トランギアストームクッカーのラインナップの違いは?使い方もご紹介!のイメージ

トランギアストームクッカーのラインナップの違いは?使い方もご紹介!

トランギアのストームクッカーはいろいろな調理器具がセットになったキャンプに便利な万能調理器セット。そのラインナップは豊富でどれも魅力的。トランギアのストームクッカーの種類選びで迷っている方へサイズや材質・機能といった違いを解説します。

2019年07月29日更新

佐藤3
佐藤3
ガーデニング、DIYを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. はじめに
  2. トランギアストームクッカーについて
  3. 人気トランギアストームクッカーのラインナップ1.
  4. 人気トランギアストームクッカーのラインナップ2.
  5. 人気トランギアストームクッカーのラインナップ3.
  6. 人気トランギアストームクッカーのラインナップ4.
  7. 人気トランギアストームクッカーのラインナップ5.
  8. 人気トランギアストームクッカーのラインナップ6.
  9. 人気トランギアストームクッカーのラインナップ7.
  10. 人気トランギアストームクッカーのラインナップ8.
  11. 合わせて欲しいストームクッカーの別売り商品
  12. トランギアストームクッカーの使い方
  13. まとめ

はじめに

人気のトランギアストームクッカーの魅力を紹介

トランギアの名品といわれるストームクッカー。ご利用の方も多いでしょうがこれから買おうと思っている人、買い替えをお考えの方はそのラインナップの詳しい情報が気になるのではないですか?ひとつ持っているといろいろな料理に使える万能調理器具ストームクッカーの機能やその魅力に迫りつつ、サイズや材質種類による違いなどもご紹介していきましょう。

トランギアストームクッカーについて

トランギアというブランド

ストームクッカーを知る前にまずそれを生み出したトランギアというブランドについて見ていきましょう。トランギアのはじまりは1925年。家庭用のキッチンツールの製造販売からはじまりました。その後休日が増え余暇の使い方としてアウトドアに関心が持たれ始めたことからアウトドアツールの開発へシフトチェンジ。

トランギアのこだわりのアルミ製調理器具

軽くて熱伝導の良いアルミを採用しコンパクトに収納できるストームクッカーの前身ともいえるものが作られ始めたのが1951年のこと。現在でもアルミ素材にこだわり良質なキャンプギアを作り続ける有名アウトドアブランドの位置を継続しつづけています。

トランギアストームクッカーの基本的な特徴

この商品を買った・または買おうとしたことがあるという人はセットになっている鍋やフライパンの数の多さに驚かれたでしょう。収納するとたった22センチ✕10センチくらいのコンパクトなボディの中に3つのキッチンツールとバーナー、風防が収められています。できるだけ荷物を少なくしたいアウトドアクッキングツール類を究極に詰め込んだ形となっています。

トランギアストームクッカーの魅力

コンパクトさばかりが目立ってしまいますが、ストームクッカーはオイルバーナーを使用しているところも魅力となっています。アウトドアという風がおこりやすい場所にあって焚き火や火力が安定しているカセットガスのコンロが注目されがちですが、オイルバーナーは風をしっかり操れば焚き火やガスに負けない火力をほこり、お湯をわかすのに2分しかかかりません。

トランギアストームクッカーの風防で手早く料理する

ストームクッカーには大きな風防がついていますので、この風を操ることには長けています。高火力で手早く料理をするには、圧倒的にトランギアが採用しているオイルバーナーは優秀な熱源です。

人気トランギアストームクッカーのラインナップ1.

