エコギア「熟成アクア 活メバルシリーズ」!メバリング向けの2アイテムが追加!のイメージ

エコギア「熟成アクア 活メバルシリーズ」!メバリング向けの2アイテムが追加!

熟成アクア活メバルシリーズは、エコギアのメバル向けリキッドワームです。リキッド、マテリアルを一新した新しいシリーズで、形状は間違いナシのSTグラブとシラス。春のメバリングにおすすめのアイテムです。熟成アクア活メバルシリーズでメバリングを満喫しましょう!

2019年04月10日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「熟成アクア 活メバルシリーズ」でメバリング!
  2. 「熟成アクア 活メバルシリーズ」とは
  3. 「熟成アクア 活メバルシリーズ」はリキッドタイプ!
  4. 「熟成アクア 活メバルシリーズ」のカラーについて
  5. 「熟成アクア 活メバルシリーズ」2アイテムをチェック!
  6. 1.エコギア「熟成アクア 活メバルSTグラブ2」
  7. 2.エコギア「熟成アクア 活メバルシラス2」
  8. 「熟成アクア 活メバルシリーズ」使用のポイント!
  9. 「熟成アクア 活メバルシリーズ」の釣りを動画でチェック!
  10. 「熟成アクア 活メバルシリーズ」でメバルをゲット!

「熟成アクア 活メバルシリーズ」でメバリング!

アクアのメバリングモデルをチェックしよう!

2018年末、秋のメバリングシーズンに合わせて追加された、エコギアアクアのメバリングモデルをチェック!定番形状を引き継いだ「熟成アクア 活メバル STグラブ」、「熟成アクア 活メバル シラス」をご紹介します。リトリーブオンリーでも楽しめるテール形状で、初心者の方にもおすすめ!春のメバリングシーズン向けワームをお探しの方は、是非チェックしてみてください!

「熟成アクア 活メバルシリーズ」とは

エコギアのリキッド系ワーム

熟成アクア 活メバル

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com

「熟成アクア 活メバルシリーズ」は、エコギアのリキッド系ライトゲームワームです。アクアシリーズのリキッド、マテリアルをパワーアップさせたシリーズで、ロックフィッシュとタイラバ、アジング向けは先行して展開。メバル向けのモデルは2018年秋に展開されたばかりの新製品です。2インチで春のデカメバルにもおすすめ!ワームで迷っている方は、是非チェックしてみてください!

リキッドとマテリアルは生分解素材!

エサメーカーとして国内で圧倒的なシェアを持っているマルキユー。ルアーブランドであるエコギアも、エサ向け製品を数多く取り扱うメーカーらしいものになっています。素材は天然由来、生分解素材がメインで、環境にやさしくアピールもナチュラル。パワーアップした新マテリアルで、リキッドの保持力と柔らかなアクションを両立しました。匂いと味があるタイプのワームなので、初心者の方でも遊びやすい!初めてのライトゲームワームにもおすすめです。

「熟成アクア 活メバルシリーズ」はリキッドタイプ!

リキッドの特徴を3つに分けてご紹介!

リキッドの特徴についてです。パッケージ内に入っている液体はワームの保管に必要なものなので、開封後も捨てずに浸した状態をキープしておくのがおすすめ。液体自体にも匂いがあるので、手拭き等を用意してから釣りに出かける必要があります。リキッドタイプが初めての方は、事前にチェックしておきましょう!

①パッケージ内に液体を封入

リキッドタイプのワームは、パッケージに本体と液体両方が入っています。匂いと味を添加するだけでなく、ワームに潤いを与える効果も担っているので、乾燥して無くなると本来の質感は失われます。指が汚れる、液漏れ等デメリットもありますが、食わない魚への最後の一押しは効果絶大!リキッドでなくても釣れるシチュエーションは数多く存在しますが、手間をかけても頼りたくなる実釣性能が非常に魅力的です。

②匂いはややマイルド?

同じくリキッド系で人気のある「ガルプ!」に比べると匂いは若干マイルド。全く感じない程度ではありませんが、苦手な方にもおすすめしやすいアイテムです。オフショア、ロックフィッシュゲームでもインプレ評価抜群のリキッドなので、釣果への期待感も十分!強い匂いが苦手な方も要チェックです!

③液体は取っておくのがおすすめ!

