クローゼットのハンガーを使った収納アイデア11選!吊るして整理する方法をご紹介!のイメージ

クローゼットのハンガーを使った収納アイデア11選!吊るして整理する方法をご紹介!

いつの間にか散らかってしまいがちなクローゼットを、ハンガーを使ってスッキリ整理しましょう。ハンガーを使って収納すると、たたまなくても楽に収納できるのが嬉しいポイントです。ハンガーで収納するときに知っておきたいクローゼットのアイデアをご紹介します。

2019年07月03日更新

yayoi
yayoi
DIYやハンドメイドなど「作ること」が得意です!わかりやすく、試してみたくなる情報をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. クローゼットをハンガーで整理しよう!
  2. クローゼットをハンガーで整理する前に
  3. クローゼットのハンガーの種類①
  4. クローゼットのハンガーの種類②
  5. クローゼットにハンガーを使うアイデア①
  6. クローゼットにハンガーを使うアイデア②
  7. クローゼットにハンガーを使うアイデア③
  8. クローゼットにハンガーを使うアイデア④
  9. クローゼットにハンガーを使うアイデア⑤
  10. クローゼットにハンガーを使うアイデア⑥
  11. クローゼットにハンガーを使うアイデア⑦
  12. クローゼットにハンガーを使うアイデア⑧
  13. クローゼットにハンガーを使うアイデア⑨
  14. クローゼットにハンガーを使うアイデア⑩
  15. クローゼットにハンガーを使うアイデア⑪
  16. クローゼットにハンガーのまとめ

クローゼットをハンガーで整理しよう!

Photo byJamesDeMers

お部屋にあるクローゼットは、たくさんの洋服が収納できて便利ですが、散らかりやすく整理が難しいと感じている方も多いのではないでしょうか?せっかくたくさん収納しても、いざ服を着るときにお目当の服が見つかりにくくては困ります。ハンガーでかけるだけで楽に服をしまえるクローゼットを、もっと使いこなしましょう。

Photo byPexels

この記事では、ハンガーをつかって服をたたまないでクローゼットにスッキリ整理するアイデアをご紹介します。せまいスペースでもたくさん収納できるハンガーや、家族でクローゼットをつかうときのアイデアなど、さまざまな方法をご紹介しています。ぜひお気に入りのアイデアを見つけて、クローゼットを整理してくださいね。

クローゼットをハンガーで整理する前に

今入っているものを点検する

Photo byStockSnap

クローゼットを整理するために、今クローゼットに入っている洋服や小物、バッグなどをすべて出して持ち物を点検します。長い間つかっていないものや、めったにつかわないものは処分することも考えます。また、別の場所に納戸などの収納スペースがあれば、そちらに保管することも考えます。日常的に使用するクローゼットは、できるだけ必要最低限の物をおくようにします。

たたむ服とたたまない服にわける

Photo byJohanna84

クローゼットに収納するものが決まれば、ハンガーにつるしてたたまない服と、引き出しなどにたたんで収納する服を決めます。場所が広い場合はできるだけたたまないでハンガーでしまう方が、洗濯物がそのまましまえるので便利です。毎日の服をしまうのができるだけ手間にならないように、たたまないでいいハンガー収納をします。

小物の収納方法も考えておく

Photo byCouleur

ハンガーでしまう服以外にも小物を一緒にしまう場合は、どのように収納するか考えておきます。頻繁につかうアイテムであれば一緒につるして横においておくのが、つかい勝手がよく便利です。部屋の他の場所に棚やボックスなどをおいて収納する方法もあります。

クローゼットのハンガーの種類①

滑りにくい素材のハンガー

出典: https://www.amazon.co.jp

ここからは、クローゼットにつかえるハンガーの種類をご紹介します。服や用途にあわせてハンガーを選ぶと整理しやすく、服も傷みにくくなります。滑りにくい素材でコーティングされたハンガーは、どんな洋服にもつかいやすいハンガーです。特に洋服にハンガー跡をつけたけくなかったり、セーターなどハンガーに吊るすと伸びてハンガーから落ちてしまう素材のものにぴったりです。

ジャケット用の厚みがあるハンガー

出典: https://www.amazon.co.jp

肩先に厚みがあるハンガーは、ジャケットなど肩の形を崩したくない洋服にぴったりです。ハンガー自体に厚みがあるので、クローゼットの中で服が押しつぶされてしまうことがなく、余計なしわもつきにくいです。形崩れさせたくない服にはこちらのタイプをつかいます。

