コアマン「ローリングジグヘッド」!ローリング重視のコンパクトヘッドでシーバスをゲット!のイメージ

コアマン「ローリングジグヘッド」!ローリング重視のコンパクトヘッドでシーバスをゲット!

ローリングジグヘッドは、コアマンの2019年新作ジグヘッドです。バイブレーションジグヘッドの対となるローリング重視のジグヘッドで、デイナイトを問わずシーバスゲームにおすすめ。ローリングジグヘッドをゲットして、ワームでシーバスを攻略しましょう!

2019年06月08日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ローリングジグヘッドでシーバスゲーム!
  2. ローリングジグヘッドとは
  3. ローリングジグヘッドのアクション
  4. ローリングジグヘッドのレンジについて
  5. ローリングジグヘッドはフックがポイント!
  6. ローリングジグヘッドにはアルカリシャッド!
  7. ローリングジグヘッドのウェイトラインナップ
  8. ローリングジグヘッドの価格と発売日
  9. ローリングジグヘッドとバイブレーションジグヘッドを使い分け!
  10. ローリングジグヘッドを動画でチェック!
  11. ローリングジグヘッドでシーバスをゲット!

ローリングジグヘッドでシーバスゲーム!

アルカリシャッド対応の新作ジグヘッドが登場!

アルカリシャッドに対応!コアマンの2019年新作ジグヘッド「ローリングジグヘッド」をご紹介します。バイブレーションジグヘッドよりも軽くてナチュラルアピール!シーバス向けのジグヘッドをお探しの方は、是非チェックしてみてください!

ローリングジグヘッドとは

コアマンの2019年新作ジグヘッド

ローリングジグヘッド

出典: https://www.amazon.co.jp

「ローリングジグヘッド」RJは、コアマンの新作シーバス向けジグヘッドです。コアマンの人気ワーム「アルカリシャッド」に対応するジグヘッドで、定番ジグヘッドとなったVJこと「バイブレーションジグヘッド」よりもローリングを重視した設計が特徴。シングルフックタイプではなく、ワームキーパー+上部ダブルフックの構造を採用した点も非常に大きな特徴となっています。こちらも人気間違いナシ!デイゲームはもちろん、ナイトゲームでも活躍してくれる期待の新製品です!

バイブレーションジグヘッドの兄弟モデル!

コアマン:バイブレーションジグヘッド VJ-16 #004:シルバークロームヘッド/トウゴロウイワシ【スイムベイト/ワーム】
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

登場から瞬く間に定番アイテムへと上り詰めた「バイブレーションジグヘッド」。中でも軽めの「VJ-16」は、抜群の釣果からシーバスジグヘッドならコレ!というレベルにまで評価を高めています。「パワーブレード」をはじめシーバスデイゲーム向けの製品がかなり強いメーカーなので、日中の釣りがメインの方は是非チェックしてみてください!

ローリングジグヘッドのアクション

ハイピッチローリング「ドリルロール」が大きな魅力

ローリングジグヘッドの魅力は、シーバスが好むストレート気味のローリングアクション。左右にひねりが入りながらテールや頭を振らず真っすぐに泳ぐ、というタイプのアクションにシーバスは強く反応します。デイゲームに必要なリアクションの要素は、ピッチスピードの上昇で表現!ラインを左右に振る横向きラインアイ、左右に重さを作れるダブルフックの採用で、他のジグヘッドには無い強烈なローリングを生み出せるジグヘッドに仕上がっています。

スローに巻いてもしっかりローリング!

ゆっくり巻いてもしっかり泳ぐローリングジグヘッド。デイゲームだけでなく、速度を落としてナイトゲームといった使い方も楽しめるジグヘッドになっています。ゆっくり見せる、流すようなアプローチにも対応できる器用さで、出しどころは非常に豊富!「バイブレーションジグヘッド」のローテーション先としてもおすすめできるジグヘッドです。

ローリングジグヘッドのレンジについて

ローリングジグヘッドのレンジを3つに分けてご紹介!

ローリングジグヘッドのレンジについてです。バイブレーションジグヘッド同様浮き上がりを重視したセッティングで、表層付近のレンジにバッチリ対応。フォールで沈めて使えるジグヘッドの特徴から、シーバスのいるレンジを探すルアーとしても役立ちます。バイブレーションジグヘッドよりも軽いウェイト構成になっているので、シャロー、表層の釣りをメインに投入してみましょう!

