インテリアデザイナーになるためには?必要な資格や取得方法を解説!年収って?のイメージ

インテリアデザイナーになるためには?必要な資格や取得方法を解説!年収って?

インテリアデザイナーをご存知ですか?インテリアデザイナーの仕事は建築の知識を活かして、建物の内装をデザインします。クライアントのニーズに答えるためにヒヤリングから企画、立案までを行う仕事です。副業として始める人も多いですのでぜひチャレンジしてみてください!

2019年09月06日更新

なつ
なつ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. インテリアデザイナーとは
  2. インテリアデザイナーとコーディネーターの違いとは
  3. インテリアデザイナーの仕事内容
  4. インテリアデザイナーになるためには
  5. インテリアデザイナーの年収って?
  6. インテリアデザイナーができることをご紹介!
  7. インテリアデザイナーができること①
  8. インテリアデザイナーができること②
  9. インテリアデザイナーができること③
  10. インテリアデザイナーができること④
  11. まとめ

インテリアデザイナーとは

インテリアデザイナーと聞いて皆さんはどのようなイメージですか?インテリアデザイナーでイメージできるのは、家具や照明、カーテンなどのインテリアを部屋の中にどう配置するか、どの色を使うかなどを想像するでしょう。しかし、インテリアデザイナーはそれだけではなく、内装全てをデザインすることができる仕事です。インテリアデザイナーとは企画や設計などもできますので、それに必要な知識や資格などを詳しくご紹介します。

インテリアデザインが学べる学校

インテリアデザインが学べる学校は日本にはいくつかあります。専門学校が多いですが、大学で建築について学ぶこともインテリアデザイナーの資格を取るための知識を得ることができます。インテリアデザイナーになるためにおすすめの学校は、青山製図専門学校です。こちらの専門学校にはインテリア学部が開設されており、インテリアと建築の両方を学びたいと考えている人や、ショップデザインを学びたいと考えている人におすすめです。

インテリアデザイナーとコーディネーターの違いとは

インテリアデザイナーのご紹介をしていますが、インテリアコーディネーターという似た仕事、資格もあります。この2つの仕事、資格の違いには、求められている仕事内容や必要な知識の違いがあります。インテリアデザイナーは内装の企画や設計などのプロジェクトの最初から関わり、時には建築士とのやりとりも必要になります。また、インテリアコーディネーターはインテリアのコーディネートのみの担当になります。

インテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターとは、アパレル業界で例えると、スタイリストのようなものです。インテリアデザイナーにも資格があるように、インテリアコーディネーターの仕事をしたい人はその資格をとる必要があります。インテリアコーディネーターには、内装の設計や知識は基礎が備わっている必要がありますが、家具や、カーテンなどのインテリアアイテムのコーディネートを行います。

インテリアデザイナーの仕事内容

インテリアデザイナーの仕事内容をご紹介します!インテリアデザイナーの働く場所は様々。ホテルや旅館、店舗や住宅など規模が大きいものから小さなものまで多種多様にあります。照明や音、空間などをデザインするインテリアデザイナーはは、建築の専門知識の他に、家具や空間の知識が必要になります。

美術館のインテリアデザイン

美術館のインテリアデザイナーは、美術館の内装全般をデザインします。美術館は空間もアートであるため、芸術の感性も必要になっていきます。美術館のインテリアデザイナーは来場者の目線でも考えなければいけません。また、照明のトーンや照明の角度もありますので、ぜひ、こだわりをもってインテリアデザイナーになりたい方は、インテリアや建築の知識をもって、資格試験に挑んでみてください!

住宅のインテリアデザイン

住宅のインテリアデザイナーは、クライアントのニーズにいかに正確に答えるかです。クライアントは人によって求めていることも違いますし、暮らしの空間に求めることは違います。住宅の内装とは、人によってこだわりが違いますので、プロのインテリアデザイナーになるためには専門知識の他に、ヒヤリングや課題解決能力も必要になってきます。

インテリアデザイナーになるためには

インテリアデザイナーになるためには必要な知識があります。その知識について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。また、インテリアコーディネーターになる人にも必要な知識は似ていますので、合わせてご覧ください。インテリアデザイナーとコーディネーター、さらにはカラーコーディネーターの資格もありますので、合わせて取得することもおすすめします!

インテリアデザイナーになるために必要な知識

インテリアデザイナーになるためには必要な知識は、建築系の大学、短大、専門学校で得られるものです。建物の内装をデザインすることが多いので、建築に対する知識は必須です。建物の他にも船舶や航空機などの乗り物の内装をデザインすることもあります。そのため、乗り物のインテリアデザイナーになりたい人はそれらの専門的な知識も必要な内容になります。

インテリアデザイナーの年収って?

インテリアデザイナーの給与についてご紹介します。インテリアデザイナーの給与は一般的に300万〜450万円ほどと言われています。さらに、普通は会社員として勤めてインテリアデザイナーの仕組みを活かしますが、フリーランスとして働く人も増えているようです。フリーランスとしてインテリアデザイナーをするとより給与も高くなるようですので、独立も視野に入れてみてはいかがですか?とはいえ、フリーランスになると社会保険の兼ね合いもありますので、どれくらい給与が欲しいかなどを考えて、選択しましょう。副業で初めてみるのもおすすめです!

インテリアデザイナーができることをご紹介!

