ヘッドライト選びにはコレ!アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ14選!のイメージ

ヘッドライト選びにはコレ!アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ14選!

今回はアウトドアで活躍する高性能なヘッドライトを有名なメーカーから様々ご紹介していきます。またヘッドライトを選ぶ上でのポイントなども合わせてご紹介していますので、初めてヘッドライトを購入しようとお考えの方も参考にしてみてください。

2019年06月24日更新

hanashin
hanashin
これからアウトドアを本格的に始める方やアウトドア上級者にも分かりやすい記事をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ヘッドライトの選び方は?
  2. アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:①
  3. アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:②
  4. アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:③
  5. アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:④
  6. アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑤
  7. アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑥
  8. アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑦
  9. アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑧
  10. アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑨
  11. アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑩
  12. アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑪
  13. アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑫
  14. アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑬
  15. アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑭
  16. ヘッドライトについてのまとめ

ヘッドライトの選び方は?

選び方ポイント①:照射機能を確認しよう

ヘッドライトの中には横幅が広いワイドな光を放つ事ができたり、特定の対象物だけに集中して光を放てるスポットビーム機能がついた製品もあります。切り替える事で間近では見えにくかった対象物もみやすくできますのでとても便利です。また点滅機能付きであれば何か緊急事態が起こった時に役立ちます。照射機能もヘッドライトの選び方では重要なポイントなので忘れないように比較してチェックしましょう。照射機能だけでなく、センサー機能付きのヘッドライトであれば、スイッチを押さなくとも手をかざすだけで自動的にライトを点灯させられる製品もありますので、ヘッドライト選びの時にチェックしてみてください。

選び方ポイント②:ルーメン数を確認しよう

ヘッドライトの2番目の選び方で重要なポイントとなるルーメンは、ヘッドライトの照度を示す単位になります。ただしルーメンの数が大きければ良いわけでなく、使う場所に応じて適した照度を持つヘッドライトを選択する事がヘッドライトの選び方では重要です。ナイトハイクなど夜の山道を歩くのであれば最低でも100ルーメンのヘッドライトがおすすめですが、夜間行動しない登山やキャンプであれば50ルーメン程度のヘッドライトでも十分周囲を明るく照らせます。

選び方ポイント③:電源や充電方式を確認しよう

ヘッドライトの選び方で3番目に大切なポイントは電源&充電方式です。ヘッドライトは主に電池とバッテリーで動く2種類に分けられます。電池のヘッドライトは単3や単4乾電池を入れて使います。バッテリータイプはACアダプターで繋げて給電したり、ヘッドライトのUSBポートにUSBケーブルをさしてモバイルバッテリーに繋いで電気を給電するタイプのヘッドライトです。万が一電池パワーが無くなった時の為に予備の電池や充電池を持ち歩き備えるようにしましょう。

選び方ポイント④:頑丈さをチェックしよう

ヘッドライトの選び方で大切なポイントの最後は頑丈さです。ヘッドライトは主にアウトドアで使用するアイテムです。ですので製品自体も丈夫であればある程に長持ちしますのでコストも抑えられます。丈夫さを見極める上で重要なポイントとして、防水性や防塵性、落下衝撃は何メートルまで平気かも調べましょう。製品詳細などにIPX4、5などと記載されていれば防水性を表しており、「IP」66と記載されていれば防水性&防塵性の事を表しています。また何メートルまでの落下耐性があるヘッドライトかも記載されていますので、しっかりとチェックしましょう。

アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:①

ジェントス GENTOS Gシリーズ LEDヘッドライト GH-003RG
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

国内の人気LEDメーカーのジェントスのGH-003RGは、ハイモード時に500ルーメンの明るさで周囲の視認性を向上させられる高機能なヘッドライトになります。

おすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

【サイズ】縦89.6×横40.4×奥行42.2mm(ヘッド部)

【重量】約295g(電池含む)

【ルーメン数】最大/約500ルーメン(Highモード時)

【実用点灯時間】約12時間(Highモード)/ 約25時間(Midモード)/ 約55時間(Ecoモード)

 

IP66の防塵&防水仕様で2mの高さから落としたとしても衝撃から耐えられる丈夫なボディを採用していますので、登山中も安心して身につけられます。スポットビームやワイドビームに調整できるフォーカスコントロール機能も搭載されている事により、状況に応じて使い分けられます。

