【2019】ジグサビキおすすめ8選!坊主逃れの必殺アイテムをまとめてチェック!のイメージ

【2019】ジグサビキおすすめ8選!坊主逃れの必殺アイテムをまとめてチェック!

ジグサビキのおすすめまとめ!青物向けからアジ、カマス狙いまで、2019年のおすすめ仕掛けをまとめてご紹介します。初心者の方はもちろん、釣りに慣れている方にもおすすめ!ジグサビキをゲットして、マイクロベイトパターンを攻略しましょう!

2019年10月31日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ジグサビキのおすすめをまとめてご紹介!
  2. ジグサビキとは
  3. ジグサビキのおすすめ8選!
  4. 1.メジャークラフトメジャークラフト「ジグパラ ショアジギさびき」
  5. 2.メジャークラフト「ジグパラマイクロ ショアジギさびき ジグ入りセット」
  6. 3.ハヤブサ「堤防ジギングサビキセット」
  7. 4.ハヤブサ「カマス専科 キャスティングサビキ」
  8. 5.オーナー「遠投ジグサビキ」
  9. 6.オーナー「ナブラジグサビキ」
  10. 7.ささめ針「特選SLショアジギングサビキ」
  11. 8.ささめ針「ウルトラライトジグサビキ」
  12. ジグサビキで釣果アップ!

ジグサビキのおすすめをまとめてご紹介!

ジグサビキを試してみよう!

堤防の青物狙いからサーフのヒラメ釣りまで、幅広い釣りで活躍するお助け仕掛け「ジグサビキ」のおすすめをまとめてご紹介!ベイトが小さすぎて表現が難しいシチュエーションで、釣果をサポートしてくれる便利な仕掛けをご紹介します。ライトショアジギングのお供におすすめ!日中も釣りをする方、お土産確保用に用意しておきたい方は、是非チェックしてみてください!

ジグサビキとは

ジグサビキを3つに分けてご紹介!

アジ

出典: https://www.flickr.com

ジグサビキの概要を3つに分けてご紹介!どんな仕掛けなのか、どんなシチュエーションで有効なのかを紹介しています。仕掛けの構成自体は非常にシンプルで、サビキ釣りをしたことが無くても簡単に準備が可能。リーダーを少し切って結ぶだけなので、交換の手間もほとんど気になりません。ライトショアジギングのお供に、アジやサバ狙いの釣りにおすすめです!

①メタルジグにサビキをつける坊主逃れ仕掛け!

ジグサビキは、メタルジグの前方にサビキをつけて使う仕掛けです。サビキのサイズによって小型魚から大型魚までを狙える仕掛けで、メタルジグのサイズに食ってこない魚までフォローできるサイズ感が魅力。青物狙いのお土産確保に、アジやサバが狙える仕掛けとして人気があります。ルアー釣り向けのものは仕掛けの全長が短く、サビキの飾りが小魚系!堤防から、サーフから、どちらの釣りでも有効なので、外した時の保険に、ジグサビキを持って釣りに出かけましょう!

②小型魚狙いで遊ぼう!

ジグサビキにつけるサビキは、小型のものを選んでOK。アジ、サバ、カマスにコノシロと、さまざまな魚がヒットします。メタルジグの輝きに興味は持つものの、ジグのボディやハリのサイズで掛からない魚にはジグサビキ!リーダーとなるハリスや幹糸、針のサイズを確認しながら、小型魚向けのものを選んでみましょう!タックルはライトショアジギング向けのもの、シーバスロッドやエギングロッドで遊べます!

③マイクロベイト攻略でも活躍!

ジグサビキには大物を狙える製品も数多く用意されています。こちらはシラスつきなど、メタルジグよりも小さなベイトを捕食しているターゲットに有効。カマス、青物をターゲットにした製品が多いです。リーダーの役目を果たす幹糸、ハリスは太め!ナブラにルアーを入れても反応しない、というシチュエーションも、ジグサビキで攻略しましょう!