①でもご紹介したように、リキッド系の保管には液体が必要になります。パッケージ内には十分な量のリキッドが入っているので、未開封の状態であれば長期間の保存もOK。開封した場合も、液体を捨てずに残しておけば何回かに分けて使用できます。完全密封ではないので、液漏れは要注意!ビニール袋等に入れて、液漏れ対策をしておきましょう。

「熟成アクア 活メバルシリーズ」のカラーについて

カラーを3つに分けてご紹介!

「熟成アクア 活メバルシリーズ」のカラーについてです。定番のクリアはありませんが、艶を抑えたナチュラルな質感のカラーを揃えた構成が特徴。他のワームには無い、エサ感の強い質感を持っています。ナチュラルカラーが好きな方は要チェックです!

①クリア系カラーのラインナップはナシ

「熟成アクア 活メバルシリーズ」は全8色のラインナップ。ライトゲーム定番のクリア、クリラメはラインナップが無く、ナチュラルな質感のカラーが並びます。これはリキッド系のワームに見られる傾向で、生分解、液体の保持率を高める素材の特性によるものです。他メーカーのワームを液体につけるとクリアが損なわれる、液体をうまく吸わないといったケースがあるので、まずは基本ラインナップ、ナチュラルカラーから試してみてください。

②ナチュラルカラーから試してみよう!

カラーはオキアミ、イソメ、ホヤといったエサを感じさせるカラーが充実。光沢があるタイプではなく、しっとりとしてエサ感のある仕上がりになっています。匂いと味の効果もあって、水中でも非常にナチュラル!よりエサに近いもの、自然の中にあるような質感を持ったワームをお探しの方におすすめです。

③アピールカラーはパールと夜光

アピール系のカラーはパールシラス、バチチャートといった夜光カラーがメイン。こちらも強い輝きは無く、エサ感のある質感になっています。今回ご紹介している「活メバルSTグラブ」、「活メバルシラス」どちらも同じカラーパターンを持っているので、両方を試してみたい方はカラーをずらすような揃え方も検討してみてください!

「熟成アクア 活メバルシリーズ」2アイテムをチェック!

STグラブ・シラスをチェックしよう!

「熟成アクア 活メバル」のラインナップ2アイテムをご紹介!テール形状はピンテールのSTグラブ、テールにボールを持つシラスの2タイプが用意されています。サイズはどちらも2インチクラス!どちらもメバリング定番の形状で、リトリーブの釣りにピッタリのラインナップになっています。

1.エコギア「熟成アクア 活メバルSTグラブ2」

ド定番のピンテールワーム!

メバリングの定番形状、ストレートなピンテールを持つワームです。ボディのリブは浅めで、テールの小刻みな揺れと合わせて微波動でアピール。プランクトン、小魚、バチとさまざまなベイトパターンに対応できます。使い方はリトリーブ、ストップ&ゴーなど簡単なものだけでもOK!いつでも使えるバーサタイル系な形状から始めたい方は、このモデルをチェックです!

活メバルSTグラブはこんな釣りにおすすめ!

エコギア エコギアアクア 活メバル STグラブ 2インチ
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ベイトパターンを問わず様々な状況におすすめ。初場所、一投目で選びやすいタイプの形状です。サイズは51mmで大型メバルに対しても使いやすいサイズ感。港内側、小型の数釣りから始める初心者の方にもおすすめできます。フックはロングシャンクでもOK!好みのジグヘッドと組み合わせて、メバリングを楽しみましょう!

2.エコギア「熟成アクア 活メバルシラス2」

波動強めのアピールタイプ!

中央から絞り込まれたボディ、ボール付きのテールが特徴のワームです。先ほどご紹介した「STグラブ」よりも波動、テールアクションとも若干強めで、アピール力が欲しいシチュエーションにマッチ。タイトルの通り、小魚がベイトになっているシチュエーションで活躍します。使い方はこちらもリトリーブでOK!春のマイクロベイトシーズンにピッタリのワームです。

活メバルシラスはこんな釣りにおすすめ!

エコギア(ECOGEAR) アクア 活メバルシラス 2インチ
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

メバルが小魚を追っていると予想する場合や、リトリーブで広範囲からサーチしたい、トゥイッチ等でテールを動かしたい時におすすめ。リトリーブでテールを揺らすスタンダードな使い方はもちろん、ボディの曲がりを活かして根魚等を狙うボトムバンプにもおすすめできます。「STグラブ」より波動、動きとも大きいので、アピールが強いモデルとイメージしながら遊んでみてください!

