ルーフキャリアの人気メーカー3選!ベースやボックスの種類やサイズは?のイメージ

ルーフキャリアの人気メーカー3選!ベースやボックスの種類やサイズは?

今やアウトドアに使用する車の多くは、ルーフキャリアを使用しています。アウトドアにルーフキャリアは当たり前と言った感があります。荷物をルーフキャリアに置けば、それだけ車内が広く使えます。興味のある方は、この記事を参考にルーフキャリアを使用してはどうでしょう。

2019年06月08日更新

kawana yukio
kawana yukio
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ルーフキャリア使用車が増えています
  2. 現在のアウトドア用ルーフキャリア
  3. 人気ルーフキャリアメーカーINNOの概要
  4. 人気ルーフキャリアメーカーINNOの製品
  5. 人気ルーフキャリアメーカーTerzoの概要
  6. 人気ルーフキャリアメーカーTerzoの製品
  7. 人気ルーフキャリアメーカーTHULEの概要
  8. 人気ルーフキャリアメーカーTHULEの製品
  9. ルーフキャリア取り付けの注意点
  10. ルーフキャリアのまとめ

ルーフキャリア使用車が増えています

昔はルーフキャリアを使用している車と言えば、バンタイプの商用車・ワゴンタイプの商用車がほとんどでした。俗に言う現場車が屋根に取り付け、はしごや現場材料を括り付けて使用していました。ルーフキャリアのベースやバーなどは、クロームメッキや黒塗装の武骨なものばかりでした。デザイン的のも数種類しかない感じでした。メーカーなど、一目みてどこのメーカーとわかるものなどありませんでした。ところが、1980年代に入り、アウトドアが紹介されると、急にルーフキャリアを使用する車が増え出しました。(この記事は2019年6月3日現在の情報をもとに構成しています。)

アウトドア時代のルーフキャリア

1980年代にアウトドアが本格的に紹介されると、ルーフキャリアを使用する車を多く目にするようになりす。アウトドアに目覚めた多くの日本人が、バン・ワゴンの他にも乗用車も屋根にルーフキャリアを装着し、アウトドア用の荷物をくくり付けてフィールドに出かけだします。しかし、ルーフキャリアのメーカーを選ぶにも形状はほとんど同じに見え、こだわる人も少なかったので、ルーフキャリアのベースやバーなども商用車に使うものと同じでした。そして現在では、メーカーも種類も一目で分かるようになっています。アウトドア用ルーフキャリアの細分化が進んでいます。

現在のアウトドア用ルーフキャリア

現在のアウトドア用ルーフキャリアは、いろいろな種類があります。人々が楽しむアウトドアの種類はいろいろありますが、その種類に限定したルーフキャリアもたくさん登場しています。スノーボード用やスキー用のルーフキャリアや自転車やボートが積載できるルーフキャリアなど様々です。ルーフキャリアの積載する荷物用のボックスやトランクなども、各メーカーが工夫を凝らしたものが販売されているのです。現代は自分の車や好みに合わせて、ルーフキャリアを選べるようになっているのです。

人気ルーフキャリアメーカーINNOの概要

1965年創業の日本の総合カー用品メーカー・カーメイトのルーフキャリアブランドがINNO(イノー)です。この老舗メーカーは、1977年には車の屋根にスキーを装着できるルーフキャリアを発売し、スキーブームと相まって爆発的人気を博しています。総合カー用品メーカーですので、様々なカー用品ブランドを展開しており、その中のルーフキャリア・ブランドがINNOとなっています。老舗カー用品メーカーだけあって、全国各地のカー用品店やカーショップ・カーディーラー・ネット販売などでINNOルーフキャリアが購入できます。

