【2019】コールマンのガスコンロの違いを解説!手軽な初心者向きもご紹介!のイメージ

【2019】コールマンのガスコンロの違いを解説!手軽な初心者向きもご紹介!

おしゃれで使い勝手がいいアウトドアアイテムで人気のコールマン。そのコールマンのガスコンロはアウトドアやバーベキューなどで、手軽で簡単に使えると人気です。初心者でも使いやすいコールマンのガスコンロや、役立つお料理グッズなどをご紹介します!

2019年07月25日更新

yayoi
yayoi
DIYやハンドメイドなど「作ること」が得意です!わかりやすく、試してみたくなる情報をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. コールマンのガスコンロが人気!
  2. コールマンのコンロの種類①
  3. コールマンのコンロの種類②
  4. コールマンのガスコンロで使うガスの種類
  5. コールマンのガスコンロ:ワンバーナー①
  6. コールマンのガスコンロ:ワンバーナー②
  7. コールマンのガスコンロ:ワンバーナー③
  8. コールマンのガスコンロ:本格グリル
  9. コールマンのガスコンロ:ツーバーナー①
  10. コールマンのガスコンロ:ツーバーナー②
  11. コールマンのガスコンロ:ツーバーナー③
  12. コールマンのガスコンロ:初心者向け
  13. コールマンのガスコンロの設置台
  14. コールマンのガスコンロでできる料理①
  15. コールマンのガスコンロでできる料理②
  16. コールマンのガスコンロでできる料理③
  17. コールマンのガスコンロのまとめ

コールマンのガスコンロが人気!

シンプルなデザインと使い勝手の良さが人気のアウトドアブランドであるコールマンのガスコンロが人気です。コンロは炭で火をおこすもの、ガスやガソリンで火をつけるものなどの種類がありますが、使い勝手のいいガスコンロをメインにご紹介します。

Photo byFree-Photos

簡単で手軽に設置できるので、初心者でもすぐに本格的な料理が作れますよ。ガスコンロの種類やそれぞれの違い、ガスコンロで使えるアウトドアにおすすめの調理道具もご紹介します。ぜひお気に入りのアイテムを見つけてくださいね。

コールマンのコンロの種類①

コールマンのコンロは大きく分けて2種類

コールマンのアウトドアで使えるコンロは、現在大きく分けて2種類のタイプがあります。ひとつは、ガスやガソリンの燃料を使って火を発生させるのが特徴のバーナータイプ。もうひとつは、炭をコンロの中に入れてつかうのが特徴のグリルタイプです。使う燃料による違いがあります。

炭で使えるグリルタイプ

Photo byadonyig

本格的なバーベキューがしたい方には、炭で使えるのが特徴のグリルタイプがおすすめです。大人数でのキャンプや、じっくり本格的な炭火の調理がしたい方は、こちらの方が満足できます。ただし、ガスやガソリンを使う商品と比べると手軽ではなく、準備や後片付けに手間と時間がかかってしまうのがデメリットです。

グリルタイプは種類が豊富

コールマンの炭で使うグリルタイプは、商品の種類が豊富に用意されており、炭で調理しやすい工夫がされていて使い勝手が抜群です。テーブルに置けるタイプや足つきのものなど、置き方の好みによっても選べます。燃焼効果が高くなるように設計されていたり、炭の継ぎ足しがしやすい形だったりと、大人数のバーベキューにぴったりです。遠赤外線効果でじっくり調理できることでも、炭で焼けるグリルタイプは人気があります。

コールマンのコンロの種類②

ガスやガソリンで使えるバーナータイプ

出典: https://www.amazon.co.jp

炭を使うコンロはじっくり美味しく料理できるのがメリットですが、準備や後片付けに手間がかかってしまいます。面倒な手間を避けたい方やアウトドアやバーベキューの初心者は、手軽に使えるコールマンのバーナータイプがおすすめです。炭を入れるタイプと違い、ガスをセットするだけで火をつけられるので簡単です。

燃料はLPガスかホワイトガソリン

コールマンのこのタイプの燃料は、LPガスが使える商品とホワイトガソリンが使える商品の2種類販売されています。それぞれ別の商品で、ひとつの商品で両方は使えないので購入時に注意が必要です。初心者の方はセットするだけで簡単に使えるLPガスのガスコンロが使い勝手がよくておすすめです。

