キャンプ荷物のまとめ方!車や荷物入れへの積み込み方や整理のコツを解説!のイメージ

キャンプ荷物のまとめ方!車や荷物入れへの積み込み方や整理のコツを解説!

キャンプに行く時に苦労するのが荷物の積み込みです。キャンプ道具だけならまだいいのですがタオルや着替え、おもちゃ、食材など道具以外の持ち物も多いので荷物入れだけがいっぱいになってしまうので車の空間を活かした荷物の積み方を紹介します。

2019年05月27日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. キャンプは荷物の数が多い
  2. 荷物の積載はまとめ方が大切
  3. キャンプ道具や荷物を積むときの順番
  4. キャンプの荷物を運ぶ時に便利な道具1
  5. キャンプの荷物を運ぶ時に便利な道具2
  6. キャンプの荷物を運ぶ時に便利な道具3
  7. キャンプの荷物を持ち運びする時に役立つアイテム4
  8. キャンプの荷物を車載する手順1
  9. キャンプの荷物を車載する手順2
  10. キャンプの荷物を車載する手順3
  11. キャンプの荷物を車載する手順4
  12. キャンプの荷物の持ち運び方別特徴
  13. キャンプの荷物を整理する方法1
  14. キャンプの荷物を整理する方法2
  15. キャンプの荷物の積み込みと収納・整理のまとめ

キャンプは荷物の数が多い

整理して車に積まないと持ち運びできない

出典: https://www.amazon.co.jp

キャンプで必要になる荷物は非常に多く整理して車に積み込まないとうまく積めません。特に荷物入れが小さくなる軽自動車、後部座席を荷物入れ側にスライドさせて大人数で使えるタイプの車は収納スペースに限りがあります。そんな少ない収納スペースにテントやタープ、寝袋などの厚みがある大きなものから、コンパクトにはなりますが厚みがあったり重たいテーブルなどいろいろな荷物を整理して積み込まないといけません。

荷物がそもそも多い人もいる

積載能力が大きい車ならいいのですが収納スペースがあまりない車に同じ働きをするギアを数種類持っていくというのはあまりいいとは言えません。多い荷物を整理して荷物入れに収まるように厳選するのが綺麗なまとめ方の基本です。荷物が減ればそれだけ車への積み込みは簡単になり多少積み方が悪くても収納できますよ。バイクと比べると車載しやすいですが、軽自動車だとあまり持ち運べないことを頭に入れておきましょう。

荷物の積載はまとめ方が大切

荷物をそのまま持ち運びしない

キャンプの荷物全てに当てはまることではありませんが、そのまま持ち運びするとデッドスペースができやすものも多く重ねて収納できません。荷物入れの床面積はわずかしかないので収納ボックスなどや棚などを利用して高さを活かした車載が必要です。棚となるものを積み込み荷物を上下で収納するように整理して持ち運ぶことで荷物入れの面積を最大限に発揮できますよ。グッズを使う場合はまとめ方次第ではさらに広く使えます。

ルーフを活用する

小さい車や荷物入れに大量の荷物を入れるのはなれるまで難しいです。そんなときはルーフバッグを活用するというまとめ方もありますよ。ルーフレールが無くても荷物を持ち運びできるバッグはたくさんあるので、重心に影響しないような軽い荷物を整理して収納すれば荷物入れを大きく使えるようになります。軽自動車以外でも荷物が多い時に使える積み方なので困ったときは導入してみましょう。

重たいものを下にしてその上に積んでいく

キャンプに行くときはボックスなどを導入して重たい荷物を下にします。重心を下げて車を安定させるだけではなく、軽いものを積み重ねる事ができるようになりますよ。収納ボックスを使えば平らになるので積みやすくなり、前述した棚などを使わなくても空きスペースが活用できるので便利です。積み込むときは順番も大切になるので後ほど紹介していきます。

キャンプ道具や荷物を積むときの順番

持ち運びに便利な順番を考える

子供がいるなら椅子やタープなどリビングに関係するものがすばやく出し入れできると便利ですよ。天気が悪い時もタープがすぐに出せると荷物置き場を保管できるので便利です。クーラーボックスは一番手前もしくは後部座席などすぐに取り出せるように持ち運ぶのが一般的で、途中で買い物のするたびにクラーボックスを取り出さなくてすみますよ。逆にキャンプ場につくまで絶対に取り出さないものは順番を気にしなくても大丈夫です。

