BESSのワンダーデバイスの間取りや価格は?後悔しないプラン選び含めて解説!のイメージ

BESSのワンダーデバイスの間取りや価格は?後悔しないプラン選び含めて解説!

BESSと言う住宅メーカーを知っていますか?木材を多く使い、遊び心のあるデザインが話題です。その中でも人気のワンダーデバイスの魅力について紹介して行きます。間取りや価格などを紹介するので、自分らしいワンダーデバイスのプランを考えてみてはいかがでしょうか?

2019年09月11日更新

bambi
bambi
2人の小学生を持つ主婦ライターです。趣味はアウトドアとインテリア。主婦ならではの体験や視点からさまざまな情報を発信して行きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. BESSの家とは
  2. BESSの家でアウトドアのある暮らし
  3. BESSの家ワンダーデバイスってどんな家?
  4. ワンダーデバイスの魅力
  5. ワンダーデバイスの間取り
  6. ワンダーデバイスの選べる外観
  7. ワンダーデバイスのオプションを紹介
  8. ワンダーデバイスのオプション1:土間
  9. ワンダーデバイスのオプション2:薪ストーブ
  10. ワンダーデバイスのオプション3:収納
  11. ワンダーデバイスの価格
  12. ワンダーデバイスの評判
  13. ワンダーデバイスのメンテナンス
  14. ワンダーデバイスでの生活
  15. ワンダーデバイスの後悔しないプラン選び
  16. まとめ

BESSの家とは

BESSの家を知っていますか?BESSとは住宅メーカーで、さまざまなタイプの木の家を提案しています。しかしBESSの家は、普通の木を使った住宅ではなく、吹き抜けやウッドデッキ、薪ストーブなど遊び心のあるアウトドアテイストと住宅を提案しています。日々の生活をする家だからこそ、自然の風を感じながら、感性豊かな生活をしてみてはいかがでしょうか?そんな楽しさいっぱいのBESSの家について紹介して行きます。

BESSの家でアウトドアのある暮らし

BESSの家の魅力は何と言っても自然の木をふんだんに使っていて風を感じられることです。木を使った家は、生活を重ねて行くにつれて、愛着がわき、暮らしている人の生活を豊かにしてくれます。BESSの家にはさまざまなタイプがあり、それぞれの生活する場所やスタイルに合わせて外観を選ぶことが出来るので、BESSの家は特にアウトドア好きの人に人気。ウッドデッキで風を感じながらバーベキューを楽しんだり、薪ストーブを囲んで過ごしたりと自然と共に生きる歓びを提案しているBESSの家の気になる評判や欠点、総額を見て行きましょう。

BESSの家ワンダーデバイスってどんな家?

ワンダーデバイスとは、BESSの家の中にあるシリーズの名前で、遊び心をコンセプトに自然の無垢材をふんだんに使っているのが人気の住宅です。とにかく解放感があるデザインが評判の住宅なので、その魅力は実際に公開している家を見に行くのがおすすめです。全国にBESSの家を公開している展示場などがあるので、足を運んでみましょう。シャープな印象の外観と、木の融合が楽しめるのが魅力で、どんな場所に建てても違和感のないモダンな外観のデザインも魅力です。外観も2種類のファントムマスクとフランクフェイスから選ぶことが出来るので、自分の好みで選べるのも良いですね。

光と風は差し込むリビング

ワンダーデバイスは大きな窓を開くと風や光が差し込み、そこにはウッドデッキが広がり、リビングとウッドデッキが一体になることが出来ます。リビングには光と風が差し込み、自宅の中にいながら自然を感じるアウトドア気分を味わうことも出来ます。何と言ってもワンダーデバイスの魅力は、外との一体感ではないでしょうか。休日は家族で庭でバーベキューをしたり、ゆったりお茶を飲んだりと光を風を感じる生活に憧れている人にはピッタリです。

