シマノ「19 ビーストマスター 6000」!新型モデルで夏のキハダを攻略!のイメージ

シマノ「19 ビーストマスター 6000」!新型モデルで夏のキハダを攻略!

「19 ビーストマスター 6000」は、シマノの新作ハイエンド電動リールです。前作の14年モデルをベースに、改良を重ねたブラッシュアップモデル。キハダ、ディープな釣りにおすすめ!「19 ビーストマスター 6000」で、高負荷なターゲットを攻略しましょう!

2019年06月26日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「19 ビーストマスター 6000」でビッグゲーム!
  2. 「19 ビーストマスター 6000」とは
  3. 「19 ビーストマスター 6000」のターゲット
  4. 「19 ビーストマスター 6000」は簡易魚探表示搭載!
  5. 「19 ビーストマスター 6000」の強化点をチェック!
  6. 「19 ビーストマスター 6000」の搭載機能について
  7. 「19 ビーストマスター 6000」の基本スペックについて
  8. 「19 ビーストマスター 6000」の価格と発売日
  9. 「19 ビーストマスター 6000」のバッテリーについて
  10. 「19 ビーストマスター 6000」でキハダをゲット!

「19 ビーストマスター 6000」でビッグゲーム!

モデルチェンジした6000番をチェックしよう!

キハダ、カツオ、ディープのスルメイカと高負荷な釣りで活躍していた「ビーストマスター 6000」がモデルチェンジ!前作となる14年モデルをベースに、パワーアップを遂げた19年モデルが登場します。定価は14年モデルと同一なので、新品での購入をお考えだった方は要チェックです!

「19 ビーストマスター 6000」とは

シマノのハイエンド機がモデルチェンジ!

ビーストマスター 6000

出典: http://fishing.shimano.co.jp

「19 ビーストマスター 6000」は、シマノの電動リールハイエンドモデル、ビーストマスターシリーズの新型モデルです。今年モデルチェンジが行われるのは6000番のみで、新型から組み込まれるようになった簡易魚探表示を搭載。デザインや機能は評価の高い14モデルを踏襲しつつ、出力アップを目指した内容になっています。信頼性の高さは抜群!大型電動リールの購入を検討されていた方は、是非チェックしてみてください!

「19 ビーストマスター 6000」のターゲット

メインターゲットを3つに分けてご紹介!

「19 ビーストマスター 6000」のターゲットについてです。人気のマグロ、カツオをはじめ、ディープなターゲットやヘビーな泳がせ釣りでも活躍してくれるパワフルなスペックが持ち味。3000番に比べるとかなり自重がありますが、ラインキャパシティや巻き上げ力には6000番ならではの魅力があります。3000番と6000番どちらを選ぶのか、じっくり吟味しながら検討してみましょう!

①マグロ・カツオ

メインターゲットはマグロとカツオ!味は抜群、シーズンになれば遠征無しでも十分に大型が期待できる釣りとして非常に人気の高い釣りモノです。他の魚種に比べて引きが強くタフな魚としても人気があり、不意のキハダ40kgオーバーまでを視野に、スムーズなやり取りができるタックルを、と考えるなら、リールにも相応のパワーが必要になります。パワーのある電動リールはサメ対策としても効果的です!

②スルメイカ

こちらも数が出て美味しい、沖釣り人気のターゲットです。特別強い引きを持つタイプではありませんが、大型スルメイカを多点掛けした時の負荷はかなりヘビーです。PE4号150号オモリであれば3000番、深場で300号オモリまで使う、という方には、6000番クラスがおすすめ。同じくディープでヘビーなキンメ、アカムツでも活躍してくれるリールなので、中深場ファンの方は是非検討してみて下さい!

③遠征泳がせ

遠征で大型カンパチ、クエなど大型化する根魚を狙う釣りでも、豊富なラインキャパシティとシマノ最強のモーターパワーが活躍してくれます。信頼性の高さと強力なパワーでアングラーをサポート!ディープな泳がせ、ヘビーな泳がせといったスペシャルな釣り用のリールとしても要チェックです!

「19 ビーストマスター 6000」は簡易魚探表示搭載!

新機能簡易魚探表示を楽しもう!

