秋の花7選!園芸初心者も必見な秋に咲く育てやすいおすすめの植物をご紹介!のイメージ

秋の花7選!園芸初心者も必見な秋に咲く育てやすいおすすめの植物をご紹介!

秋の花といえば皆さんは何を思い浮かべますか?秋の花には様々な色や香りの種類の花があります。ガーデニング初心者にも育てやすい秋の花の特徴やその育て方をご紹介していますので、ぜひ記事を参考にして、花の栽培に挑戦してみてください!

2019年08月11日更新

なつ
なつ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 秋の花とは
  2. 園芸で秋の花を楽しもう!
  3. 園芸初心者におすすめの秋の花をご紹介!
  4. 秋の花①ビオラ
  5. 秋の花②ケイトウ
  6. 秋の花③ナデシコ
  7. 秋の花④クレマチス
  8. 秋の花⑤キンモクセイ
  9. 秋の花⑥リンドウ
  10. 秋の花⑦ミニバラ
  11. まとめ

秋の花とは

秋の花といえば皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?なでしこやコスモス、ケイトウなどを想像する方も多いかと思います。日本の秋は気候もよく、過ごしやすい気温ですので、花も同様によく育ち、綺麗な花が咲くことでも有名です。ベランダでプランターを使った育て方ができる花は比較的育てやすいでしょう。

秋の花を楽しめる時期

秋の花とはいえ、花の咲く時期は8月〜9月の夏から花が咲く時期をなります。大体が冬の寒い時期を手前に花の見頃が終わります。花には種類があり、色も様々あります。ガーデニングが好きな方、ガーデニングに挑戦したい方は秋の花や植物から始めるといいでしょう!

園芸で秋の花を楽しもう!

園芸で秋の花を楽しみたい方はまず、どの植物を育てるかや、どの花が好きかを探しましょう。種類や品種が様々ありますので、選ぶことが難しいかもしれませんが、園芸店に行くと、イメージが湧くでしょう。実際に庭やベランダにどんな花があると嬉しいかで探してみても良いかもしれません。また、花は毎年新しい品種が開発されますので、その年のおすすめをチェックするのも楽しいでしょう。

秋の花は香りが良い

秋の花には香りが良いものがたくさんあります。例えばバラやキンモクセイです。近所を歩いていて、キンモクセイの香りがすると秋を感じる人も多いのではないでしょうか?キンモクセイの花が咲くのは9月下旬から10月中旬です。バラの花が咲くのは6月中旬から11月です。秋の花はこのように香りが良い植物や花がたくさんありますので、好きな香りの花を選んでみてください!

園芸初心者におすすめの秋の花をご紹介!

ここからは園芸初心者におすすめの秋の花をご紹介します!秋の花には様々な種類があり、さらに品種もいくつもあります。園芸初心者の方にとってはベランダでプランターを使った育て方がおすすめですので、育てやすい花と一緒にご紹介します。また、秋の花には咲くタイミングが年間で2回ある種類もあります。暑さが和らいだ秋に園芸で秋の花を楽しんでみてはいかがでしょうか?鉢植えでも庭でもガーデニングが楽しめるようなおすすめの育てやすい秋の花をご紹介します!

秋の花①ビオラ

秋の花で初心者にも簡単に育てられるのはビオラではないでしょうか?ビオラは寒さには強く育ちますので、ベランダでプランターを使っての栽培もできます。また、いくつかの色を買って、庭で寄せ植えなどのガーデニングを楽しんでみてもいいかもしれません。10月ごろからガーデニング専門店で株が売られますので、そのころのチェックしてみてください!あまり暑い時期に育てると徒長してしまう危険がありますので、おすすめしません。

育て方

秋の花でプランターや鉢植えで育てやすい花の代表とも言えるビオラの育て方をご紹介します。まず、環境ですが、日当たりがよく、風通しの良い場所で育てましょう。ベランダでも栽培はできます。水は植えた後すぐはたっぷりあげ、その後は鉢植えの場合は乾いたらその都度たっぷり与えます。肥料は植え付けの際にガーデニング用のバランスの良い肥料を元肥として与えますが、その後は1ヶ月に一度バランスよく追肥します。
 

秋の花②ケイトウ

ケイトウは鮮やかな花の色が特徴で、昔から親しまれている秋の花です。ガーデニング初心者でも育てやすいため、形の違う植物を育ててみたい人にはおすすめです。ケイトウは形が鶏のトサカのような形をしているものから、細長い円錐形のような形のケイトウもあります。秋の花ですが、開花期は7月〜11月の間で、原産地がインド、熱帯アジアであることから高温にも体制のある植物です。ガーデニング初心者でも育て方さえわかればベランダで鉢植えも楽しむことができますよ。

育て方

秋の花のケイトウの育て方をご紹介します。環境は日当たりと水はけの良いところを中心に選ぶと、土性はあまり考慮せずとも育てることができます。そのため、プランターや鉢植えでベランダや玄関先で育てることをおすすめします。ケイトウは秋の花ですが、十分な水を必要としますので、土が乾燥してしまう前に水やりをしっかり行いましょう。追肥は必要ありませんが、鉢植えやプランターでの栽培は、土が乾燥しやすいですので、注意してくださいね。

秋の花③ナデシコ

次にご紹介する秋の花はナデシコです。ナデシコが秋の花であることはあまり知られていないのではないでしょうか?ナデシコは基本4月〜8月に開花期を迎えますが、四季咲きの品種もあることから秋の花としてご紹介しました。栽培難易度も低いため、ガーデニング初心者でも育てやすい秋の花です。ナデシコには花の形によって品種がいくつかわかれています。また、小さい花を咲かせるタツタナデシコは秋から冬にかけて観葉植物としても親しまれている秋の植物です。

