Twitter
Facebook
LINE

コールマンのガソリンランタン明るさや燃焼時間を解説!初心者でも使える?

touki241

コールマンのガソリンランタン明るさや燃焼時間を解説!初心者でも使える?

touki241

コールマンといえばアウトドア好きなら誰もが知る超有名アウトドア用品ブランドです。そんなコールマンの製造販売するガソリンランタンはキャンプや登山を趣味とする方であれば使ってみたいアイテムでしょう!アウトドア愛好家が愛するガソリンランタンの魅力をご紹介いたします。



コールマンというブランド性

皆様はコールマンというブランドをご存知でしょうか。大よそ一般的にはあまり知られていませんが、アウトドア界やキャンプ愛好家の方々からすれば知らない人がいない超有名ブランドです。コールマンというブランドはアメリカのアウトドア用品、主にキャンプ用品を製造販売している企業で、その歴史は大変深い物です。1900年からの歴史を経て、使用者はキャンプ初心者から上級者まで幅広く、非常に人気で評価も高いランタンです。

シンプルで間違いのない製品

コールマンのガソリンランタンは1世紀を越えるほど歴史が深く、当初のランタンから使用者のレビューを聞いて、初めての初心者の方々でも使えるように使い勝手もいいというように改良され続けています。しかし、コールマンのガソリンランタンは根本的な構造は同じであり、その間違いのない構造や機能は長い年月の間多くの人々に愛され続けています。ですから、キャンプにはまった初心者の方が初めてランタンの購入を検討している場合は、コールマンのガソリンランタンを進められるほど間違いのない製品なのです。

コールマンのガソリンランタンの歴史

最初にお伝えしましたが、コールマンの歴史は他のアウトドアブランドやキャンプ用品ブランドと比較しても大変深い物です。歴史が長くその長い時の中で熟成されて改良され続けたガソリンランタンを制作し続けているコールマンの人気は今も冷めません。コールマンのガソリンランタンを自分の物にしてキャンプに行き、夜辺りが暗くなり暗いテントをコールマンのガソリンランタンで照らして本を読むのであれば、コールマンの歴史を知っておいたほうがより楽しめます。

一世紀と数十年の歴史



コールマンはアメリカのウィリアムコフィンコールマンという方の名前で、その名前がブランドの名前となったのです。コールマンは1900年代にガソリンランプを製造販売していましたが、当時はガソリンランタンの粗悪品が多く流れていたため1905年に自社での初めてのガソリンランタンを製造販売しました。そのガソリンランタンがコールマンのガソリンランタンの全ての始まりなのです!また第一次世界大戦後にはキャンプストーブの製造販売もしていますので、ランタンも改良されてガソリン燃料の明るくて燃費の良い質のいい製品を世界におくり出しています。

コールマンのガソリンランタンの特徴

コールマンのガソリンランタンは主な製品で4種類存在しますが、それぞれに優れた特徴が存在します。ここでは代表的でもっとも一般的で初心者の方から上級者の方々まで幅広く人気な、ノーススターチューブマントルランタンの特徴を説明させていただきます。こちらのガソリンランタンの特徴は、マントルというランタンの光源部分が筒状になっているのが特徴で、230ワット以上の光度を持つ非常に明るいガソリンランタンです。また明かりを点火しやすい点火装置が付いていますので、初心者の方が初めてランタンを扱う際にも扱いやすいガソリンランタンです。

分解ができて操作がしやすい



コールマンの最新ガソリンランタンは共通して必要な場所が分解できるのがレビューでも人気となっています。分解ができる利点は手入れがしやすいということ。コールマンの製品に関わらずガソリンランタンというものには光源となるマントルという部分が必ず存在します。そのマントルを使用後に手入れをしていればガソリンランタンの劣化も防げますし、ガソリンランタン自体の寿命を長く伸ばすこともできるのです。

コールマンのガソリンランタンの種類

現在販売されているコールマンのガソリンランタンは3種類ですが、どれも初心者の方でも使いやすく、大切に手入れをしていれば一生涯使用し続けることができるほど優れたガソリンランタンです。次はコールマンを語るに必要不可欠なガソリンランタンを3種類特徴を説明させていただきます。

ノーススターチューブマントルランタン

コールマンのガソリンランタンを知るならばまずはこのノーススターチューブマントルランタンを知るべきでしょう。このランタンはコールマンのガソリンランタンの代表作も代表作で、初心者がガソリンランタンを求めている場合、こちらのランタンを選ぶのが最も正解と言えます。こちらの製品の特長としては燃料にホワイトガソリンを使用し、燃料タンクも大容量です。ほぼ自動でできる点火装置もついていますので、着火時に恐れることなく点火できます。

