「玉の柄」おすすめ9選!気になる釣り場や釣り方に合わせた選び方もご紹介!のイメージ

「玉の柄」おすすめ9選!気になる釣り場や釣り方に合わせた選び方もご紹介!

タモの柄おすすめをチェック!様々なメーカーから発売されているタモの柄の中から、選りすぐり9つのタモの柄を紹介します。タモの柄に関する基礎知識も合わせて記載しているので、この記事を読んで自分にぴったりのタモの柄を見つけてください。

2019年06月11日更新

エビコレイジュ
エビコレイジュ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 釣行に欠かせない「タモ」
  2. タモの柄の種類
  3. タモの柄の選び方
  4. 人気タモの柄9選
  5. 「玉の柄」おすすめ①
  6. 「玉の柄」おすすめ②
  7. 「玉の柄」おすすめ③
  8. 「玉の柄」おすすめ④
  9. 「玉の柄」おすすめ⑤
  10. 「玉の柄」おすすめ⑥
  11. 「玉の柄」おすすめ⑦
  12. 「玉の柄」おすすめ⑧
  13. 「玉の柄」おすすめ⑨
  14. タモ網も忘れずに
  15. 最後に

釣行に欠かせない「タモ」

今回はアングラーの釣行には欠かせない「タモの柄」を紹介したいと思います。よく「タモですくう」というワードを耳にしますが、実はタモは「柄」と「タモ網(正式には玉網)」の二つに分けられるのです。分かりやすく説明すると、棒の部分が「柄」と呼ばれ、ネットの部分が「タモ網」です。タモ網はロッドと同じくシュチュエーションによって使い方が異なるため、人気メーカーから様々なタイプが発売されています。この記事では「柄」について、細かく見ていきます。また、おすすめのタモの柄の紹介もしますので、これからタモ網の購入を検討されている方にもぜひ読んで頂きたいと思います。

タモの柄の種類

タモの柄の種類分けをするにあたって、今回は3つのカテゴリーに分類します。まず1つ目は「長さ」です。堤防でも磯でも高い位置から魚を取り込むために長さは必要不可欠です。2つ目は「太さ」。太ければ太いほど頑丈ですがその分重量も増してしまいます。そして3つ目はタモの柄の「素材」です。長さにおいては、基本的に長ければ長いほど価格が上がります。素材については後述しますが、良い素材であればやはり価格は比較的高くなります。この分類をしっかり理解することで、選び方も少しずつわかってくると思います。まずはこの3点について細かく見ていきましょう。

タモの柄の長さ

出典: https://pixabay.com

タモの柄選びで一番大切といっても過言ではない要素が「長さ」です。通常どの柄も振出ロッドのように縮んでいる状態で持ち運びます。魚をすくう時には柄を伸ばしながら先端に取り付けた網を海水に入れ魚を取り込みます。つまり、自分の立ち位置と海水までの距離分の長さを備えていなければ、柄として機能を果たさないのです。柄の長さは2mから6mを超えるものまで様々のものが発売されているので、普段釣りをする磯や堤防の足場の高さをしっかり把握しておくことが重要です。

タモの柄の太さ

柄の太さも大事な要素の一つです。太さは主に狙っている魚の大きさによって変わってきます。タモの柄の特徴として、基本的には先端につれて細くなっていくという点があります。使い方にもよりますが、先端があまりにも細い柄で大型の魚を取り込もうとすればポッキリ折れてしまうでしょう。タモを伸ばした状態で先端部分の太さがどれくらいあるのかは、写真だけでは判断が難しい製品もあります。タモの柄を選ぶ時には実際に釣具屋で手にとって、自分の目で見て確かめるの一番です。

タモの柄の素材

出典: https://pixabay.com

最後に覚えておいて欲しい要素が、柄の素材です。素材もロッドと同じく、主に「グラス」と「カーボン」の2種類に分けられます。ご存知の方も多いとは思いますが、この2つの素材のうち、カーボンの方が衝撃や曲げなどに対して強い素材です。よって、柄もカーボン製のものがより頑丈で扱い易いと言えます。使い方を誤らなければ価格の安いグラス製のものでも問題ありませんが、より頑丈なものが人気と言えます。

