コールマンのインフレーターマットがアツい!特徴や評価をご紹介!のイメージ

コールマンのインフレーターマットがアツい!特徴や評価をご紹介!

キャンプグッズのひとつであるコールマンのインフレーターマット。このアイテムがあるとないのとではキャンプの快適さが変わってきます。そこでコールマンのインフレーターマットについて見ていきます。インフレーターマットの役割や選び方、おすすめ商品と評価も紹介します。

2019年11月07日更新

mukainatsu
mukainatsu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. はじめに
  2. コールマンのインフレーターマットとは
  3. コールマンのキャンプマットの種類
  4. コールマンのインフレーターマットの役割
  5. コールマンのインフレーターマットの選び方
  6. コールマンのインフレーターマットのおすすめ商品
  7. コールマンインフレターマットの評価
  8. コールマンインフレターマットの活用方法
  9. コールマンのインフレーターマットの設置方法
  10. コールマンのインフレーターマットにプラス
  11. まとめ

はじめに

インフレーターマットはキャンプに必要?

Photo by nidate

キャンプブームである今、コールマンでは様々なキャンプグッズが販売されています。その中のアイテムがインフレーターマットです。しかしインフレーターマットは必要?そう考えるキャンパーも多いのではないでしょうか。そこでインフレーターマットをコールマンで購入した場合、具体的にどのような働きをするのか、どうしてインフレーターマットは必要なのかを解説します。またコールマンで販売されているインフレーターマットのラインナップや違いなども見ていきます。

コールマンのインフレーターマットとは

インフレーターマットの用途は?

Photo byTeeFarm

そもそもインフレーターマットとは何でしょうか?マットと名前があるとおり、キャンプ用のマットのことです。キャンプ用のマットとは、テントで就寝する時に使用するアイテムで、キャンピングマットと呼ばれるものです。つまり家庭で就寝する時に敷くマットレスを、おしゃれにしたようなアイテムです。マットレスがなく直接敷布団を敷いて寝ると疲れませんか?それと同じで寝袋の下に敷くことで、快適に就寝できるようにするアイテムです。マットにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なりますので違いを見ていきます。

コールマンのキャンプマットの種類

インフレーターマット

インフレーターとはエアなどの気体を供給し膨張させる装置の事です。身近なもので言えば車のエアバッグなどがそれにあたります。テント内で就寝時に使うマットにも空気を自動的に入れる仕組みが装備されており、マットにあるバルブを開けるだけで自動的に空気が入り、マットが膨らむ仕組みが特徴です。ある程度まで膨らみ、後はセルフで空気を足して硬さを調整することもできます。必要のない時には空気を抜いておけるので、キャンプに行く時に荷物になりません。

エアマット

エアマットとは空気を入れて膨らませるタイプのマットです。コールマンのインフレーターマットには、ある程度のスポンジが入っていて更に空気をプラスして使いますが、エアマットは空気のみのマットで、空気を抜くことで軽量かつコンパクトになり持ち運びにも便利。寝心地も柔らかく快適です。デメリットは手動で空気を入れるので時間も労力もかかります。また断熱性は他のマットより劣り、マットの損傷により空気が抜けると使えなくなります。

コールマンのインフレーターマットの役割

断熱、冷却効果

Photo bypiviso

キャンプでテントを張る時は野外のため、暑い季節もあれば寒い日もあります。それらを調整してくれるのがコールマンのインフレーターマットです。夏は地面が熱くなりテントで就寝していると寝苦しい経験をしたキャンパーも多いでしょう。また冬は冷たい冷気が上がってきて寒くて眠れないこともあります。しかしコールマンのインフレーターマットがあれば、熱い地熱や冷たい冷気をシャットアウト。つまり地面にインフレーターマットを敷く事で直接地面の状態に左右されることなく、インフレーターマットに入ったスポンジや空気が遮断効果を生み快適にテント内で寝ることが出来るのです。

寝心地を快適にする

Photo byHans

野外でテントを張る時は、決して平らな地面ばかりではありません。平らに見えても小石などがあり、テントマットを敷いていても体重がかかると座り心地が悪くなることもあります。まして就寝するとなると数時間、体重がかかる状態になるので地面が凹凸だと寝心地が悪いでしょう。その問題を解決してくれるのがコールマンのインフレーターマットです。インフレーターマットはスポンジと空気が入っていることで、凹凸を吸収してくれます。