ワンマントルランタン

コールマンのワンマントルランタンは同じくホワイトガソリンで使用できます。ワンマントルランタンの特徴としては他のガソリンランタンと比較しても扱いが手軽ということ。まず現在コールマンで販売しているガソリンランタンの中で最も価格が低く、他のランタンと比較して容量は少し小さいですが、それでも十分燃焼時間は長く明かりを灯し続けられます。サイズもコンパクトのため、夜中テント内で読書をしたいときに明るさが欲しいときなど手軽に使えるのもポイントです。

パワーハウスツーマントルランタン

コールマンのパワーハウスツーマントルランタンは性能がノーススターチューブマントルとほぼ同じです。少し違う所といえばノーススターの明るさが230Wに対してパワーハウスが190Wと少しくらいポイントです。ノーススターと比較して点火装置が付いていないため、昔ながらのガソリンランタンを楽しめるのがパワーハウスの最大の人気ポイントです。実はこちらの製品が発売された当初、なんとこのガソリンランタンが正解で一番の明るさを持っていたと言われています。

現在ではマニアのプレミア製品

コールマンは1990年の時点で4種類のガソリンランタンを製造販売していました。どのガソリンランタンも発売された当初は世界で驚くほどの明るさと燃費の良さ、燃焼時間の長さが驚かれていました。それは現在販売中の3種でも変わらず、むしろ改良が進んで更に素晴らしい製品になっています。残念ながら、かつてあった4種類のうち1つのガソリンランタンが現在では姿を消してしまっています。そのガソリンランタンの名前は200Aランタン。マニアの間では喉から手が出るほど欲しいガソリンランタンです。

マニアにはたまらない200Aの赤ランタン

現在では製造されていないヴィンテージランタンである200Aランタンは、古くからの愛用者たちから非常に人気であり、赤ランタンやオールドコールマンなどの愛称で呼ばれていました。明るさは現在の明るさとほぼ変わらない190W相当の明るさとなっておりますが、ガラス部分が黄色ですので点火をすれば暖色の落ち着いた明るさが味わえます。オールドコールマンという相性の通り1950年代から製造されて1990年半ばまで販売されていた製品です。ヴィンテージがお好きな方でしたら、200Aよりさらに限定的な200Bも魅力でしょう。

コールマンのガソリンランタンの性能と仕様

現在では3種類販売されているコールマンのガソリンランタンですが、どれも大切に扱えば半永久的に使える素晴らしいガソリンランタンです。コールマンのガソリンランタンは昔ながらの間違いのない構造を守っていますので、耐久性も優れているのです。また明るさや初心者が初めてでも使えるといったような使いやすさにも重点を置いていますので、性能や機能、またガソリンランタンそのものの仕様も素晴らしいものというのがお分かりになることと思います。

長く支持され続けているガソリンランタン

ガソリンランタンは照明道具です。今ではアウトドアやキャンプなどで使える照明道具ですが、コールマンのコールマン自身が自分の会社から製造販売させた時代ではまだメイン照明器具として使用されていた時代でした。そんなコールマンのガソリンランタンが一世紀以上も人気な理由は明るさや燃費、そして明るさを保つ時間である燃焼時間が長いなどの性能の良さもありますが、初心者でもガソリンランタンを購入してからすぐに手元を明るくできるような簡単に使える仕様が人気の秘密です。

コールマンのガソリンランタンの明るさ

コールマンのガソリンランタンは最初にお伝えしましたが、シリーズを発売する当初は、他社のどんなランタンより明るいガソリンランタンを製造してそのシリーズを販売していました。このことは大変すばらしいことで、コールマンの技術が確かな事が頷けます。現代では電気照明の技術が格段に飛躍しているため、ガソリンランタンなどの燃焼光源よりも明るいランタンはいくらでも存在します。しかし、今なおコールマンのガソリンランタンが人気なのはガソリンランタンならではの燃焼時間のと明るさが人気だからです。

十分な明るさ

コールマンに限らずガソリンランタンなわけですから、重要な性能ポイントは明るさになります。夜間のテントや夜釣りなどを行う際に明るさは当然使用者から求められています。コールマンのガソリンランタンは明るさが低い物でも130Wあり、高い物では230Wあります。これらの明るさは手元は勿論のこと、テントであればテント内全体を明るくするのに十分な明るさです。また燃費や燃焼時間についてですが、コールマンのガソリンランタンは基本ホワイトガソリンになりますので、燃焼時間も長く燃費も申し分ありません。