ワンダーデバイスの魅力

ワンダーデバイスの魅力は、何と言っても解放感があることです。自然と共に暮らすと言う言葉がピッタリのようなスタイルを提案しています。また、アウトドアなど趣味を楽しむ家としてもおすすめです。その魅力は実際に公開している家に足を運んで確認してみて下さい。とにかく自由なスタイルが楽しめる家なのではないでしょうか。またBESSの家の中でもこのワンダーデバイスが手頃なサイズ感と価格から人気があります。

シャープでスタイリッシュな外観

ワンダーデバイスの外観はファントムマスクとフランクフェイスの2種類があり、どちらもシャープでスタイリッシュなので、どんな場所に建てても街と馴染みやすい点もあります。自然の多い田舎暮らしや都会の真ん中などどんな場所でも違和感なく、溶け込むそんな外観も素敵です。ぜひ気になる人は、公開しているファントムマスクとフランクフェイスの外観を比べて見て下さい。

ワンダーデバイスの間取り

家を建てる際に気になるのが間取りだと思います。ワンダーデバイスの間取りは建物のサイズによってももちろん違って来きますが、オプションも多いので、自由に間取りに対応することが出来ます。収納を増やしたり、子ども部屋を作ったりとアレンジが効くので、自分の家族構成などに合った間取りを注文するのが良いでしょう。基本の間取りはありますが、自分好みの家に間取りを考えていくのも楽しいのではないでしょうか?オプションを付けることで総額は変わってくるので、しっかり総額を確認してプランを考えることも必要です。

ワンダーデバイスの選べる外観

ワンダーデバイスにはさまざまなオプションがあるので、オプションを組み合わせることで、より自分らしい家作りが出来ます。その中でも特に大きな特徴となるのが外観ではないでしょうか?ワンダーデバイスでは、ファントムマスクとフランクマスクと言う2種類の外観から選ぶことが出来ます。それぞれの違いを見てみましょう。

ファントムマスク

ファントムマスクは、建物をガルバリウムで囲っているタイプです。ファントムマスクは建物に窓やウッドデッキはついていますが、ベランダがオプションになります。ファントムマスクはよりスッキリとした印象の外観になるのではないでしょうか。ファントムマスクにすることで、よりシックでシャープな印象のワンダーデバイスになります。ファントムマスクにすることで、より都会的なイメージの外観になるのではないでしょうか?

フランクフェイス

フランクフェイスは、3面がガルバリウムで、玄関の一面が板になっています。ベランダが標準でついています。ベランダ部分の木材の手すりがついていて外観のアクセントにもなっています。ファントムマスクと比べて玄関周りに特徴があるタイプです。玄関面に窓やウッドデッキ集まっているので、ガレージ感のあるデザインになっています。ファントムマスクがシャープな印象なのに対してこちらの方がより遊び心のある外観なのではないでしょうか?

ワンダーデバイスのオプションを紹介

ワンダーデバイスも魅力はオプション次第で自分らしい家を建てられると言うことです。他ではなかなかないBESSの家ならではのオプションが多数あるので、紹介して行きます。気になる物は実際に公開している物を見に行ってみるのがおすすめです。

ワンダーデバイスのオプション1:土間

ワンダーデバイスを選ぶ際に、気になるのが土間ではないのでしょうか?土間と言うと昔の家を思い出してしまう人もいるかと思いますが、ワンダーデバイスの土間は一味違います。土間スペースを作ることで、さまざまなことが出来るスペースが出来、自宅でも過ごし方も変わってくるでしょう。そのまま土間をリビングとして使うのも評判です。また、アウトドアグッズなどをそのまま土間に置くもよし、また同じくオプションの薪ストーブを置くスペースとしいて使うのもおすすめです。

ワンダーデバイスのオプション2:薪ストーブ

薪ストーブのある生活に憧れたことはありませんか?ワンダーデバイスではオプションで薪ストーブの設置も出来ます。薪ストーブを設置することで、冬でもストーブ1台で家中が暖かいと評判です。また、ワンダーデバイスのアウトドアな雰囲気の家には薪ストーブが良く似合います。実際に公開しているワンダーデバイスの中にも薪ストーブが設置されているタイプも多くあります。