トランギアストームクッカーL・デュオーサルの機能

トランギアのストームクッカーの中でもアルミとステンレスを使った銀ボディがかっこよく、トランギアらしいセット内容となっているのがこのデュオーサル。外側は熱伝導の良いアルミ製だからオイルバーナーの強火力をダイレクトに伝え手早く料理ができます。内側は手入れしやすく錆びないステンレスを採用。ハードな使い方が多いキャンプギアの性質をよく考えられた商品です。

ストームクッカー比較用:デュオーサルのサイズ

型番:TR-25-21ULD
フライパンサイズ:22センチ
ソースパンは1.5リットルと1.75リットルの2種類
セット重量は1130g
収納したときのサイズは直径22センチ×高さ10.5センチ
材質はアルミとステンレス

トランギアストームクッカーの付属品

ストームクッカーシリーズの付属品は鍋大と小。フライパン(ソースパン)。オイルバーナーをセットするための風防と適度な風が入る台。バーナー1個・持ち手1つとこれらをまとめるための大きめのゴムバンドとなっています。これはどのセットにも共通するところですので以降割愛させていただきます。

人気トランギアストームクッカーのラインナップ2.

トランギアストームクッカーS・デュオーサルの機能

先程ご紹介したデュオーサルのサイズ違いがこちら。トランギアのストームクッカーにはどれもサイズがLとSが用意されていますがこの大きさの差で料理できる人数でいうと1人前分以上(筆者の個人的な意見)の量の違いがあります。Sといっても一般的な料理の量では2-3人分十分作れる大きさとなっています。こちらも熱伝導が良いアルミボデイを採用しており、機能面ではLと遜色ない作りとなっています。

ストームクッカー比較用:デュオーサルのサイズ

型番:TR-27-21ULD
フライパンサイズ:18センチ
ソースパンは0.97リットルと0.95リットルの2種類(公式では1リットルが2つと表記)
セット重量は880g
収納したときのサイズは直径18センチ×高さ10センチ
材質はアルミとステンレス

トランギア商品の型番の見方

ラインナップ中のサイズ違いが揃ったところでトランギア商品の型番の見方を比較しつつご伝授します。最初のTRはおわかりのとおりトランギアのこと。次の数字でサイズを表しており、25がLサイズ27になるとSサイズになります(アルミ製ストームクッカーは同じ。ブラック仕様は37と35がLとSに対応)。最後のアルファベットでラインナップの中のシリーズを表しています。これは商品名をとったものでデュオーサルではその頭文字のDとなっているので見分けることができるでしょう。

人気トランギアストームクッカーのラインナップ3.

トランギアストームクッカーLウルトラライトの機能

ウルトラライトはデュオーサルと比較して素材が強化されたというところが大きく違いがあらわれている商品。使用されている素材がより強いものを使用しており、ライトという名に反してハードな使用にも耐えるものとなっているのが大きな機能の違いであり魅力です。

ストームクッカー比較用:ウルトラライトのサイズ

型番:TR-25-3UL
フライパンサイズ:22センチ
ソースパンは1.5リットルと1.75リットルの2種類
セット重量は900g(Lデュオーサルと比較してクッカー類は同寸法でありながら230gの軽量化)
収納したときのサイズは直径22センチ×高さ10.5センチ
材質はアルミのみ

人気トランギアストームクッカーのラインナップ4.

トランギアストームクッカーSウルトラライトの機能

ウルトラライトは材質が一種類になっているためセット重量が軽くなっているのが特徴で、そのほかソースパンがノンスティック加工になりカラーがこれだけブラックになっているので別のものと比較しやすくわかりやすいです。機能面ではディオーサルのそれよりもこびりつきや洗いやすさが強化されているといえるでしょう。収納するときはこのソースパンを逆さにして蓋になるのですが銀色のボディの黒の蓋が付くようになっておしゃれなのが魅力。

ストームクッカー比較用:ウルトラライトのサイズ

型番:TR-27-3UL
フライパンサイズ:18センチ
ソースパンは0.97リットルと0.95リットルの2種類(公式では1リットルが2つと表記)
セット重量は740g
収納したときのサイズは直径18センチ×高さ10センチ
材質はアルミのみ

人気トランギアストームクッカーのラインナップ5.