コールマンのガソリンランタンの燃焼時間

ガソリンランタンとして重要なのはなんでしょうか。まずランタンですので、先ほど説明させていただきました通り明るさはガソリンランタンにとって一番重要なポイントです。そしてガソリンランタンとはガソリンを燃料として明るさを保つランタンですので、燃料となるガソリンの燃費も大事です。さらにガソリンで明るさを保つのですから、ガソリンの燃焼時間も明かりの時間に直結しますので重要です。次はッガソリンランタンにとって重要な燃費と燃焼時間について説明させていただきます。

燃費はいい?燃焼時間をご紹介

まずコールマンに限らずにキャンプ用品であるガソリンランタンやストーブなどに使用されている燃料はホワイトガソリンというものです。こちらの燃料は日本だと白ガスとも呼ばれていますが、ガソリンでもガソリンスタンドにはなかなかないガソリンです。ホームセンターに行けば1Lから4L単位で販売されています。こちらを燃料とするわけですが、コールマンのガソリンランプの燃焼時間は代表的なノーススターをみても940Lの容量で燃焼時間が7から14時間ですので、燃費も良いです。キャンプなどのアウトドアでは燃費のよさは人気のポイントです。

マントルについて

キャンプ用品やガソリンランプを初めて使う初心者の方々からすればマントルというのは聞きなれない物です。このマントルという部分はガソリンランプの光源となる部品ですので、ガソリンランプの中で最も重要な部品ともいえます。こちらのマントルはガソリンランプを使えるようにする際に重要な作業がありますので、初心者の方が初めてガソリンランプを使用するために最初に作業内容を確認しておきましょう。

マントルは空焼きが必要

ガソリンランタンを使えるようにするための作業の前に、なぜマントルが光源になるのかを説明させていただきます。マントルを使用する燃焼系のランタンの仕組みとしては、袋状のマントルの中に燃焼を燃焼させて気化させ、そのガス状になった燃料をマントルの中に貯めることによって光源となります。綺麗にランプを点灯させるためには空焼きという手順が必要で、理由はマントルの余分な繊維を焼くためです。マントルを一度燃焼させて灰状にさせれば、初めて点灯させる際に綺麗に光ります。

コールマンのガソリンランタンのレビュー

コールマンのガソリンランタンの情報を知れば知るほど、そのランタンの性能などの素晴らしさが分かり、歴史の深さにも興味惹かれることでしょう。そうなればキャンプが趣味の方では欲しくてたまらなくなります。しかし、コールマンの公式ホームページや情報サイトでいくらガソリンランプの性能や仕様を確認して理解したとしても、実際に購入して使用されている方の貴重でリアルなレビューを無視して購入するのは少しもったいないです。次は重要な参考としてレビューをご紹介いたします。

50過ぎからソロキャンプ始めて、3年のオヤジキャンパーです。今までLEDランタン、モスキートランタン、オイルランタン等揃えて使ってきたのですが、ガソリン部類のランタンを持っていなくて、使いやすさからガスランタンを購入しました。やはり、炎の灯りはいいですね。オイルランタンと組み合わせて使っていこうかと思います。ソロキャンプでは、癒されそうです。大切に使っていこうかと思います。ありがとうございました。

口コミレビューをされた方の仰る通り、ガソリンランタンは炎の明かりで周りを照らす照明器具ですので、LEDや電球などの電気照明器具とはまた違った味わいがあります。ソロキャンプでガソリンランタンはロマンの塊ですので、楽しめます。

今まで安全面を考慮しLEDのランタンを使用していましたが、今回ノーススターを購入しました。 結果、こちらの方が明るく感じます。虫は以前より寄ってくるような気がしますが、買ってよかったです。 ガスも意外に早く減ります。

口コミレビューをされた方が仰る通り、炎で明かりを作るランタンは非常に明るいです。夜のキャンプですと、炎を見ながらコーヒーを飲むととても癒されます。またガソリンランタンは手入れ次第では半永久的に使用し続けられますので、一生もののランプとして大事にするべきです。

コールマンのガソリンランタンは初心者にこそ!