簡易魚探表示

出典: http://fishing.shimano.co.jp

「19 ビーストマスター 6000」は、新型のビーストマスターシリーズに搭載されている簡易魚探表示を搭載。船の親機から探見丸の情報を受信して、リール液晶画面に水深や地形の変化を表示します。水深と地形表示、反応のあるタナの表示は自動切り替えで、必要な情報を素早く表示!タイミングを逃さず、よりアクティブな釣りが楽しめるようになる機能です。

探見丸親機搭載船をチェック!

簡易魚探表示は探見丸親機の情報を表示する機能なので、使用するためには対応する船宿を見つける必要があります。反応のあるタナを表示する機能はアキュフィッシュ対応の探見丸親機を搭載した船限定、水深と地形表示も探見丸親機搭載船限定の機能です。シマノ公式ホームページから対応する船宿をチェックして、「19 ビーストマスター 6000」の機能をフルに活用しましょう!

関東|探見丸搭載船情報|釣り情報|シマノ -SHIMANO-

「19 ビーストマスター 6000」の強化点をチェック!

14年モデルからの強化点を3つご紹介!

「14 ビーストマスター 6000」からの強化点についてです。大幅な変更点は無く、ベース機に小さな改良を複数加えてアップグレードしたというのが今回のモデルチェンジの概要。先ほどご紹介した「簡易魚探表示搭載」と、10%程度の実用巻上持久力アップというのが目玉のポイントになります。スペックアップは間違いないので、新品を買うなら19年モデルがおすすめです!

①実用巻き上げ持久力10%アップ!

「19 ビーストマスター 6000」モデルチェンジの目玉となるポイントです。モーターは14年モデルと同じ「ギガマックスモーター」となっていますが、制御の改良によって効率がさらにアップ。実用巻上持久力というシマノ規格の表示で約10%程度パワーが上がっています。大きなモデルチェンジではなく、ベースモデルのよさを活かしながら小さな改良を複数行った、というのが「19 ビーストマスター 6000」モデルチェンジのポイントと言えそうです。

②アルミ冷間鍛造クラッチレバー搭載

実釣中触れる機会の多いクラッチレバーは、シマノの強みであるアルミ冷間鍛造のパーツに変更。強化点としては小さな部分ですが、より快適に釣りが楽しめるようになっています。他パーツ類については、ベアリング数は変わらず全てSA-RBに変更、遊星ギア等はそのまま継続となっています。

③言語切替

液晶表示を英語、韓国語、中国語に切り替えることができるようになりました。かなり高額なアイテムですが、特別な贈り物としても活躍する場面が出てくるかもしれません。海外での展開が活発になりそうなので、国外での活躍にも期待しておきましょう!

「19 ビーストマスター 6000」の搭載機能について

搭載機能を3つご紹介!

「19 ビーストマスター 6000」の搭載機能についてです。ご紹介しきれない機能も含め、基本的には「14 ビーストマスター 6000」と同一。「ギガマックスモーター」の三年保証もついてきます。シンプルな使用感も魅力的!シマノ電動リールを使ったことがある方であれば、スムーズに遊べる内容となっています。

①楽楽モードと速度一定モード

「14 ビーストマスター 6000」にも搭載されていた巻き上げモードの切り替え機能です。楽楽モードは魚の引き込みに合わせてテンションをキープするモードで、バラシを大幅に軽減。食い上げに対しても巻きでテンションをキープしやすいモードになっています。速度一定モードはスタンダードな巻き上げで、負荷ではなく速度を優先するモード。ゆっくり巻き続けて誘う場合は、このモードの使用が推奨されています。

②ギガマックスモーター

GIGA-MAX MOTOR

出典: http://fishing.shimano.co.jp

ビーストマスターシリーズに搭載されている高性能な心臓部です。巻き上げ力の強さはもちろん、ブラシレスで寿命アップ、高温時でも性能を発揮しやすく、高実績で信頼性はバッチリ!新型の電動リール全般で推奨されているポイントではありますが、性能をフルに発揮するためには高性能なバッテリーが必要になるモーターでもあります。

③e-エキサイティングドラグサウンド

ドラグは大物向けのカーボンクロスワッシャーを搭載。挙動は電子音の「e-エキサイティングドラグサウンド」がリアルタイムで伝達してくれます。エキサイティングなファイトを演出するだけでなく、やり取りの判断にも使える重要な機能!ピピピという音が苦手な場合は設定でOFFにすることもできるので、ご自身の好みに合わせてセッティングを調整してみてください!