ストームクッカーL・ULハードアノダイズドの機能

ストームクッカーのシリーズの中で一番耐久性が高い加工であるのがこのハードアノダイズドの特徴です。この機能はアルミニウムの酸化皮膜を作ることで摩擦などによる金属の傷つき・劣化を防いでくれるので美しさが長く続く種類といえます。その加工のせいかブラックほどでもなく銀色でもない中間的ないぶし銀的なカラーリングも魅力的。ソースパンの内側はこちらもノンスティック(テフロン)加工がされていてこびりつき防止策済み。

ストームクッカー比較用:ハードアノダイズド

型番:TR-25-3HA
フライパンサイズ:22センチ
ソースパンは1.5リットルと1.75リットルの2種類
セット重量は900g(Lデュオーサルと比較してクッカー類は同寸法でありながら230gの軽量化)
収納したときのサイズは直径22センチ×高さ10.5センチ
材質はアルミ(ハードアノダイズド加工)

人気トランギアストームクッカーのラインナップ6.

ストームクッカーS・ULハードアノダイズドの機能

こちらも同シリーズのLと材質や金属加工についてはまったく同じです。ここまでストームクッカーに対応するケトルについては触れてきませんでしたが、どの種類でもLならば0.9リットル。Sで0.6リットルケトルが一緒に収納して持ち運びすることができます。ケトルなどオプション装備については後述で詳しく機能も紹介します。

ストームクッカー比較用:ハードアノダイズド

型番:TR-27-3HA
フライパンサイズ:18センチ
ソースパンは0.97リットルと0.95リットルの2種類(公式では1リットルが2つと表記)
セット重量は740g
収納したときのサイズは直径18センチ×高さ10センチ
材質はアルミのみ(ハードアノダイズド加工)

人気トランギアストームクッカーのラインナップ7.

ストームクッカーL・ブラックバージョンの機能

ストームクッカーにも銀色のものと黒いものがあり、その違いがわからないという質問を見かけます。黒いものはノンスティック(テフロン)加工されていてこびりつき防止機能がついたもの。他のものとの違いはカラーとこびりつきにくいという2点。

キャンプ場での手入れが楽

キャンプにおいてこの機能はキッチンペーパーなどで拭くことで汚れが落ち、手入れのしやすさにつながります。

ノンスティック加工の劣化は

ノンスティク加工品の経年劣化については火のあたる部分について1年使用すると色あせとその部分の膨らみが起こったという報告がされています。ストームクッカーの機能として出し入れができる五徳が付属していますが、ソースパンはこの五徳が底に当たりますがその部分の傷などは確認できませんでした。詳しくは動画をご参照ください。

ストームクッカー比較用:ブラックバージョン

型番:TR-35-5UL
フライパンサイズ:22センチ
ソースパンは1.5リットルと1.75リットルの2種類
セット重量は1149g(Lデュオーサルと比較してクッカー類は同寸法でありながら19gだけ重くなる)
収納したときのサイズは直径22センチ×高さ10.5センチ
材質はアルミ(オールノンスティック加工)

人気トランギアストームクッカーのラインナップ8.

ストームクッカーS・ブラックバージョンの機能

こちらも他の種類同様大きさが違うバージョンとなっています。すべてのラインナップに共通することですが、サイズがLでもSでも内径が変化するため各クッカーごとの容量は変わりますが収納時にも組み立て時にも高さについてはあまり変化がなく0.5センチ程度でそのためSの方がスリムでかっこよく見えるという特徴があります。

キャンプ調理器具を選ぶにはサイズは重要

ソースパンにおいては4センチも内径が違うので、料理できる材料の量がかなり違ってきますが鍋の方はあまり差がありません。キャンプギアにとって大きさは重要な選択要素。そのあたりも考慮してサイズを選ぶと良いでしょう。

ストームクッカー比較用:ブラックバージョン

型番:TR-37-5UL
フライパンサイズ:18センチ
ソースパンは0.97リットルと0.95リットルの2種類(公式では1リットルが2つと表記)
セット重量は869g
収納したときのサイズは直径18センチ×高さ10センチ
材質はアルミのみ(オールノンスティック加工)