コールマンは最初にお伝えさせていただきましたが、キャンプブランドの中では最古参の部類に属します。すなわち歴史やメーカーの経験が段違いなのです。そんなブランドが製造販売するガソリンランタンはキャンプの上級者や熟練者が愛用するイメージもありますが、素晴らしい製品だからこそ初心者にこそ使用してほしい製品です。レビューでも多く書かれていますが初めて使うのにも操作が簡単ですし、燃費も気にならない大容量の燃料タンクですのでアウトドアを満喫しきることができます。

コールマンのガソリンランタンの使い方

初心者の方々が初めてコールマンのガソリンランタンを購入されて使えるようになるには操作方法を覚える必要があります。しかし、コールマンのガソリンランタンは初めて使う初心者の方々でも簡単に使えるようになるほど操作が簡単ですので、一緒に確認していきましょう。

初めて使うさいの操作方法

まずコールマンのガソリンランタンを購入したら使えるようにするために必要な操作があります。ガソリンランタンはホワイトガソリンを燃料としますので、ランタン本体に燃料を注入しなければなりません。この作業はガソリンランタンの醍醐味ですので、不思議と面倒くさく感じません。そしてポンピングという加圧して燃料を送り出す工程があります。こちらの作業もガソリンランタンならではの醍醐味です。そして最後にマントルを取り付けて空焚きをした後は自由にキャンプに持っていけます!

コールマンのガソリンランタンの手入れ方法

コールマンのガソリンランタンは一生使っていけるランタンです。そのため購入される方には大切に使用することをおすすめいたします。一生物という物は荒く使って味を出す物ではなく、大切に扱い続けることによって自然に滲み出てくるものです。ですのでキャンプなどのアウトドアで使用された後はガソリンランタンを丁寧に手入れをする必要があります。

素晴らしい物だからこそ

コールマンのガソリンランタンは大まかな分解が可能です。ガソリンランタンのガラスもマントルを取り付けるために外せますので、汚れてしまった際には綺麗に拭き取りましょう。また燃料タンクも古い燃料を長く放置しすぎるとランタンにも影響が出ますので、長期間使用する予定がない場合は燃料を抜いて洗浄するといいです。またマントルは消耗品ですので、劣化していると感じた場合は取り替えましょう。

コールマンのガソリンランタンを使ってみよう!

燃費やレビューも素晴らしいコールマンのガソリンランタンを購入したら実際に使ってみる他ありません!ガソリンランタンの使い道はレビューをみても様々ですが、一番多い用途としては夜のキャンプの明かりと雰囲気取りでしょう。キャンプにガソリンランタンを持っていくさいには燃料漏れや状態保存のためにガソリンランタンを立てた状態で持っていきましょう。車の場合も同様で立てて積み込みましょう。夜キャンプ場につけば辺りは暗く静けかえっていますそんな時にガソリンランタンを使用すれば、静寂の中に炎の音が聴こえ、明るさも雰囲気を作ります。

コールマンのガソリンランタンの魅力まとめ

コールマンのガソリンランタンの魅力や性能、使い方やレビューをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。知れば知るほど素晴らしいガソリンランタンですが、最後にコールマンのガソリンランタンの魅力をまとめさせていただきます。使用者のレビュー通りの素晴らしい性能と炎特有のぬくもりがやはりレビューでも高評価でした。それにコールマンのガソリンランタンは初心者の方でも安全に使用しやすい設計となっていますので、初心者の方にこそおすすめできる製品です。

キャンプ用品が気になる方こちらをチェック!

キャンプの雰囲気が更によくなる素敵なキャンプ用品はコールマンのガソリンランタンだけではございません!他にも多数素晴らしいアイテムがございますので、下記の記事から是非ご覧ください。

Movie動画記事

予算1万円設定でキャンプ道具揃えてキャンプやってみたらヤバかった

キャンプ道具と言えば1つ1万円を超えるものも沢山ありますが、今回はキャンプ道具全部合わせて1万円以内というルールでキャンプしてみました! 結論としては、不可能ではないのですが、やはり不足感はあるといっ...

賃貸・借家でもOKのキャンプギア収納壁を作ってみた

憧れのキャンプギア棚を作るべく、ラブリコとディアウォールで柱を立てて、有孔ボードのギア壁を作りました!水性塗料を塗るところから設置するところまで撮影していますので、参考になれば幸いです! ラブリコの...

新型ジムニーで1週間車中泊生活してみたら想像以上に辛かった…

1日だけなら車中泊は楽勝ですが、もしも7日間連続で車中泊をするとどうなるのか?2ヵ月前に届いた新型ジムニーでやってみました! 結果、超辛かったのでもうやりません…。 【初心者から始める毎日キャンプ生...

キャンプ初心者に「好きなだけギア買ってきて!」と伝えてみたらこうなった…

「今日中ならキャンプギア買い放題です!」と暮らしーの編集部から言われ、急いでワークマンとゼビオに行って爆買いしてきました! ですが、本当にそんなにギアが必要なのかと考えてしまい、意外と大量に買えずに終...

デカカツオHIT!!!!! #shorts

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