Photo byTobiasD

ホワイトガソリンは容器にガソリンを入れる手間があり、慣れないとこぼしたり運搬が心配だったりすることがあります。ただし、LPガスとホワイトガソリンを比較すると、ホワイトガソリンの方が燃料のコストは安くなる傾向にあります。

コールマンのガスコンロの種類

コールマンのガスコンロの種類は、コンロが1口のものと2口のものがあります。1口のものはガス缶に直接器具をつけられるためコンパクトに使えます。一方、2口のものは家庭用コンロのようにコンロ台がある形で大きくて安定して使いやすいのが特徴です。

コールマンのガスコンロで使うガスの種類

使えるガスはLPガス

初心者でも使いやすいガスコンロは、コールマンの商品ではLPガスが使えるタイプです。一般家庭で使われていることも多いカセットコンロ用のものは形が違い、使用できないので注意が必要です。

LPガスのガスコンロの特徴

Photo byMagnascan

コールマンのLPガスで使えるガスコンロの特徴は、セットするだけで手軽で簡単に火を使えるところです。面倒な燃料の詰め替えや炭の準備が必要ないので、LPガスのカセットを必要な分持って行くだけですみます。デメリットな特徴は、使用済みの容器の処分が必要なことです。使用した後も容器はそのまま残るため、アウトドア帰りでも他の燃料とは違い荷物になります。

LPガスの大きさ

コールマンLPガスには内容量の違いにより2種類のサイズが販売されています。使う量にあわせてアウトドアやバーベキューに持って行きましょう。使っている間に燃料がなくなってしまうとコンロ自体が使えなくなるため、できれば予備は多めにあった方が安心です。特に山の中でのキャンプは炭と違い、LPガスの購入は困難な場合がほとんどなので注意が必要です。

コールマン純正LPガス230G

出典: https://www.amazon.co.jp

コールマンの純正LPガス燃料の230gは、使用条件により異なりますが約1〜2時間の燃焼時間です。燃焼時間が短いため、少しだけ料理したり飲み物のためのお湯を沸かしたりしたい方にぴったりです。軽いので荷物を増やしたくない方にもおすすめです。

コールマン純正LPガス470G

出典: https://www.amazon.co.jp

コールマンの純正LPガス燃料の470gは、使用条件により異なりますが約1.5〜3時間の燃焼時間です。しっかりバーベキューしたい方や、泊まりのキャンプで何度も火を使用する人に人気があります。いろいろな種類の調理をしたい方は、470gのボンベを何本ももっていくと燃料切れの危険性が少なくなります。

コールマンのガスコンロ:ワンバーナー①

ワンバーナーはコンパクトで手軽

ここからは、コールマンのガスコンロの商品をご紹介します。1口コンロであるワンバーナーは、コンパクトサイズで手軽なところが特徴で人気があります。ガス缶でコンロ自体を支えるためツーバーナーと違い大きな鍋やフライパンをのせるのは難しく、本格的な料理がしたい方はツーバーナーの方がおすすめです。登山で荷物を軽くしたい人や、ピクニックやお花見でお湯を沸かしたりするのに便利です。

アウトランダーマイクロストーブ PZ

コールマン シングルバーナーセット アウトランダーマイクロストーブPZ 203535 +純正LPガス 230g 5103A230T coleman
楽天で詳細を見る

コールマンの「アウトランダーマイクロストーブ PZ」は、コンパクトで携帯性にすぐれているのが特徴のワンバーナーです。火力は最高時約2,500kcal/h、燃焼時間は230g缶をつかったときは約1~2時間程度です。ツーバーナーと違い燃焼時間はやや短めですが、本格的な料理をしないでお湯を沸かしたいといった使い道なら十分な時間です。

コールマンのガスコンロ:ワンバーナー②

コールマンのワンバーナーの特徴

収納時のサイズは約10×5.5×9.5(高さ)cmとコンパクトでプラスチックのケースが付属しています。重さは約200gと超軽量。とにかくコンパクトなものが欲しい方におすすめで、小さくても火力は十分で使い勝手はいいです。手軽に簡単な料理ができればいい方はこちらのワンバーナー、本格的に料理がしたい方はツーバーナーを選びましょう。