タモの柄の選び方

出典: https://pixabay.com

ここまではタモの柄の特性について紹介しましたが、一言でタモの柄といっても、様々なメーカーから様々な種類の柄が発売されています。そこでここでは初心者の方でもタモの柄を選ぶ時に分かり易いよう、いくつかの選び方の基準を説明します。

タモの柄選びのポイント1「価格帯」

出典: https://pixabay.com

私たち釣り人にとっていつもネックになるのが「お金の問題」です。直接釣ることとは関係のないものは、安く済ませたいところ。しかし水面まで上げた大物を逃してしまった時のショックは大きいです。こんなハプニングを防ぐためにも、性能にもよくこだわって選ぶべきです。性能としてはカーボン含有率の高いもの、簡単に言うと強靭で軽いタモの柄がおすすめです。お財布とよく相談しながら選びたいところです。

タモの柄選びのポイント2「長さ」

先ほども説明した通り、タモの柄は水面まで届かない高い磯や堤防から、確実に魚をキャッチするための道具です。決まった防波堤に通う方であれば、おおよその高さを確認しておくと良いでしょう。磯を転々と移動するようなスタイルであれば、足場の高い釣り場に入ることも多いので、なるべく長めの柄がおすすめです。逆に堤防湾内の釣りや、足場の低い堤防の釣り場がメインの方は柄が長すぎると持ち運びも面倒なので、短いタモの柄がおすすめです。

タモの柄選びのポイント3「頑丈さ」

出典: https://pixabay.com

タモの柄の使い方で大切なのは、魚をタモ網に取り込んだ後、垂直に柄を縮ませながら魚を上へと引き寄せるということです。堤防のように真っ直ぐ切り立った足場からの釣りであれば問題なく魚をキャッチできます。しかし、磯のような足場の地形が複雑な場所では必ずしも、垂直に柄を縮ませられるとは限りません。また大型の青物などは少々強引な使い方で魚を取り込むことになるので、頑丈なタモの柄が求められます。磯や堤防など、どこで使うのかシュチュエーションをよく考えた選び方が必要です。

人気タモの柄9選

ではいよいよ、実際にどんなタモの柄がメーカーから発売されているのか見ていきます。ちなみに、タモの柄は一般的に「ランディングポール」と呼ばれています。今回の記事では万能タイプで使い方を選ばないものから、特定の魚種を取り込むための使い方に特化したものなど、タモの柄でおすすめの製品を紹介します。タモの柄は使う場所や狙っているサイズなどで、必要な性能も大きく変わってきます。これからタモの柄を買おうと思っている方は、自分の釣法に合っているものを選んでください。

「玉の柄」おすすめ①

大人気のタモの柄「ダイワランディングポールII」

ダイワ ランディングポールII 50
楽天で詳細を見る

どの通販サイトを見ても圧倒的人気を誇る、DAIWAのランディングシャフトⅡ。SHIMANOと並ぶ釣り具メーカーから発売されているだけあって、信頼度も非常に高いです。

仕様と特徴

ダイワランディングポールⅡは4m、5m、6mの3種類のラインナップとなっています。カーボン含有率も50〜60%と、安心の強度。使い方を間違えなければ、突然折れてしまうことは無いでしょう。グリップ部分は濡れていても滑りにくいラバー加工が施されており、磯際での取り込みの際に波を被ってしまってもしっかりホールドできます。また、先端にはギャフの取り付けも可能で、このタモの柄一つで様々な釣りに対応できます。

コストパフォーマンス抜群

このタモの柄の人気が突出して高い理由は、やはりコストパフォーマンスです。前述したように、堤防や磯など様々なチューションでの使用が可能な上に、6mサイズでも1万円代での実売となっており、非常にコストパフォーマンスが高いと言えます。また、タモ網がセットになったものも発売されているのが嬉しい点です。初心者から上級者まで誰にでもおすすめできるタモの柄です。

