夏の奈良といえば?暑い時期でも楽しめる人気観光スポット13選をご紹介! のイメージ

夏の奈良といえば?暑い時期でも楽しめる人気観光スポット13選をご紹介!

山々に抱かれた奈良盆地の夏は無性にムシムシ暑いですが、山間部では涼やかな避暑地に出会えます。おすすめできる場所は絶景を独り占めする山の頂きから、地底人がいそうな鍾乳洞の世界まで様々。暑い夏休みの観光にもおすすめの、夏の奈良の涼しいスポットをお知らせします。

2019年07月05日更新

はぐれ猫
はぐれ猫
都会から離れた田舎で暮らす、はぐれ猫です。幼少時から地理が好きという特徴も活かしつつ、キャンプやトラベルスポットの紹介が得意分野です。しかし身近なDIY等含め、興味深い話題の紹介も怠りません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 奈良の避暑地の楽しみ方
  2. 奈良の夏のおすすめ観光地①(宇陀市)
  3. 奈良の夏のおすすめ観光地②(宇陀市)
  4. 奈良の夏のおすすめ観光地③(御所市)
  5. 奈良の夏のおすすめ観光地④(川上村)
  6. 奈良の夏のおすすめ観光地⑤(川上村)
  7. 奈良の夏のおすすめ観光地⑥(曽爾村)
  8. 奈良の夏のおすすめ観光地⑦(大台町)
  9. 奈良の夏のおすすめ観光地⑧(天川村)
  10. 奈良の夏のおすすめ観光地⑨(天川村)
  11. 奈良の夏のおすすめ観光地⑩(天川村)
  12. 奈良の夏のおすすめ観光地⑪(十津川村)
  13. 奈良の夏のおすすめ観光地⑫(十津川村)
  14. 奈良の夏のおすすめ観光地⑬(十津川村)
  15. 奈良の避暑地に行こう

奈良の避暑地の楽しみ方

人気の高原の避暑地を目指す

旅の目的地として人気を維持する奈良といえば、北から南までどこまでも山に満たされている土地。ですから暑い気候も遮る高原の避暑地は、どこにでも見つかります。そんな気楽で涼しい夏の楽しみ方では、厳しい登山の苦労もなく、車やロープウェイで移動しやすい所を選ぶのもおすすめです。

涼しい水辺の観光地を目指す

幾つも山が連なる山岳地といえば、必ずと言っていいほど見つかるのが渓谷です。そこには岩がちな地形に清流が流れ、魅力の滝があったりします。奈良はそうした人気の渓谷には恵まれた場所で、全国的にも迫力が上位な風景もあります。だから夏の奈良は、涼しい水辺もおすすめです。

洞窟に潜る楽しみ方

地底空間の涼しさというのは、日光が当たって暑い空気にならず、岩盤だらけの地質が冬の冷気を維持することでもたらされます。奈良の山の中には、そんな夏に涼しいおすすめの鍾乳洞が幾つか見つかります。夏休みには、奇妙な鍾乳石で異空間的な涼を楽しみとしてみてはいかがですか?

奈良の夏のおすすめ観光地①(宇陀市)

竜鎮の滝

近くに龍のような形の室生湖や、女人高野の室生寺と言った見どころもある宇陀の山中で、滝の名所といえば竜鎮の滝。深谷川の流れる奈良の深谷龍鎮渓谷で、1番のおすすめどころと言われます。夏の間もとても涼しい渓谷の観光地までは、ダム湖のほとりからのちょっとしたハイキングです。

涼しい見どころ

室生の山林が周囲を取り巻いている渓谷の中、深谷川沿いを歩けばやがて竜鎮の滝に到着します。滝の大きさ自体はとても小さいですが、岩から滝壺に水流が下る姿は、奈良の日本庭園的で静かで滑らかな風情を感じます。龍鎮神社も含め、荘厳で涼しい空気に満たされたい夏におすすめです。

基本情報

【所在地】奈良県宇陀市榛原荷阪
【電話】宇陀市商工観光課:0745-82-2457
【時間】24時間

奈良観光.jp 深谷龍鎮渓谷(龍鎮の滝)

奈良の夏のおすすめ観光地②(宇陀市)

平成榛原子供のもり公園

高原の宇田川のほとりに広がる平成榛原(はいばら)子供のもり公園は、夏休みの遊びとキャンプにもおすすめな場所です。標高300mを超える山林の中には怪しい恐竜のモニュメントがあり、多数のアスレチック遊具が揃ってまるで山の遊園地のよう。奈良の夏は子供中心な過ごし方ができます。