パンツ用のクリップ式のハンガー

出典: https://www.amazon.co.jp

パンツやスラックスなど、普通のハンガーでは吊るすのが難しいアイテムは、パンツ用のクリップがついたハンガーがぴったりです。クリップの幅が変えられて広くできるものは、スカートにも使用でき、しわをつけたくない方は使用します。ただし、パンツやスカートにクリップ跡がつくのが欠点です。つかうときは履いたときに見えない位置をクリップでとめておきます。

クローゼットのハンガーの種類②

服もパンツもまとめて吊るせるハンガー

出典: https://www.amazon.co.jp

スーツのジャケットとパンツなど、着るときに同じ組み合わせで着るものは、ハンガーにバーやクリップがついているものがぴったりです。セットにしてクローゼットに収納すると、着るときにアイテムを揃える手間が省けます。毎日の手間をハンガーを工夫することで減らしましょう。

省スペースに吊るすハンガー

出典: https://www.amazon.co.jp

クローゼットがせまい方は、省スペースに吊るすことができるアイデアのハンガーをつかいます。同じ枚数の服をかけても、半分程度の少ない幅で収納できます。手持ちのハンガーがつかえるタイプも販売されています。洗濯物を干すときにつかえて兼用できるタイプが便利です。

小物用ハンガー

出典: https://www.amazon.co.jp

クローゼットにファッション小物を一緒につるして整理したい方は、小物用のハンガーがぴったりです。ベルト用のハンガーや、ネクタイ用のハンガーなど、アイテムに特化して作られているものがつかい勝手がいいです。デザイン性が高いものが多いので、おしゃれなものを選ぶと楽しいです。

クローゼットにハンガーを使うアイデア①

洋服の色ごとにまとめる

ここからは、クローゼットにハンガーをつかって整理するアイデアをご紹介します。クローゼットにハンガーで収納する服は、色ごとにまとめて吊るすと着るときに効率的に探せます。ハンガーにかけてクローゼットのバーに吊るすと、服がどのような形かわかりにくくなります。色を着たい服の手がかりにして探すと、見つけやすくなります。

色が近い順番に服を吊るす

ハンガーにかけた服は、色の濃さ順に並べるとより整理でき、服を見つけやすくなります。同じ色の系統が多い方にぴったりのハンガーで収納するアイデアです。どの色の服があるか把握しやすくなって、コーディネートがしやすくなるメリットがあります。

Photo byStockSnap

色ごとに並べておくと、手持ちの服がわかりやすくなるので、新しい服を購入するときに似た色の服を購入してしまう可能性が減って便利です。無駄なものを購入しなければ、その分クローゼットがすっきりして、クローゼットの整理につながります。

クローゼットにハンガーを使うアイデア②

着る人ごとに洋服をまとめる

ひとつのクローゼットに複数の人数分の服を収納する場合は、着る人ごとに洋服をまとめておきます。区切りを作ったり、ハンガーの色を変えたりすればよりわかりやすくなります。バラバラに収納してしまうと、どこに何があるかわからなくなってしまいがちです。兼用するアイテムがあれば、家族で兼用の置き場所として別に作るとわかりやすいです。

必要な服だけにすればスッキリ整理できる

家族が多くなればいつのまにか洋服がたくさんになって、クローゼットがいっぱいになってしまいがちです。アイテムを厳選して、どのシーズンも着まわしできるアイテムを揃えれば、クローゼットが狭くても整理可能です。たたんで収納するものと、ハンガーにかけて収納するものを工夫すれば、スッキリ収納できます。出番の多い服や、しわをつけたくない服はハンガー収納がぴったりです。

クローゼットにハンガーを使うアイデア③

洗濯物をそのまま収納する

Photo bywilhei

クローゼットでハンガーをつかって収納するメリットのひとつは、洗濯物をそのままたたまないで収納できることです。タンスや収納ケースの引き出しにしまうと、洗濯物があるたびに毎回たたまないといけないため面倒です。忙しい日々の手間を省くため、洗濯物はたたまないでハンガーにかけたまま収納します。

Photo by Norisa1

クローゼットにしまう前に、洗濯物がしっかり乾燥しているかきちんとチェックします。密室空間であるクローゼットに湿気がある状態で洗濯物をハンガーにかけて収納すると、ニオイやカビの原因になります。せっかくきれいになった洗濯物をダメにしないようにします。

洗濯と収納を同じハンガーで兼用

Photo by june29

洗濯物を干すときと収納するときで同じハンガーを兼用するためは、濡れても大丈夫な素材のハンガーを使用します。木製や布がつかわれたハンガーは、水に弱いので兼用ハンガーにつかうのは避けておきます。クローゼットにハンガーで収納したい洗濯物は、パラソルハンガーやピンチハンガーをつかわずに洗濯物を干します。