ワンバーナーのガス缶のセット方法

コールマンのワンバーナーのガスコンロの設置方法は、コールマンのLPガス缶にワンバーナーをまっすぐのせて、しっかり止まるまで締め付け、五徳を広げるだけです。このときに、斜めについてしまわないように注意しましょう。

コールマンのガスコンロ:ワンバーナー③

ワンバーナーの設置方法

ワンバーナーのガスコンロの設置は、ツーバーナーのようにスタンドがないので、不安定な場所に設置して鍋などをのせるとガスコンロが倒れてしまう危険性があります。まっすぐなテーブルや、平らなコンクリートの地面など安定した場所におきましょう。万が一倒れてしまったときのことを考えて、周囲に燃える素材がないような場所にセットします。

ワンバーナーの点火方法

点火方法はツーバーナーの商品と違いはなく、つまみを回してガスを出し点火ボタンを数回押せば火がつきます。火力はつまみを回転させるだけで調節できます。家庭用コンロと似た形のツーバーナーと違い、ガスの炎の部分とつまみが近いので、炎に手があたらないように注意しましょう。

コールマンのガスコンロ:本格グリル

ロードトリップグリルで本格的に

コールマン Coleman ロードトリップ グリル LXE-JII 2000017066 [バーベキュー]
楽天で詳細を見る

ガス台に車輪がついて持ち運びが楽なロードトリップグリルは、本格的なバーベキューをする方にぴったりの商品です。LPガス缶が2つセットでき、電池式のイグナイターで簡単に着火が可能です。本格的に焼ける鉄板をはじめ、温度計やサイドテーブルなどアクセサリーも充実しています。これ1台でお庭のバーベキューから、キャンプまで活躍します。

ハイパワーでしっかり調理

Photo bymoerschy

火力の最高時はガス2本あわせて約5,000kca/hとハイパワーでしっかり調理ができます。燃焼時間は470g缶を2本使用で約2~4時間と、バーベキューを楽しむのには十分な時間です。重量が約18kgとやや重たいので、アウトドアやバーベキューに持って行くときには注意が必要です。持ち運び自体は車輪で楽にできますが、車から出し入れするときに重たく感じるかもしれません。

コールマンのガスコンロ:ツーバーナー①

ツーバーナーは初心者におすすめ

家庭用のガスコンロのように使いやすい2口あるタイプは、ツーバーナーストーブという名前で販売されています。1口の商品との違いは安定感。鍋やフライパンなどを置いても安定しているので本格的な料理でも使いやすく、初心者の方にはこのツーバーナーがおすすめです。

パワーハウスLPツーバーナーストーブⅡ

コールマンの「パワーハウスLP ツーバーナーストーブ Ⅱ」は、スリムなのに高出力のバーナーの特徴が魅力です。最大火力約3,500kcal/hで風にも強く、アウトドアやバーベキューの本格的な料理でも大活躍します。燃焼時間は470gのLPガス缶を使用したときは約1.5~3時間と、大人数のバーベキューでも調理するには十分な長さです。購入するなら、LPガス缶がセットになっているものがお買い得でおすすめです。

コールマンのガスコンロ:ツーバーナー②

コールマンのツーバーナーの特徴

使用するときのサイズは、約64×32.5×52(高さ)cm、収納するときのサイズは約54×32.5×7(高さ)cmです。折りたたむとコンパクトになるため、荷物が多いアウトドアシーンやバーベキューでも大丈夫です。重さは約4.2kgで軽すぎず、調理器具をのせてもしっかり安定します。

ツーバーナーの設置方法

初心者にも使い勝手のいいツーバーナーは、組み立てや使い方も簡単で手軽です。まず組み立て方は、本体の裏面に収納されているスタンドを引き起こして本体を立ててセットします。蓋を開けて風防も広げてセットします。グレートをひっくりかえしてセットしたら、本体の設置は完了です。