①浮き上がりやすいセッティング

ローリングジグヘッドの素材は比重の軽いマテリアルで、浮き上がりやすさを重視したセッティング。バイブレーションジグヘッドと同じこの特性は、表層系のベイトについたシチュエーションの攻略で非常に大きな武器になります。ボトムを探るときはパワーブレード、表層から中層ならジグヘッドのイメージで遊んでみましょう!

②シャロー、表層直下におすすめ!

浮き上がりやすい特性で、シャローや表層直下を攻略しやすいローリングジグヘッド。デイゲームでテトラについたシーバス、ナイトゲームでレンジの上がったシーバス、どちらを狙う時でも活躍してくれるジグヘッドに仕上がっています。上部に固定されたフックで、根掛かりのリスクも軽減!ストラクチャータイトな釣りでの活躍も期待できそうです!

③沈めてレンジコントロール!

沈めてある程度レンジをコントロールできるのがジグヘッドの大きなメリット。柔軟にレンジをコントロールして、当日の状況を探るような釣りにも適しています。浮き上がりやすい特性をイメージしながらフォールを入れれば、中層より下のレンジまでサーチ可能!反応があればレンジにマッチしたルアーへローテーション、効率よくシーバスを攻略できます!

ローリングジグヘッドはフックがポイント!

ローリングジグヘッドのフックを3つに分けてご紹介!

ローリングジグヘッドのフックについてです。上部にダブルフックをピンで固定する独特の構造は、ブレードルアー「バックチャター」から受け継がれたコアマンオリジナル設計。ローリングアクションを高めるだけでなく、シングルよりも掛かりやすい、フリーになって外れにくいといった部分も魅力的です。独特な構成なので、気になる方は是非チェックしてみてください!

①上部接続のダブルフック!

ローリングジグヘッドのフックは、上部にダブルフックを搭載した独特なセッティング。シングルフックよりも掛かりがよく、フック交換にも対応できる構造が採用されています。トレブルフックよりも根掛かりに強く、浅いエリアを引きやすい!テトラの上を通すような使い方にもおすすめです!

②ピン固定で掛かると外れる仕様

ダブルフックはピンでジグヘッド本体に固定されており、一定以上の負荷が掛かると外れてフリーになる設計。魚が掛かるとフックは柔軟に動くポジションとなり、バラシを防ぐ役目も果たします。エラ洗い等、掛けてから暴れるシーバスのファイトにバッチリ対応!外れにくさもローリングジグヘッドのストロングポイントです。

③バックチャターと同じ構成!

バックチャター BC-26 #005(グリーンイワシハラグロー)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

これらの構成はコアマンのスピンテール「バックチャター」と同じ構成。ローリングジグヘッドのフックサイズについては記載がありませんが、バックチャター用に設計された「コアマンダブルフック CD21」が使えそうです。がまかつ製でハイクオリティ!インプレはフックサイズ、フック交換についての部分もチェックしておきましょう!

ローリングジグヘッドにはアルカリシャッド!

定番ワームをセットしよう!

ローリングジグヘッドの対応ワームは、お馴染みの「CA-02アルカリシャッド」。単体としても非常に評価の高いワームで、パワーヘッド、バイブレーションジグヘッドのトレーラーとしても使えます。VJとRJで取り付け時の上下が異なりますが、アイテム自体は同じものでOK!ローリング重視のワームで、ローリングジグヘッドとの相性は抜群です!

交換用も用意!

「CA-02 アルカリシャッド」は単体でも販売中。RJ、VJどちらもワーム2本のみを封入したパッケージになっているので、交換用のワームも用意しておきましょう!カラーローテーションはもちろん、魅力的なスイミングの表現には状態のよいワームが欠かせません!

交換は簡単!

ワームの接続方法は、バイブレーションジグヘッドと同じくピン型のワームキーパーに差し込むだけの簡単設計を採用。手早く確実に、真っすぐセットできる構造が採用されています。取り外しも簡単なので、積極的なカラーローテーションがおすすめ!交換用を用意するときは、色をずらして揃えていくのがおすすめです!

