夏の沖縄旅行を安くするコツをご紹介!おすすめの安い時期やかかる費用は?のイメージ

夏の沖縄旅行を安くするコツをご紹介!おすすめの安い時期やかかる費用は?

夏の沖縄旅行。夏は料金が高くなりがちな時期ですが、誰もがなるべく安く旅行をしたいと思うのは、当然のことだと思います。航空券やホテル、レジャースポットなど、それぞれで安くするコツが色々とあります。今回はそんな夏の沖縄旅行を少しでも安くするコツをご紹介します。

2019年04月21日更新

のべじ
のべじ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. はじめに
  2. 夏の沖縄旅行を楽しむなら!
  3. 夏の沖縄旅行を安くするコツ①:旅行の時期
  4. 夏の沖縄旅行を安くするコツ②:航空券
  5. 夏の沖縄旅行を安くするコツ③:ホテル
  6. 夏の沖縄旅行を安くするコツ④:レンタカー
  7. 夏の沖縄旅行を安くするコツ⑤:食事
  8. 夏の沖縄旅行を安くするコツ⑥:観光
  9. 夏の沖縄旅行を安くするコツ⑦:お土産
  10. 夏の沖縄旅行を安くするまとめ

はじめに

夏の旅行と定番と言えば沖縄旅行ですよね。青い海と白いビーチや、ゆったりとした流れる時間がとても魅力的です。そんな沖縄旅行ですが、少しでも安い費用で行きたいと思う方も多いと思います。費用を抑えるためには、飛行機やホテル、レンタカーなどそれぞれで安くするコツがあります。今回は夏の沖縄旅行で、少しでも旅行費用を安くするコツをご紹介します。夏の沖縄旅行を考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね(当記事は2019年4月21日時点の情報をもとに作成されております)。

夏の沖縄旅行を楽しむなら!

夏の沖縄旅行の予算の目安は?

夏休み中の沖縄旅行の予算は、2泊3日、航空券とホテル、レンタカーで概ね5~15万円ほどです。これに現地での食事代やお土産代、観光施設の入館料などが加算され、トータルで10~20万円ほどになります。ホテルのグレードや利用する航空機によって多少変わってきますが、一つの目安にしてください。一番料金が高いのはやはりお盆期間です。

お盆の時期はいつ?

夏休みに旅行をするのであれば、まずは料金の高騰するお盆の時期を把握しておきましょう。2019年の場合は8月13日から16日が一般的なお盆ですが、お盆休みとなると、10日から始まる企業が多いようで、最長で18日までの10連休となります。

夏の沖縄の混雑具合は?

夏の沖縄旅行は人気のため、観光地の混雑は否めません。主要道路や各レジャースポットは渋滞、混雑しやすいため、旅程には余裕を持たせましょう。混雑を避けるためには7月中や8月の下旬がおすすめです。混雑具合は各種料金とも連動していますので、ピークをずらせるのであればずらしたほうが快適に旅行ができます。

夏の沖縄の服装

夏の沖縄は、平均気温が24~29℃と暖かい日が続きます。猛暑日が続く本土の夏よりも過ごしやすいかもしれません。服装はもちろん半そで短パンで問題ありません。しかし夏の沖縄の日差しはかなり強いです。帽子やサングラスなどの日焼け対策を必ずしましょう。また、サンダルでも良いですが、場所によってはスニーカーを準備しましょう。

夏の沖縄旅行を安くするコツ①:旅行の時期

お盆の時期をずらす

夏休みの時期は1年の中でも各種料金が高騰する時期です。その中でも特にお盆の時期は、1年で最も高くなる時期でもあります。そのため、夏に安く沖縄旅行をしたい方は、まずお盆の時期をずらしましょう。それだけでも費用を抑えることができます。しかし、なかなかお盆しか休みが取れない方も多いでしょう。そんな方は次章以降のコツを実施してみて下さいね。

夏でも料金の安い時期は?

夏の沖縄旅行は、お盆を避けることで費用を安くできますが、夏のお盆以外の時期はどうでしょうか。学校が夏休みとなり、家族連れの多い8月の上旬から中旬は、やはり高い傾向があります。しかし、夏休み初期や終盤の7月中や、8月の下旬頃は少し安くなりますので、その時期に会社の夏休みが取れる方は、ぜひ時期をずらしてみましょう。また、週末はどうしても高くなってしまうため、平日に行くのがおすすめです。

夏の沖縄旅行を安くするコツ②:航空券

LCCを利用する

航空機代を抑えるために、LCC(格安航空会社)を利用する方法です。就航している路線が限られていますが、ジェットスターやバニラエア、ピーチなどが成田や関西国際空港から沖縄まで発着しています。予約のタイミング次第でわずか数千円で沖縄まで行くことが可能です。JALやANAの、一般料金と比べるとかなり格安の場合もあります。しかし、LCCの場合、預け荷物が有料であったり、欠航時の振り替えがなかったり、遅延が多かったりとデメリットもありますので注意しましょう。