平たく積みこむと便利

大きな車でたくさんの荷物を持ち運びできるときに関してはボックスよりトートバッグなどの柔らかいバッグに入れて持ち運べばどんなタイミングでも荷物が簡単に取り出せるようになりますよ。ボックスだと蓋をしないようにすると大丈夫です。

キャンプの荷物を運ぶ時に便利な道具1

カーメイト①:サイドバー

カーメイト INNO クロスライド Xride NS123 サイドバー L650 軽自動車やコンパクトカーに最適な65cmサイズのバー
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

車の荷物入れに入り切らないほど荷物が多い場合に役立つアイテムを紹介します。車の天井部分に使うグッズで銀マットや寝袋など軽いものを収納できるスペースに早変わりします。多い荷物を積み方で困ったらまず車の荷物入れなどのスペースを最大限に発揮できるようにいろいろなグッズを使ってみましょう。基本的にはサイドバーとネットを使いますよ。バイクと比べると拡張性が高いのでそれだけで車載できるかもしれません。

カーメイト②:インナーネット

カーメイト INNO クロスライド Xride インナーネットM NS106
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

サイドバーでスペースを有効的に使えるようなった後はネットなどを使って天井部分に棚を作るだけです。テントでもよくある天井部分の物置と同じです。このまとめ方だと荷物が大きすぎるとバックミラーに干渉する恐れがあるので気をつけてくださいね。荷物のまとめ方よりまずは安全が大切です。ただし法律的には荷物入れやこのようなグッズで後ろが確認できない状態でもなんら問題はありません。

実際のレイアウト

実際にネットを配置するとこのような感じになります。厚みがないキャンプの荷物を綺麗に積み込みできますよ。積み方も簡単でストレッチ素材なのでよく伸びてくれます。

キャンプの荷物を運ぶ時に便利な道具2

ルーフバッグ

【全米が認めた完全防水ルーフバッグ】510L XLサイズ 121×101×48cm 510L
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

サイドバーなどで収納スペースの増設が難しい場合は外に収納スペースを作りましょう。軽自動車やルーフレールがない車でも簡単にキャンプの荷物を持ち運べるバッグがあると便利ですよ。ただしレール不要で積み込みできるものは、積み方によっては雨の日に水がドアから入ってくる可能性があるので天候には気をつけないといけません。また防水性能を確認しておかないとキャンプの道具がびしょ濡れになる可能性もあります。

実際のレイアウト

製品は違いますがルーフバッグ、ルーフボックスを使えば軽いものを収納できますよ。大きさも小さいように見えて200Lや500Lなどがあるのでどうしても荷物入れに入らない場合活用してみましょう。車載するときはしっかり固定しましょう。落下した場合法的責任が追求されます。

キャンプの荷物を運ぶ時に便利な道具3

ボックス・コンテナ

snow peak(スノーピーク) シェルフコンテナ 50 UG-055Gバッグ
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

キャンプ道具ごとにボックスに入れて持ち運びするのが一般的なまとめ方になります。一番多い積み込み方なので参考となる写真も多く真似しやすいのが特徴です。キャンプ用品を作っているメーカーからも収納するためのボックス類が発売されていますよ。丈夫なものは重ねられるので棚のような役割を果たし荷物が多いときもスッキリとまとまりますよ。大小あるとさらにまとめやすいのでサイズ違いを揃えるのもおすすめです。

実際のレイアウト

荷物入れの右にあるのがコンテナです。重ねて使えるようになるので整理整頓ができ収納しやすくなりますよ。このようなボックスを使うまとめ方は容器の形状に左右されるので自分の車にあったものを選びましょう。キャンプ専用のコンテナではなくホームセンターで売られているものでも大丈夫ですよ。製品によっては上にものを載せれる事ができないタイプもあるのでそういった場合、DYIで棚を作るまとめ方がおすすめです。

キャンプの荷物を持ち運びする時に役立つアイテム4

フラット棚セット

『 荷室革命 』 NV350 キャラバン フラット棚セット 150kg積載
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

