秋キャンプ大全!初心者が用意すべきアイテムやキャンプ場での過ごし方を解説!のイメージ

秋キャンプ大全!初心者が用意すべきアイテムやキャンプ場での過ごし方を解説!

秋キャンプならではの魅力をアイテムやアクティビティを中心にしてご紹介していきます。秋キャンプは夏のキャンプとは異なる魅力がたくさんあります。もちろん、秋キャンプならではの注意事項もあるんで初心者は特にチェックして覚えておきましょう。

2019年07月23日更新

kawakawaken5
kawakawaken5
アウトドア情報をみていただいた方に興味が湧いてくるような執筆を心がけています。また、長年の調理経験から、料理やアウトドアで使えるレシピも執筆しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 初心者秋キャンプのおすすめ魅力ポイント
  2. 初心者でも楽しめる秋キャンプの魅力
  3. 初心者が気をつける注意点
  4. 秋キャンプのおすすめキャンプ場サイト
  5. 秋キャンプのおすすめアイテム
  6. 秋キャンプのおすすめの過ごし方①:料理を楽しむ
  7. 秋キャンプのおすすめの過ごし方②:自然を楽しむ
  8. 秋キャンプのおすすめの過ごし方③:遊びを楽しむ
  9. 秋キャンプのおすすめの過ごし方④:イベントを楽しむ
  10. 秋キャンプのおすすめの過ごし方⑤:寒さを楽しむ
  11. 秋キャンプのおすすめの過ごし方⑥:夜空を楽しむ
  12. 秋キャンプのおすすめの過ごし方⑦:アイテムを楽しむ
  13. 秋キャンプのおすすめの過ごし方⑧:ソロを楽しむ
  14. 秋キャンプのおすすめの過ごし方⑨:準備を楽しむ
  15. 初心者秋キャンプのおすすめ魅力ポイント:まとめ

初心者秋キャンプのおすすめ魅力ポイント

秋キャンプは魅力がたくさん

キャンプといえば、夏というイメージがある方が多いと思います。しかし、秋に行うキャンプにも様々な魅力が詰まっています。夏のキャンプにはない魅力や、キャンプ場での過ごし方、キャンプの楽しみ方など様々な視点で秋キャンプの魅力をご紹介していきます。

秋キャンプは大人のアクティビティ

夏にキャンプというイメージが定着しているのは、子供の長期休暇に行う行事というイメージが定着したからになります。秋キャンプは大きな休みがなくなかなか踏ん切りがつきにくい期間でもあります。しかし、秋キャンプは澄んだ空気や少し寒いからこそ、キャンプのぬくもりである焚き火の気持ちよさが分かるなど様々な魅力ポイントがある大人なキャンプなのです。

初心者でも楽しめる秋キャンプの魅力

空気が冷たく焚き火が気持ちいい

秋キャンプの魅力を簡単にご紹介するとまずは、焚き火が気持ちいい気候であるということです。焚き火は寒い時にやってこそ本来の優しい暖かさが楽しめます。家の中の暖房では、感じることのできない健康的な火の暖かさを楽しめるのが秋キャンプの1つの魅力です。

旬な食材がたくさんあるので料理がおいしい

季節関係なくキャンプの1つの魅力が、キャンプ料理になりますが多くの食材が旬を迎える秋にはその料理が更に美味しく楽しめます。事前に用意をするだけではなく、キャンプ場で収穫したものをそのまま調理して楽しむこともできます。秋の旬な食材を使った野性味あふれるキャンプ料理を楽しんでみましょう。

秋に使えるアイテムがたくさん

夏に行うキャンプは意外と活躍するアイテムが少ないですが、秋キャンプでは防寒対策のため使うことのできるアイテムが多くあります。寒さ対策のアイテムやキャンプの服など事前の用意の段階から楽しめるのも秋キャンプの1つの魅力になります。集めたキャンプアイテムをフル活用してみましょう。

初心者が気をつける注意点

焚き火をするときの注意

秋キャンプの魅力の1つとして焚き火をご紹介しましたが、その焚き火もキャンプ場によって注意するポイントがあります。芝サイトなどでは直火での焚き火は禁止されている場所がほとんどです。そのため、直火禁止のキャンプ場では、焚き火台というアイテムが必要です。また、薪もキャンプ場で販売されているかもチェックしておくといいでしょう。秋だからこそできる自然の着火剤を利用した焚き火も秋キャンプの魅力の1つになります。

寒さ防寒対策をしっかりと

秋キャンプは寒さが思っているよりも厳しいものがあります。そのため、服装は基本重ね着をして防寒対策をしておくように注意しておきましょう。また、最も重要になるのが気温が下がる夜に使う寝袋に注意が必要です。寝袋は使うことのできる限界最低気温が設定されているので用意する際に注意してチェックしましょう。