合わせて欲しいストームクッカーの別売り商品

別売り人気1.収納袋

コンパクトに収納できるストームクッカーですが、付属品として付いているのはまとめるための太めのバンドのみ。これだけでは少しキャンプに持ち歩くのには心細く袋が必要と感じるでしょう。別売りで人気なのが巾着型の収納袋。少し余裕をもった作りになっているので、ストームクッカーのみでなくケトルやビリーコッヘルなどと組み合わせた場合でもすべて入れることができます。

別売り人気2.ケトル0.9ℓ

鍋でお湯をわかすのも良いですが蓋がついている方が熱効率がよくより早く湯沸かしができます。沸かしたお湯を保存しておくにも、灰やほこりも入りにくくちょっとコーヒーなどを飲むのに沸かしておくのにも便利です。ストームクッカー内にスッキリ収納できるサイズが決まっているので購入するときは各クッカーをご参照ください。

別売り人気3.パンスタンド

出典: https://www.amazon.co.jp

五徳がついており、風防内部に収納すると小さめな調理器具のストッパーの役目を果たしてくれますが、それよりも小さなギアの場合パンスタンドがあることでバーナーの火が効率よく当たります。風防の内側、バーナーにかぶせるようにセットして使います。

別売り人気4.マルチディスク

マルチディスクは水切り用の穴があいた蓋。鍋にセットしてめん類を茹でたときの湯切りとして使用できるもの。そうめんやパスタなどをよく食べる方にはあったら便利な別売りアイテムです。もちろん、こちらもストームクッカー内にきちんと収納できます。

トランギアストームクッカーの使い方

使い方手順1.風防2種をセットする

キャンプ・アウトドアに便利なストームクッカー。はじめて購入を考えているという人にその魅力的な使い心地をご紹介しましょう。コンパクトに収納してあるので最初は風防2種類を組み立てるところからはじめます。穴のあいている方が風を入れる用で台になります。穴の空いていない風防と底を合わせ回転させるとピタリと動かなくなります。

使い方手順2.オイルバーナーをセット火を付ける

風防の中心に空いている穴に付属のオイルバーナーの蓋を取りセットします。オイルを入れてチャッカマンなどで点火。これで料理の準備は完了です。

使い方手順3.鍋・フライパンを乗せて調理

鍋を使うときはそのまま風防の上に置くことができます。フライパンの場合は風防内部にある五徳パーツをひっくりかえして外に出しその上にセットしてください。片付ける時は十分鍋類の温度が下がってから、セットと逆の手順でしまっていきましょう。

まとめ

アウトドア調理に大活躍のストームクッカー

出典: https://www.amazon.co.jp

鍋2つとフライパン・オイルバーナーに五徳、風防までがすべてセットになっているトランギアストームクッカーの魅力とサイズ・材質などの比較とその使い方をご紹介してきました。サイズについてはLとSで別れており種類が違えど規格は一緒となっているのが特徴的でした。材質や加工によって重さが変わってくるので、気になる方はそのあたりもチェックして何を選ぶのか決めていくとよさそうですね。

キャンプギアが気になる方はこちらもチェック

クッカーの他、コンパクトで使いやすいと評判のキャンプギアについてもたくさんご紹介しています。気になる方はこちらも是非ご覧くださいね。

Thumb超軽量なアウトドアチェアおすすめ13選!コンパクトで持ち運びも便利! | 暮らし~の[クラシーノ]
アウトドアで使われる軽量な折りたたみの椅子をアウトドアチェアといい、大きな背もたれがあったり...
Thumb焚き火台おすすめ11選!アウトドアに最適な軽量&コンパクトな製品を比較紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
最近のキャンプでは焚き火を楽しむことがセットになっていますね。しかしながら焚き火台がないと焚...
Thumbロゴス「ピラミッドグリル・コンパクト」の魅力と使い方!これは便利! | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプで人気のピラミッドグリル・コンパクトを入手しましたか?このロゴス製のグリルは超小型で...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