INNOルーフキャリア関連商品

毎年のように新製品をリリースするINNOです。車のニューモデルも多く発表されるので、その車の屋根に合うような製品をINNOは送り出しています。ルーフキャリアのベースやバーを多く取り揃えてあり、スノーボード用やキャンプ用ボックストランクなども最大積載荷重70kg台を中心に取り揃えてあります。既存のINNOルーフキャリアのベースやバーに専用アタッチメントを装着すればボックストランクなどを取り付けられるルーフキャリア・アタッチメントなども豊富に用意されています。

株式会社カーメイト | CARMATE ホームページ

人気ルーフキャリアメーカーINNOの製品

シェイパー100フォーエアロベース

出典: https://www.amazon.co.jp

普通車に取り付けても違和感のないルーフキャリアです。


普通車の屋根に1m四方のルーフキャリアが載る感覚となります。頑丈ですがスタイリッシュなフォルムとなっています。最大積載重量は50kgとなっています。外部突起規制にも対応した製品です。別売のベースと合わせて使用します。このルーフキャリアはトランクなどを載せるに丁度良い大きさです。様々な種類の車両に対応できるので、使用者はたくさんいます。カラーはブラックのみですので、取り付け候補のカラーも考えて購入してください。ネットで荷物を固定するのにも合っているルーフキャリアです。

カーメイト INNO イノー XA569 シェイパー100 エアロベース

INNOの基本的ルーフキャリアです。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

INNOルーフキャリア・ベース

出典: https://www.amazon.co.jp

ルーフキャリアに必ず必要な物がルーフキャリア・ベースです。


車の屋根取り付ける時必要となるのがルーフキャリア・ベースです。このルーフキャリア・ベースがなければ、ルーフキャリアは取り付きません。INNOのルーフキャリアならば、ほとんどの製品が取り付け可能となり、必要に応じてルーフキャリア・バーを装着します。軽自動車用・普通車用など屋根のタイプによって、各種類用意されています。

カーメイト INNO INKD1K スクエアベースステー 新規格軽1BOX車対応用 (ベーシックキャリアフット/ブラック/キー付き)

新規格の軽にも対応しています。普通車用も用意されています。

楽天で詳細を見る

INNOルーフボックス33

出典: https://item.rakuten.co.jp

INNOのルーフボックス33です。ルーフキャリアに固定します。


ルーフキャリアに簡単固定できるのがルーフボックス33です。容量は300Lですが、取り付けた感じなどは上記画像を参考にしてください。400LのWEDGE665も容易されています。こちらもルーフキャリアに簡単固定できます。

カーメイト(CAR MATE) INNO ROOF BOX33 BRQ33BK ルーフボックス【代引・指定日不可】 300L ブラック BRQ33BK

INNOのルーフボックスです。

楽天で詳細を見る

人気ルーフキャリアメーカーTerzoの概要

1963年に車のランプメーカーとして創業したのがPIAA(ピア)です。車のランプを中心として長い年月をかけて車用品メーカーとしての地位を確立しています。モータースポーツにもPIAAは積極的に関わっているメーカーです。たくさんのカー用品をリリースしていますが、その中でルーフキャリアのブランドがTerzo(テルッツォ)です。PIAAが老舗メーカーなだけに、全国に販売網があり全国のカー用品販売店やカーディーラー・ネット販売などで簡単にTerzoルーフキャリアを手に取る事ができるようになっています。

Terzoのルーフキャリア関連製品

最大製品重量が8kg台が中心のTerzoシリーズは、スノーボードやスキーなどアウトドアスポーツ専用のルーフキャリアなども取り揃えています。またTerzoルーフキャリアの基本ベースタイプを取り付けられるスノーボード・スキー用のアタッチメントも販売しています。そしてルーフキャリヤに取り付け可能なボックス・トランクなどやルーフキャリア関連製品も幅広く取り揃えてあります。