クローゼットにハンガーを使うアイデア④

収納ルールを決める

クローゼットに収納するときに自分だけのルールを作ります。オンシーズンとオフシーズンの服をどちらもたたまないでハンガーで吊るすのか、オフシーズンの服は違う場所や収納ボックスなどにいれておくのかなどを検討します。手持ちの服の数が少なければ、すべてハンガーで収納すると、服の入れ替えをしなくてよくなり衣替えが楽になります。

シーズンごとにするとスッキリ

洋服の量が多い方は、オンシーズンだけの服をハンガーにつるしてたたまないでクローゼットに収納します。たくさんハンガーにつるしておくと、着たい洋服を探すときに手間取ります。その季節に着る服は出来るだけ一か所に集めておくとスッキリしてつかいやすいです。

クローゼットにハンガーを使うアイデア⑤

スリムなハンガーをつかう

クローゼットが狭くて、たくさん洋服をハンガーでつるしたい方は、スリムなハンガーを使用します。クリーニング店でもらえることが多い針金ハンガーもスリムですが、服が滑りやすくてつかいにくいのであまり適していません。

滑り止めつきのスリムなハンガー

スリムなハンガーは、滑り止めの加工がしてある商品がつかい勝手がいいです。滑り止めがあるハンガーは洗濯物を干すときにつかって収納と兼用でき、風で服がずれたりハンガーから落ちたりしにくいメリットがあります。洗濯物が乾いたらハンガーをつけたままクローゼットにしまえて、洗濯も収納も兼用できます。

ハンガーのデザインは揃える

ハンガーの種類がバラバラだと、クローゼットにつり下げたときにスッキリして見えません。ハンガーのフックの部分の長さが商品によって違うため、つり下げたときに肩の位置がばらばらになって、ごちゃごちゃした印象になります。スッキリ整理するためには、基本的につかうハンガーを決めておきます。

クローゼットにハンガーを使うアイデア⑥

ジャケットとパンツをまとめる

出典: https://www.amazon.co.jp

スーツを着る機会が多い方は、ジャケットとパンツを一緒につるせて兼用できるタイプのハンガーを使用します。ジャケットとパンツを別々に収納すると、着るときに探すのに手間取ってしまいます。上下セットで着るのが基本のアイテムは、揃えてハンガーで吊るすのがぴったりです。

出典: https://www.amazon.co.jp

ジャケットとパンツを一緒にハンガーにかける場合、パンツにしわをできるだけつけたくない方は、クリップ式のハンガーをつかいます。ただし、ハンガーにつるしたら丈が長くなるので、クローゼットの下にメタルのラックや収納ケースをおくのが難しくなります。

着用後のスーツはすぐにしまわない

Photo bymatham315

スーツなど毎日洗濯しない服は、1日着用して脱いだ後にすぐにクローゼットへの収納は避けておきます。汗や湿気を含んでいるため、半日程度風通しのいい場所にハンガーでつるして、乾燥させてからクローゼットにしまいます。また、外でホコリや花粉などの目に見えない汚れがついているので、洋服ブラシでさっと払ってからしまいます。

クローゼットにハンガーを使うアイデア⑦

省スペースハンガーを活用する

部屋やクローゼットが狭く、限られた空間にたくさんの枚数の服を収納するためには、省スペースにハンガー収納できるアイデア商品をつかいます。ひとつのハンガーに複数のハンガーが取り付けられるようになっている構造で、ハンガーひとつぶんの幅にたくさん洋服が収納できます。

洗濯してから収納がスムーズに

クローゼットハンガー スリム 省スペース クローゼット 整理 収納スペースアップハンガー 6連 スマート あす楽対応
楽天で詳細を見る

洗濯物干し竿に取り付けられるタイプも販売されているので、洗濯物を干すときは広げて、収納するときには省スペースにといったつかい方もできます。穴にひとつずつハンガーが通せるので、干しているときに洗濯物がひっつかないのが嬉しいポイント。この商品をつかえば洗濯と収納のアイテムが兼用でき、兼用することで収納場所が2分の1になります。

パンツ専用のハンガーも便利

出典: https://www.amazon.co.jp

ひとつのハンガーにパンツが複数枚吊るすことができるタイプの商品も、省スペースにハンガー収納したい方にぴったりのアイデア商品です。滑り止めがついているハンガーが多いので、ハンガーから滑って落ちてしまいやすい素材の服でも安心です。一般的なハンガーでも上着とパンツは兼用できますが、専用のハンガーをつかった方が整理しやすいです。

クローゼットにハンガーを使うアイデア⑧

ファッション小物は吊るして収納

クローゼットのような広い空間に小さいファッション小物を収納する場合は、ハンガーでつるしてまとめて収納すると整理しやすいです。収納したいアイテムが決まっているのなら、そのアイテム専用に作られたものがつかい勝手がよくきれいに整理できます。