涼しい見どころ

幼い子供が夏に夢中になって遊ぶのは、じゃぶじゃぶと遊べる円形の池。中央の四角い構造物からは細い無数の水が滝のように流れ、水深が浅いので溺れる心配ナシです。噴水広場での水遊びも見どころ。奈良での涼しい夏の楽しみ方が揃った公園では、キャンプやBBQで過ごすのもおすすめです。

基本情報

【所在地】奈良県宇陀市榛原檜牧2107-4
【電話】0745-82-7411
【営業時間】森の館・少年野球場・少年サッカー場:9:00~17:00、バーベキュー:9:00~15:00(5~8月:16:00~20:00)、研修室・多目的ホール:9:00~21:00

宇陀市 平成榛原子供のもり公園

奈良の夏のおすすめ観光地③(御所市)

大和葛城山とロープウェイ

標高900mを超える山頂から周囲を一望する大和葛城山は、奈良でもっとも気軽に登山できるおすすめの山です。その理由は、1966年に開通した、麓から伸びている人気のロープウェイにあります。夏休みにゴンドラに乗れば、夏の涼しい高原まで6分間の空中散策の始まりです。

涼しい見どころ

駅から葛城山の頂上までは、簡単な登山コースを15分かけてのぼります。頂上は樹木のない広場や原っぱが広がり、風を受けて涼しい空気に満ちています。奈良の盆地と山々の風景が見られるだけでなく、キャンプの楽しみ方もあります。夏の終わりには、風に揺れるすすき野原の風景もおすすめポイントです。

基本情報

【所在地】奈良県御所市櫛羅2503-1
【電話】0745-62-4341
【営業時間】9:00~17:00

葛城山ロープウェイ 近畿日本鉄道

奈良の夏のおすすめ観光地④(川上村)

不動窟鍾乳洞

大迫ダムの観光も人気な川上村といえば、大迫貯水池より流れる吉野川の近くに鍾乳洞の名所があります。1300年前に役行者(えんのぎょうじゃ)が発見したという不動窟は、夏でもヒヤッとした空気が支配して、暑い奈良の気候を忘れさせます。夏休みは避暑地と地下の絶景を求める人におすすめです。

涼しい見どころ

奥まで全長140mの洞窟が続き、内部は奈良が夏でも冬でも常に13度に保たれ、暑さと無縁です。2億5千万年も前にできた鍾乳洞には、内部に清涼な不動滝が流れ、近くではしかめっ面を崩さない不動明王像が睨みを利かせます。水は飲用にもおすすめで、飲めば健康長寿になれると伝わっています。

基本情報

【所在地】奈良県吉野郡川上村柏木
【電話】0746-54-0227
【営業時間】9:00~17:00

不動窟 なら旅ネット 奈良県観光公式サイト

奈良の夏のおすすめ観光地⑤(川上村)

蜻蛉の滝

大峰山脈の北麓の川上村といえば、奈良でも最大級の滝が、夏の避暑地としても人気です。音無川の断崖で音を響かせる蜻蛉(せいれい)の滝です。雄略天皇の伝説もあり、紀伊半島自然100選に入るほどおすすめのスポットは、滝の水しぶきを浴びて涼しいだけではない楽しみ方があります。

涼しい見どころ

下までの落差が50mもある蜻蛉の滝は、上と中と下、3ヶ所に観瀑台を備えています。複数の場所からの楽しみ方があるのが、奈良県内の滝の中でも、夏の観光におすすめなポイント。天気が良ければ虹が架かって一層と幻想的となり、暑い平野部とは無縁な夏休みのひとときが訪れます。

基本情報

【所在地】奈良県吉野郡川上村西河
【電話】川上村観光協会:0746-52-0111
【時間】24時間

蜻蛉の滝 なら旅ネット 奈良県観光公式サイト

奈良の夏のおすすめ観光地⑥(曽爾村)

曽爾高原

樹木がない山の雄大な光景で感動できる夏の避暑地といえば、奈良の東部にある曽爾(そに)高原も忘れてはいけません。標高700mを超える場所では狗留孫(くるそん)山と亀山を中心とし、奈良の高見山地の山々の風景がおすすめ。そして曽爾高原には様々な人気の楽しみ方も揃っています。

涼しい見どころ

緑に覆われた曽爾高原の尾根の上は風を受けて涼しく、お亀池なども含めたハイキングがおすすめです。夏休みにも訪れたいファームガーデンは、奈良の高原で地ビールや米粉のパンといった名物料理を楽しめる人気のレストラン。お亀の湯で暑いサウナや露天風呂に浸って、ストレスも解消できそうです。