冬でもポッカポッカ

薪ストーブは何といっても普通の暖房器具と暖かさが違います。一般的な暖房器具は空気を暖めるだけですが、薪ストーブなら家を丸ごと遠赤外線で暖めてくれると評判です。また、薪ストーブは仕様にもよりますが、料理にも使うことも出来ます。焼き芋やピザなどを作って食べれば味も格別です。その一方で薪ストーブをするには薪が必要です。薪は購入すると意外に高いので、自分で薪割りをして使う人も多いです。そんな薪割りのある生活を楽しめるのもワンダーデバイスの魅力ではないのでしょうか?

ワンダーデバイスのオプション3:収納

ワンダーデバイスは収納が少ないと言う欠点があります。しかしその欠点はオプションで収納を追加すると言うことで解決することも出来ます。また、自然の木を多く使ったタイプの家なので、自分でDIYして収納を増やすと言うことも出来ます。ワンダーデバイスは遊び心のある家なので、実際に自分でオリジナリティを出す為に完成後DIYを楽しむ人もいます。その為、廃材などを使って収納を自分で手作りしてみるのも楽しいのではないのでしょうか。収納に関する欠点は自分自身の考え方で買えることが出来るのではないでしょうか。

ワンダーデバイスの価格

家のプランを決める際に気になるのが価格ではないでしょうか?ワンダーデバイスはオプションも多いので、設定によって総額は変わってきますが、2019年9月11日現在の標準価格は1,507,000円から23,700,000円です。BESSの家は積雪や凍結など家を建てる地域の状況によっても価格が変動します。全国を9つの地域に分類しているので、建設前に自分の地域がどこくらいの価格になるのか確認してみましょう。予算に合わせたプランを立てることも大切なので、ワンダーデバイスを検討する際にプランと価格を見比べてみるのがおすすめです。

オプションを合わせた総額を確認しよう

また、オプションプランが多いのもワンダーデバイスの特徴になります。その為標準の価格だけではなく、オプションも合わせた総額をしっかり確認する必要があります。予想以上に総額がかかったと言う口コミもあるので、自分の予算としっかり合わせておきたいところです。それぞれのオプションの評判や欠点などをしっかり見極めて、プランの総額を出してもらいましょう。

ワンダーデバイスの評判

ワンダーデバイスの評判を見てみると、さまざまな意見があります。家を買うと言うことは一生のうち、そう何度もない大きな買い物です。その為、多くの人がさまざまな住宅展示場などに行き、実施の家の公開を見に出かけたりすることでしょう。その為、実際に家のプランを決める際にはさまざまな利点、欠点を知っておく必要があります。

ワンダーデバイスの坪単価

まず評判を見てみると、多いのが坪単価の値段です。ワンダーデバイスの場合、だいたい坪単価が48万から50万と言われています。ワンダーデバイスは普通の家と違ってさまざまなオプションプランなどからなっている為、多少の値段の高さは仕方ない気がします。坪単価を考える際、いかに自分が気に入ったプランかで総額の感じ方も変わってくるのではないでしょうか。その為、ワンダーデバイスを選ぶのであれば、より自分の好みの家かどうかと言うところに重点を置くべきなのかも知れません。

規格住宅である

ワンダーデバイスは規格住宅であるので、土地の形によっては建てられないと言う欠点があります。例えばL字型のワンダーデバイスなどの注文は承っていません。ワンダーデバイスのオプションと言うのはあくまでも基本のプランがあり、内装などをオプションで変更できるだけなのです。その為、建てる土地などによってはワンダーデバイスを建設できないという欠点があります。

