検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

ミズーリ記念館に行こう!ハワイにある有名記念館の見どころをご紹介!

幾多の戦乱を超えて記念館となっている戦艦ミズーリは、ハワイで有名な真珠湾の一大名所です。この今にも動きそうな迫力の巨大戦艦は、日本語ツアーも利用できながら戦艦の深部までを見学できるのが醍醐味。ミズーリ記念館の基本と見どころに迫ります。
2020年8月28日
はぐれ猫

ミズーリ記念館とは

ハワイの真珠湾にある

多くの人がハワイで目的地とする場所は、何も華やかなワイキキでのバカンスだけではありません。オアフ島の南部に入り組んで、幾つもの軍事的な魅力を備えているパールハーバー(真珠湾)も、お目当てになる観光地です。真珠湾のフォード島に、一番人気の目的となるミズーリ記念館があります。


戦争の記念館

太平洋戦争を生き残った戦艦ミズーリが、この記念館の中心となる施設です。単純に外側から全容を眺めるだけでなく、甲板上にあがって巨大な大砲や兵器類に接したり、内部の空間に潜入して歴史に接することもできます。ハワイの戦争の記念館として以上に、軍事オタクの好奇心を刺激する場所です。

施設

【名称】パールハーバーヒストリックサイト・戦艦ミズーリ記念館
【英名】Pearl horbor historic site- Battleship missouri memorial


ミズーリ記念館

ミズーリ記念館のアクセスと入場

アクセスの概要

空路でオアフ島までやって来たら、複数の方法でミズーリ記念館へと移動ができます。オアフ島の国際空港やワイキキなどから出ているバス、タクシー、またはレンタカーなどが使えます。訪れるなら、まずは真珠湾の玄関口であるビジターセンター(観光案内所)を目指します。


ビジターセンター入場+シャトルバス移動

ゲートからビジターセンター内に入場すると、希望するチケットを求めます。これは後に紹介する通り、真珠湾内にあるミズーリ記念館を含む4つの博物館をめぐるプランがあります。購入後はビジターセンターから出ている専用のシャトルバスに乗って、フォード島の戦艦ミズーリまで移動をします。

アクセスルート

【路線バス】空港前、アラモアナセンターなど→ビジターセンター駐車場→シャトルバス
【タクシー】市内各地→ビジターセンター駐車場→シャトルバス
【レンタカー】空港周辺、ワイキキ各地でレンタル→ビジターセンター駐車場→シャトルバス
【シャトルバス】ビジターセンター→シャトルバス専用道路(フォード島橋)→ミズーリ記念館

基本情報

【中継地(真珠湾国立公園・観光案内所・ビジターセンター)】1 Arizona Memorial Pl, Honolulu, HI 96818 アメリカ合衆国
【目的地(ミズーリ記念館)】63 Cowpens St, Honolulu, HI 96818 アメリカ合衆国
【シャトルバス営業時間】8:00~16:00

ミズーリ記念館の見どころ①戦艦外装

戦艦ミズーリの全容

圧倒的スケールを誇っているミズーリは、全長270m、全幅33mもあるアイオワ級戦艦です。第二次大戦中の乗員は実に2,534名を数える程で、最大時速は60kmを超えていました。現在は自力航行は不可能ですが、朝鮮戦争や湾岸戦争などを生き抜いた艦体は、外観からも当時の姿を色濃く維持しています。

巨大な戦艦外観の特徴

中央で天に向かってそびえているのは、ミズーリの司令塔。操舵室や射撃管制を中心とするエリアで、戦時の情報収集のための、巨大なアンテナ群もよく目立っています。ミズーリの前後を飾っている巨大な白い大砲が、訪れる見学者の度肝を抜くと共に、インスタ映えする象徴的な場所です。