コールマンのガスコンロ:ツーバーナー③

ツーバーナーのガス缶のセット方法

ガス缶のセット方法は簡単で手軽なので、初心者の方でもくるくる回すだけでできます。まず器具栓つまみが完全にとじているか確認します。ガスカートリッジを本体の取り付け部に垂直につけ、完全に止まるまで回します。きちんと取り付けないと事故や破損の原因になる可能性があるので注意してセットします。

ツーバーナーの点火方法

セットが完了すればツーバーナーの点火は簡単です。器具栓つまみをまわして少しガスを出し、点火ボタンを数回押せば火がつきます。面倒な手間がなく家庭用のコンロとほぼ変わらない使用感で火をつけられるので、手軽で人気があります。火力の調節も簡単で使い勝手が良く、つまみを回すだけで火の強弱が調節できます。

コールマンのガスコンロ:初心者向け

初心者にはツーバーナーがおすすめ

ここまでコールマンのガスコンロを3種類ご紹介しました。現在コールマンから販売されている3種類の中で、初心者におすすめなタイプはツーバーナーの商品です。他の2つとは違って、家庭用コンロに似た使い方ができるので、これまでアウトドアやバーベキューでガスコンロを使ったことがない方でも使いやすいでしょう。ロードトリップグリルも簡単につかえますが、若干重たく価格が高いのでガスコンロに使い慣れてから購入するのがおすすめです。

コールマンのツーバーナーの種類

コールマンのツーバーナーは、現在色違いで3種類販売されています。どれも基本的な機能は変わらずさきほどご紹介した通りなので、お気に入りの色やお手持ちのアウトドアアイテムとあう色を選びましょう。

シンプルなグリーン

コールマン Coleman パワーハウス LP ツーバーナーストーブ II 2000006707
楽天で詳細を見る

コールマンらしいグリーンは、緑が多い場所のバーベキューでも周囲にすっとなじむカラーです。落ち着いた雰囲気のガスコンロが欲しい方におすすめです。落ち着いた色は、汚れが目立ちにくいのがうれしいポイントです。

おしゃれで目立つレッド

コールマン ツーバーナー ツーバーナー LPツーバーナーストーブレッド 2000021950 Coleman
楽天で詳細を見る

レッドはおしゃれなアウトドアアイテムが欲しい方におすすめです。キャンプ用品は、グリーンやブラックなどダークトーンの色が多くなってしまいがちですが、レッドのガスコンロで一気に雰囲気が明るくなります。

コールマンとモンロの新レーベル

Coleman コールマン INDIGO LABEL インディゴレーベル パワーハウス LP ツーバーナーストーブ2 インディゴ 2000031623 & ガス缶セット
楽天で詳細を見る

おしゃれなアウトドアアイテムで有名なモンロとコールマンの新レーベルのデザインです。コールマンのツーバーナーの機能はそのままに、アウトドア用品らしくないおしゃれな淡い色合いが魅力です。他の人から注目をあびること間違いなしです。

コールマンのガスコンロの設置台

ガスコンロにおすすめのスタンド

コールマン アウトドア ツーバーナースタンド 2000031265 アウトドア キャンプ BBQ バーベキュー ストーブ類 アクセ coleman
楽天で詳細を見る

コールマンのツーバーナーのコンロを使う場合は、しっかりしたスタンドがあると使い勝手がよくなります。ガスコンロは下にガス缶が出てしまうため、一般的なキャンプ用テーブルよりも専用のスタンドがおすすめで、この商品は転倒防止のためにペグダウンリングが付いているので安心です。コールマンのテーブルに連結が可能なので使い勝手がよく便利です。

コンパクトに折りたためる

出典: https://www.amazon.co.jp

コールマンのツーバーナースタンドは、コンパクトに折りたためて収納ケースもついているので持ち運びが便利です。アルミ製で約1.5kgと軽いので、セットをするときも楽にできます。高さは2段階調節でき、使う人や連結するテーブルにあわせて調節可能です。

