【2019】アマダイ竿おすすめ8選!冬の船釣りはアマダイを楽しもう!のイメージ

【2019】アマダイ竿おすすめ8選!冬の船釣りはアマダイを楽しもう!

アマダイ竿のおすすめ8選です。入門に最適な1万円クラスから、マルチに使えるタイプ、専門性の高いタイプと新作を中心にさまざまなタイプのアマダイ竿を紹介しています。遊びやすく初心者の方にもおすすめ!冬の釣りモノをお探しの方は、是非チェックしてみてください!

2019年11月12日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. アマダイ竿のおすすめをまとめてご紹介!
  2. アマダイ竿の選び方!
  3. アマダイ竿おすすめ8選!
  4. 1.アブガルシア「黒船 アマダイ」
  5. 2.ダイワ「ライトアマダイ X」
  6. 3.ダイワ「アナリスター アマダイ」
  7. 4.ダイワ「メタリア アマダイ」
  8. 5.シマノ「シーマイティ R」
  9. 6.シマノ「ベイゲーム X アマダイ」
  10. 7.シマノ「ライトゲーム CI4+」
  11. 8.シマノ「カイメイ スペシャル」
  12. アマダイ竿をゲットしよう!

アマダイ竿のおすすめをまとめてご紹介!

人気モデルをチェックしよう!

冬の人気船釣りアマダイ向けの船竿8選です。代用としても活躍できる汎用性の高いモデル、操作性と感度にこだわった専用モデルと、複数のタイプを価格別にご紹介します。2019年は新製品も複数登場!新規に道具を揃える方はもちろん、乗り換えを検討中の方も要チェックです!

アマダイ竿の選び方!

オモリ負荷をチェックしておこう!

アマダイ

出典: https://www.daiwa.com

アマダイ釣りは数年前から細分化が進み、60号前後をメインとするLTアマダイと、100号前後を使うアマダイ釣りの2つに分類されるようになりました。初めての釣りに、という方には、オモリが軽く気軽なLTアマダイをおすすめしますが、地域によってはLTが成立しにくい、流行っていないというケースがある点も事前にチェックしておきましょう。LTアマダイ竿、アマダイ竿と分けているメーカーもありますが、マルチなラインナップのモデルから竿を選ぶ場合はオモリ負荷をチェックです!

調子は7:3がおすすめ!

アマダイ竿の調子は7:3がおすすめ!着底確認と積極的な誘い、外道のアタリを察知する感度を備えた調子です。アマダイ専用を謡っている製品はほとんどのモデルがこの調子を採用していますが、こちらもマルチラインナップ系のロッドから選ぶ場合は要チェック。6:4調子でも十分遊べる釣りですが、アマダイ用に揃えるなら、7:3調子をチェックです!

アマダイ竿おすすめ8選!

おすすめの船竿を8本ご紹介!

2019年版のアマダイ竿おすすめ8選!人気のシマノ、ダイワを中心に、各グレードのおすすめアイテムをまとめてご紹介します。インプレも合わせて紹介しているので、気になっていたアイテムがある方は要チェック!冬のイメージが強い釣りですが、年中遊べるので出番が作りやすくコスパはバッチリです!

1.アブガルシア「黒船 アマダイ」

2019年の新作入門竿!

2019年の新製品!アブガルシアの入門船竿シリーズ「黒船」のアマダイモデルです。ラインナップは「KADC-210M」1本のみで、オモリ負荷は40号から100号が目安。水深を問わず、ある程度幅を持って遊べる中間的なスペックになっています。注目ポイントは定価14,000円の価格設定で、実売価格アンダー1万円も狙える手軽な入門向けアイテム!新作からコスパ重視で選びたい方におすすめの1本です!

リールも同時展開!

≪'19年10月新商品!≫ アブガルシア 黒船 アマダイ KADC-210M
楽天で詳細を見る

リールは2019年新製品「KUROFUNE PH」がおすすめ!同シリーズ「18KUROFUNE LT」のパワーハンドルモデルで、電動を使わないLTアマダイにマッチします。価格も同程度でカラーの相性もバッチリ!価格が魅力の黒船シリーズで揃えて、LTアマダイから船釣りを始めましょう!

2.ダイワ「ライトアマダイ X」

ダイワのLTアマダイ入門竿!

専門性の高いLTアマダイ専用設計!入門向けの価格とセンシティブな使用感の両立を目指した、ダイワの入門向けロッドシリーズです。Xシリーズはルアーロッド、船竿を問わずコスパが高く評価されているシリーズで、LTとノーマル、どちらで遊ぶかはっきり決まっている方には特におすすめ。入門向けのグレードながら、軽快な使用感と素直な曲がり、ティップの感度が楽しめます。LTウイリー、LTアジなど、LT系全般の代用ロッドとして、幅広く活躍できる対応力も魅力の1本です!

「ライトアマダイ X」のインプレをチェック!