「19 ビーストマスター 6000」の基本スペックについて

ラインキャパシティはPE8号600m

ラインキャパシティはPE8号600m。6号でも750m、12号350mと十分なキャパシティが用意されています。8号が600m巻ければアカムツは十分、中級クラスのキンメも視野にキハダやカツオをバッチリ楽しめるスペックとなっています。PE4号のスルメイカにはオーバースペックなリールですが、ディープを重いオモリで攻めるスルメイカなら下巻きを入れた6号セッティングでOK!船宿推奨の道糸号数をチェックしながら、用途をじっくり吟味してみましょう!

自重1370g、最大ドラグ力30kg!

自重は1370gとかなりヘビー。同じビーストマスターシリーズの3000番が845gなので、500g以上重いです。最大ドラグ力は30kgと3000番より10kg強いので、ラインキャパシティとパワーを考慮しながら検討してみましょう。シマノ巻上力、実用巻上持久力といった数値にも1.5倍程度の差があります!

「19 ビーストマスター 6000」の価格と発売日

発売日は2019年7月

発売日は他のシマノ新型モデルと同じく2019年の7月。夏の新作として展開されます。相模湾をはじめ、キハダ、カツオでデビュー戦を楽しみたい方にはピッタリのタイミングと言えそうです。高額なのですぐに売り切れるタイプのアイテムとは言えませんが、流通数が少ないアイテムでもあります。発売直後にゲットしたい方には、釣具店での予約がおすすめです。

価格は定価150,000円

シマノ SHIMANO 19 ビーストマスター 6000【新製品 予約 入荷次第ご連絡】
楽天で詳細を見る

価格は定価150,000円。価格設定も「14 ビーストマスター 6000」と同一の内容になっています。モデルチェンジによるセール品との価格差をチェックしておきたいところですが、基本的にはスペックアップを果たした新型がおすすめ。現在は120,000円前後で予約を受け付けているショップが多く、実売価格もこの水準で推移することになりそうなので、釣行頻度や釣りモノをイメージしながら検討してみましょう!

「19 ビーストマスター 6000」のバッテリーについて

大容量バッテリーを用意しよう!

「19 ビーストマスター 6000」は強力な「ギガマックスモーター」を搭載した新型モデル。スペックに見合ったバッテリーに接続することで、本来のスペックを発揮できる電動リールです。キハダ、カツオでパワーをフルに発揮する場合、スルメイカやアカムツで長時間稼働する場合、どちらも使用する電力量が多いので、容量に余裕のあるバッテリーを一緒に用意するのがおすすめ。小型の電動リールからバッテリーの流用をお考えの場合は、容量を確認してから釣りに出かけましょう。

電力丸なら間違いナシ!

同じシマノ製の「電力丸 10Ah」なら間違いナシ。高額ですが14.8V×10Ah=148Whと容量が大きく、スルメイカ等高負荷な釣りも余裕をもって楽しめます。リチウムでサイズ、重さもバッチリ!スペックの高い電動リール全般におすすめのバッテリーです!

「19 ビーストマスター 6000」でキハダをゲット!

ハイパワーな電動リールで釣りを楽しもう!

電動リールのパワーが快適性に直結するキハダ、カツオ、スルメイカ。高負荷であればあるほど、下位グレードとのスペックの違いが現れます。信頼性の高い前作を踏襲、モデルチェンジでスペックアップした「19 ビーストマスター 6000」なら快適性は間違いナシ!高額なアイテムですが、年間を通して使い込める方は是非検討してみてください!

シマノが気になる方はこちらもチェック!

シマノの新作が気になる方は、下記のリンクをチェック!2019年春の新作アイテムを中心に注目のアイテムをまとめた、船竿新作まとめ、電動リールのおすすめ8選をご紹介します。シマノ電動リールはコスパに優れる「フォースマスター」も非常に魅力のあるアイテムなので、こちらも合わせておきましょう!

Thumb【2019】シマノ船竿新作まとめ!入門向けのBBシリーズが充実! | 暮らし~の[クラシーノ]
シマノ船竿新作をまとめてご紹介!2019年春の新製品を一気にチェックしましょう!今年はLT向...
Thumb【2019】シマノ電動リールのおすすめ8選!定番モデルで沖釣りを始めよう! | 暮らし~の[クラシーノ]
シマノ電動リールのおすすめをまとめてチェック!2019年のラインナップから、おすすめのモデル...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