基本情報

【所在地】奈良県宇陀郡曽爾村太良路
【電話】曽爾村企画課:0745-94-2106
【営業時間】曽爾高原ファームガーデン:10:00~18:00(水曜定休)

曽爾高原 なら旅ネット 奈良県観光公式サイト

奈良の夏のおすすめ観光地⑦(大台町)

大台ヶ原

切り立つ断崖と不思議な斜面の景色が広がっている、大台ヶ原は夏も人気です。標高1,573mのビジターセンターを中心に、東大台と西大台のエリアには原生林が広がって、散策路が巡らされています。大蛇ぐらなど奈良の有名な風景は暑さをまるで感じず、特に夏は過ごしやすいので散策がおすすめです。

涼しい見どころ

誰もが訪れてみたい見どころが、スリルと感動の待ち受ける大蛇ぐら。断崖の向こう側にニョッキリとそびえる不思議な山、そして背後の紀伊山地の壮大な風景がおすすめです。立ち枯れた樹々の絶景が見られる正木ヶ原、山岳の渓谷が続く大杉谷など、奈良の大台ヶ原は夏に涼しい楽しみ方が満載です。

基本情報

【所在地】奈良県吉野郡上北山村小橡660-1(大台ヶ原ビジターセンター)
【電話】07468-3-0312
【営業時間】9:00~17:00(毎年11月下旬~4月下旬閉鎖)

吉野熊野国立公園 大台ヶ原 環境省

奈良の夏のおすすめ観光地⑧(天川村)

みたらい渓谷

View this post on Instagram

@ryo5748がシェアした投稿 -

空色の水が流れるみたらい渓谷といえば、奈良でも一二を争う水辺の見事な景勝地です。大峯山の西側で4つの川が合流するポイントを含め、およそ7.4kmも水辺の絶景が続いています。奈良の夏には渓谷の水遊びもおすすめで、みたらい渓谷ならではの魅力もあります。

涼しい見どころ

渓谷の山上川には人気の遊歩道が作られ、夏には水辺で涼しいハイキングの中心になります。すずかけの道に沿って北へと歩みを進め、奈良の洞川温泉郷でゆったりお湯に浸ることもおすすめです。夏休みは暑い住宅地を抜け出し、泊りがけでみたらい渓谷探検をする楽しみ方が人気です。

基本情報

【所在地】奈良県吉野郡天川村北角
【電話】天川村総合案内所:0747-63-0999
【時間】24時間

みたらい渓谷 なら旅ネット 奈良県観光公式サイト

奈良の夏のおすすめ観光地⑨(天川村)

面不動鍾乳洞

涼しさいっぱいのみたらい渓谷といえば、奈良で一番見事と称えられるおすすめな鍾乳洞も間近です。避暑地の洞川温泉郷で昭和8年に発見されてから、奈良の特別天然記念物となっている面不動鍾乳洞です。数万年をかけて出来た人気の鍾乳洞は、夏もライトアップされて幻惑的な魅力があります。

涼しい見どころ

渓谷のそばの洞川八幡宮から、自然研究路が鍾乳洞へと続いています。夏休みの家族連れなら、山林に通るトロッコに乗車するもおすすめな楽しみ方です。全長280mある内部は、奈良の夏にも8度の気温が保たれ、涼しいを通り越して寒いほど。青や紫など、鮮やかな光に浮かぶ鍾乳洞の迫力が実感できます。

基本情報

【所在地】奈良県吉野郡天川村洞川673-89
【電話】0747-64-0352
【営業時間】9:00~16:30(不定休、年末年始休業)

面不動鍾乳洞 大峯山洞川温泉観光協会

奈良の夏のおすすめ観光地⑩(天川村)

みのずみオートキャンプ場

快適な夏を実現するならキャンプの楽しみ方も注目ですが、奈良でおすすめの施設といえば天川村です。みのずみオートキャンプ場は、みたらい渓谷の散策もできる天ノ川に沿った場所にあります。水遊びができることもあり、夏休みには避暑地を求める家族連れにも人気が絶大です。

涼しい見どころ

大峰山脈に端を発する天ノ川では、ゴツい岩場の中を透き通った清流が流れています。夏の朝から夕刻まで、天ノ川では水遊びや釣りもしたい放題。すぐ近くには滝が流れ降っているので、奈良の高原に暑い要素はまるでありません。キャンプ場には、おすすめのコテージやバンガローも備わっています。