ジグサビキのおすすめ8選!

人気のジグサビキをゲットしよう!

人気のジグサビキを8選でご紹介!仕掛けのみの製品にルアー付きの製品、特長やインプレも紹介しています。エサ釣り用のものをカットして使う方法もありますが、専用製品はショートで飾りがハイクオリティ!回遊が無く空いてしまったいた時間を楽しむために、1つ用意してタックルバッグに入れておくのがおすすめです!

1.メジャークラフトメジャークラフト「ジグパラ ショアジギさびき」

おすすめしやすいメジャクラ製品!

ソルトルアージャンルで大人気、メジャークラフトのジグサビキです。ルアーよりもエサ釣りで人気のメーカーが活発に展開を行っているジャンルなので、知っているメーカーのものから始めてみたい方にはこのアイテムがおすすめ。メジャークラフトらしく手ごろ感のある価格設定で、気軽に試せる点もおすすめしやすいポイントです。ロッドやジグで親しみのある方は、是非チェックしてみてください!

「ショアジギさびき」のインプレをチェック!

メジャークラフト ジグパラ ショアジギサビキ L
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

インプレは製品と使用感についてです。S・M・Lの3サイズ展開で、全長は50cmとかなりショート。リーダー1.5mと考えるのであれば1m+50cmとして運用するのがおすすめです。PEを直接結ぶ場合は結び方に気を使う必要がありますが、そのまま仕掛けに結んでしまってもOK!コメントされているアジ、イワシ、カマスと幅広いターゲットが狙える仕掛けです!

青物狙い!でもアジやイワシやカマスも食べたいって時に
製品自体は短めなので、1mくらいのリーダーの下に付けると丁度いいです。

2.メジャークラフト「ジグパラマイクロ ショアジギさびき ジグ入りセット」

ルアー付きならコレがおすすめ!

先ほどご紹介した「ジグパラサビキ」のマイクロバージョン、メタルジグ入りのモデルです。マイクロはノーマルよりも糸が細くハリも小さめ、小型のメタルジグを使う場合はこのモデルをチェックしてみましょう。ついてくるメタルジグはド定番のジグパラ!ルアー単体での魅力も非常に大きく、コストパフォーマンスは抜群のアイテムです!

「マイクロショアジギさびき ジグ入りセット」の動画をチェック!

「ジグパラマイクロ ショアジギさびき」を使った実釣動画です。メジャークラフト動画でおなじみヒロセマンの解説付きで、使い方や釣れる魚が紹介されています。アクションは軽くゆする程度で十分で、メタルジグ単体使用時のようなジャークやトゥイッチは必要ナシ。根掛かりが気になる場合は、ジグのトレブルフックをとってしまってもOKです。メタルジグで全く反応が無くても、サビキ側を食ってくる魚は意外に豊富!手軽に遊べる釣りをお探しの方におすすめです!

3.ハヤブサ「堤防ジギングサビキセット」

定番のセット製品!

サビキ仕掛けが強いハヤブサの製品です。ショートな仕掛けとオリジナルのメタルジグがセットになったアイテムで、メタルジグは扱いやすさ重視のリアウェイト設計。テール側からストンと落ちやすく、弱点であるライントラブルを低減してくれます。セットのジグは10g、20g、30gの3種類!2本針、3本針と2タイプずつ用意されています!

「堤防ジギングサビキセット」のインプレをチェック!

ハヤブサ(Hayabusa) 堤防ジギングサビキセット 2本鈎 10g
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

インプレは製品について。Youtube等、各メディアで取り上げられる機会が多くなってきたジグサビキ。気になっていたけどいつ投げればいいか分からない、切っ掛けが無かった、という方も多いと思います。ワンパッケージ完結のセット製品、軽めのところを選べば、ライトショアジギングの道具が無くてもOK!ジグの重さが合うロッドで、気軽に遊んでみてください!

