持ちを持ち帰宅して、感謝の気持ちを忘れがちになったら女子ライダーソロキャンプ一人旅に出かけましょう。

女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力9

普段の生活の中で当たり前の事に感謝が出来る

普段の生活していれば、暗くなったら当たり前のように電気をつけたり、電子レンジで食べ物をあたためたり、ポットでお湯を入れたり、寒くなったら暖房をつけ暑いときにはクーラーを入れますよね。また寝るときにはふかふかのベッドで就寝する。女性ライダーソロキャンプ一人旅では普段の生活の中で当たり前にできている事が通用しません。携帯の充電もバイクの走行中におこなわないと充電がなくなりますし、食事も暑さ対策や寒さ対策も全て自分で考えておこなわなくてはならないのです。テントで就寝するときはもちろんシュラフでキャンプ場の地面によっては腰も痛くなります。

過酷な分だけ感謝が出来る

楽しいけれど普段の生活に甘えられない一人旅を続けていると帰宅したときに色々な事に感謝ができるようになります。お布団で寝られる喜びや食事も屋根があるあたたかい場所で作れる事、スイッチを押すと電気がつく事、暖房やクーラーがある快適な生活に感動すら覚えます。そして今の生活が本当に豊かで贅沢な暮らしだと気が付くのです。私にとって女性ライダーソロキャンプ一人旅を始めて楽しいの裏側にもこんな感情が生まれる事に気が付いたのが一番の収穫と魅力だと感じています。

女性ライダーソロキャンプ一人旅の魅力10

女性ライダーソロキャンプ食材現地調達が楽しい

最近は女性ライダーソロキャンプ一人旅でも食材の現地調達をする人が増えています。食材の現地調達とは海の近くのキャンプ場で海釣りを楽しみながら今晩の夕飯の食材の魚をゲットしたり、山のキャンプ場では渓流釣りを楽しみながら食材の魚を釣る女子です。海だとアジやイカなどの魚、川だとヤマメやイワナなど釣れると嬉しさが倍層しますね。自然の中で楽しめる女子ライダーは本当にいきいきしていて格好いいですね。また渓流釣りには細い危険な道が多いのでオフ車のバイクがおすすめです。

自分の釣った魚の味は格別!

釣りを楽しむ女子ライダーは釣って自分で調理して食します。魚の塩焼きや魚を揚げて食べますが、スーパーなどで購入する魚より自分で釣り上げた魚の味は格別に美味しいのです。そして自然のありがたみや命の大切さなど感謝して食事が出来るようになりますよ。自然の中で楽しみながらソロキャンプ最高に魅力を感じます。ぜひ女性ライダーソロキャンプをおこなう際にはチャレンジしてみてくださいね。もしも収穫がゼロの場合を想定して他の食材を少し準備しておく事もおすすめします。

女性ライダーソロキャンプ場での安全対策方法!

女性ライダーソロキャンプは安全対策が必要!!

女性ライダーソロキャンプ一人旅は魅力がたくさんあり楽しみも精神的に強くなれるメリットもたくさんありますが、やはり女性なので安全対策も必要となってきます。悲しい事実ですが、男性ライダーの方の中にも色々な考え方の人がいますし男性ライダーだけではなく一般の男性の方も女性ライダーソロキャンプは男を捜しに来ていると勘違いしている方も中にはいらっしゃるようです。私はあまりそういった方に遭遇していませんが念のため安全対策はおこなっているのでいくつかご紹介しますね。

女性のソロキャンプ安全対策:テント設営対策

【テントの入り口を気をつける】テントを設営する時にはテントの入り口を人の通りが少ない方に向け設営します。テントに入る所を人にあまり見られない対策を!
【焚き火・食事場所は入り口方向で】焚き火や食事をおこなう場所はテントの入り口方向に設営します。あまり人に干渉されない場所でゆっくり過ごしましょう。
【テントは地味な色で】テントの色を可愛く女性のカラーにしたいですが、ソロキャンプ一人旅の時は地味なテントがおすすめです。他の人からみて男性なのか女性なのか分からない色がいいですね。
 

女性のソロキャンプ安全対策:キャンプ場での夜の行動

【夜はあまり出歩かない】テント付近でゆっくり星空を眺めたりするのは良いですがむやみにキャンプ場をウロウロするのはあまりおすすめしません。
【テント内の明かりは外向きで】LEDランタンは明るすぎるためテントの中で使用する際は外向きにして使用しましょう。中に向けるとテントの中の行動が外から丸見えになりますよ。
こんな感じで安全対策をおこなっています。男性の方全てが危険な方と決め付けるのは申し訳ないのですが、中には危険の方がいらっしゃるかもしれないという事も考えて自分の身は自分で守り、本当に危険な時はまわりに助けを求めましょう。

女性ライダーの一人旅!魅力と悩みのまとめ

女性ライダーの一人旅には魅力がたくさん!

一人旅の魅力や悩み、キャンプ場での安全対策方法をご紹介していきましたがいかがだったでしょうか?女性ライダーのソロキャンプ一人旅では大変な事も悩みも危険な事もありますが、それ以上に自分にとって得るものがたくさんあります。そしてその経験は一生自分の宝として残せます。魅力たっぷりの女性ライダーソロキャンプ一人旅!迷っている方はぜひ参考にして初めていただけたら嬉しく思います。

ソロキャンプが気になる方はこちらもチェック!

ソロキャンプに必要なおすすめ焚き火台やバーナーのご紹介の記事になります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

Thumb【2019】持ち運びも便利!ソロキャンプ向けコンパクトな焚き火台おすすめ11選! | 暮らし~の[クラシーノ]
日本で焚き火をする場合殆どのキャンプ場で直火が禁止されているので焚き火台が必要になります。自...
Thumbソロキャンプツーリング用バーナー11選!タイプや選び方も解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
ソロキャンプツーリングで使いやすいシングルバーナーのタイプや選び方を解説し、おすすめのシング...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