コールマンのインフレーターマットの選び方

サイズで選ぶ

選ぶ方法として基本となるのはサイズです。一人用なのか二人で使用するのかファミリーで使うのかでサイズを考えます。一人で使うならシングルサイズ、二人で使うならダブルサイズがおすすめです。またコールマンのインフレーターマットには、ダブルサイズでも折り畳むことでシングルサイズになるものもあります。そして便利なのが連結できるタイプのインフレーターマットです。これならファミリーが一緒に並んで就寝する事も可能です。

厚みで選ぶ

インフレーターマットと言ってもその厚みは様々です。これはお家で使うマットレスと同じで、薄いタイプから厚みのあるタイプまでラインナップ。厚みによって変わるのは、断熱性や保温性、寝心地などです。通常、厚みのあるものは値段も高くなります。多くのキャンパーは4cm以上厚みがあれば快適に寝られるというレビューも多いので、それを基準にするのもひとつの方法です。実際に店頭に行き、寝心地を試してみるのが一番良いでしょう。

収納性で選ぶ

泊まりがけのキャンプは、意外と荷物が多くなるものです。特にファミリーであれば、クーラーボックスやテント、コンロやチェアなど車に入りきらない事も。そのためコールマンのインフレーターマットを選ぶ時には、収納性も考慮するようにしましょう。コールマンのインフレーターマットの中には、くるくると畳んで収納袋に納まるものや折り畳みのできるものもあるので、なるべくコンパクトになるタイプを選びます。特にソロキャンプでは一人で持ち運びのできるサイズがおすすめです。

シーズンで選ぶ

Photo by nidate

キャンプに行く季節は様々です。そのためシーズンに合わせて選ぶのもひとつの方法です。インフレーターマットは厚みによって保温性や断熱性が異なるので、オールシーズンテント泊を楽しむキャンパーは複数個持っていると便利でしょう。特に厳しい寒さでのテント泊は命にも関わりますので、機能性をしっかり確かめたうえでチョイスするのがベストです。

コールマンのインフレーターマットのおすすめ商品

コールマンのインフレーターマットおすすめ1

コールマン キャンパーインフレーターマットシングル3

コールマン キャンパーインフレーターマットシングル3

楽天で詳細を見る

マットの厚さが5cmと快適な寝心地のインフレーターマットです。サイズは約63×195cmで充分な大きさです。これなら身長の高い方でもはみ出すことはありません。重量は1.8kgで女性でも持ち運びに苦労することもないでしょう。シングルサイズでソロキャンパーにもおすすめ。その上連結可能で便利です。カラーはおしゃれなエンジで汚れが目立たないのも特徴です。

コールマンのインフレーターマットおすすめ2

Coleman(コールマン) キャンパーインフレーターマット/W 2000032352

コールマン キャンパーインフレーターマット/W

楽天で詳細を見る

厚さ2cmのコールマンのインフレーターマットです。サイズは約129×195cmとダブルサイズです。これならカップルや夫婦でも快適に寝ることが出来る大きさです。耐久性に優れたPVCコーティングにより、汚れが付き難くメンテナンスしやすいのが特徴。また丸めれば筒状でコンパクトになり、収納ケースに入れればおしゃれに持ち運ぶことができます。

コールマンのインフレーターマットおすすめ3

Coleman(コールマン) キャンパーインフレーターマット/Wセット2 2000032353

Coleman(コールマン) キャンパーインフレーターマットWセット2

楽天で詳細を見る

厚さ5cmのダブルサイズで2枚組ですが別々にしても使えます。別々でシングルで使うのも、連結してダブルで使うのも自由自在。シングルのサイズは約63×195cmで広々。贅沢に連結してダブルで一人で寝ることも可能。シーン合わせて組み合わせが変えられるおしゃれなコールマンのインフレーターマットです。