Youtubeを見て、ジギングサビキは面白そうだと思い、メタルジグまでついているこの製品を購入しました。釣行がちょっと季節的に早かったため、本格的なシーズンまでお預けですが、とても手軽なセットだと思います。

4.ハヤブサ「カマス専科 キャスティングサビキ」

カマス特化ならコレがおすすめ!

カマス狙いに効果抜群!サビキ釣りで見かけるビニール系の飾りではなく、ボリュームのあるフェザー系の飾りを使った仕掛けです。歯の鋭いカマス対策として、軸の長い流線胴打を採用。針自体の輝きでもカマスを誘えます。オモリをつけて投げる方法もありますが、ジグをつけるとアピール力がアップ!カマスが多い、と分かっている場合は、この仕掛けでチャレンジしてみましょう!

「カマス専科 キャスティングサビキ」のインプレをチェック!

ハヤブサ カマス専科 キャスティングサビキ 3本鈎2セット
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ジグサビキとして使用している方のインプレです。カマス以外の魚種が食ってくるケースはスタンダードな仕掛けよりも少なめですが、カマスに対しては超効果的!リーダーとなる幹糸は7号まで用意されているので、40gクラスのジグを使って遠投で大物多点掛けを狙う、といった釣り方にも対応できます。ヒラメもこのタイプのサビキを好む傾向があるので、サーフでカマス、ヒラメ狙いとする方は要チェックです!

ジグサビキとして使用しています。
カマス専科というだけあって、ひたすらにカマスが釣れ続けます。
これを投入していて釣れなければ、そこにカマスはいないのでしょう。

5.オーナー「遠投ジグサビキ」

大物狙いにおすすめの遠投ジグサビキ!

ルアーフックも人気のメーカー、オーナーのジグサビキもチェック!こちらは大アジ青物向け、太糸に海峡アジ・イサキ針を組み合わせた仕掛けになっています。サビキはマイクロベイトを強く意識したショートなフラッシャー+スキンの構成で、ルアーゲームのお供にピッタリ。レッド、グリーン、ブルーと3つのカラーを1キャストで試せるアソートコンビネーションです!

「遠投ジグサビキ」のインプレをチェック!

オーナー針 S-3649 遠投ジグサビキ 13-6
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

インプレは製品についてです。針メーカーの製品とうことで、フックの強さに対する評価は抜群。真水で洗ってしっかり水気を切れば、仕掛け自体も何度か使えそうです。手軽に試せて効果もバッチリ!エサ釣りでアジ、サバが釣れているタイミングに少しだけ試す、反応が無い時にマイクロベイトパターンを探ってみる、どちらの使い方でも活躍してくれます!

メタルジグと合わせて、ジグサビキをつけておくことで、回遊魚が来た時に、アジなども釣ることができます。
五目釣りのように、一石二鳥な感じです。

針も強く、なんと使っても錆びず、ハリスも太いので、耐久性があります。

6.オーナー「ナブラジグサビキ」

シラスナブラにおすすめの専用仕掛け!

メタルジグのシルエットでは表現が難しい、シラスナブラの攻略を強く意識した仕掛けです。先ほどご紹介した「遠投ジグサビキ」よりも大きめのホロシートスキン+ショートなフラッシャーの組み合わせで、シラスの弱さを表現。ベイトをより明確に絞って狙い打ちたい方におすすめの仕掛けとなっています。堤防、サーフともシラスが入るとベイトっ気、大型魚ともに気配が高まる反面、ジグオンリーでは意外に釣果は伴わないケースがあります。青物だけでなく大アジ、ヒラメといった魚もシラスにつくことがあるので、上手くいかない時はジグサビキを試してみてください!

「ナブラジグサビキ」のインプレをチェック!