PIAA株式会社

人気ルーフキャリアメーカーTerzoの製品

Terzoスノーボード・スキー用キャリア

出典: https://www.amazon.co.jp

スノーボードを積載できるアタッチメントが付いているルーフキャリアです。


フラット600ルーフキャリア・フラット400ルーフキャリアとセットで使用されています。フラット600用の場合、スノーボード最大4枚・スキー最大6セットを搭載できるようになっています。フラット400用の場合、スノーボード最大2枚・スキー最大4セットを搭載できます。専用のルーフキャリアですので、スタイリッシュにスキー場に行けます。

【送料無料】【あす楽対応】[ES153SA]PIAA TERZO テルッツオ ベーシック フラット400 スキー・スノーボードキャリア アタッチメント 車 キャリア カーキャリア ルーフキャリア スキーキャリア スノボ 車用品 カー用品

スノーボード・スキーを積載するアタッチメント付きのルーフキャリアです。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

Terzo車種別ルーフキャリア取付3点セット

出典: https://www.amazon.co.jp

車種別のルーフキャリア3点セットです。


Terzoルーフキャリアの車種別セットして販売されています。Terzoルーフキャリア製品の中より、ルーフキャリアベース・ルーフキャリアバー・ホルダーの3点をセットで車種別販売しています。取り付ける車のサイズを測る必要がなく、車種や年式が分かれば、すぐに選べるルーフキャリア3点セットになっています。ルーフキャリアの取り付けが初めての方は、このルーフキャリア3点セットの中から選ぶと良いでしょう。

TERZO テルッツオ トヨタ ノア/ヴォクシー(R60系)用 ルーフキャリア取付3点セット 【ホルダーEH266&バーEB2&フットEF14BLセット】

車種別の完全セットとなっています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

Terzo バミューダフレックス5700

出典: https://item.rakuten.co.jp

最大級の収納容量のボックスです。ルーフキャリアに簡単に取り付けられます。


バミューダフレックス5700は、容量は570Lとなり折りたたんで収納できます。ルーフキャリアにも簡単に固定できるタイプです。もちろん、ルーフキャリア上でも折りたため、その状態で走行してもルーフキャリア上でのバタつきはありません。

Terzo テルッツォEA570BFX

570Lの大容量タイプです。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

人気ルーフキャリアメーカーTHULEの概要

スウェーデンが本社のTHULT(トゥーレ)は世界的用品メーカーです。日本では後発ですが、急速にシェアを延ばしています。ルーフキャリアは質実剛健さを備えていますが、スタイリッシュでもあります。さすが世界的メーカーのルーフキャリアと言った感じです。THULEは現在、日本法人を持ちスタイリッシュなルーフキャリアをユーザーに届けてくれます。カー用品店・ネット販売などでTHULEルーフキャリアを入手できます。

THULEルーフキャリアの仕組み

THULEルーフキャリアはなかなか合理的方法で選ぶことができます。最初に使用する車にあったベースキャリアを選び、それに付随してバーやフィッティングを選びます。最大積載量などにあった製品など多くの種類のキャリヤ用品が選べるようになっています。組合せ方によって自由に自分好みのルーフキャリアが出来上がります。もちろん、車種別のルーフキャリアも容易されています。街中で車の屋根に付いているルーフキャリアをみると、THULEのロゴが書いてあるルーフキャリアが多く見られます。

Thule – Bring your life | 日本 | Thule

人気ルーフキャリアメーカーTHULEの製品

THULEキャリアバスケット

出典: https://www.amazon.co.jp

タイダウンベルトやネットで荷物をルーフキャリアに容易にくくり付けられ、トランクなども問題無しです。


THULEのバスケットタイプをルーフキャリアに使用する人達の増えています。アウトドアにこのルーフキャリアを使用すれば、アウトドア気分も盛り上がりの他に荷物のずり落ちも心配ありません。ベースのルーフキャリアのバスケットを載せるタイプとなります。簡単に取り付けられ、使用しない時は取り外す事もできます。ルーフキャリアとして使用するため、ベース・ルーフキャリアを用意する必要があります。そのため、THULEでは車種のベース・ルーフキャリアも容易されています。