ベルトやネクタイは専用のものを

スーツを頻繁に着る方で、ネクタイやベルトの収納に困っているという方は多いかもしれません。ネクタイとベルト、それぞれ専用のハンガーをつかうとコンパクトに収納できます。まとめてつり下げると見やすくなるため、毎日のコーディネートが楽になります。

クローゼットにハンガーを使うアイデア⑨

メタルのラックを有効利用する

出典: https://www.amazon.co.jp

クローゼットにハンガーで吊るすと、下の空間が空いてしまいもったいないのでメタルのラックや収納ケースを置きます。頻繁に着る服はたたまないでハンガーにつるして、あまり着ない服や肌着類はたたんで収納するとスッキリします。

せまい空間のクローゼットは棚をおくと圧迫感がでてしまいがちなので、メタルのラックのような透け感のある棚がぴったりです。メタルのラックは自分で好きな高さや棚の数を選べるので、部屋のクローゼットにあったサイズを設置できます。

メタルのラックでクローゼット作り

もし部屋にクローゼットがなければ、メタルのラックで部屋にクローゼットを作るのがぴったりです。部屋の大きさや、手持ちの服の量にあわせてメタルのラックを設置します。クローゼットのように扉がないので、洗濯してすぐに収納できて便利です。メタルのラックなどに洗濯物をそのままつり下げる場合は、洗濯と収納が兼用できるハンガーをつかいます。

クローゼットにハンガーを使うアイデア⑩

子供服は子供の背に合わせて

小さい子供の服をクローゼットにつるして収納するときは、子供がつかいやすいようにバーの高さを工夫します。部屋のクローゼットのバーそのままでは高さが高いので、子供の身長に合わせてバーを設置するのが理想です。

Photo byhelvetio

バーをつけるのは手軽に突っ張り棒をつかうのがぴったりです。たくさんハンガーで服をかけても落ちないように、強力なタイプの突っ張り棒をつかいます。小さい子供が自分でつかえる高さに設置すると、自分で片付ける習慣が身につきます。クローゼットの幅が広くて突っ張り棒がつかえない場合は、メタルのラックなどの棚をつかいます。

上側の場所も有効活用

部屋のクローゼットの下側に子供服をハンガーで吊るすと、上側の空間があいてしまうので大人の服やオフシーズンの子供服をハンガーでつり下げておきます。それ以外のアイデアでは、袋をつり下げてぬいぐるみやおもちゃなどを収納するのも便利です。

クローゼットにハンガーを使うアイデア⑪

ウォークインクローゼット

通常の部屋にあるクローゼットよりも広いウォークインクローゼットは、たくさん服がしまえるのがメリットです。広い分散らかりやすいので、洋服の持ち主ごとに区画をわけてハンガーにつるします。

ウォークインクローゼットは広いため、スリムなハンガーや省スペースにできるハンガーをつかわなくても十分収納できます。そのためハンガーの厚みを気にしなくてもいいので、好きなタイプのハンガーが選べます。スリムなハンガーよりも厚みがあるハンガーの方が服の形崩れを防げるのがメリットです。

手が届きやすい位置に

Photo bysdnet01

もしウォークインクローゼットのバーの高さを変更できるのであれば、手を伸ばして届きやすい位置にバーがくるように設置すると取りやすくなります。上下段ある場合は、上の段を大人用、下の段を子供用とわけておくと整理がしやすくなります。たたんで収納するものを入れるためにメタルのラックなどがあると便利です。

クローゼットにハンガーのまとめ

ハンガーに服をつるしてクローゼットを整理するアイデアをご紹介しましたが、いかがでしたか?ハンガー収納は洗濯物をたたまないで収納できるので、忙しい毎日には大変便利です。ハンガーだけでなく、メタルのラックや収納ケースなどを活用して整理します。お気に入りのハンガーのアイデアがあれば、ぜひお部屋のクローゼットの整理に役立ててくださいね。
 

収納が気になる方はこちらをチェック!

クローゼットの収納以外にも、お部屋で服の収納が気になる方は、ぜひ下記のリンクをチェックしてみてください。気づいたら増えてしまいがちなTシャツの収納や、突っ張り棒をつかった収納のアイデアをご紹介しています。さまざまな方法で、お部屋の中をきれいに整理しましょう!

ThumbTシャツ収納術まとめ!収納の仕方別におしゃれな整理方法やたたみ方をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
いつのまにか増えてしまうことが多いTシャツを、すっきり収納しましょう。整理整頓の仕方やいろい...
Thumb突っ張り棒のおしゃれな収納アイデア11選!棚や壁面収納などの活用術を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
突っ張り棒を使った収納は、壁に傷がつかないため気軽に収納を増やすことができます。使う本数によ...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