モンベル「ダウンハガー800」シリーズの魅力と選び方!温度やサイズは大切?のイメージ

モンベル「ダウンハガー800」シリーズの魅力と選び方!温度やサイズは大切?

アウトドア好きなら誰もが聞き覚えのあるモンベルですが、登山やキャンプに使うシュラフ。ダウンハガー800に詳しい人はそう多くないのではないでしょうか?南極から夏キャンプまで利用シーンの幅広いシュラフ、ダウンハガー800シリーズを徹底的にご説明します。

2019年11月19日更新

さくらドッグ
さくらドッグ
旅行やキャンプ、アウトドアが大好きです。皆さんのお役に立てる記事をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ダウンハガー 800とは
  2. ダウンハガー 800
  3. ダウンハガー 800 ロングモデル
  4. ダウンハガー 800Women`s
  5. アルパインダウンハガー 800
  6. ダウンハガー 800温度帯別おすすめ
  7. 利用シーン別号数の選び方
  8. ダウンハガー 900
  9. ダウンハガー 650
  10. スリーピングバッグ収納用品
  11. ダウンハガー 800まとめ

ダウンハガー 800とは

出典: https://www.amazon.co.jp

数値がダウンハガー 800とはモンベルが販売するシュラフのラインアップシリーズです。寒暖差が大きい自然環境で育てられた水鳥から採取されたダウンから作られたEXダウンを使用しています。商品名についている(800)の数値はダウンの品質を表し、(FP)フィルパワーと言う単位で表します。高い程高品質で温かいダウンだと言う事です。重量はとても軽く、収納時は1.5Lペットボトルくらいの大きさに畳めますので登山はもちろんキャンプにもおすすめです。

ダウンハガー 800アウトドアで快適に眠れる機能

Photo bypooch_eire

ダウンハガー 800にはアウトドアで快適に眠れる工夫がたくさん施されています。まず生地の向きを身体を入れる方向に対して斜めにし、生地の伸縮を最大限に活かせる様にしています。縫い目部分には糸ゴムを使う事で更にストレッチが効く様になりフィットしながらも窮屈でない理想の睡眠空間を実現しています。表地はポルカテックスと言う撥水素材を使用し中綿を湿度から守り、保温性の維持、重量増を低減しています。

ダウンハガー 800

出典: https://item.rakuten.co.jp

ダウンハガー800はシュラフの中に入っているダウンの量ごとに号数(EXP.#0#1#2#3#5)があります。もちろん中に入っているダウンの量が多ければ多いほど寒い地域に対応しており最上号数のEXP.は南極での使用にも耐えられるように作られたモデルです。入っているダウンの量が多ければ耐寒性が増しますが収納時のカサも大きくなりますので目的や季節に応じてピッタリなシュラフを選びましょう。

ダウンハガー 800スペックまとめ

番手 重量(スタッフバック込) 収納サイズ リミット温度 快適温度
EXP. 1493g(1547g) 22×44cm(13,4L) -22℃ -14℃
#0 1183g(1218g) 19×38cm(8,6L) -18℃ -10℃
#1 949g(984g) 18×36(7,3L) -12℃ -5℃
#2 735g(765g) 16×32(5,1L) -6℃ 0℃
#3 575g(600g) 14×28(3,4L) -2℃ 3℃
#5 427g(450g) 13×26(2,2L) 4℃ 8℃

ダウンハガー 800 ロングモデル

出典: https://www.amazon.co.jp

ダウンハガー 800には身長190cmの人まで快適に利用できるロングモデルのシュラフもあります。長身の人はレギュラーモデルではいくらストレッチが効いていても快適に睡眠をとる事ができません、レギュラーサイズでは身長183cmまでの対応ですがロングモデルでは190cmの人まで対応しています。重量や収納サイズもレギュラーサイズよりも大きくなります。

ダウンハガー 800Women`s

出典: https://www.amazon.co.jp

ダウンハガー 800は女性も快適に使えるよう工夫されたモデルもあります。それがダウンハガー 800Women`sです。号数は(#1#2#3#5)がありますレギュラーモデルと比べて底面足元のダウン量を増量し、保温性を向上させています。また形状も女性の体型に合わせて幅を狭くし、熱が逃げにくい仕組みです。収納バッグにも細やかな工夫が施されており、少ない力でコンパクトに収納する事ができます。

ダウンハガー 800 Women`sスペックまとめ

番手 重量(スタッフバック込) 収納サイズ リミット温度 快適温度
#1 910g(948g) 16×33(5,0L) -12℃ -5℃
#2 713g(748g) 14×29(3,3L) -6℃ 0℃
#3 547g(578g) 13×27(2,7L) -2℃ 3℃
#5 414g(440g) 11×23(1,6L) 4℃ 8℃

アルパインダウンハガー 800

出典: https://www.amazon.co.jp

アルパインダウンハガー 800は超軽量、コンパクトなシュラフです。号数によりますがダウンハガー 800より30g~50g軽量化されています。号数は(#0#1#2#2#5#7)があります。複数日かけて行う登山では少しの重量差でも体力、荷造りの軽量化に気を使いますので荷物重量をより軽くしたい人向けのシュラフです。また他のモデルにはない最軽量の#7の号数もありますので夏期のキャンプツーリング等に利用する方におすすめします。