出典: https://item.rakuten.co.jp

最大照射距離も60mまでと遠方まで届きますので、夜間に登山するナイトハイク時も安全に進む事ができます。ケーブルを繋いで充電する以外にも、単3アルカリ電池4本でも使う事のできる人気のヘッドライトです。
 

アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:②

ジェントス ヘッドライト VA-01D AUVA(オーヴァ)シリーズ【LED ヘッドライト】GENTOS 防水 耐塵
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

人気のLEDメーカージェントスのオーヴァシリーズに属する人気のヘッドライトになります。楕円の照射面で広範囲を明るくしてくれます。またLEDは目にも優しい暖色の光を放ちます。砂や埃が侵入しづらい防塵仕様のヘッドライトで、1mまでの防水仕様で、落下耐久性も1まで対応できる丈夫さも兼ね備えています。

おすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

【サイズ】約縦40.2×縦72.2×奥行34mm

【重量】80g

【ルーメン数】最大/約200ルーメン(ブーストモード時)約100ルーメン(Highモード時)

【実用点灯時間】約8時間(Highモード)/約19時間(Ecoモード)/約65時間(暖色LED)

 

スイッチを長押しすればブーストモードに切り替わり、200ルーメンの明るさにする事も可能です。照射距離も最大で55mと遠方まで光を飛ばす事ができますので、ナイトハイクする時も周囲をしっかりと視認性高く確認しながら進む事ができます。電池寿命もハイモードでの連続使用でも約8時間と長く使えますのでとても便利です。

アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:③

ジェントス 小型ヘッドライトシリーズ TH-600R【LEDライト】【USB充電式】
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ジェントスのTH-600Rは、USB充電式のコンパクトかつ軽量なLEDヘッドライトです。赤色のLEDがサブとして付いていますので、メインLED使用時に明るすぎると感じた場合や、手元を照らす時などに役立ちます。

おすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

【サイズ】ヘッド部/横68×縦28×奥行32mm、電池ボックス部/横87×縦29×奥行30mm

【重量】80g(電池含む)

【ルーメン数】100ルーメン(Highモード)

【実用点灯時間】6時間(Highモード)、20時間(Ecoモード)、20時間(赤色LED 2灯点灯モード)、40時間(赤色LED 1灯点灯モード)

 

ヘッド部分は上下に90°動かせるようになっていますので、必要に応じて角度を変えられて便利です。背面側には後部認識灯も搭載されていて、照射距離も63mと遠方まで光を飛ばす事ができますので、暗い山道を進むナイトハイク時も安心して使えます。

出典: https://item.rakuten.co.jp

防塵、防滴仕様のLEDヘッドライトで砂埃や水にも強く、落下した際の衝撃も1mまで耐えられます。充電時に必要なUSBケーブルや専用充電池も付属されています。お値段が税込で2千円程度と安価なのも魅力的です。

アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:④

☆MARVEL/マーベル JHD-880R LEDヘッドライト USB充電式 明るさ880ルーメン  【RCP】
楽天で詳細を見る

電設工具を扱うメーカー「マーベル」から販売されているUSB充電式のLEDヘッドライトになります。スポット&ワイドビーム搭載で、シーンに応じて使い方を変えられます。

おすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

【サイズ】幅63x高さ55x厚さ36mm、ヘッド幅40mm 

【重量】約255g (電池含む)

【ルーメン数】最大880ルーメン 

【実用点灯時間】連続点灯18時間

 

ヘッド部分は75°まで上下に変えられますので、足元を照らす時もとても便利です。白色LED搭載で眩しすぎない光を放ちますのでとても使いやすいです。

出典: https://item.rakuten.co.jp

充電完了後は連続点灯で最大18時間と長く使う事が可能なヘッドライトです。明るさも880ルーメンと高輝度で、夜間の山道を歩くナイトハイクから暗所の中で作業する時などに重宝するヘッドライトです。

アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑤

マーベル ジョブマスター LEDヘッドライト USB充電式 JHD-350USB
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

マーベルのJHD-350USBは、リチウムイオン電池を使用し、USBケーブルを繋げて充電するタイプのLEDヘッドライトで、屋外で夜間作業する時も周囲を快適に確認する事のできる350ルーメンと高輝度のヘッドライトになります。

おすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

【ルーメン数】最大350ルーメン

【特徴】スポットビーム&ワイドビーム切替え式



 