キャンプ場の状態をチェック

多くのキャンプ場では、夏場を主戦場にしています。そのため、秋や冬は水道が通っていなかったりトイレが撤去されていたりなどキャンプ場の運営状況が夏とは大きく異なる場合もあります。そのため、秋キャンプに行く際にはいつも行くキャンプ場でも、しっかりと事前に情報収集をしておきましょう。こういったところの下準備も秋キャンプの醍醐味です。

秋キャンプのおすすめキャンプ場サイト

秋キャンプはサイトが重要

初心者の方はあまり気にしていない方も多いですが、秋キャンプはサイトも需要になってきます。特に夏場によく行くキャンプ場が秋にしまっていて違うキャンプ場に行く場合は注意が必要です。秋キャンプは色々なアイテムが必要になってくることから、大きめの場所がどうしても必要になるので自分たちが自由に使えるサイトと必要になるサイトの広さを比較しましょう。

区画サイトのおすすめポイント

区画サイトのおすすめポイントは、プライベート空間がしっかりと確保されていることです。区画サイトは自由にできる空間が仕切られていて、横付けで車が付けられることもあるのでよりプライベートキャンプを居楽しめます。キャンプ場によっては、電気が通っている場合もあります。特に身内だけのしっかりとしたキャンプの楽しみ方ができるにが区画サイトになります。

フリーサイトのおすすめポイント

フリーサイトの楽しみ方は用意したアイテムを遠慮なく使えることです。フリーサイトは区画サイトとは違い制限がないので、キャンプ用品店で販売されている大きなテントや大きなコンロなども無理なく、開放的に使用することができるので、より開放的なキャンプを行いたい方におすすめのサイトになります。

秋キャンプのおすすめアイテム

ソロキャンプでも「ミニ焚き火台」

初心者のソロキャンパーにおすすめしたいアイテムが「ミニ焚き火台」になります。これがあれば、サイトにかかわらず焚き火を楽しむことができると同時に、小さな焚き火でそのまま料理をしむこともできます。もちろん、大きな焚き火ができるサイズもあるので大人数での楽しみ方も備えています。炊き火なので、調理器具に煤がつくので注意です。

ちょっとしたことに「キャンプコンロ」

焚き火での調理や湯沸しは秋キャンプの魅力の1つですが、煤がついてしまうのが唯一の注意ポイントです。そこで、便利なのがキャンプ用のコンロになります。秋キャンプでは水道が使えないキャンプ場もあるので焚き火にあたった道具を洗うことができないこともあります。そこで、このコンロさえあれば簡単な調理も煤が付つかずに行うことができるので、水道が使えない場合のキャンプ場の時には必須と言えるアイテムです。

防寒寝袋なら「オフトンシリーズ」

寒さ対策アイテムの寝袋で初心者におすすめなのが、スノーピークの「オフトン」シリーズになります。このシリーズは、寝袋ですが布団のように掛け布団と敷布団を分けることができるので秋キャンプでも暖かくまるで自宅で寝ているような寝心地を得られます。

秋キャンプのおすすめの過ごし方①:料理を楽しむ

シンプルな肉を野性的に

秋キャンプだけではなく、キャンプの代表的な楽しみ方。野性味ある大きな肉を外で調理はおすすめの楽しみ方になります。大きな肉の塊を用意して焚き火での直火やダッチオーブンでじっくり調理したりして、普段楽しめない肉の楽しみ方になります。もちろん、ベーコンなどを用意してスキレットで焼くだけでもおいしいキャンプを楽しむことができます。

魚も焼くだけでおいしい

秋キャンプを川辺や海付近で行えば地元の採れたて魚介類を楽しむことができます。秋は旬を迎える魚が多いので自分で釣りをしたり、ちょっと早起きをして市場などに足を運んでおいしい魚を楽しむことができます。ただ焼くだけでもおいしいですが、初心者への注意点としては、意外と煙が出るのでフリーサイトなど人の迷惑にならないように魚の調理を行いましょう。肉だけがキャンプの楽しみ方ではありません。

キャンプならではの調理道具

キャンプの楽しみ方にキャンプならではの調理用具を使えるというのもあります。大きめのスキレットや、ダッチオーブンなど無断使うことのできない焚き火用の調理器具を使うのは料理好きとして忘れらない楽しみ方です。炭を使っての調理は普段とは大きく味が異なるので、これで秋キャンプにハマる方も数多くいます。

秋キャンプのおすすめの過ごし方②:自然を楽しむ

紅葉を楽しむ

秋キャンプの楽しみで自然の変化である紅葉を欠かすことはできません。秋といえば紅葉というほど秋レジャーには大切です。秋キャンプは山や森の近くのキャンプ場を初心者の方にはおすすめです。都会では感じることのできない色づいた森で自然豊かな秋だからこす楽しめるキャンプに挑戦してみましょう。