ミズーリ記念館の見どころ①戦艦の兵器

巨大な大砲

甲板上に幾つも並ぶ16インチ砲は、第二次大戦の頃を物語るミズーリの攻撃力の象徴です。1945年の沖縄沖での砲撃を始め、日本の軍事施設や製鉄所にも砲撃を行いました。その当時は70口径20mm対空砲49門など、計158もの砲を装備していました。そんな経緯を知ると、観る目も違ってくるようです。

甲板のブローニングM2重機関銃

いま甲板の見学をすれば誰もが握ってしまうのが、機関銃の存在です。これはブローニングM2重機関銃という種類で、1921年からアメリカ軍に採用され続けて現在に至ります。ミズーリのブローニングM2は、勿論実弾が入っていません。ここも見学時の記念撮影では人気のスポットです。

ミズーリ記念館の見どころ①戦艦内部

司令塔

いまミズーリで見学可能な内部空間のうち、メインとなる見学の拠点が司令塔です。内部は1990年代まで使われた最新鋭の通信装置、操縦の施設などに溢れています。戦争の第一線から離れて年月が過ぎた今でも、電源が入って現役で使える様子があり、物々しい空気をまとっています。

ブロードウェイ(一般非公開)

9割の空間は見学不可能という謎のミズーリ記念館ですが、探検家ツアーに参加することにより未知の場所に潜入ができます。その中でも迫力の通路がブロードウェイと呼ばれています。幾つもの遮蔽ドアと配管・配線が並ぶ通路が果てしなく伸びて、特殊な戦艦での過去の暮らしぶりも垣間見れるところです。

ミズーリ記念館の見どころ①歴史展示

戦艦ミズーリの建設の歴史

この世にミズーリが完成した瞬間は、この戦艦自体が記憶していました。艦内の展示スペースには、起工が始まった1941年から竣工まで、4年間の興味深い建設写真が展示されています。完成したばかりの当時と現在見られる引退した1992年当時の構造を見比べて、違いを発見することもできます。

戦艦ミズーリの様々な展示

現地の展示品は、乗組員が利用していたモノのコレクションにも及んでいます。兵士が使った道具の数々が、過去の出来事を物語るようです。写真展示を見れば勇猛に火を吹く姿から、新入り兵士が甲板掃除をさせられる微笑ましい様子まで、ミズーリが歩んできた歴史の真実を残しています。

神風特攻隊の歴史

敵艦へまっしぐらに突っ込んだゼロ戦は、戦時のアメリカにとっては狂気と恐怖そのものでした。しかし今アメリカでの神風特攻隊に対する評価が変わったためか、ミズーリの艦内でも展示がされています。かつてミズーリにも神風が突っ込んだ歴史もあるだけに、その内容も充実しています。

ミズーリ記念館の見どころ①食事と買い物

スライダーズグリル

出典: https://ussmissouri.org/jp/plan-your-visit/food-service

真横にミズーリを眺められる埠頭の上に、スライダーズグリルなるグルメのトラックが置かれています。ここはハワイ名物ロコモコを始めとして、お馴染みのカレーや軽食なども注文できるお店。戦艦の見どころを楽しむ観光途中には、ロコモコで腹ごしらえなどはどうですか。

スライダーズグリルの店舗情報

【所在地】ミズーリ記念館隣接の埠頭
【営業時間】9:30~15:00

ワイモミ・シェイブアイス

出典: https://ussmissouri.org/jp/plan-your-visit/food-service

すっかりとハワイ名物のスイーツと化しているシェイブアイスは、ミズーリ記念館の真横でも販売しています。カラフルなかき氷は夏の気候が続くハワイでは、年中食べてもおかしくありません。ワイモミではこの他ホットドッグやピザもあるので、休憩にもってこいなお店になります。

ワイモミ・シェイブアイスの店舗情報

【所在地】ミズーリ記念館隣接の埠頭
【営業時間】9:30~15:00

ドール・パイナップルソフトクリーム

出典: https://ussmissouri.org/jp/plan-your-visit/food-service

さらに食べてみたい夏を実感させるスイーツと言えば、ドールのパイナップルソフトクリーム。ここはジュースで知られるDoleが手掛ける屋台で、ミズーリのお隣に出店しています。他にバニラの種類もあるアイスで、一休みをしてから戦艦に挑むのも良さそうです。