車種によってはDIYで自作しなくても棚をそのまま設置できる商品もあるので自作ができない方も安心してください。このような間仕切りなどを設けることで、多い荷物を整頓し出しやすくなったり、積み込みしやすくなったりします。ルーフバッグ以外で紹介したアイテムはどれも高さを活かした収納方法ばかりですね。前述したように高さを活かすことで収納スペースを増やし、綺麗に車載できるようになりますよ。

実際のレイアウト

小さな車でも棚のように間仕切りなどを使って高さを確保することで積載能力がアップします。下に重たいものを積載することで丈夫な板を使わなくても大丈夫ですよ。余裕がある場合荷物を左右に分けるとバックミラーでの確認もできます。どのタイプの持ち運び方でも併用することで綺麗にまとめられますよ。綺麗に積み込みすることでキャンプ場についてから設営までスムーズに進みます。

キャンプの荷物を車載する手順1

シートを敷く

荷物入れに積み込んでいく前にレジャーシートなどを敷いておくと便利と言われています。床面の保護や撤収時に土や砂が落ちても掃除しやすくなり、雨の撤収でも濡れないように保護してくれますよ。ただしコンテナに入れたり、防水袋に入れたりすることでシートを敷かなくても同様の効果があるのでやりやすい積み方をしてくださいね。車種によってはフラットな荷物入れではなく底が凸凹している場合があるので傷つかないように注意してください。

棚などは設置しておく

下に荷物を積み込んだ後から上に間仕切りをするかのように棚を作るのではなく最初から設置しておきましょう。脚部などが荷物と干渉して綺麗に置けなくなりますよ。また収納スペースの全体像が見えているほうが綺麗に積み込みできるでしょう。サイドバーなどで天井部分にも荷物置き場を増設する場合も同じように設置してから積み込んでいきます。パズルゲームの感覚で全体を把握しながら隙間を埋めていくのが車載のコツですよ。

キャンプの荷物を車載する手順2

テントなどの大きく重たいものは下

前述したように重量のあるものは下にします。重心を下げるだけではなく空間を生かして上下に区切った場合上段に重たいものがあると強度が必要になってくるので自作する場合耐荷重に気をつけましょう。また単純に何かの拍子で重たい荷物が走行中に崩れると大変危険です。特にキャンプ道具は角があるものだったり、金属そのものだったりするのでもしそれが崩れてくるとキャンプどころではなくなりますよ。

コンテナも下

重ねられないコンテナも下に配置して上になればなるほど軽くしましょう。バスタオルや着替えなどの荷物は基本的に上なります。また例外として重たくても柔らかいものは上の方に積むこともありますよ。重たくて硬いキャンプ道具が崩れてくることが危険です。荷物が多い場合は必ず注意して車載する順番を守りましょう。積み方次第でキャンプ道具は凶器となってしまいます。

キャンプの荷物を車載する手順3

縦置きも考える

薄いものは立てて入れるようにしましょう。例えば折りたたみ式のグリルやかまどなどは上から押されると変形しますが縦に入れると横揺れで荷物が大きく偏らない限りそう簡単に変形することはありません。また厚みのないものを縦に入れることでデッドスペースをなくしキャンプ道具を多く持ち運べるようになります。空きスペース次第では何でもボックスに入れるのではなく細長いバッグに入れて縦に置く積み方も有効になりますよ。

縦置きしやすいキャンプ道具

コンパクトチェアではなく学校などで使われるパイプ椅子のように折りたたむタイプの椅子や銀マットなどは縦でも置きやすいですよ。薪や着替えなどもバッグに入れて縦置きできるので荷物入れの形状や余ったスペース次第では縦置きにしたほうがいいですよ。またランタンやストーブなどの液体の燃料を使うものは横に積んでは行けないキャンプ道具になります。

キャンプの荷物を車載する手順4

隙間を埋める

いろいろなまとめ方で車載しても隙間は必ずできます。こういう時は着替えやタオルなどの形が変形する柔らかいものを隙間に入れると揺れなくなったり衝撃を吸収してくれますよ。隙間が大きいと効果がないのでキャンプ道具や荷物が多いときほど役に立つ積み込み方です。積み方がわからない時はとりあえずボックスに入れてから高さを使いながら間に緩衝材も兼ねて着替えを差し込んでいけばある程度は積み込みできます。