早期予約をする

どの航空会社も、早期に予約した場合の割引制度を採用しています。JALやANAでは、夏の航空ダイヤが発表される、1月下旬に合わせた発売されることが多いです。正規の値段の半額以下と格安の場合も少なくありません。しかし、これらの航空券はキャンセル不可であったり、支払いが数日内に必要だったりと様々な条件がありますので注意しましょう。早めに夏の沖縄旅行の予定が立てられるのであれば、ぜひ利用したい割引です。

人気の時間帯を避ける

沖縄便の飛行機は人気路線のため、早朝から夜遅くまで便数が多くあります。そこで、安くするために、人気の時間帯を避けた便を予約しましょう。往路のおすすめは早朝や夕方の便です。夕方の便は一番安いですが、現地での滞在時間が短くなってしまいます。早朝の便であれば逆に滞在時間を伸ばすことができます。復路のおすすめは早朝や午前中です。最終日の滞在時間が短くなってしまいますが、料金は安いのでおすすめです。

離島へは乗り継ぎ便で

石垣島や宮古島など沖縄の離島へ行く場合は、直行便ではなく乗り継ぎ便を予約しましょう。直行便はもともと少なく、人気があるため必然的に高くなってしまいます。乗り継ぎ便であれば安く利用できる便が沢山あります。また、乗り継ぎ便は便数が多いため、時間に融通を利かせることもできます。那覇空港であれば、空港内に様々なお店があるため、暇つぶしも苦になりません。

夏の沖縄旅行を安くするコツ③:ホテル

ゲストハウスや安宿に泊まる

夏の沖縄旅行の費用で大きなウェイトを占める宿泊費。沖縄と言えばリゾートホテルを思い浮かべる方も多いと思いますが、費用を抑えるのであれば、リゾートホテル以外に泊まるのもひとつです。沖縄にはゲストハウスも多いですし、ビジネスホテルなど、リゾートホテルに比べて料金の安い宿が沢山あります。特に、宿では寝るだけという行動派の方にはおすすめの節約方法です。

大部屋に泊まる

沖縄のホテルで一般的な部屋のタイプはツインやダブルなどです。しかし、家族連れや、グループで行く場合は、大部屋を予約するのがおすすめです。ツインやダブルに比べて宿泊料金が安くなる場合がほとんどです。和室タイプであれば、布団を敷いて大人数で泊まれますし、ホテルによってはベッドが4台以上ある部屋もあります。家族旅行の方は問題ないでしょうし、グループ旅行の場合も大人数でワイワイガヤガヤ楽しい旅行になるのではないでしょうか?

早期予約する

航空券と同じように、早期に予約すると割引が適用されるホテルも多くあります。早い時期から夏の沖縄旅行の予定が立てられる場合は、航空券と共にホテルも早めに予約しましょう。料金が安くなる分、グレードの高いお部屋に泊まるのも一つです。また、宿泊料金の割引以外にも、各種サービスや、アクティビティの割引など、特典が付いてくることもあります。しかし、すべてのホテルで早期割引があるわけではありませんので注意しましょう。

格安ツアーを利用する

ツアーと聞くと一見高そうにも感じますが、条件によっては格安で旅行に行けることもあります。特に旅行会社の店頭で売り出される号外ツアーや、ネット販売限定の格安ツアーなどはおすすめです。ただし、飛行機の便が選べなかったり、ホテルの部屋が限定されたりと条件があるものも多いです。しかし条件さえ気にしなければかなり格安で旅行できることも。気になる方はこまめにチェックしてみて下さい。

夏の沖縄旅行を安くするコツ④:レンタカー

小さめの車種を借りる

レンタカーは車のサイズやグレードによって料金が変わってきます。グループ旅行であれば、当然大きな車が必要となりますが、数人の旅行の場合は、なるべく小さな車種を予約しましょう。大きな車は荷物が沢山乗りますし、座り心地もゆったりして快適かもしれません。しかし、当然料金も高くなります。旅行費用を抑えるのであれば、車内の居住環境は多少我慢し、家族やグループの人数に合わせた大きさのレンタカーを予約することをおすすめします。

公共交通機関を利用する

沖縄での観光はレンタカーでの移動が一般的ですが、観光する地域や、旅程によっては公共交通機関での観光も可能です。沖縄本島では電車が走っていないため、バスが中心となりますが、本土と比べて乗車賃が安いのが特徴です。あちらこちらに移動しないのであれば、のんびりバスに乗車しての旅行も楽しいかもしれませんね。また、ホテルによっては、空港からの無料送迎バスもあるため、利用するのも一つの手段です。