使用感についてのインプレです。オモリ負荷の表記は20号から60号となっているアイテムですが、50号使用時はやや曲がりすぎな印象がある、とコメントされています。40号までメイン、悪天候時等のみ50号や60号を使う、といった運用ができる釣り場にマッチしそうです。回るポイントは船宿なので、40号で遊びきれるのか、船宿のHP等を確認しながら検討してみましょう!LTではなくノーマル向けの「アマダイ X」も用意されているので、オモリ負荷が気になる場合はそちらもチェックです!

3.ダイワ「アナリスター アマダイ」

感度重視のグラスティップモデル!

ダイワ船竿のミドルクラスシリーズ、アナリスターのアマダイモデルです。ノーマルアマダイを対象としたアイテムで、2019年には新作「195」が追加されました。コンセプトは感度、表現力に優れる穂先の性能!エサとりが掛かっている時間、エサが無い時間を減らして、本命アマダイをゲットしましょう!オモリ負荷は40符号から100号までと、ミドルクラスまでの釣りに対応するスペックになっています。

「アナリスター アマダイ」のインプレをチェック!

【ダイワ】アナリスター アマダイ 205
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

中深場竿から乗り換えた方のインプレです。オモリ負荷の違いもありますが、感度や誘いを重視した設計のアマダイ専用竿はとにかく軽量!疲れにくい、曲がりが綺麗でアタリがとりやすい、乗せやすくバラしにくいと専用竿ならではの丁度よさが楽しめます。100号以上、150号を使うこともある釣りなので、ヘビーに釣る場合は中深場用、100m程度までなら「アナリスター アマダイ」と使い分ける方法もおすすめです!

軽くて持ち重りなく

今まで中深場用の重い竿でやってたら

疲れていたのが全くなく

バットもしっかりしていてそれで腰もしなやか

竿先の感度もよく

このシリーズのコスパ凄い

4.ダイワ「メタリア アマダイ」

ダイワ得意のチタン合金ティップを搭載!

ダイワが得意とするチタン合金製の穂先「メタルトップ」を搭載したモデルです。先ほどご紹介した「アナリスター」の穂先よりも更に上を目指した穂先が魅力のモデルで、穂先から得られる情報量はアマダイ竿の中でもトップクラス。エサが付いている状態をキープできることで、釣果アップが目指せる1本です。ガイドもダイワオリジナルの「エアガイドシステム」!感度重視なら「メタリア アマダイ」をチェックです!

「メタリア アマダイ」のインプレをチェック!

ダイワ(DAIWA) メタリア アマダイ 205
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

メタルトップについてのインプレです。5℃以下で弾性が低下、0℃以下で穂先が戻らなくなる、という文章はメタルトップに共通する注意書き。他ジャンルのロッドにも必ずこの注意書きが記載されています。実釣時に気にする必要があるのか気になるところですが、海水温が5℃以下になるという状況はほとんどなく、弾性が低下した場合は船上から海水につける程度で十分改善できるので、真冬の釣りに使ってもOK!本州で釣りをする場合は、出船直後の穂先状態確認程度でバッチリ遊べます!

品物が届いて箱の説明書きにチタン合金の穂先は低温で弾性が低下し0度以下では曲がったまま戻らなくなるって。 冬場の寒い日には使え無いって事で星四。

5.シマノ「シーマイティ R」

シマノの入門向け船竿!

ここからはシマノの船竿をご紹介!まずは入門向け、万能タイプの「シーマイティ R」をご紹介します。こちらはLT向け、アマダイ特化といったタイプではなく、汎用性追求の万能モデル。ラインナップが豊富で、アマダイに使える7:3調子は80号まで、100号まで、120号までと3つのパワーに長さも複数用意されています。手ごろな価格、代用竿としていろいろな釣りで活躍してくれる竿をお探しの方は要チェック!波が高い、船が揺れやすいエリアの釣りには長めとするのがおすすめです!

「シーマイティ R」のインプレをチェック!

シマノ シーマイティ R73 50-240 (船竿)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

使用感についてのインプレです。汎用性重視、ということで特別ここがよい!という評価は得にくいタイプの竿ですが、コンセプト通り価格相応で普通に使える、といった評価を得ています。柔らかめだと感じる、とコメントされているので、7:3調子を真鯛に代用してもバッチリ活躍してくれそうです。船竿の王道、魚種や釣法を問いにくいスタンダードな調子を持っているので、初めての船竿にもおすすめしやすい1本となっています!

普通に良い竿。
想像していたより 少し柔らかかったですが 良い感じに 使えてます。

6.シマノ「ベイゲーム X アマダイ」

ライト、ノーマルの両立を目指した専用竿!

シマノの専用竿からは、LTのノーマルの両立が目指せるミドルクラスモデル「ベイゲーム X アマダイ」をご紹介。20号から100号までとやや広めに設定されたオモリ負荷が魅力の1本で、LTとノーマルアマダイを1本で遊べるスペック。100号以上の釣り場は難しいスペックですが、地域の特性が合えば年間を通して1本でやりきれるスペックとなっています。「グラスソリッド穂先」、「マルチパーミングCI4+シート」と専用設計らしいこだわりセッティングも魅力的!アマダイ専用に1本、という方は、是非検討してみてください!