アルパインダウンハガー 800スペックまとめ

番手 重量(スタッフバック込) 収納サイズ リミット温度 快適温度
#0 1150g(1185g) 19×38cm(8,6L) -18℃ -10℃
#1 909g(944g) 16×32(6,2L) -10℃ -4℃
#2 715g(735g) 16×32(5,1L) -6℃ 0℃
#3 548g(573g) 13×26(2,8L) 0℃ 5℃
#5 416g(439g) 12×24(2,2L) 5℃ 9℃
#7 371g(391g) 12×24(2,2L) 8℃ 12℃

 

ダウンハガー 800温度帯別おすすめ

ダウンハガー 800は主に上記の3シリーズのラインナップとなっております。ダウンハガー 800及びロングタイプ。女性用のダウンハガー 800Women`s軽量コンパクトなアルパインダウンハガー 800となっており、自分の身長、性別にあったモデルを選びましょう。温度帯、用途別におすすめの号数がありますので下記の号数とモデル名をご参考にお選び下さい。EXP~#2が冬季、#3~は夏登山、3シーズンキャンプでの利用を目安にして下さい。

3モデル温度対応表

温度帯(限界~快適) ダウンハガー 800 ダウンハガー 800Women`s アルパインダウンハガー 800
-22℃~-14℃ EXP.    
-18℃~-10℃ #0   #0
-12℃~-5℃ #1 #1  
-10℃~-4℃     #1
-6℃~0℃ #2 #2 #2
-2℃~3℃ #3 #3  
0℃~5℃     #3
4℃~8℃ #5 #5  
5℃~9℃     #5
8℃~12℃     #7

利用シーン別号数の選び方

極寒地はダウンハガー 800EXP.冬季登山、ハイクなら#0~#2を。夏期の高山での利用、秋冬の低山キャンプ利用なら#3を夏の縦走、通年キャンプでの利用なら#5を冬季を除く3シーズンキャンプ、自転車やバイクツーリングで荷物の積載量をギリギリまで減らしたい人はアルパインダウンハガー 800の#7を目安に選びましょう。おすすめの選び方は想定される夜間の最低温度より一つ上の号数を選んでおくと「寒くて眠れなかった」と言うことを防ぐ事ができます。

ダウンハガー 900

出典: https://webshop.montbell.jp

ダウンハガー 800以外にも900フィルパワーの厳選されたダウンを使用した。ダウンハガー 900もあります。同じ号数の物と比べると100g以上軽くなりますがお値段も高価となります。号数は(#1#2#3#5)のラインナップです。モンベルのシュラフの中では最上位品にあたり旗艦商品に位置付けられています。登山をする人の憧れとなるシュラフですね。選び方としては収納をよりコンパクトに、予算に余裕がある方におすすめのモデルです。

ダウンハガー 650

出典: https://webshop.montbell.jp

ダウンハガー 800より廉価な650フィルパワーのダウンを使用したダウンハガー 650もあります。伸縮性や機能面ではダウンハガー 800に劣りません。ダウンのグレードが下がる分、価格はリーズナブルになりますが、ダウンハガー 800に比べると重量が増し、収納性が落ちます。容量の大きいリュックや車に積むなど積載量にゆとりがある方向けのシュラフです。

スリーピングバッグ収納用品

出典: https://webshop.montbell.jp

コンプレッションキャップやコンプレッションスタッフバックなどの収納用品が別売でラインナップされています。コンプレッションキャップはコンパクトなシュラフを更に小さく収納できるように作られているグッズです。コンプレッションスタッフバッグは着替えなどを一緒に詰め込み収納サイズを楽にコンパクトにできるグッズです。リュックの収納容量を増やすのに役に立ちますので用途によって収納用品の選び方を工夫してみてはいかがでしょうか。

ダウンハガー 800まとめ

モンベルダウンハガー 800シリーズ魅力と選び方いかがでしたか。野外活動での快適な睡眠の為の工夫や体型、身長、性別で快適に使えるモデルの選択肢がたくさんありましたね。行先の最低温度や標高を事前に調べて身体を冷やさず、快適温度を保てる号数のシュラフを選びましょう。時にシュラフの選び方ひとつで生命を守ってくれる最後の砦となります。快適な睡眠をダウンハガー 800でとりアウトドアライフを楽しみましょう。

キャンプ、登山用品が気になる方はこちらもチェック!

今回はモンベルダウンハガー 800シリーズの紹介をさせて頂きました。当サイトには他にも登山・キャンプ用品に関する記事があります。気になる方は是非チェックしてみて下さい。

Thumb【2019】ゴアテックス製パンツおすすめ14選!人気アウトドアブランドから厳選! | 暮らし~の[クラシーノ]
ゴアテックス製のおすすめパンツをお探しでしょうか?防水ウェアに使用される素材として特に大人気...
Thumb【2019】ゴアテックスジャケットおすすめ13選!人気&噂の最強製品を比較紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
2019年度最新版の人気ゴアテックスジャケットのおすすめを紹介している内容の記事です。見た目...
Thumb登山用リュックのおすすめ人気12選!正しい選び方は?特徴や機能もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
おすすめ登山用リュックを多数ご紹介していきます。登山用リュックの特徴や機能もご紹介しますので...
Thumbコールマンのインフレーターマットがアツい!特徴や評価をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプグッズのひとつであるコールマンのインフレーターマット。このアイテムがあるとないのとで...
Thumb【2019】アウトドア用クッカーおすすめ13選!ソロ・ファミリー別にランキング! | 暮らし~の[クラシーノ]
ソロキャンプ&ファミリーキャンプ別におすすめのアウトドア用クッカーをランキング紹介している内...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