折り紙で作る「雪の結晶」の折り方9選!平面から立体まで簡単な作り方を解説!のイメージ

折り紙で作る「雪の結晶」の折り方9選!平面から立体まで簡単な作り方を解説!

折り紙で作る雪の結晶。部屋のデコレーションのほか、クリスマスの飾りになどにも使えます。作り方もいろいろあって、切り絵や平面折り紙のほか、立体でも作ることが可能です。小さな子供も作れる簡単な折り紙の雪の結晶もありますので、家族で可愛い手作りもできます。

2019年11月06日更新

水木誠人
水木誠人
不便な田舎で元気に暮らしています。何でも手作りし、自力で何とかして生きています。おかげさまで、私史上、最高の体力がつき、最大の知恵を使って生きていけるようになりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 折り紙の雪の結晶でクリスマスを飾ろう!
  2. 可愛い折り紙の雪の結晶の作り方【切り絵】①
  3. 可愛い折り紙の雪の結晶の作り方【切り絵】②
  4. 可愛い折り紙の雪の結晶の作り方【切り絵】③
  5. 可愛い折り紙の雪の結晶の作り方【平面】④
  6. 可愛い折り紙の雪の結晶の作り方【平面】⑤
  7. 可愛い折り紙の雪の結晶の作り方【平面】⑥
  8. 可愛い折り紙の雪の結晶の作り方【立体】⑦
  9. 可愛い折り紙の雪の結晶の作り方【立体】⑧
  10. 可愛い折り紙の雪の結晶の作り方【立体】⑨
  11. 子供も簡単にできる折り紙の雪の結晶で楽しもう!

折り紙の雪の結晶でクリスマスを飾ろう!

Photo by TAKA@P.P.R.S

折り紙で作る雪の結晶は、子供でも楽しく、不器用な方も簡単に作ることができます。市販のクリスマスデコレーションはたしかに可愛いですが、手作りで作るオリジナルの飾りは作る楽しみも加わります。折り紙は100均でも購入できるのでリーズナブルに楽しめるし、クリスマスパーティーなどで海外の人と出会う機会があれば、きっと興味を持たれます。

切り絵、平面、立体と、できるデコレーションからはじめよう

【メール便なら送料190円】(トーヨー)徳用おりがみ(15cm)300枚 NO700 090204
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

折り紙を使って作る雪の結晶は、折った折り紙を切って作る切り絵をはじめ、折り紙で作る平面の雪の結晶、立体的に作る雪の結晶も可能です。作り方によっては高度なものもありますが、簡単に作ることのできる雪の結晶を、いろいろな色の折り紙で折れば、ゴージャスな飾りに変身します。クリスマスツリーに飾るだけではなく、部屋のオーナメントとしても可愛いですので、さまざまなシーズンで楽しめます。ではさっそくはじめましょう。

可愛い折り紙の雪の結晶の作り方【切り絵】①

子供でも簡単に作れる折り紙の切り絵の雪の結晶は、折り紙を半分に折っていくことからはじめます。さらに三等分に折り、さらに半分に折ります。かなり折っていくので、薄手の折り紙を使うことをおすすめします。次にハサミで切込みを入れていきます。小さな子供の場合、細かく切り込みを入れることができないかもしれませんが、可愛い雪の結晶を作ることができます。

子供と作ったらさっそくデコレーションを

クリスマスのバカンスで子供といっしょに折り紙を使って雪の結晶を作ったら、さっそく家じゅうをデコレーションしましょう。窓や壁に貼って雪が降っている様子を演出するだけではなく、両面折り紙を使って作った雪の結晶を天井から吊るすのも可愛いです。たくさんの雪の結晶を作ったら、上に投げて落ちてくる雪の結晶をつかまえる遊びで、クリスマスのひとときを盛り上げることもできます。

可愛い折り紙の雪の結晶の作り方【切り絵】②

切り絵で作る折り紙の雪の結晶は、ハサミの入れ方によってかなりゴージャスで、オリジナリティあふれる作品を作ることができます。折り方の基本は同じですので、折った後の切り方を工夫してみましょう。細かいデザインの雪の結晶を作る場合、大きめの折り紙を使うと作りやすいです。細かい結晶を作りたい場合、うまく切れるハサミを使って、細かく切り込みを入れていけば、作り方もさほどむずかしくなく、可愛い雪の結晶を作ることができます。