THULE スーリー ルーフラック TH859XT キャニオンXT Canyon キャリアバスケット 127x104cm

バスケットタイプのルーフキャリアです。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

THULEルーフキャリアベース

出典: https://item.rakuten.co.jp

THULEのルーフキャリア・ベースは車種別にも用意されています。


車とキャリアの間にルーフキャリア・ベースが必要です。ルーフキャリア・ベースの取り付け金具は車によって微妙に違います。。車種別に使えるルーフキャリア・ベースを選ぶ必要があります。ルーフキャリア・ベースは他メーカー品が使用できる事もありますが、ルーフキャリア・ベースもTHULEを使いたいものです。THULEではルーフキャリア・ベースを車種別でも選べ、セット販売ではルーフキャリア・バーやルーフキャリア・アタッチメントがあります。

THULE スーリー キット KIT1460 トヨタ ノアVOXY ZRR70/75系用 ルーフキャリア754フット取付キット

車種別のルーフキャリア・ベースが用意されています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ルーフキャリア取り付けの注意点

ルーフキャリアを取り付ける場合、ショップで取り付けてもらうか自分で取り付けのどちらかだと思います。ショップでルーフキャリアを取り付ける場合は問題ないのですが、自分で取り付ける場合は取り付けボルト等の締め付けの問題があります。ルーフキャリアは大きい物であり、重量物を搭載する場合があるので、前後左右取り付けボルトの締め付けトルクは、なるべく均等締め付ける必要があります。重量物を搭載したルーフキャリアが走行振動などで緩み出すと大事故に繋がります。こまめなルーフキャリアの緩みチェックは必要です。

ルーフキャリアに荷物を積載した時の中意点

完璧なルーフキャリアの取り付けを行ったとしても、走行中の注意点があります。ルーフキャリアにボックスやトランク・バッグなどの荷物を積載した場合、積載物の上面までの高さに注意してください。道路上の枝や貼り出した看板に接触する恐れがあります。あまり高く積載した場合、道路交通法で高さが決められていますので違反となります。さらにルーフキャリアに積載したボックスやトランクに当たる横風に注意しましょう。トンネルの出口などでハンドルを取られる場合があります。

ルーフキャリアベースを取付ける際の中意点

車の屋根とドアの堺目上部にルーフレールという出っ張ったレールがある場合、ルーフキャリアベースの端を引っ掛けルーフキャリアベースを簡単に取り付けることができます。問題はルーフレールが無い車両の場合です。そのような場合は、ドアと屋根の堺目にルーフキャリアベースの端を差し込むようにして固定します。その場所には水が入らないようにゴムがあり、そのゴムを押し潰す感じになります。洗車機や豪雨の場合には水が入り込みます。

ルーフキャリアのまとめ

オートキャンプ場などのアウトドアフィールドの車両には、当然のようにルーフキャリアが取り付けられています。ルーフキャリア・アタッチメントを使用すれば、スノーボード・スキー・自転車などが積載できます。トランクやボックスなど色々な形も選び放題です。今やアウトドアを最大限に楽しむためツールがルーフキャリアと言えます。アウトドアでルーフキャリア使用を考えている方は、入手しやすいルーフキャリア3メーカーを紹介しました。この記事を参考にルーフキャリアを使用する事をおすすめします。

ルーフキャリアが気になる方はこちらもチェック!

ルーフキャリアを購入したなら、当然使いたくなります。ルーフキャリア初心者の方でしたら、オートキャンプで使用したらどうでしょうか。

Thumbオートキャンプとは?その意味や初心者向けに楽しみ方やおすすめグッズをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
オートキャンプ、オートキャンプ場とキャンプ、キャンプ場の違いは何でしょうか?前者が車を利用し...
Thumbオートキャンプとは?どんなメリットがある?初心者向けに徹底解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプ場を探しで、オートキャンプ場と言う言葉を目にします。初心者でない方は車で行ける初心者...
関連するまとめ

おすすめの記事