コールマンのインフレーターマットおすすめ4

コールマン Coleman アウトドア キャンプ 用品 キャンパーインフレーターマット /W 2000013057 【ktkt】

コールマン キャンパーインフレーターマットW 2000013057

楽天で詳細を見る

ダブルサイズのインフレーターマットです。4cmの厚みでクッション性が高く、頭にあたる個所はスポンジが入っており枕のような役割をしてくれます。サイズも195×130cmとゆったり。コンパクトに収納できるので荷物の多いキャンプでも安心です。

コールマンインフレターマットの評価

寝心地に関する評価

キャンプ時、前はエアーベッドに寝てましたが、腰が落ちて寝がえりがうてないために、何度も起きてしまいました。そのためコットを買いましたが、今度はちょっと固いような。。。なので、その上にこれを乗せて寝てみました。すると、とてもよく眠れました。ちょうどいい硬さです。これとコットを持っていけばどこでも眠れます。
ふくらます時はキャップを緩め、広げておけば自然にある程度空気が入ってくれます。いつも1時間ほど放置して、それから好みの硬さまで空気いれてキャップを閉めます。
畳む時はキャップを緩め、自分がのっかって空気抜もいきます。丸めながら空気も抜いて、全部畳んだらキャップを閉めます。寝袋より楽ですね~
デメリットは意外と重いです。
でもこれないと私眠れない~

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット シングルIII 2000032354

やはりテント泊のキャンプにはインフレーターマットが必要です。エアーベッドも柔らかくて良いですが柔らかすぎて身体が沈むのが不満というキャンパーも多いのです。かといって硬めのものに変えると、硬過ぎて身体が痛いということも。しかしコールマンのインフレーターマットなら柔らかすぎず硬過ぎないのが特徴。寝心地が良いという評価がコールマンのインフレターマットの特徴です。

実用性に関する評価

スノーピークのアメニティドームM(幅270cm)では2枚並べて(130cm×2=260cm)使っています。快適で子供が転んでも安心。
車内泊では1枚で、シートの凹凸を吸収してくれます。
帰省にも持って行き、両親の布団干しの負担軽減のため、実家の敷布団は使わず、これにシーツを掛けて使っています。大活躍です。

コールマン キャンパーインフレーターマット/W 2000013057

テント内でコールマンのインフレーターマットを使うキャンパーは、他のシーンでもうまくコールマンのインフレーターマットを活用しています。こちらは、車内泊や実家の帰省の時に活用。実家で布団を使用するとその後の手間を掛けてしまいます。しかしコールマンのインフレーターマットを持参すれば、畳んで持ち帰るだけでOK。キャンパーだけではなくそれ以外の目的でも使えるのがインフレーターマットの特徴です。またダブルサイズは子供がゴロゴロしても安心なのが嬉しいですね。

機能性に関する評価

事務所寝用に購入。
初めは1センチくらいのウレタンマットを使っていたが、以前から欲しかったこの商品2枚を
はり込んで購入。
エアバルブを開いても空気は入らず希望通りの膨らみにはほど遠いため付属の収納袋を使ったり口で拭いてみたが実用的では無いので、別途電動ポンプを購入し満足のゆく厚さに膨らみ快適に使っております。(エアバルブのキャップは開けても空回りして外れません)
収納時はエアー抜きに、一手間かかりますがこれくらいはしょうが無いでしょう。

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット シングルIII

オフィスでも使えるインフレーターマット。シングルでは小さいと感じても連結することでダブルになるのも嬉しい特徴です。評価にある通り素早く空気を挿入した場合は、別売りのポンプを買うのもひとつの方法です。

コールマンインフレターマットの活用方法

家庭での就寝に

最近ではコールマンのインフレーターマットをご家庭で活用する方も増えています。特に学生さんや単身赴任のお父さんは、家庭用のマットを購入せずコールマンのインフレーターマットを使っています。なぜなら、一人暮らしでは使用期間が限られていて、ベッドやマットレスを購入するのが勿体ないという理由からです。コールマンのインフレーターマットであれば、後々キャンプにも使えますし、布団のような面倒なメンテナンスも必要ないでしょう。その上コンパクトになるので収納も楽というメリットもあります。