澄んだ空気や水を楽しむ

暑い夏を乗り越えて少し肌寒くなる季節である秋では、やはり綺麗な澄んだ冷たい空気や、水を楽しむのを忘れることができません。道具も用意する必要なく、お金もかからないので自然のちょっと変化を楽しむのも秋キャンプ初心者楽しみ方としてはおすすめです。ゆっくりとした時間の中で美しい秋の自然を楽しみましょう。

秋キャンプのおすすめの過ごし方③:遊びを楽しむ

気候が穏やかで活動しやすい

秋キャンプは穏やかな気候になることが多いです。気候が安定しているということはキャンプ場での遊びやアクティビティの用意に当日変更などのアクシデントが少なく済みます。そのため、広いキャンプ場ならではの遊びは初心者の方にぜひ楽しんでほしい秋キャンプの魅力になります。ぜひ、広いキャンプ場ならではのバトミントンやフリスビーなどの広い空間が必要になる遊びを楽しみましょう。

ハンモックでゆっくりと

秋のキャンプ場は、夏に比べて人口密度が少なく広く静かなキャンプを楽しむことができます。アクティビティや遊びに興じるのも魅力の1つですが、少しゆっくりと過ごすのもいいものです。自立型のハンモックなどを用意してゆっくりと読書を楽しむのも贅沢な時間の使い方になります。ちなみに、地面から空間が空くのでテントの中にハンモックを敷けばマットなしで寝袋をしくだけで快適に過ごすことができます。

秋キャンプのおすすめの過ごし方④:イベントを楽しむ

全国で音楽フェスが開催

秋は野外活動に適した季節でもあります。そのため、全国のキャンプ場で音楽フェスが企画されています。それもキャンプと組み合わせたフェスなので、普通のフェスとは少し楽しみ方が異なります。芝の上で寝転がりながら音楽を聴いたり、バーベキューをしながら音楽を聞いて過ごすことができます。

俗世から離れた寺キャンプ

新しいキャンプの楽しむ方であるお寺でキャンプというのも秋に開催になります。俗世から離れた不思議な空間で地元野菜を楽しんだり、坐禅やヨガなど普通では体験でいないことも体験できます。新しい秋キャンプの過ごし方としておすすめになります。

寺キャン | お寺でキャンプ!お寺を舞台に都会では味わえない非日常が体験できるアウトドアキャンプフィールド

秋キャンプのおすすめの過ごし方⑤:寒さを楽しむ

焚き火を数種類楽しむ

焚き火は薪を細かく刻んで燃やすだけというやり方しか知らない方も多いと思いますが、実は様々な種類の焚き火があります。秋キャンプでは少し肌寒い気候で焚き火を楽しむいい機会です。多めに薪を用意して様々な種類の焚き火スタイルを楽しみましょう。火を使うので十分に注意して初心者はとくに焚き火は行うようにしましょう。

自然の着火剤を見つける

秋の自然の中には、焚き火を楽しむために必要な天然の着火剤がたくさんあります。初心者におすすめの松ぼっくり。その他にも、乾いた杉の皮や杉の枝なんかも天然の着火剤として大活躍です。秋キャンプはそういったキャンプ場周辺だけでキャンプを運営することのできる環境が整っているので、荷物の少ない中級キャンプにチャレンジするのにも適しています。

ウッドキャンドルを作る

焚き火を丸太のように針金でまとめて焚き火とするウッドキャンドウという焚き火にスタイルがあります。このスタイルは、長く火が灯るのでゆっくりと夜に語らうのに便利なスタイルになります。また、丸太の中央に火がついているので、その上に鍋やヤカンをおいて飲み物やちょっとした料理をすることができます。針金はしっかりとまとめておかないと熱で切れるので注意しましょう。

秋キャンプのおすすめの過ごし方⑥:夜空を楽しむ

空気が澄んでいるので天体観測を

空気が澄んでいる秋キャンプは、天体観測を行うにも適しています。また、天体観測は人工灯が少ない場所だからこそ目が小さな光も見ることができるので、小さな星も見ることができます。キャンプ場から少し離れた場所で天体観測を行う場合は、懐中電灯に赤いセルを貼り付けたものを作り照らすと目が疲れずに、小さな星も、見ることができます。

花火も楽しみどころ

空気が澄んでいるので花火も綺麗に咲くことができます。そのため、手持ち花火や打ち上げ花火もおすすめです。しかし、夜に花火を行うと少しテンションが上がりすぎてしまい周囲のほかの方に迷惑になってしまうケースが多々あります。そのため、しっとりと楽しむことができゴミも少ない線香花火などがおすすめです。しっかりとキャンプ場の花火要項を確認してから花火を楽しみましょう。