夏の沖縄旅行を安くするコツ⑤:食事

地元の人が通うお店へ

沖縄旅行中の食事の費用も大きなウェイトを占めています。ガイドブックに載っている有名なレストランなどで食べるのももちろんいいですが、費用を抑えるためにはおすすめできません。反対にガイドブックに載っていない沖縄の地元民が通う食堂や、地元の居酒屋さんがおすすめです。最近はインターネットやSNSで簡単にお店の情報が手に入りますので、隠れた穴場を探してみて下さい。また、地元の方と仲良くなれば、さらに穴場の情報を手に入れられるかもしれません。

デカ盛りのお店に行く

沖縄は大盛り、デカ盛りの料理を提供するお店が非常に多いです。しかも、値段が本土の普通盛りと変わらない程度の格安で食べることができます。いろいろな沖縄料理を食べたい場合には不向きですが、費用を抑えて、なおかつお腹いっぱいになりたい方にはおすすめです。お店によっては一つの料理をシェアすることも可能ですので、グループや家族で分け合うのもいいですね。

夏の沖縄旅行を安くするコツ⑥:観光

前売り券やクーポンを取得する

夏の沖縄旅行中は、様々なレジャースポットに訪れるのも楽しいですよね。しかし家族連れなどでは入館料などが思いのほかかさんでしまうこともあります。そんな時は、事前に前売り券を購入したり、クーポンを取得しておくのがおすすめです。もちろん全ての施設で前売り券が発売されたり、クーポンを配布しているわけではありませんが、施設によっては格安で利用できますので、事前に調べてみましょう。

リゾートホテルでのんびりする

夏の沖縄旅行では様々なスポットに訪れるのが楽しいかもしれませんが、のんびりと過ごすことも一つの楽しみ方です。リゾートホテルに宿泊すると、一見高そうですが、ビーチがあったり、館内に施設が整い宿泊者価格で利用できます。あちらこちらに移動して細かい料金が積み上げられるより、ホテルでのんびりと過ごすことで、費用を抑えられる場合もあります。特に小さなお子様がいる家族連れの方は移動時のストレスも軽減されるのでおすすめです。

夏の沖縄旅行を安くするコツ⑦:お土産

スーパーで購入する

沖縄に旅行をしたら、当然お土産も必要になります。量が多いと費用もかさんでしまいますよね。そこで、おすすめなのが、地元のスーパーです。スーパーにはお菓子はもちろん、泡盛や沖縄料理の素、調味料が地元価格で販売されています。また、沖縄限定の商品も販売されていたりするので、お土産を買うのに持って来いの場所なのです。しかも、料金はスーパーでの地元価格のため、お土産屋さんで買うより安く手に入れることができるのです。

道の駅もおすすめ

夏の沖縄旅行のお土産のお土産として、パイナップルやマンゴーなどの南国フルーツ、海ぶどうやもずくなどを購入する方も多いと思います。そんな方は、ぜひ道の駅や海の駅へ行ってみましょう。本土でも地元の野菜や魚介類などが農家、漁師さん直送で格安で購入できるように、沖縄の道の駅や海の駅でも格安で販売されています。しかも、お土産屋さんで購入するより新鮮なので、食べ物が傷みやすい夏の時期は特におすすめです。

夏の沖縄旅行を安くするまとめ

以上、夏の沖縄旅行を安くするコツについて紹介しました。夏休み中の沖縄旅行を安くするためには、各種早めに予約をしましょう。そのためにも、まずは早目に旅行の計画を立てましょう。また、航空機やホテルなど、妥協できる点と、できない点を考え、妥協できる部分は料金の安いものを選ぶようにしましょう。旅行は計画を立てている時から非常にワクワクします。ぜひ、楽しみながら、夏の沖縄旅行の計画を立ててみて下さい。

夏の沖縄旅行が気になる方はこちらもチェック!

今回は夏の沖縄旅行についてご紹介しましたが、その他にも様々な観光地についてや、夏休みの旅行情報など詳しく紹介した記事が沢山ありますので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

Thumb夏休みの沖縄旅行の観光情報12選!おすすめのグルメ、レジャースポットをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
夏休みの旅行の定番と言えば沖縄旅行です。夏の沖縄と言えば何といっても海ですが、その他にも、魅...
Thumb夏休みに子供も喜ぶ旅行先おすすめ12選!家族観光で楽しめるスポットをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
家族旅行を楽しむ絶好の機会が夏休みでしょう。大人ももちろんですが子供たちもどこに行くのか楽し...
Thumbお盆に穴場の旅行先ランキング13!夏休みでも人が少なくて楽しい観光地をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
お盆は観光地が混雑し、旅行客がうんざりすることも多い時期。帰省などの関連で、大都会の周辺や海...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