ローリングジグヘッドのウェイトラインナップ

RJ-7

ローリングジグヘッドは計2ウェイトのラインナップとなっており、RJ-7はライトモデルの7gウェイトモデル。表層を引きやすいウェイトで、デイゲーム、ナイトゲームどちらでも活躍してくれます。他のジグヘッド同様シーバスルアーとしてはやや軽量なウェイトになるので、タックルをライトにまとめて遊んでみましょう!

RJ-10

現在はまだ発売されていない10gのモデルです。RJ-7に3gプラスされたウェイトで、潮が速いエリアの釣り、レンジを下げたいシチュエーションで活躍。若干ではありますが、飛距離が延ばせる点も活きるシチュエーションが出てきそうです。軽いウェイトはRJ、重いウェイトはVJの構成でシーバスを攻略しましょう!

ローリングジグヘッドの価格と発売日

RJ-7のみ展開中!

2018年のリリース予定がズレ込んだローリングヘッドシリーズですが、現在はRJ-7のデリバリー、販売がスタートしたタイミング。ショップによって入荷のタイミングに若干ズレがあるようですが、6月半ばころまでにはどのお店でも購入できるようになりそうです。RJ-10の発売日は現在未発表となっているので、気になる方はコアマンの情報発信をチェックです!

価格は定価1,200円

現在展開されているRJ-7の定価は1,200円。ジグヘッドが1つ、ワームが2本のパッケージになっています。かなり高額な設定ですが、こだわりのダブルフック構造やVJシリーズの実釣性能から期待感は十分。ジグヘッド、ワームと揃えて、デイシーバスのワーミングを楽しみましょう!

ローリングジグヘッドとバイブレーションジグヘッドを使い分け!

アクション変化でシーバス攻略!

RJ、VJ最大の違いは、タイトルにもなっているローリングとバイブレーション。どちらもシーバスルアーでは定番のアクションで、ワームを付けたジグヘッドでも抜群の効果を得ることができます。当日はどちらがいいのか、どちらかにしか反応しない魚がいないか、アプローチを変えながら、状況を探っていきましょう。

ウェイトが足りない時はバイブレーションジグヘッド!

RJは7gと10g、VJは16g、22g、28gのラインナップで、ウェイト構成には大きな違いがあります。遠投+ハイアピールのVJ、近距離戦、食わせのRJとして使い分けていくような運用もおすすめです。沖側を探りたい時は、RJにこだわることなくVJを投入!特徴に合わせた戦略で、シーバスを効率よくゲットしてください!

ローリングジグヘッドを動画でチェック!

コアマン実釣動画をチェック!

コアマン実釣動画、泉氏による実釣解説動画です。ローリングジグヘッドの詳しい解説がチェックできます。暗いうちからデイゲームまでの釣りが紹介されている動画で、護岸沿いをベースにした近距離戦が中心。小規模な河川の釣りでもバッチリ活躍します。アルカリはイワシだけでなくハゼパターンにも有効!コンパクトにまとまるローリングジグヘッド+アルカリシャッドで、小型ベイトパターンをまとめて攻略しましょう!

ローリングジグヘッドでシーバスをゲット!

ローリングアクションでアプローチ!

アルカリシャッドのローリングを引き出すローリングジグヘッド。特殊なフックポジション、表層を引きやすい浮き上がりの強さも魅力的なジグヘッドです。デイゲームはもちろん、ナイトゲームでも活躍間違いナシ!ローリングジグヘッドをゲットして、シーバスゲームを満喫してください!

シーバスが気になる方はこちらもチェック!

シーバス向けの新製品が気になる方は、下記のリンクをチェック!2019年のおすすめ機種「19 ストラディック」、「19 ヴァンキッシュ」のインプレまとめをご紹介します。発表されたばかりの「19 ストラディック」ですが、搭載機能と価格のバランスは超高水準!シーバスゲームにもおすすめできるアイテムなので、気になる方は是非合わせてチェックしてみてください!

Thumbシマノ「19 ストラディック」が公開!ロングストロークスプールと新型ギアで超ハイコスパ! | 暮らし~の[クラシーノ]
19ストラディックは、シマノの2019年新作スピニングリールです。ロングストロークスプール、...
Thumbシマノ「19 ヴァンキッシュ」インプレまとめ!超軽量スピニングの実力をチェック! | 暮らし~の[クラシーノ]
「19 ヴァンキッシュ」のインプレまとめ!発売後約2か月が経過したシマノの人気シリーズ新作、...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