育て方

秋の花のナデシコの育て方をご紹介します。ナデシコを育てる時の環境ですが、半日以上日当たりがよく、水はけが良い場所を選びましょう。もしベランダが半日以上日当たりが良いのであればベランダでプランターや鉢植えで秋の花のナデシコを楽しむことができます。ナデシコは高温には強い品種ですが、土が乾燥する前に水やりをしましょう。追肥は真夏と真冬以外の成長期に月に一度バランスよく与えましょう。肥料が少ないと秋に花が咲かないこともありますので注意してくださいね。

秋の花④クレマチス

次にご紹介する秋の花はクレマチスです。秋の花のクレマチスの開花時期は長く、4月中旬〜10月までの範囲です。四季咲きの品種など様々ありますので、秋の花としてクレマチスを楽しみたい方はフロリダ系のテッセンという品種を選ぶことをおすすめします。鉢植えやプランターでも育てやすいですので、ガーデニング初心者にもおすすめです。多年草のつる性植物であるクレマチスは庭を飾る花木としてとても映えますよ。

育て方

秋の花のクレマチスの育て方をご紹介します!花は日当たりの良い環境を好み、半日でも日陰で日照が少なくなると花付きが悪くなってしまいます。庭で1日中日が当たっている場所がないのであれば、プランターや鉢植えにして日当たりに応じて場所を移動させることをおすすめします。土が乾いたら水をたっぷりあげるようにしてください。夏場は必要であれば2回あげましょう。肥料は真夏以外の時期に液肥と緩効性肥料を2ヶ月に一度あげるように心がけましょう。

秋の花⑤キンモクセイ

次にご紹介する秋の花は香りが特徴的なキンモクセイです。キンモクセイは9月下旬から10月中旬の秋に花を咲かせます。強い香りが特徴で、千里先まで香るとも言われています。花の色はオレンジ色で、栽培も比較的簡単だと言われています。よく、庭木に使われていることが多いですので、秋になるとオレンジ色の花を見かけることも多いのではないでしょうか?ぜひオレンジ色の花を秋に見かけたら匂いも嗅いでみてくださいね!

育て方

それでは秋の花のキンモクセイの育て方をご紹介します。秋の花のキンモクセイは、比較的日当たりがよく湿度がある場所を好みます。肥料は3月に一度与える程度で、水やりは夏場に乾燥する前にあげましょう。空気の汚れた場所では花つきが悪くなってしまいます。

秋の花⑥リンドウ

次にご紹介する秋の花はリンドウです。リンドウは秋の野山で咲く花として九州、四国、本州で有名です。山地に明るい秋の花で、人気が高く、薬草としても使われている秋の花です。青紫色の綺麗な色の花は5つに裂かれた花びらが特徴で、秋の涼しい雰囲気によく合う花です。秋の花のリンドウは開花期が9月下旬〜10月中旬の涼しい時期です。鉢植えでも、切り花でも園芸店では秋にはよく見かける花ですね。

育て方

ここではリンドウの育て方についてご紹介します。環境は暖かい日差しを好みますが、夏の日差しは強すぎるため寒冷紗などで遮光してあげましょう。水やりは1日1回は行うように心がけ、肥料不足にならないように、秋の彼岸から冬までは月に2回で、春と秋は1回ずつ園芸肥料をあげましょう。鉢植えやプランターでの栽培に適した秋の花です。

秋の花⑦ミニバラ

最後にご紹介する秋の花はミニバラです。花の開花期は2つにわかれていて、5月中旬〜6月上旬と、6月中旬〜11月に花が咲きます。秋の花の中では比較的栽培が難しく、ガーデニングに慣れてきたら挑戦してみることをおすすめします。春から秋まで花が咲き続けるミニバラは、花の色も豊富で香りも華やかです。花の色は白、赤、ピンク、黄、など品種が多くありますので、どの色の花にしたいか検討してみてください!

育て方

秋の花のミニバラの育て方をご紹介します!栽培環境は、なるべく日当たりと風通しの良い場所を選びます。肥沃で水はけも良い場所を「好みますので、秋に花をしっかり咲かせるためには、年間通して土が乾かないように注意しましょう。鉢植えだと乾燥しやすいですので表面が乾いたらたっぷり水を与えます。また、肥料ですが、固形肥料と液体肥料を花が咲いた後と、秋になる前にあげましょう。

まとめ

いかがでしたか?秋の花について特徴とその育て方を詳しくご紹介してきました。秋の花は色も鮮やかで、香りが強いものも多くなっています。また、ガーデニング初心者にも育てやすい花が多いですので、花を育ててみたい人は秋の花から挑戦すると良いでしょう。プランターや鉢植えでも育てられる秋の花が多く、日当たりをこまめに調整できることでも管理がしやすくなっています。この他にも秋の花はありますので、秋の花で寄せ植えを作って、ベランダを花でいっぱいにしてみてはいかがですか?

初心者向けの植物が気になる方はこちらもチェック!

秋の花は初心者にも比較的育てやすい花だとご紹介しましたが、他にも育てやすい花はあります。ガーデニング初心者にも手入れしやすい花の種類や栽培方法など詳しくご紹介している記事も合わせてご覧ください!また、花のアレンジ方法もありますので、可愛い花壇作りにも挑戦してみてくださいね!

Thumbガーデニング初心者におすすめの花・植物11選!簡単なお手入れ方法や知識をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
植物を育てるうえでの基本用語や知識を解説し、ガーデニング初心者が簡単に育てることができる花を...
Thumb初心者でも簡単なガーデニング!かわいい花壇の作り方やアレンジ方法をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
素敵な庭や花壇を作りたい!と思っても何から手をつけてよいのかわからないものです。そこで、ガー...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