オーナー針 ナブラジグサビキ S(6号)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

サーフのヒラメ狙い用に購入した方のインプレです。堤防、サーフともヒラメ狙いで実績を持つジグサビキ。オーナーには「遠投ヒラメサビキ」という専用の製品も用意されており、さまざまなモデルから好みのものを選択ることができるようになっています。ロッド、仕掛けはそのまま青物も狙うなら中間的な「ナブラジグサビキ」!全長は1mと少し長めなので、エギングロッド等ロッドが短い場合はリーダーの長さを調整してみてください!

サーフのヒラメ狙いに、ついでにイナダでもと欲張り仕掛けにしてみました。

7.ささめ針「特選SLショアジギングサビキ」

手軽に遊べるショアライトシリーズ!

手軽さとアイデアの詰まった製品作りが魅力、ささめ針のジグサビキ仕掛けです。タイトルにあるSLはショアライトの略で、全長が55cmとショートな仕上げ。S・M・Lと3モデルの展開があり、Sはチヌ胴打2号に幹糸3号と非常に遊びやすい構成になっています。エギングロッドやシーバスロッドで遊べる製品をお探しの方におすすめです!

「特選SLショアジギングサビキ」のインプレをチェック!

ささめ針 TKS45 特選SLショアジギングサビキ2本鈎 L
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

インプレは実釣性能についてです。サバがよく釣れる、とコメントされており、大サバ狙いでもバッチリ活躍。扱いやすい構成はもちろん、フックやサビキのアピール力も高い完成度を伺わせます。ハリス6号までラインナップがあるので、ターゲットサイズと相談しながら選んでみてください!

良く釣れます
鯖釣りに使いましたがサビキ及びジグに40cmオーバーが良くかかりました。

8.ささめ針「ウルトラライトジグサビキ」

ライトな釣りにはコレがおすすめ!

ターゲットはデイゲームのアジ、メバル!ハリス3lbからラインナップがある、ライトゲーム向けのジグサビキです。こちらもS・M・Lの3モデル展開で、ジグウェイトの目安はSが3gから14g、Lでも20gから40gと非常にライトなセッティング。リーダーとなる幹糸は8lbからと、PE0.6号クラスで扱いやすい仕掛けになっています。遠投系のライトゲームロッドでOK!日中の堤防釣りで遊んでみてください!

「ウルトラライトジグサビキ」の動画をチェック!

ウルトラジグサビキの実釣動画です。釣れる魚のサイズ感、操作のイメージがチェックできます。動画内ではイワシが掛かっており、豆アジサイズでも対応できるライトな釣りが楽しめそうです。泳がせのエサ確保等にも使えそうなアイテムなので、複数の釣りを遊ぶ方も是非チェックしてみてください!

ジグサビキで釣果アップ!

堤防、サーフでジグサビキ!

堤防からサーフまで、幅広いエリアで楽しめるジグサビキ。青物、ヒラメ、アジサバとメタルジグが効くフィールドのターゲット全般に効果が高く、出番も多い仕掛けです。仕掛けのためのジグフック、リーダーは用意しなくてもOK!ジグサビキをゲットして、釣果アップを目指しましょう!

青物が気になる方はこちらもチェック!

青物向け製品が気になる方は、下記のリンクをチェック!堤防バーサタイルからサーフの遠投モデルまで揃うシマノ新作の入門ロッド「エンカウンター」、2019のライトショアギング向けリールまとめをご紹介します。どちらのアイテムも今回ご紹介したジグサビキと相性抜群!タックルの新調をお考えの方は、是非こちらも合わせてチェックしてみてください!

Thumbシマノ「エンカウンター」!シーバスから青物までを担当する新作入門ロッドが登場! | 暮らし~の[クラシーノ]
エンカウンターは、シマノの2019年新作ロッドシリーズです。シーバスを中心にヒラメ、青物も遊...
Thumb【2019】ライトショアジギングおすすめリール8選!新作リールで青物をゲット! | 暮らし~の[クラシーノ]
ライトショアジギング向けのおすすめリール8選です。2019年の新作を中心に、入門機からハイエ...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