切り絵のポイントはハサミの使い方

切り絵を上手に作るポイントはハサミの使い方です。折り紙を折っていったあと、いかに細かく切り込みを入れることができるかによって、雪の結晶の細かさや繊細さが決まってきます。子供や不器用な方は、入り込んだ雪の結晶を作るのはむずかしいかもしれません。しかし、切り方を工夫すれば、おもしろい切り絵の雪の結晶を作ることができます。

可愛い折り紙の雪の結晶の作り方【切り絵】③

折り紙の切り絵の雪の結晶は、細かく切り込みを入れるほど、美しい形になりますが、その分、作り方がむずかしくなっていきます。切り方を失敗してしまうと、雪の結晶が切れてしまうため、切れないように作ることが重要です。慣れてくるとデザインのアイデアも浮かんできますので、子供といっしょにいろいろと作ってみましょう。

小さな子供と切り絵を作る場合の注意

Photo byvincentvan

切り絵で作る雪の結晶を小さな子供と作る場合、折り紙を折ったあとにハサミで切込みを入れていくときは十分に注意しましょう。子供用のハサミではうまく切れないこともあるため、子供は大人が使うハサミを使いたがることもあります。いっしょに切込みを入れて折り紙を楽しんだ後は、必ず手が届かないところにハサミを置いておくようにしましょう。

可愛い折り紙の雪の結晶の作り方【平面】④

折り紙を縦半分に折り目をつけ、三角にも折り目をつけます。折り目に沿って中心に向かって折り、さらに三角形に折り目をつけていきます。折り目をつけ終わったら、中心に向かって四方を内側に折り込み、裏に返して折り目に沿って折っていきます。四方を折り込んでいき、雪の結晶を作っていきます。

小さい子には少しハードルが高い?

Photo byStockSnap

平面の折り紙で作る雪の結晶は、切り絵で作る雪の結晶よりもむずかしいです。小さな子供といっしょにクリスマスのデコレーションを作る際は、切り絵の雪の結晶がおすすめです。細かく折ることができるようになったら、平面の折り紙で作る雪の結晶にチャレンジしましょう。かなりきれいに仕上がります。

可愛い折り紙の雪の結晶の作り方【平面】⑤

折り紙を使って平面の雪の結晶を作る作り方は、いずれの場合もいささか複雑です。4角形の折り紙を6角形にカットし、真ん中に向かって折り目をつけ、折り目に沿って6角形に折り、ひっくり返して再び真ん中に向かって折目をつけ、折り目を斜めに折り込んでいきます。それぞれの角を三角に折り、中を開いて花のような形を作ります。これでベーシックな折り紙の雪の結晶ができあがりです。さらに、三角に折り込んでいくと、結晶のバリエーションとなり、さらに、折り込んだ部分を元に戻して外側に開いていくと、先端が細くなった雪の結晶のできあがりです。

細かく折るためにヘラなどを利用

Photo byHenrivh

雪の結晶を折り紙で平面に作る際、細かく織り込んでいく部分はへらなどを使うときれいに仕上げることができます。家にヘラがない場合、爪楊枝など先端がとがったものをうまく利用すれば、十分に代用することができます。細かく折るのが苦手な方は、大きめの折り紙を利用するのも手。100均でもさまざまなサイズの折り紙のラインナップがあります。

可愛い折り紙の雪の結晶の作り方【平面】⑥

折り紙を6角形にカットし、中央に向かって折目をつけたら、折り目に沿って6角形に折り込みます。二重になっている箇所を中心で開き、開いた箇所をさらに中心に向かって折っていきます。裏にひっくり返し、中心に向かって折りたたみ、星型にします。たたんだ箇所を開いて割り、開いた部分を中に隠していきます。ふたたび表に返して内側の角を外に折り、また裏に返して隠した部分を外に出し、横に折り倒していくと、ゴージャスな雪の結晶となります。

細かく折り込んだ華麗な雪の結晶に

Photo byrawpixel

平面の折り紙で作る雪の結晶は、細かく折り込むものが多く、動画を見ながら作っても苦戦する方もいらっしゃるかもしれません。しかし、6つある角を同じように折っていくため、作り方が理解できれば、さほどむずかしいことではありません。できあがった雪の結晶は、クリスマスのデコレーションとしてだけではなく、プレゼントの飾りなどにも使えます。

可愛い折り紙の雪の結晶の作り方【立体】⑦

立体的に作る雪の結晶も、さまざまな作り方があります。まずは小さなパーツを6つ作り、つなげて作る雪の結晶をご紹介します。小さな折り紙を三角形に2回折り、切り込みを入れて開き、交互にのりづけして小さな立体的な雪の結晶を6つ作ります。6つの雪の結晶を中心でのりづけしてつなげていき、大きな雪の結晶を作ります。形を整えれば立体的な雪の結晶のできあがりです。