動画でチェック

通販での購入を検討されている方は、こちらの動画を参考にご自身のフィッシングスタイルとマッチするか検討してください。重さなどが気になるという方は、実際に釣具屋で触ってみるのもいいですよ。買った後に後悔はしたく無いものです。

選び方のポイント

この製品の選び方の基準は、最初の1本としてオールラウンドな使用が目的かどうかです。性能面は基本的に優秀ですが何か突出した点があるわけではないので、磯でも堤防でも長い間使えるものとしての購入をおすすめします。

「玉の柄」おすすめ②

ワンランク上の万能タモの柄「ブラックジャックスナイパー玉の柄」

ダイワ ブラックジャックスナイパー玉の柄 50.Q
楽天で詳細を見る

DAIWAから発売されている玉の柄で、位置付けとしては先に紹介した「ダイワランディングポールⅡ」の上位機種に当たります。主にライトゲームを想定した作りで、軽量ながらも最新技術が盛り込まれているため剛性も申し分ありません。

仕様と特徴

出典: http://www.daiwa.com

上位機種だけあり、カーボン含有率は98%と安心の強度です。長さは5mと6mの2種類。DAIWAの「X45」というテクノロジーの採用により、操作性や強度が飛躍的にアップしています。また、カーボン素材には「高密度HVFカーボン」が使われており、タモの柄に必要な粘りが強化されています。

選び方のポイント

他のフラッグシップモデルよりも良心的な値段のブラックジャックスナイパー。入門用の玉の柄では不安が残る中級者以上のアングラーにおすすめの玉の柄です。軽量モデルなので堤防や地磯での小型〜中型魚を狙った釣りがメインであれば頼れる相棒になります。

「玉の柄」おすすめ③

対大型青物専用モデルもラインナップ「ダイワ DXR 玉の柄」

ダイワ DXR 玉の柄 60 / 磯玉の柄 (O01) (D01) / セール対象商品 (6/11(火) 12:59まで)
楽天で詳細を見る

DAIWAのフラッグシップモデルのDXR玉の柄には、様々な最先端技術が盛り込まれています。大型青物を想定したパワーモデルのラインナップも嬉しいです。ここぞというタイミングで最高のパフォーマンスを発揮する至極の一本です。

仕様と特徴

出典: http://www.daiwa.com

カーボン含有率は言うまでもなく最高クラスの99%。ラインナップは5m/6m/7mの3種類とパワーモデルの6m、合計4種類から成ります。DAIWA独自の技術である「V-ジョイント」が採用されており、玉の柄の継ぎ目による強度低下を低減し、しなやかさを備えています。パワーモデルは一回り太い設計で、大型のヒラマサやカンパチの取り込みにも対応します。

「玉の柄」おすすめ④

上級者御用達のタモの柄「ボーダレス ランディングシャフト 」

シマノ(SHIMANO) ボーダレス ランディングシャフト(BORDERLESS LANDING SHAFT) 550
楽天で詳細を見る

世界の釣具メーカーであるSHIMANOから販売されているタモの柄。SHIMANOのボーダレスシリーズのひとつであるボーダレスランディングシャフトは、ボーダレスの名のとおり魚種の境界を飛び越え、あらゆるシーンで活躍するフラッグシップ製品です。

仕様と特徴

出典: http://fishing.shimano.co.jp

フラッグシップ製品だけあって、カーボン含有率は70〜90%を誇ります。1m〜5mの長さで5つの種類が発売されおり、柄が長くなればなるほどカーボン含有率は高くなります。3m、4m、5mの製品にはシマノテクノロジーのひとつである「しっとりグリップ」が採用されており、滑り止め対策も万全です。

中級〜上級者のアングラーにおすすめ

こちらの製品は価格帯が2〜4万円台。ある程度性能の良いロッドやリールが買えてしまいます。しかし、ボーダレスランディングシャフトにはその分の価値があります。カーボン含有率が高く頑丈で、非常に軽量なため、アングラーの姿勢が安定しない磯場でも安心して使えます。もちろん持ち運びも楽です。基本的な使い方さえマスターすれば、少々の負荷がかかっても全く問題ないでしょう。一通り道具を揃え、磯や沖の防波堤で大物と勝負する中級者以上の方におすすめの製品です。