互い違いに入れる

収納ボックスやコンテナが長方形ではなく台形だった場合、2つのボックスをそのまま平らに積むと無駄なスペースができるため片方のボックスをひっくり返して積むことで無駄な隙間を減らせれますよ。これも隙間をなくすテクニックの1つです。ひっくり返すボックスには割れやすいものを入れないように気をつけてくださいね。持ち運ぶ時はそっと起こしましょう。

キャンプの荷物の持ち運び方別特徴

まとめ方によっては導入費用が高額

  メリット デメリット
そのまま 費用がかからない 積み方が悪いと見た目も収まりも悪い
ボックス 高さを生かして収納可能
荷物を種類ごとに小分けできる
硬いと押し込めない
形状が異なると互い違いしないと
積み方によりデッドスペースができる
ルーフの活用 多くの荷物を持ち運べる 費用がかかり、設置が面倒
上下に仕切ることで荷物が
取り出しやすくなる
耐荷重の高いテーブルなどが必要
自分の車にあったものがなければ自作もやむなし

ケースのタイプの違い

  メリット デメリット
ハードタイプ 頑丈で積み重ねられる
荷物を保護し鋭利なものでも穴が開かない
融通がきかない
ソフトタイプ スペースに押し込める
小さく畳めてかさばらない
ハードタイプほど保護できない

キャンプの荷物を整理する方法1

コンテナの中でも分ける

食材と同じうようにキャンプ道具をジャンルごとに収納ボックスやコンテナの中で小分けにすると収納しやすくなりますよ。ただし全てのキャンプ道具が収納しやすくなるわけではなく小分けにすることで、大きなキャンプ道具が綺麗に収まらなくなるのでジャンルごとに小分けするかどうか決めましょう。ガス缶と一緒にカトラリーを入れるとき、その他小物類はコンテナを仕切ったほうが収納しやすいですよ。

重ねて持ち運び

登山や自転車でのキャンプでは基本となるスタッキングも荷物が多い時に役立ちます。家庭用の調理器具のほうが扱いやすいかもしれませんが、クッカーは大人数向けのものもあるのでそれを利用すればコンパクトにまとまり整理しやすいですよ。

キャンプの荷物を整理する方法2

家でも大変

キャンプ道具は数が多くなりやすいもので家でも整理、収納が大変です。すぐに持ち運びできるように収納する方法は片付けるのではなく、あえて棚に飾るほうが綺麗に整理できますよ。どこに何があるのかすばやく把握でき持ち運びしやすくなります。イメージはキャンプ用品店のショーウィンドウのような感じです。このときも車への積み込み方と同じように高さを意識して整理していきましょう。

クローゼットより棚がおすすめ

キャンプ道具を飾らないときもクローゼットより棚がおすすめですよ。理由は取り出しやすさにあります。必要な道具だけ取り出せる状態にすることによりソロキャンプでもファミリーキャンプでも荷物が異なるキャンプでも柔軟に道具の出し入れができますよ。

キャンプの荷物の積み込みと収納・整理のまとめ

車のスペースを最大限に活かす

キャンプはキャンプ道具だけではなくタオルやおもちゃなどさまざまな荷物が必要になるので積み方が大切です。高さを使って空間を最大限に活かすのが積み方の大きなポイントになりますよ。後部座席の下も若干スペースがあるので薄いものはそこに収納してみるのもいいでしょう。天井にネットを使ってキャンプ用品を持ち運ぶ時は重たいものは使わないようにしてくださいね。

キャンプが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のには最新の道具を含めたギアの紹介やいろいろなアイテムの紹介、そして車載する際によく使うボックスの紹介などアウトドアやキャンプに関する記事がたくさんあります。これからキャンプを始める方から上級者の方までよかったらチェックしてくださいね。

Thumb【2019】人気キャンプギアおすすめ18選!最新キャンプ道具も要チェック! | 暮らし~の[クラシーノ]
人気ブランドからお値段も比較的リーズナブルで、機能性の高い人気のキャンプギアをご紹介します。...
Thumbキャンプ道具(用品)|必須アイテムから便利な道具を紹介30選! | 暮らし~の[クラシーノ]
おすすめのキャンプ道具をご紹介します。 今回は必須アイテムから便利な道具まで30選になります...
Thumbキャンプ道具の収納ボックスおすすめ8選!収納もおしゃれにすっきり解決! | 暮らし~の[クラシーノ]
皆さんはキャンプ道具をどのように収納しているでしょうか。 キャンプ道具の収納は初心者キャンパ...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