ヨガマットとして

Photo bylograstudio

コールマンの薄いタイプのインフレーターマットならヨガマットとして、おしゃれな使い方もできます。コールマンのキャンプ用品はおしゃれなデザインが多く女性にも人気です。インフレーターマットは適度な硬さがあり、設置も楽なので様々なシーンで多用されています。例えばストレッチや体操、フィットネスなど硬い床の衝撃を吸収し、冷たさも遮断することからジムなどでも使用されています。連結すれば広いスペースを確保することもでき、軽くてコンパクトになるので設置や移動も楽ちんです。

仮眠時に

Photo by asobitsuchiya

ちょっとした仮眠におすすめなのがコールマンのインフレーターマットです。オフィスの片隅や車のトランクに常備しておけば便利です。仮眠する時に快適に寝られないとせっかく身体を休めても意味がありません。コールマンのインフレーターマットが一枚あるだけで、寝心地の快適さがアップするので少しの時間でも睡眠の質が違ってきます。そして仮眠する部屋に布団を敷いておくと雑然しますが、インフレーターマットならおしゃれです。

リビングに

お家のリビングにてカーペット代わりに使用する方もいます。インフレーターマットは、適度な硬さがあり小さな子供が転んでも安心。キッズ用のマットは硬過ぎて、子供が大きくなれば使い道がないという不満からインフレーターマットを活用する方がいるのです。キャンプで使用していない間はリビングで使えば、無駄なく使う事が出来るでしょう。またリビングの広さに合わせて連結できるので便利です。

コールマンのインフレーターマットの設置方法

コールマンのインフレーターマットの使い方

コールマンのインフレーターマットを手に入れたけど、正しい設置方法がわからないという初心者キャンパーの方もいるでしょう。まずはテントを設置する前に、グランドシートを敷きます。グランドシートの上にテントを設営します。テントの中にはインナーマット、又はテントマットを敷きましょう。そして就寝時にインフレーターマットを敷いて、その上でシュラフやコットなど季節に合わせた就寝スタイルを選びます。連結して広々とスペースを取るのもおすすめです。

コールマンのインフレーターマットにプラス

コールマンコンパクトインフレーターピロー

コールマン コンパクトインフレーターピローII (2000010428) キャンプ テント 枕 Coleman

コールマンコンパクトインフレーターピロー

楽天で詳細を見る

快適な寝心地を追求するなら枕もプラスしましょう。こちらの枕もインフレータータイプでセルフで膨らませる必要がないので便利です。自分が心地よい柔らかさに調節できアウトドアではなく、自宅の寝室で寝ているような寝心地です。

コールマントレイルヘッドコット

コールマン(Coleman) トレイルヘッドコット ベンチ キャンプ用品 2000031295

Coleman(コールマン) トレイルヘッドコット

楽天で詳細を見る

テントで使うコールマンのコットです。これがあれば地面から距離ができるので地面からの冷たい風も防止できます。また椅子代わりにも使えるのもメリット。ベットの下には荷物も置けるのでテントに設置してもスペースを気にする必要もありません。ベットの上にマット、シュラフを設置すれば更に快適に寝ることができるでしょう。

まとめ

コールマンのインフレーターマットで快適な眠りを

テント泊で質の高い睡眠が取れないと、次の日の工程に支障が出ることもあります。そのためテントの中で取る睡眠は重要です。インフレーターマットだけで朝の目覚めも変わってくるので、キャンパーならばマストバイのアイテムと言えるでしょう。また最近のキャンプ用品の多くは、おしゃれな上、キャンプ以外に別の使い方ができるのが特徴なので、コスパの高いアイテムです。

インフレーターマットが気になる方はこちらもチェック!

コールマン以外のメーカーのインフレーターマットが気になる方は下記をチェックしてみて下さい。アウトドアメーカーが販売しているインフレーターマットの中でも人気となっているものを比較し、違いを紹介しています。これを見れば、きっと自分好みのインフレーターマットが見つかるでしょう。

Thumbインフレーターマットおすすめ12選!人気商品を比較!気になる寝心地は? | 暮らし~の[クラシーノ]
テントの際に寝袋の下に敷くインフレーターマットをご存知ですか。保温性や寝心地の良さなど快適性...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