選び方のポイント

この製品の選び方の基準としては足場の悪い磯などで使用するか、そして大型の魚を取り込むことを目的とするか。主にこの2点になります。防波堤での釣りがメインであれば、もう少し価格帯の安いもので全く問題ありません。上記2点の条件に当てはまり、お財布に余裕のある方には是非おすすめしたい製品です。

「玉の柄」おすすめ⑤

対大型魚専用のタモの柄「BG タマノエ」

SHIMANO(シマノ)BG タマノエ 550
楽天で詳細を見る

こちらもSHIMANOから発売されているタモの柄のフラッグシップモデルです。この製品は、離島などの遠征で大型魚をキャッチすることを前提として作られており、うねりのある荒磯でも余裕を持って大型魚を取り込めます。

仕様と特徴

出典: http://fishing.shimano.co.jp

剛強というだけあり、カーボン含有率は圧倒の99.1%です。長さは5.5mの製品のみです。「しっとりグリップ」はもちろんのこと、「Gクロスプロテクター」というSHIMANOの技術が採用されています。これは、タモの柄の継ぎ目にかかる負担を減らし、柄の破損を防ぐ役割を担っています。

選び方のポイント

この製品はうねりが強かったり、強風が吹きやすい離島や沖磯で大型の魚を取り込むための専用設計です。離島遠征で大型魚を狙う機会が多いアングラーにおすすめのタモの柄です。

「玉の柄」おすすめ⑥

かっこいいタモの柄No.1「ゴールデンミーン GMシャフト」

ゴールデンミーン GMシャフト 500
楽天で詳細を見る

ロッドだけではなく、釣行には欠かせない様々なアイテムを発売しているメーカーであるゴールデンミーン。どの製品もスタイリッシュな配色が施されており、釣り人の所有欲を満たすものばかりです。また、性能面も申し分なく長く愛用できるものが多いこともあり熱い支持を受けています。このGMシャフトも例外ではありません。

仕様と特徴

GMシャフトは3m〜6mの4種類の製品が用意されています。どのサイズもカーボン含有率90%以上でしっかりとした作りです。堤防でも磯でも問題なく対応できます。タモの柄にはステイとカラビナが最初から付いているので、買ってすぐにライフジャケット等に装着が可能で、持ち運びも便利です。またグリップ自体が凸凹形状で成形されており、握った時のグリップ感も抜群です。

選び方のポイント

性能面においても他のメーカーにも引けを取りません。この製品の選び方の基準としてはやはり見た目でしょう。各所にメタリックカラーのパーツが使用されており、防波堤で釣りをするたくさんのアングラーの中でも目立つこと間違いなしです。

「玉の柄」おすすめ⑦

コスパで人気のタモの柄「ソルパラ ランディングシャフト」

メジャークラフト Major Craft ソルパラ ランディングシャフト LS-500SP
楽天で詳細を見る

ロッド、ルアーメーカーであるメジャークラフトから発売されているランディングシャフトです。低価格帯でありながら、基本的なスペックを十分に備えたソルパラシリーズ。もちろんタモの柄も初心者でも購入しやすい価格でありながら、防波堤などの基本的な海の釣りにしっかり対応できる製品です。

選び方のポイント

この製品の選び方の基準のひとつとして、ソルパラシリーズのロッドとカラーリングがおそろいにできる点が上げられます。また、価格帯も比較的安価ですので、すでにソルパラシリーズのロッドを持っているアングラーであれば、同じカラーリングでタモの柄も揃えてみるといいかもしれません。

安心の耐久性

強度や剛性に若干の心配がありますが、こちらの動画では大きなマダイをソルパラランディングシャフトで取り込んでいます。防波堤や堤防でのランディングであれば全く問題ないスペックのようです。