平面の雪の結晶よりも簡単にできる

立体的に折り紙で作る雪の結晶は、平面の折り紙で作る雪の結晶よりも簡単に作ることができます。小さな子供もいっしょにできますので、ぜひ挑戦してみましょう。ハサミで切込みを入れるので、ハサミを使う際は注意しましょう。雪の結晶ができあがったら、握りつぶさないように気をつけましょう。両面折り紙を使うと、とてもきれいに仕上がります。

可愛い折り紙の雪の結晶の作り方【立体】⑧

こちらの雪の結晶も、小さな折り紙で作ります。半分に折ってから、斜めに切り込みを入れていきます。折り紙を開き、鉛筆やペンなどを使いながら、丸みをつけてのりづけします。表裏を交互にのりづけしていくと、細長い葉っぱのような形になります。このパーツを6つ作り、中心でつなげます。このとき、それぞれのパーツの向きに注意しましょう。同じ向きにつなげていきます。

クリスマスツリーにぜひ飾りたい

Photo bymaciej326

立体的に折り紙で作る雪の結晶は、シンプルな色で作ってもかなりゴージャスに仕上げることができます。クリスマスツリーのサイズにも寄りますが、さまざまな色の折り紙で作品を作って、ぜひ飾りたいデコレーションとなります。天井などから吊るして飾るのもかなりおしゃれです。クリスマスはもちろん、お誕生日会などでも活用できる作品なので、ぜひ作り方を覚えておきましょう。

可愛い折り紙の雪の結晶の作り方【立体】⑨

この立体的な雪の結晶は、折り紙で作った平面の雪の結晶を立体的に重ねて、クリスマスリースのように仕上げます。まず、折り紙を三角形に折り、それぞれの角から中心に向かって折り目をつけていきます。折り目に向かって四方の角に別の折り目をつけていき、折り目に沿って折っていきます。雪の結晶の中心をさらに折って、細かく作り込み、内側の部分を外側に出して、同じように作り込んでいきます。雪の結晶のパーツを8つ作り、のりづけしながら重ねていきます。

色を変えればハロウィーンにも使える

Photo bymonicore

折り紙で雪の結晶を作る場合、白や青の色を中心に使っていきます。こちらの雪の結晶の作品は、緑と赤の折り紙を使えばクリスマスカラーのリースとしても使えますし、オレンジと黒の折り紙を使えば、ハロウィーンの飾りとしても使えます。季節やイベントに合わせて色を変え、さまざまなシチュエーションに使うのも楽しいものです。クリスマスの雪の結晶としてだけではなく、ほかの使い方もできる作品として作り方を覚えておくと重宝します。

子供も簡単にできる折り紙の雪の結晶で楽しもう!

Photo bygeralt

折り紙で作る雪の結晶は、作り方も簡単で、クリスマスのひとときを楽しく過ごすのに持ってこいです。クリスマス用のデコレーションアイテムはあちこちの店頭で売られていますが、切り絵、平面や立体の折り紙で自分だけの雪の結晶を作って、オリジナルの飾りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

折り紙のクリスマス飾りが気になる方はこちらもチェック

Photo byFriis-Holst

クリスマスのデコレーションは、雪の結晶だけではありません。小さなクリスマスツリーはテーブルに飾るデコレーションにもなりますし、星などの飾りはクリスマスツリーに飾ったり、オーナメントとして家じゅうをデコレーションしたりして楽しむことができます。そんな折り紙で作るクリスマス飾りが気になる方はこちらもぜひ参考にしてください。今年のクリスマスはぜひ折り紙でさまざまな作品を作ってみましょう!

Thumb折り紙で作るクリスマスの飾り12選!飾る種類別に簡単で可愛い折り方を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
クリスマスの飾り付けどうされていますか?今年のクリスマスオーナメントは手作りでとお考えなら簡...
Thumb折り紙で作る立体的な「星」の作り方13選!飾りにもなる簡単な折り方とは? | 暮らし~の[クラシーノ]
キラキラと夜空に輝く星。折り紙で作った立体の星はクリスマスツリーの飾り、七夕の飾りやお誕生会...
Thumb折り紙で作る「立体星」の折り方まとめ!簡単にできる立体ユニットも解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
折り紙で作る、立体星の折り方をまとめました。ここでは、5枚の折り紙で作る初級編と、7枚の折り...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