ここからはインテリアデザイナーができることについて、写真と事例を合わせてご紹介します!また、インテリアデザイナーとは内装の専門職ですが、関連する仕事としてインテリアコーディネーターもあります。合わせて資格を取ることもできますし、そうすることでクライアントのニーズにより正確に答えることができます。インテリアデザイナーには住宅や、ホテル、カフェの内装をデザインすることができます。その他にも家具の知識をつけることで、同じ建築物でも家具で雰囲気を変化させることができます。

インテリアデザイナーができること①

はじめにご紹介するインテリアデザイナーにできることは、住宅の内装です。住宅の内装はその家で暮らす人がお客さんになります。つまり、ほとんどが住宅や建築については素人の人です。また、インテリアデザイナーになるためにはまずこの住宅の内装や内容をデザインできるようになることが重要です。写真でご紹介しているデザインは洋装の部屋ですが、和装の内装のデザインの仕事もあります。

住宅の内装

住宅はその人がリラックスして過ごせる空間にすることが重要です。そのため、インテリアデザイナーにはクライアントのニーズに的確に答える必要があります。シックなデザインにしたいのか、カラフルで明るい内装にしたいのか、など人によって要望の内容は異なりますので、初めのヒヤリングは重要です。

インテリアデザイナーができること②

次にご紹介するインテリアデザイナーができることは、カフェの内装のインテリアデザインです。このインテリアデザインは、近年カフェも増えていますし、需要もあり、さらに他との差別化もかなり難しくなっている分野です。しかし、消費者にニーズがあるため、すぐにカフェのニーズがなくなることはないでしょう。しかし、内装で他の店舗との差別化が難しいので、クライアントのニーズに的確に答えることがより重要になります。

カフェの内装

カフェの内装は、そこで提供する料理や飲み物によってもデザインが変わってきます。また、照明やカラーについても内容がカフェのコンセプトや提供する料理によって違いますので、やりがいのある仕事でしょう。フリーで働くとインテリアデザイナーの給与は高くなるとも言われていますので、ぜひ挑戦してみてください!

インテリアデザイナーができること③

次にご紹介するインテリアデザイナーにできることは、天井の高い建築物の内装です。人が住むことを目的としないような建築物や、住宅でも天井の高い建築物のインテリアデザインをすることができます。天井が高いことで、視界に入る情報量が多くなり、その分、デザインも一般的な住宅とは違う視点が必要になります。カラーバランスや家具の大きさにも関係してきますので、やりがいのある案件でしょう。

天井の高い建築の内装

写真のように、ホテルのワンフロアをデザインするときは緑を多くしたいり、ヤシの木を1本そのまま入れてしまうなどの斬新なアイデアも必要になります。広々とデザインを楽しみたい方や、ホテルのような色々な視点を持った人が訪れる空間をデザインしてみたい方にはおすすめです。また、家具についても、住宅とは異なる大きさの家具を選ばなければいけません。色々な建築物のデザインを手がけることが一番勉強にもなりますし、スキルアップにも繋がります。

インテリアデザイナーができること④

次にご紹介するインテリアデザイナーにできることは家具を使って、雰囲気をデザインすることです。インテリアデザイナーになるためには必要な知識が建築の知識の他に家具についても勉強しなければなりません。同じ椅子でもどの形でどのカラーにするかによって雰囲気はがらりと変わります。また、椅子に限らず、テーブルやカーテンにも様々な種類がありますので、インテリアショップには実際に足を運んで目で見て知識を得ることも大切です。

家具で雰囲気をデザインする

写真にもあるように、椅子にも様々な形があります。使っている素材によって温かさやクールさの雰囲気が作られるなど、家具にはその空間の雰囲気を作る重要なアイテムです。インテリアデザイナーになるためには、頭でこのような家具を使うとどのような雰囲気が作られるかなどの想像力も必要になります。案件をこなすことも給与が増えることにも繋がります。会社で働く方も独立する方も、取り組みたい案件や給与を考慮して働き方を考えて見てください!

まとめ

いかがでしたか?インテリアデザイナーになるためには、建築や家具の専門知識がまずは必要になってきます。それに派生してインテリアコーディネーターやカラーコーディネーターもありますので、合わせて取っておきたい資格にはチャレンジしてみましょう。また、資格をとると、会社で働くか、独立してフリーランスとして働くかなどの働き方の選択肢も増えます。給与だけで見るとフリーランスで仕事をする方が給与は高いと言われています。ぜひ、自分がどのようなクライアントのどのような内容のインテリアデザインをしたいかを考えて選択してみてください!

他の資格が気になる方はこちらもチェック!

他の資格が気になる方はこちらの記事も合わせてチェックしてみてください!ニッチな資格は世の中にはたくさんありますので、それを仕事に繋げることもできます。キャンプインストラクターはキャンプで必要な技術を身に付けることができますよ。また、スキューバダイビングの資格はインストラクターになればそれを仕事に繋げられますよ。

Thumbキャンプインストラクターとは?資格&検定内容やどんな仕事ができるのか解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
趣味でキャンプをしている方は多い思いますが、キャンプインストラクターという資格があるのは知っ...
Thumb【2019】スキューバダイビングの資格とは?その種類や取得方法まで解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
体験スキューバダイビングだけでは物足りないと感じたら、スキューバダイビングの資格(Cカード)...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