Twitter
Facebook
LINE

DIYでブロック塀を塗り替える方法は?おしゃれに塗装する方法をご紹介!

ゆー

DIYでブロック塀を塗り替える方法は?おしゃれに塗装する方法をご紹介!

ゆー

塀は古くなると汚くなってしまいますし、塗り替えたいと思うようになるもの。業者にブロック塀の塗り替えを頼むことを考えてもいいのですが、それだとお金がかかります。自分でDIYできれば安く済みますね。DIYで塀を塗り替えるには、どうしたらいいのでしょうか。



DIYでブロック塀をおしゃれに塗り替えたい

Photo byjeonsango

ブロック塀をきれいにしたいと思っても、業者に頼むとお金がかかってしまいます。どうにか自分でできないか、と考える人も多いのではないでしょうか。今回は、そんな方のために塀の補修でペンキを塗装する方法をお伝えしていきます。塗装のための基礎知識から、実際の補修の仕方も動画のものを載せましたので、作業の参考にしてください。

DIYでブロック塀を塗り替えるための基礎知識

基礎知識①使う材料・道具

Photo bystux

ブロック塀の塗装の基礎知識ですが、まずは必要な材料と道具です。まず必要な材料が下塗りのシーラーと上に塗装する塗料です。道具には刷毛やローラー、ヘラを使い、その他に塗装外のところを塗らないように養生テープやマスカーが必要です。

また、ブロック塀が割れていたりした場合は補修しなければならないので、モルタルも必要になる場合もあります。色は自分がおしゃれだと思うペンキを選んでください。

基礎知識②塗装の前に必要な作業

Photo byStockSnap


基礎知識の二つ目では塗装の前に必要な作業についてです。ブロック塀も、何もせずにそのままシーラーを塗ってペンキを塗っていいのか、というとそういうわけではありません。

ブロック塀は外にあるため、ブロックの表面にゴミや埃がたくさん付いています。ですからまず初めにする作業はブロック塀の掃除です。ブラシや高圧洗浄を使って目地の凸凹から、塀の下の掃除、さらに割れなどがないかチェックすることも大切です。

基礎知識③塗装する際の注意点

Photo byJillWellington

塀をペンキ塗装する場合に気を付けることがあります。それは、雨の後のブロック塀。ブロック塀に雨が当たり、水分が入ったままリフォーム作業をすると、後になって塗ったペンキが浮いたり割れたりすることがあるそうです。失敗しないように、数日晴れた日を利用してリフォーム作業をするようにしていきましょう。

DIYでブロック塀を塗り替える方法をご紹介!



ブロック塀のリフォーム方法についてお伝えしていきます。ブロック塀をおしゃれな色にする方法や、ただたんに補修するために塗装するだけでなく、おしゃれな塗り方をしたり、タイルを貼ったりする方法もお伝えします。失敗しないためにも、動画をしっかり見てからリフォームをしてみてください。

DIYでブロック塀を塗り替える方法①基本

ブロック塀をシーラーとペンキで塗装する

ここでは下塗りのシーラーとカラーペンキを使ってブロック塀を塗装する方法をご紹介しています。ブロックは凹凸があるので固いローラーだと目地がうまく塗れないのですが、ここで使っている毛の長いローラーを使うと目地にも色が入り、失敗しないでペンキを塗装することができるようです。

自分の好きな色のペンキを選んで、きれいに塗装してください。

DIYでブロック塀を塗り替える方法

使うのはブロックの下塗りシーラーと上に塗装するペンキです。まずは始めにブロック塀の掃除を行い、ペンキを塗らないところに養生テープやマスキングテープ、マスカーを貼ります。まずは下塗りのシーラーを刷毛やローラーで塗っていきます。乾燥させたら好みのカラーをよく混ぜてから開け、刷毛やローラーでペンキを塗装したら完成です。

DIYでブロック塀を塗り替える方法②くし引き

ブロック塀をおしゃれなくし引きに塗り替え

塀をペンキで補修するのもいいですが、ちょっと違う塀を作りたいという方におすすめの動画です。業者が作るような、くし引きのアートを塀に作っていきます。使っている材料はベルアートという装飾仕上げ塗料だそうです。ベルアートに砂を混ぜて、塀の上にくしで模様を描いていきます。