「玉の柄」おすすめ⑧

人気のタモの柄の改良型「CATCHBAR 改」

テイルウォーク CATCHBAR 改 350 (玉の柄 ランディングシャフト ランディングポール)
楽天で詳細を見る

ロッドメーカーとしても人気のテイルウォークから発売されているタモの柄です。ロッドメーカーとして培ってきた技術を惜しむことなく盛り込んだ製品に仕上がっています。

仕様と特徴

このタモの柄は3m〜7mの間で7種類の長さのラインナップとなっています。足場の高い防波堤では7mのタモの柄があると重宝します。また、タモ網との接続部分が特殊素材で補強してあり、グリップにもサテン加工が施された優れもの。ベルトハンガーとネオプレーンベルトが標準装備されており、持ち運びも簡単です。

選び方のポイント

このタモの柄は持ち運びにも優れ、さらに細部にまでこだわった素材で構成されているにも関わらず、比較的安価での購入が可能です。安くて優れたタモの柄を探しているアングラーにおすすめの製品です。

軽さも兼ね備えた製品

見た目やベルトなどのパーツだけではなく、タモの柄自体の重量も軽く持ち運びやすいようですね。ロッドも大人気のメーカだけあり信頼性も高そう。タモ網とセットの製品も販売されいます。

「玉の柄」おすすめ⑨

持ち運びに優れたタモの柄「CATCHBAR 改 MICRO」

エイテック テイルウォーク キャッチバー改 マイクロ 480
楽天で詳細を見る

こちらもテイルウォークから発売されている人気のタモの柄。キャッチバーシリーズのライトゲーム専用のタモの柄です。ライトゲーム専用ということで超軽量かつコンパクトなタモの柄に仕上がっています。防波堤でライトゲームにぴったりです。

仕様と特徴

長さのラインナップは4m〜6mまでの間で4種類です。驚くのはその仕舞寸法。仕舞寸法とは、タモの柄の一番短い状態の長さを言いますが、キャッチバーマイクロシリーズは4m〜6m全ての仕舞寸法が50cmです。防波堤でランガンする時にも、ライフジャケットやベルトなどに引っ掛けて簡単に持ち運びできます。まさにライトゲーム向けのタモの柄と言えるでしょう。

選び方のポイント

もちろん選択の基準としては、このタモの柄の特徴である「持ち運びやすさ」を重要視しているかどうかです。磯場や水深の深い防波堤で青物やシーバスを狙う釣りにはおすすめできません。防波堤の内側や、小場所でアジングやエギングなどのライトゲームを中心に釣行する方におすすめのタモの柄です。

こんな使い方も

防波堤などの釣り場まで自転車で移動する時も、持ち運びがグッと楽になります。また、装着するタモ網のサイズを変えることで、様々な魚種に対応できます。とにかく傾向性を重視する方向けの玉の柄です。

タモ網も忘れずに

ここまで各メーカーから発売されている人気のタモの柄を紹介してきました。ただし、今回紹介しているのはあくまでもタモの柄です。柄の先にどんな大きさのタモ網を付けるのか、どのタモ網なら装着できるのか。迷った時にはタモの柄とタモ網がセットになったものを購入しましょう。ほとんどのメーカーからセットになったものが発売されています。

最後に

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。初めてのタモの柄選びに迷っている方も多いかと思います。堤防や磯など、どこで使うのか。強度重視なのか、持ち運びやすさ優先なのか。使い方によって様々なニーズにマッチするよう、今回は6つのタモの柄を紹介しました。皆さんの参考になれば幸いです。

タモ網の種類が気になる方はこちらもチェック!

今回の記事ではタモの柄について記載しましたが、タモの絵に合わせるタモ網の選び方や、魚の取り込みに関する記事をいくつか紹介させて頂きます。是非合わせてお読みください。

Thumbランディングネット20選|おすすめの自作の作り方・編み方もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
釣りの必須アイテムのランディングネットはタモ、玉網などと、人それぞれにそれぞれの使い方ととも...
Thumb釣り用ギャフのおすすめランキング3!使い方に合わせた選び方もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
釣り用ギャフの使い方や作り方からどのような場合に使うのか、おすすめの基準やおすすめランキング...
Thumbランディングシャフトおすすめ8選!商品比較でスタイル別の選び方も解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
ランディングシャフトのおすすめをチェック!人気のメーカーから、おすすめできるランディングシャ...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