ドール・パイナップルソフトクリーム

【所在地】ミズーリ記念館隣接の埠頭
【営業時間】9:30~15:00

バトルショップ

出典: https://ussmissouri.org/images/battleshop.jpg

せっかくミズーリにきた証拠を持って帰るなら、立ち寄りたい見どころがバトルショップ。ここはミズーリのそばにあるギフトショップで、もちろん雑貨や文具などミリタリーなオリジナルのグッズばかり扱っています。更に炭酸系の飲み物が欲しい場合にも、寄っておきたいお店です。

バトルショップの店舗情報

【所在地】ミズーリ記念館のそば
【営業時間】8:00~16:00

ミズーリ記念館のツアー

予約なしの日本語ツアー

目の前のミズーリの見どころにぐっと迫るならば、日本語ガイドツアーは外せないところです。これは現地で戦艦ミズーリを知り尽くしたスタッフが、各地をめぐりながら神風特攻隊などの話も交え名所を案内してくれる、35分の内容です。戦艦上のカウンターで申し込む形となり、予約は不要です。

予約ありの探検家ツアー

通常では目撃できない特別な内部のエリアにまで潜入できるのが、ミズーリ記念館の探検家ツアー。湾岸戦争まで実際に使っていた機関室や第一砲内などを経て、最大の見どころがブロードウェイの先の16インチ砲射撃管制室やアナログコンピュータなどの施設。見学は48時間前までの予約が必須となります。

パールハーバーの観光プラン

ミズーリ記念館ツアーの他の観光

ハナからミズーリ記念館だけを目的にしていても、ビジターセンターで気が変わるかもしれません。というのもここではミズーリだけでなく、他の博物館の見学も可能だからです。早朝からビジターセンターに出かけると、4つの博物館を全て見て回ることもできます。

アリゾナ記念館のボートツアー

水上の遊覧もできて魅力的なのが、真珠湾のアリゾナ記念館までのボートツアーです。ボートに乗って向かうのは、博物館となっている真っ白な湾曲した建物。アリゾナ記念館の中ではパールハーバーの歴史についての映像を目にすることもでき、ボートも含め入館は無料なのが嬉しいところです。

ボーフィン潜水艦博物館ツアー

岸辺のビジターセンターの北側に浮かんでいるのが、ボーフィン潜水艦博物館。チケット売り場から歩いてすぐに訪れることができます。戦艦ミズーリ同様に大戦中に使われた潜水艦で、戦前に大日本帝国の輸送船を根こそぎ沈没させたことで知られます。そんなボーフィンについて知るならここです。

真珠湾航空博物館ツアー

対岸のフォード島へバスで渡って行ける人気スポット、それが真珠湾航空博物館です。ここには格納庫の中に、第二次大戦以前からの歴史的に価値ある飛行機が幾つも並びます。その中には大戦中のゼロ戦の姿もあり、航空機ファンにとっては訪れること必至な観光名所です。

ツアーの基本情報

【チケット購入場所】ビジターセンター
【所在地】真珠湾東岸(アリゾナ記念館・ボーフィン潜水艦博物館)、フォード島(ミズーリ記念館・航空博物館)

PEARL HARBOR HISTORIC SITES

ミズーリ記念館に行こう

さまざまな真珠湾のプランで

威圧的な大砲やそびえる司令塔などの外装、レトロでメカニックな内部構造、そして美味しい食べ物。真珠湾の戦艦ミズーリには、日本の観光地にはない面白さが詰まっていました。ハワイにお出かけしたならば、かつての日米の戦争に思いを馳せ、歴史と迫力を楽しむ休日も良さそうですね。

ハワイが気になる方はこちらもチェック!

当サイトでは観光したいミズーリの他にも、ハワイの名所情報を掲載しています。連休はハワイを満喫するならチェックしてみてください。