ランタンや焚き火で語り合おう

空気が澄んでいるということは火やランタンの光が美しく映えます。そのため、キャンプランタンや焚き火をしてゆっくりと夜語るのも楽しみ方の1つになります。焚き火をしたまま寝落ちしていまうと大変危険ですので、その点だけはしっかりと注意しましょう。

秋キャンプのおすすめの過ごし方⑦:アイテムを楽しむ

底冷え対策のマットは必須

秋キャンプは、たくさんのアイテムが活躍する場面があります。特に地面からの冷気を防ぐマットは必要不可欠です。そのため、テントの下にしくマットと寝袋の下にしくエアマットそれぞれ用意しておくと快適に過ごすことができます。こういった道具が合った場合となかった場合を試してみてどれほどの違いがあるかをチェックするのも秋キャンプの面白いポイントです。

保温ポットでいつでも暖かく

保温ポットも秋キャンプでは大活躍するアイテムの1つになります。キャンプ場についてからお湯を沸かしてコーヒーなどの温かい飲みものをつくって保存しておくこともできます。また、夜のうちにポットの中に卵とお湯を入れておけば朝には温泉卵ができています。夜に作ったカレーにちょっと贅沢な温玉カレーにして贅沢な朝食を楽しみましょう。

秋キャンプのおすすめの過ごし方⑧:ソロを楽しむ

人がいない静かな空間を楽しむ

秋キャンプは、夏に比べてキャンプ場に人が少ないことがほとんどです。まとまった休日が少なく、子供ズレも少ないのでソロキャンパーが多いです。そのため、都会の喧騒から離れてゆっくりと静かに生活することができます。もちろん、自分たちも周囲の雰囲気に合わせてわいわい楽しめるキャンプ場か静かに楽しむキャンプ場かを見極める必要がありますので、秋キャンプ初心者の方はご注意ください。

ソロ用のミニグッズを集める

キャンプといえば大人数で行うものというイメージが生まれていますが、最近ではソロキャンパーも増えてきています。そのため、お手軽なソロキャンパー用の小さなキャンプグッツが増えてきています。そのため、揃えづらいキャンプ道具を意外と種類集めることができます。自分の興味が赴くままにキャンプ道具を揃えてソロキャンパーデビューをしてみるのも秋キャンプの魅力の1つになります。

秋キャンプのおすすめの過ごし方⑨:準備を楽しむ

準備の段階から楽しい

秋キャンプは防寒対策や旬の食材集めその調理器具を選ぶまで準備が非常に多いです。しかし、その準備の段階ですでに楽しいのが秋キャンプの魅力になります。必要なものが多いということは自分ならではのアイテムを揃える機会が多いということです。普段眺めているだけのキャンプ用品のカタログに乗っているものを実際に手に入れるいい機会となるでしょう。

自分好みのアイテムを揃えよう

夏用の寝袋などは意外と薄く安いものが多いですが、冬用の寝袋は機能性が高いのでお値段がはります。このように秋や冬用のキャンプ用品は非常に機能性が高いものが多いです。寒い気候の中でも簡単につくランタンや暖房器具。小さな料理や温かい料理をすぐに作れる調理器具、火起こし器具まで様々な自分好みのアイテムを揃えて秋キャンプに挑みましょう。

初心者秋キャンプのおすすめ魅力ポイント:まとめ

いかがでしょうか?今回は、魅力あふれる秋キャンプの魅力についてご紹介してきました。秋キャンプは、寒くなり始めるので初心者は防寒対策などの注意事項もありますが、それ以上に様々なキャンプアイテムが活躍し、キャンプのメインシーズンといってもいいかもしれません。静かで自然豊かな秋キャンプをぜひ楽しんでみましょう。

秋キャンプの魅力が気になる方はこちらもチェック!

秋キャンプに適したアイテムや服装は日々新しくなってきます。その年ごとにおすすめのアイテムや服装が異なってきますので、そういった秋キャンプならではの情報や注意事項、魅力について気になる方はこちらの記事もチェックしてみましょう。

Thumb秋キャンプガイド!道具選びのポイントから寒さ対策まで秋を楽しむコツを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
秋はキャンプのベストシーズンです。初めてのキャンプの場合は、どのような道具が必要なのか迷いま...
Thumb秋キャンプにおすすめな服装は?最新アイテム14選と参考コーデをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
秋キャンプはどのような服装がよいのか迷いませんか?おしゃれをしたいけれど、秋は気温が低くなる...
Thumb秋キャンプの魅力とは?6つの楽しみ方と初心者が注意するポイントを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
秋は夏と比べると比較的涼しくなるため以外にもキャンプおすすめの季節です。標高や場所によっては...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