コールマンのガスコンロでできる料理①

コンパクトスモーカーで燻製料理

● COLEMAN (コールマン) キャンプ用品 スモーカー コンパクトスモーカー 2000031269
楽天で詳細を見る

煙が気になって自宅では試しにくい燻製料理も、アウトドアなら気軽に挑戦することができます。コールマンのコンパクトスモーカーなら、短時間で気軽に本格的なおつまみの燻製が作れます。チーズやソーセージ、卵などお好みの燻製にしたいものを入れて作れば、アウトドアやバーベキューにぴったりのおつまみが完成します。

コンパクトスモーカーの使い方

出典: https://www.amazon.co.jp

難しそうな燻製ですが、中に材料を入れるだけで簡単に作ることができます。まずコンパクトスモーカーの底にアルミホイルを敷いてスモークチップをセットします。そこへ網をのせてその上に燻製にしたい食材を並べます。

Photo by naka_hide

火をつけるとチップの香りがしてきますので蓋をして、本体のふちに水を少しいれて中の煙が外へ逃げるのを防ぎます。10分ほど加熱して、さらに火をとめて10分ほど蒸らせば本格的な燻製の完成です。バーベキューの最中でもすぐにできる使い勝手のいい燻製機は、燻製初心者でも簡単に使いこなせます。

コールマンのガスコンロでできる料理②

おつまみクッカーで簡単おつまみ

Coleman(コールマン) おつまみクッカー 2000032358
楽天で詳細を見る

コールマンのおつまみクッカーは、ミニたこ焼き機のような形で、手軽におつまみが作れます。たこ焼き、アヒージョなどのご飯系はもちろん、ベビーカステラ、ひとくちホットケーキなどのスイーツ系も楽しめます。シンプルな形なので、アイデア次第でさまざまな料理ができ、夜中にちょっとだけお腹が空いた時の夜食作りにも活躍します。

出典: https://www.amazon.co.jp

内部は特殊加工で食材がこびりつきにくいので、洗うのも簡単で使い勝手がいいです。ハンドルは取り外し可能でコンパクトになるので、荷物が増えてしまう心配もありません。もう一品作りたい時のために、持って行っておくのがおすすめです。

コールマンのガスコンロでできる料理③

ホットサンドイッチクッカーで手作りサンド

コールマン クッカー ホットサンドメーカー ホットサンドイッチクッカー 170-9435 coleman
楽天で詳細を見る

キャンプの朝食作りにぴったりなホットサンドも、コールマンのホットサンドイッチクッカーがあれば簡単に美味しいサンドが作れます。パンにハムやチーズなどを挟んで、コンロにセットするだけで、できたてのホットサンドが楽しめます。内部は特殊加工がしてあり食材がこびり付かないので、アウトドアでも洗いやすいのが嬉しいポイントです。この商品はツーバーナーで使うことができます。

かわいい刻印ができる

出典: https://www.amazon.co.jp

おいしい本格的なホットサンドができることはもちろん、かわいいランタンのデザインがパンにできるのも楽しみのひとつです。美味しそうな焼き跡で、よりホットサンドの美味しさもアップします。普段から朝食はパン派の方には必需品のおすすめアイテムです。

コールマンのガスコンロのまとめ

コールマンのガスコンロについてご紹介しましたが、いかがでしたか?コールマンの1口と2口のコンロ、それぞれ人数や目的にあわせて選んでみてくださいね。初心者でも手軽に本格的な料理が楽しめるガスコンロで、ぜひアウトドアを楽しみましょう!

コンロが気になる方はこちらをチェック!

コールマンのガスコンロ以外にもアウトドアやバーベキューのガスコンロが気になる方は、ぜひ下記のリンクをチェックしてみてください。人気アウトドアメーカーのキャプテンスタッグのガスコンロや、さまざまな人気メーカーの商品をご紹介しています。いろいろチェックして、ぜひお気に入りの商品を見つけてくださいね。

Thumbキャプテンスタッグのガスコンロ・バーナーおすすめ9選!気になる評判も解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
鹿のロゴマークでSNSなどで有名なキャプテンスタッグのガス用品はガストーチ、バーナー、ツーバ...
Thumbキャンプ用のガスコンロ選びならコレ!人気ブランドのおすすめ商品21選! | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプに欠かせないギアのひとつが「ガスコンロ」です。ツインバーナー、シングルバーナー、カセ...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