「熟成アクア 活メバルシリーズ」使用のポイント!

使用のポイントを3つご紹介!

使い方のポイントについてです。釣り方は他のワームと同じなので、保管方法や実釣時にあると便利なアイテムをご紹介します。リキッドワームを使い込む予定であれば、液漏れしない専用ケースを用意するのがおすすめ!別リキッドを混ぜる、別素材のワームを混ぜるのは変色等の原因になるので、同メーカー同シリーズに絞って使ってみてください!

①長く使うなら専用ケースがおすすめ!

バーサス VS-L430 リキッドパック 液漏れしない密閉容器
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

長期間保存したい、何度も開閉したい場合は、パッケージではなくリキッドワーム向けの専用ケースを使うのがおすすめ。リキッド系ワームが登場した当初は密閉力の高いケースが無く、「ナルゲンボトル」等を流用して使う方が多かったですが、現在はさまざまなメーカーから便利なアイテムが展開されています。おすすめは定番メーカー、メイホウの「VS-L430」!熟成アクアのリキッドのみはまだ展開が無いので、同シリーズのパッケージからリキッドを集めながら維持していくのがおすすめです!

②実釣時はウェットティッシュがあると便利!

匂いがマイルドな熟成アクアですが、リキッドは味と匂い付き。乾いてくるとベタつきもあるので、専用のタオルやウェットティッシュを用意しておくと便利です。魚のリリース等でも必要になるアイテムなので、バッグに入れておくのがおすすめ!リキッドワームの釣りに欠かせないマストアイテムです!

③釣り方は他のワームと同じでOK!

ジグヘッドの種類や刺し方、リトリーブのスピード等は他のワームと同じイメージでOK!保管方法、手拭きが必要という点以外は、リキッド無しタイプと変わりません。通常ワームとの使い分けはフグの有無、クリアカラーの有無等を基準にするのがおすすめ。「熟成アクア」オンリーでももちろん楽しめます!

「熟成アクア 活メバルシリーズ」の釣りを動画でチェック!

製品解説を動画でチェック!

エコギアプロスタッフによる、「熟成アクア 活メバルシリーズ」の解説動画です。ワームのサイズや質感、使い方についての解説をチェックできます。形状はエコギアのメバリング向けとして定番だったものがベースなので、アクションの質は解体感抜群。リキッド系ながら素材はソフトで、食い込みの面も大幅に強化されています。STグラブ、シラスとも基本はリトリーブでOK!気軽に遊べるスタンダードな形状も魅力的です!

他ワームとの使い分けを動画でチェック!

エコギア製品を使った実釣解説動画です。デイゲームメインなので、序盤はリアクションが狙えるダート系ワームをセレクト。固定シンカーと合わせて、ボトムをワインドで攻略します。活性の低さを感じた動画後半では、「熟成アクア 活メバルシラス」にローテーション!匂いと味の一押しで、釣り切れなかった魚に最後の一押しです!

「熟成アクア 活メバルシリーズ」でメバルをゲット!

リキッドタイプで遊んでみよう!

リキッド無しに比べて硬く、アクションよりも匂いが目立っていたリキッド系ワーム。「ガルプ!」同様技術の進歩で、アクアもノンリキッドに負けないソフトなボディを手に入れました。食い込み、アクションのパワーアップで更に遊びやすい!リキッドタイプが初めての方も、是非一度検討してみてください!

メバリングが気になる方はこちらもチェック!

メバリング向けアイテムが気になる方は、下記のリンクをチェック!2019年のライトゲーム向けアイテムまとめ、レオン加来氏プロデュースのルアーが並ぶ注目メーカー「インクスレーベル」のルアーまとめをご紹介します。春のデカメバルはハードルアーも面白い!プラッギングで狙ってみたい方は、是非こちらもチェックしてみてください!

Thumb【2019】ライトゲーム向け新製品おすすめ10選!新タックルにはこのアイテム! | 暮らし~の[クラシーノ]
2019年ライトゲーム向け新製品まとめ!2019年春の新製品から、アジング、メバリング向けの...
Thumbインクスレーベルのルアーまとめ!加来匠プロデュースルアーでライトゲーム! | 暮らし~の[クラシーノ]
インクスレーベルのルアーをまとめてチェック!レオン加来プロデュースのソルトルアーを7アイテム...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