真っすぐ横に引いていますが、うねりを加えても面白そうです。

業者のようにくし引き仕上げをする方法

ベルアートというくし引きの作業をする前に、掃除と下地塗りは仕上げたうえで行っていきます。ベルアートと砂が混合されたものを、コテで塗っていくのですがアートを作るので厚めに取って塀に塗っていきましょう。塗った後は真っすぐな板を目安に、くしで模様を引いていきます。

動画にもありますが、模様が描けるように一気に引いていくと失敗しないです。しっかり乾燥したら完成です。

DIYでブロック塀を塗り替える方法③タイル

ブロック塀を塗り替えるのではなくタイルを貼っておしゃれに

Photo byTeroVesalainen

古くなった塀のリフォームは、ペンキをぬるのでもいいのですが他にもリフォーム方法はあります。それが、タイルを貼る方法です。タイルを貼りつけると、一気に洋風のイメージになりますね。がらっと印象を変えたいという方は、このタイル貼りの方法でブロック塀をリフォームしてもいいのではないでしょうか。

失敗しないように、動画を見てから作業してください。

ブロック塀をおしゃれなタイルにする方法①

基礎知識でご紹介したように、まずはブロック塀の掃除をしてから作業をしていきます。掃除をしたら養生をし、下地をローラー等で塗っていきます。次にモルタルを練り、コテを使って下地としてモルタルを付けていきます。モルタルは固まる時間が決まっているので、その時間内にできる範囲をモルタルで作って塗っていくといいですね。

ブロック塀をおしゃれなタイルにする方法②

タイルの貼り方ですが、モルタルを塗った後はコーナー部分のタイルを貼りつけ、下地モルタルの上から貼りつけようのモルタルを塗っていきます。均一になるようにきれいにコテで作業していきましょう。

こちらも固まるまでの時間に気を付けながら作業します。モルタルの上に水糸で水平を測りながらタイルを乗せていきます。タイルを乗せたらトントンと叩いて圧着させ、タイルを貼りつけていきます。最後に目地の調節・掃除を行ったら完成です。

DIYのブロック塀塗り替えデザインをご紹介

灰色をおしゃれなブラウンに塗り替え

灰色のブロックの塀は、古くて汚くなっていましたが下地を塗り、ペンキを二度塗りしてブラウンのおしゃれな壁にしています。一度塗りではムラが目立ちましたが、二度塗りしているおかげか、ムラもなく業者のようにきれいに仕上がっています。一度塗りが気に入らなかった方は、二度塗するのもいいでしょう。

上と下で塗り分けした塀

この写真は上が薄いブラウン、下が黒で二色に仕上げています。塀も、お家によって作りが違うと思いますが、段になっているお家であればこの写真のように塗り分けしてもいいかもしれません。晴れた日が続き、しっかり乾燥したのを確認したうえで塗装していきましょう。もちろん、ブロック表面の掃除も忘れずに行ってください。

灰色の塀が真っ白な新品のよう

汚くなったブロック塀も、ペンキで塗り替えすればこんなにきれいになるんですね。業者に頼んでもいいのですが、自分で塗ってもこれだけきれいに仕上がるなら自分でやってみてもいいかもしれない、と思うのではないでしょうか。

失敗しないようにするには、もちろんまずは調べることから。しっかり下調べしたうえで作業を始めましょう。

白と黒で塗り替えたブロック塀

こちらも白と黒で塗り替えたブロック塀です。昔ながらのブロックに模様があるタイプの塀ですが、その溝もしっかりペンキで塗って仕上げています。左上にはもともとの塀が。右上が高圧洗浄で掃除をした後。一番下が塗った後の様子が写っています。

失敗しないように仕上げるためには、前処理の掃除が大切。しっかり掃除をしたうえで作業してください。

色むらがおしゃれな仕上がりに

塀はきっちりきれいに塗った方がきれいに仕上がると思いますが、この写真を見てみるとちょっとした塗りムラがおしゃれに仕上がっています。ペンキの色や塗る厚さによって仕上がりは変わってきます。もちろん、ペンキではなくモルタル造形をしてもいいですし、タイルやレンガを貼りつけてもOK。

がらっと印象を変えるのも楽しいもの。ぜひ納得のいく塀をリフォームしてみてください。

庭の木ともマッチしたおしゃれな塀に変身!