「ベイゲーム X アマダイ」のインプレをチェック!

シマノ 18 ベイゲーム X アマダイ 180
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

シマノプロスタッフ、松本氏のツイートをご紹介。汎用モデルではなく専用竿らしい側面、感度や操作性についてコメントされており、違いを楽しみたい方にも納得できるような完成度を伺わせます。アマダイ釣り自体もシンプル、簡単で他の魚も混ざりやすい釣りなので、初心者の方におすすめ!冬の釣りモノをお探しの方は要チェックです!

7.シマノ「ライトゲーム CI4+」

ワンランク上の操作性!

シマノのライトゲーム系上位モデル、「ライトゲーム CI4+」をご紹介。こちらは2019年の新製品で、シマノが導入を進める「エクストリームガングリップ」がセールスポイント。船釣り向けとしては珍しくトリガーに指を掛けながらリールをホールドできるような構造が採用されており、軽量化が進んだリールと合わせて、ワンハンドで軽快な操作が楽しめるようになっています。トリガーは右巻き向け、左巻き向けで傾斜が付いている方向が異なるので、お持ちのリールをチェックしてからモデルを選んでみてください!

「ライトゲーム CI4+」のインプレをチェック!

≪'19年3月新商品!≫ シマノ 19 ライトゲーム CI4+ TYPE73 M200 (左)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

「エクストリームガングリップ」のインプレをご紹介。手でリールを包み込むように固定する構え方、パーミングが非常に快適にこなせる形状で、疲れにくく集中力を維持しやすい設計。親指のボタン操作のみで完結するコンパクトな電動リールと合わせれば、手持ちの釣りが更に快適になります。仕舞寸法、付属品についてのコメントも要チェックです!

搭載されているXシート(グリップ)のおかげで、従来のリールシートより疲れずに長時間しっかりパーミングできます。

このロッドはセンターカット2ピースではないので、ティップの方がグリップより5割程長いです。
ロッドの付属品のティップカバーで、衝撃や曲がりに対してある程度の保護ができます。

8.シマノ「カイメイ スペシャル」

シマノ渾身のハイスタンダードロッド!

専用竿ではなく汎用タイプから、グレードの高いものを選びたい方には「カイメイ スペシャル」がおすすめ。7:3調子でありながらしなやかに曲がって6:4に向かう独特な調子の設計は、深く曲がりこむ船竿らしいアクションを高い次元で実現。ノーマルアマダイはもちろん、コマセ真鯛、タチウオ、ヒラメに青物と代用の域を超えて楽しめる万能なセッティングです。これがあれば、80号から120号の釣りは代用竿いらず!極めて船竿らしい性格の竿を好む方におすすめの1本です!

「カイメイ スペシャル」のインプレをチェック!

≪新商品!≫ シマノ カイメイ スペシャル 50-240
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

アマダイで使用された方のインプレをご紹介。LT向けにプラスする形で追加した、使用感は非常によく、釣果もバッチリ!とコメントされており、満足度の高さを伺わせる内容です。綺麗な曲がりはやり取りだけでなく、波の揺れの中で不規則な動きを捉える感度の面でも活躍!ティップの感度だけでなく、素直な曲がりの中でアタリを取るのも、船釣りの醍醐味です!

ライトロッドを数本持つ中で汎用性の高いカイメイも購入してみました。7:3調子で錘の負荷と長さが丁度良く、先日水深100m前後で錘60号使用のアマダイ釣りで使用しました。形のいい曲がり具合で、魚の取り込みでもスムーズで見事竿頭(*^^)v 隣の釣り客に竿の名前を聞かれました。

アマダイ竿をゲットしよう!

冬の準備を進めよう!

秋の終わりからシーズン本番を迎えるアマダイ釣り。食べて美味しく遊びやすい、そんな中にも腕で差が出る要素がある、やりこみがいのある釣りです。代用できるロッドの幅が広い釣りではありますが、専用ロッドはやっぱり便利!人気の1本をゲットして、今年の冬はアマダイ釣りに出かけてみましょう!

リールが気になる方はこちらもチェック!

アマダイ竿向けのリールが気になる方は、下記のリンクをチェック!2019年のおすすめ電動リールと、合わせて揃えておきたいバッテリーのおすすめ8選をご紹介します。電動リールは、ライトなロッドにはライトなモデル、パワフルなロッドにはパワフルなモデルとすると、バランスが取れて非常に快適!中間的なものを代用するよりもトータルの満足度は高くなるケースが多いので、是非こちらも合わせてチェックしてみてください!

Thumb【2019】沖釣り向け電動リールおすすめランキング!自分にピッタリのモデルを見つけよう! | 暮らし~の[クラシーノ]
電動リールおすすめランキング!2019年版のおすすめ電動リールを8アイテムご紹介します。お手...
Thumb【2019】電動リール向けバッテリー8選!格安から純正までまとめてご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
電動リール向けバッテリーのおすすめをご紹介!鉛バッテリー、リチウムバッテリーのおすすめを8選...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