基本情報

【所在地】奈良県吉野郡天川村南角
【電話】0747-63-0839
【営業期間】3月第2土曜~12月29日

天川みのずみオートキャンプ場 ソニー損保

奈良の夏のおすすめ観光地⑪(十津川村)

谷瀬の吊り橋

いまや十津川村で1番手の名所になったのが、谷瀬(たにぜ)の吊り橋です。奈良の十津川に威容を現したのは昭和29年で、全長297mの橋は当初は生活道路でしたが、いつしか人を集める観光名所と化しました。揺れ動く橋をただ渡る楽しみ方でもスリルを感じ、夏のデートにもおすすめです。

涼しい見どころ

高さ54mもある橋上から下を見下ろせば、十津川の水と河原が広がって目がくらむ思いです。奈良の夏休みには特に大勢が吊り橋に群がるので、橋の揺れ具合も増加しています。背後の伯母子岳を含めた景色が綺麗で、夏休みには河原のキャンプ場を避暑地として過ごすのもおすすめします。

基本情報

【所在地】奈良県吉野郡十津川村谷瀬
【電話】十津川村観光協会:0746-63-0200
【営業時間】24時間

十津川村観光協会 谷瀬の吊り橋

奈良の夏のおすすめ観光地⑫(十津川村)

笹の滝

橋の絶景に注目がいく十津川村といえば、笹の滝という知名度ある滝の名所も存在しています。風屋貯水池から東の嫁腰峠のほうへ、滝川沿いの道をくねくねさかのぼって向かいます。やがて目にするおすすめな滝の姿は、奈良のどこでも見られないような独特な流れが、夏の緑に映え渡ります。

涼しい見どころ

奥に見える大きな滝の下では、水流が幾つもの小滝に分かれて手前に流れ、独特な水の風景を作り出しています。ここは標高500mの高原にあり、しかも笹の滝の水しぶきを受けて、奈良の暑い夏とは無縁な世界です。さすがは日本の滝100選に入っているだけあって、滝のおすすめ度は高めです。

基本情報

【所在地】奈良県吉野郡十津川村大字内原
【電話】十津川村観光協会:0746-63-0200
【時間】24時間

十津川村観光協会 笹の滝

奈良の夏のおすすめ観光地⑬(十津川村)

瀞峡

スケールの大きな断崖と水の景色が絶賛される瀞峡(どろきょう)は、大正の昔から奈良の避暑地として人気の高い景勝地です。国の特別名勝にも入る雄大な景色の中では、瀞ホテルで美味しいカフェタイムを過ごすのもおすすめ。遊覧船に乗ってみたりと夏の楽しみ方も様々です。

涼しい見どころ

北方の大台ヶ原から注いている川は上瀞と呼ばれ、くねくねと瀞峡を流れて見事な渓谷風景を形作っています。奈良の瀞峡にやってきたなら、夏に大きな遊覧船に乗り込むのはおすすめです。船の上から古代と変わらぬ瀞八丁の断崖と奇岩の数々を観賞できて、渓谷の涼しさを感じ取れます。

基本情報

【所在地】奈良県吉野郡十津川村神下405
【電話】川舟観光かわせみ:0746-69-0168、瀞ホテル:0746-69-0003、熊野交通ジェット船:0735-44-0331
【営業時間】川舟観光かわせみ:8:00~17:00

十津川村観光協会 瀞峡(どろきょう)

奈良の避暑地に行こう

夏の避暑地をあちこち観光してみよう

悠久の古都奈良といえば、学生時の修学旅行で行ったことがある方も多いのではないのでしょうか?。しかし山間部には、大人になっても未だ知らない夏の避暑地も、様々に存在していました。おすすめの高原ならば、夏特有の暑い気候とは無縁です。泊りがけでも日帰りでも、涼しく夏休みを過ごせることは確実です。

奈良が気になる方はこちらもチェック!

当サイトでは奈良のムシムシする夏におすすめな避暑地のほかにも、奈良の観光情報が満載です。奈良の山が気になる方も、チェックしてみてください。

Thumb大台ヶ原山とは?日本百名山&日本の秘境100選に選ばれた山を徹底解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
価値ある風景が目に飛び込んでくる、大台ヶ原のハイキングは体験しましたか?奈良の奥深くで日本百...
Thumb世界遺産登録「大峯奥駈道」の縦走ガイド!ルート情報や必要装備をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
日に日に存在感を増す世界遺産の大峯奥駈道は、険しい修験道を縦走で乗り越える修行の場です。素晴...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