ワンダーデバイスのメンテナンス

ワンダーデバイスの評判の中にメンテナンスの手間があります。それは多く木を使用しているワンダーデバイスならではの欠点で、板や手すりなどは防腐剤を塗り替える必要があります。最近のBESSでは10年に1度の塗り替えでいい防腐剤が外壁の木材には使用されているようですが、それを手間と考えるかによって欠点としてのとらえ方が変わって来ます。その為、木材の手すりなどは10年を目安に防腐剤を塗る必要があります。

ワンダーデバイスでの生活

ワンダーデバイスの間取りを上手に活用することで、より生活を楽しい物へと変化させることが出来ます。土間やウッドデッキ、吹き抜けなどワンダーデバイスの特徴を生かした生活を紹介します。

土間をガレージ風に

土間の活用法としてガレージとして使ってみてはいかがでしょうか?例えば、バイクや自転車など趣味の物を並べて使うのもおすすめです。土間はリビングとつながっているので、土間で趣味を楽しみながらリビングの家族と話しが出来ると言うスタイルも可能です。わざわざガレージを建てるのではなく、家と一体感のある土間だから出来る使い方ではないでしょうか?玄関を開ければ風も感じられるので、より解放感のある使い方が出来ると思います。

アイデア次第でお洒落な生活

ワンダーデバイスに住むだけでもお洒落だと言う評判も高いですが、そこに住む人々はより楽しくお洒落に生活を楽しんでいます。例えば、木材をふんだんに使った室内に、カラフルな家具やアイテムを置くのも良いでしょう。趣味のサーフボードを壁に飾る人も多くいます。大きな窓から風を感じられる間取りなので、サーフボードなどアクティブなアイテムを部屋のインテリアとしてと飾るのもおすすめです。

ワンダーデバイスの後悔しないプラン選び

BESSのワンダーデバイスを選ぶ際は、よくプランを確認することが必要です。オプションも多いので、自分の予算と本当に必要なものになっているのか確認することが大切です。ワンダープライスは、通常の家よりも価格が高いとも言われていますが、しっかりと公開されているワンダーデバイスに実際に足を運び、実際に間取りなどを見てみましょう。公開している家を見た上で価格を見てオプションを決めるのが良いでしょう。自分の予算に合った総額になるようにプランを考えることで、無理なくワンダーデバイスを建てられるでしょう。

欠点なども見落とさずに

吹き抜けや窓など風を取り入れた家としても人気ですが、その分部屋の間取りや収納などが足りているのかもしっかり確認しましょう。遊び心のある家であっても、生活がしにくかったら意味がありません。ワンダーデバイスの家が気になっている人はぜひ近くで公開しているものを見に足を運んでみましょう。また実際に公開している家や住んでいる人の評判や実際の欠点などを聞いて参考にするのもおすすめです。

まとめ

自分らしい家づくりが出来るのもこのワンダーデバイスの魅力ではないでしょうか。その一方で家は大きな買い物なので、しっかりと家の総額など予算を決めて考えることも必要です。総額が合わないと実際に建てるのが難しくなってしまいます。アウトドア好きや趣味の家としても人気のスタイルの家なので、自然の木々や風と融合して暮らして行くのを理想としている人は、ぜひ一度ワンダーデバイスを見に行ってみてはいかがでしょうか?

BESSの家が気になる人はこちらもチェック!

BESSには、ワンダーデバイス以外にも素敵な家のプランがたくさんあります。そんな話題のBESSの家が気になる人はこちらもチェックしてみましょう。

Thumbアウトドア好きには堪らない「BESSの家」5つの魅力&購入前の疑問集! | 暮らし~の[クラシーノ]
一生に一度のお買い物といえば「家」ですよね。毎日の暮らしをキャンプのように、楽しみたい人には...
ThumbBESS(ベス)の家はアウトドアが楽しめる住宅!人気なログハウスを大公開! | 暮らし~の[クラシーノ]
BESS(ベス)をご存じですか?BESSのコンセプトは「大自然の中にのびのびと暮らせる家」。...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