こちらはブロック塀を薄いブラウン系の色に塗装しています。お庭に植物があるという方は、ブロック塀の灰色だとせっかくの庭が映えないと思うこともあるのではないでしょうか。

新しく作ったばかりのブロック塀だとしても、ペンキを塗れば庭やお家に合った塀を作ることは可能です。好みのペンキを選んで、お家や庭に合った塀を作ってみてはどうでしょうか。

ブラウンの塀からホワイトに

こちらはブラウン色のブロックを塗装してホワイトにしています。売っているペンキの種類によっても、仕上がりの質感は変わります。また、メーカーによって同じ色でも違いがあるので、いろんなメーカーのペンキを見比べて見るのがいいでしょう。納得のいくものを選び、塀を塗り替てくださいね。

ブロック塀にタイルを貼ると

ブロック塀に塗料を塗ると、下がブロック塀なのはすぐに分かりますが、動画であったようにタイルを貼ったり、アートを作ると下がブロック塀だったことが分からなくなります。

ブロック塀に下地を塗り、その上からモルタルを塗ってタイルを貼りつけていきます。まるで新品の塀を新しく作ったかのようですね。ペンキで塗るのもいいですし、タイルやアートも素敵。自分の好きな塀を自分で作ってみてください。

ブロック塀をDIYで補修に挑戦!

DIYでブロック塀の補修に挑戦してみよう

DIYでブロック塀を補修する場合、業者に頼んだ方がいいのではないかと思った方もいるのでは?でも、動画を見てみたら意外と簡単に作業ができるというのが分かったかと思います。

作業は大変なものではありますが、基本的なところを押さえておけば失敗しないで作業ができます。乾燥や、下塗りなど動画を見てから作業してみてください。

DIYで納得のブロック塀を仕上げよう

もちろん、DIYでリフォームをすると業者ほどはきれいにできないかもしれません。ですが、自分で調べてきれいに補修することで、また別のDIY作業をするきっかけになる可能性もあるのでは?

DIYはやればやるほどうまくなるもの。まずはブロック塀を納得のいくものに仕上げて、作業の幅を広げて行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、ブロック塀の塗り替えについてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。ブロック塀の補修は業者がやるもので、自分でDIYできるものではないと思っていた方も、自分でもできるかもしれないと思えたのではないでしょうか。

仕上がりを見ると大変そうに見えるものでも、動画などで作業を一つ一つ確認していくと自分でもできる、というのが分かります。動画を参考に、ブロック塀をおしゃれに仕上げてみてください。

ブロック塀のDIY方法が気になる方はこちらもチェック!

ブロック塀を補修するどころではなく、作り変えなくてはならないという方もいるのでは?この記事にはブロック塀の塗り替えではなく、ブロック塀を自分で作る方法が載っているので、気になる方はこの記事も合わせて読んでみてください。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

実は中身がコピー用紙!ハロウィンのリースを安く簡単に作る方法・手順を紹介🎃✨

今回はかわいいハロウィンリースを作る過程をご紹介しました! 100均ダイソーで購入した「ハロウィン柄のリボンテープ」やオレンジ色の毛糸を使って、コピー用紙で作った棒にくっつけていくだけ! 用意するも...

釣りのラジオ釣りラじ「第51回俺カラー登場!!」

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ▼釣りラジをSpo...

このやり方で可愛くボリュームが出ます✨ハロウィンリボンカチューシャのおすすめの作り方解説🎀

今回は100均ダイソーで購入した「ハロウィン柄のリボンテープ」を使って、かわいいリボンカチューシャを作る過程をご紹介しました! 用意するものは下記です。 【材料】 リボン(約1m10cm使用・ワイ...

根がかりしても、それでもメタルジグを投げるワケ

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ★チャンネル登録よ...

手作りハロウィンプレゼントにおすすめ!こうもりガラスドームキーホルダー🦇

今回は100均セリアで購入した「蝙蝠の羽根のガラスドーム」を使って、かわいいキーホルダーを作る過程をご紹介しました。 ちなみにセリアには他にもカボチャ等、いろいろなタイプのものがありました! 用意す...