一箇所にだけ集中的に光を当てるスポットビームと、幅の広い光を放つワイドビームの2種類のスイッチから選択して使う事ができるのも魅力的です。ヘッド部分は軽量でコンパクトサイズの四角いフォルムとなっています。ヘッドバンドには滑り止めシリコンも塗布されていますので、ヘルメットから落ちないようにしっかり固定できるUSB充電式LEDヘッドライトです。
 

アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑥

PETZL(ペツル) リアクティック+(リアクティックプラス) 最大300ルーメン 充電式 コーラル E95 HMI
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

フランス生まれの登山ギアを扱う有名ブランド「ペツル」から販売されている明るさ300ルーメンのヘッドライトになります。ビームパターンはスポットとワイドの2種類の他にもミックスも搭載されています。

おすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

【重量】115g

【ルーメン数】最大300ルーメン

【実用点灯時間】2時間半、5時間、10時間

 

IPX4の防水規格も搭載されていますので、少量の水の付着程度であれば問題なく使えます。充電するのに便利なUSBポートも付いていて、使用できる電池もアルカリ、ニッケル水素、リチウムと豊富です。ヘッドライトを携行している最中に偶発的にスイッチが入ってしまわないようにロック機能も付いています。

出典: https://item.rakuten.co.jp

スマホやタブレットで使えるアプリ「MyPetzl Light 」を用いれば、ビームパターンや照射時間や明るさをカスタムする事も可能です。(※アップルストアやグーグルプレイで無料でダウンロードできるアプリです。)

アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑦

ゼフルス 充電式2wayヘッドライト ZA-HLJD150
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

USB充電式で何度も繰り返して使えるLEDヘッドライトになります。ヘッド部分の取り付け方法が磁石式なので取り外して管理する事も可能です。

おすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

【サイズ】約横80mm×縦40mm×奥行53mm

【重量】約135g(※電池含まず)

【ルーメン数】High→約150ルーメン Low→約50ルーメン

 

ハイビームで明るさ150ルーメン、ロービームで明るさ50ルーメンで使う事ができ、2種類の点灯モードだけに限らず、点滅モードも搭載されていますので、緊急時にも安心です。

出典: https://item.rakuten.co.jp

照射角度も変えられるようになっていますので、ご自分が照らしたい場所へと光を当てられて便利です。ナイトハイクや夜の工事現場での作業などで活躍します。ヘッド部分を取り外しすれば懐中電灯としても便利に活用できるUSB充電式のLEDヘッドライトです。
 

アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑧

Hilander(ハイランダー) 225ルーメンLEDヘッドライト 最大225ルーメン 単四電池式 MK-04
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

明るさを50ルーメン、150ルーメン、225ルーメンの3つの明るさモードに切り替えて使う事ができる夜の山道を進むナイトハイクから、夜の屋外仕事や作業に最適なLEDヘッドライトになります。

おすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

【ルーメン数】最大約225ルーメン

【実用点灯時間】50ルーメン/約40時間、150ルーメン/約20時間、225ルーメン/約15時間

 

ヘッド部分は上から下へと角度調整する事も可能な為、ナイトハイク時に足元を照らしながら歩いたり、夜の作業時に手元を照らして使う事もできます。ヘッドライトはIPX3の防水規格もクリアしていますので、雨の降る中でも安心して使う事ができます。
 

出典: https://item.rakuten.co.jp

ヘッドのレンズ部分を出し入れする事により、ワイドビームで視界を広くできたり、スポットビームで1つの対象物を集中的に照らせたりと便利なヘッドライトです。電源は単4形の電池3本で使うタイプのヘッドライトです。

アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑨

PETZL(ペツル) ピクサ 3 最大100ルーメン 充電式/単三電池式 E78CHB
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

フランスブランド「ペツル」のピクサシリーズに属する単三電池式の人気ヘッドライトになります。シリーズの中で最も明るさがある100ルーメンのヘッドライトです。

おすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

【重量】160g(電池含む)

【ルーメン数】100ルーメン



 

3つの照射モードから選択して使う事ができるので、手元の作業時に使ったり、ナイトハイクなどで山道を移動している時に足元を照らしたり、遠方を照らしたりと便利に使う事ができます。

出典: https://item.rakuten.co.jp

一定の明るさを維持できるように電子制御機能も付いています。また高さ2mまでの落下耐性があったり、80kgまでの荷重を加えても壊れない堅牢なヘッドライトです。砂埃が侵入しづらく、1mまでの防水性も備わっているIP67仕様なのでも特徴です。
 

アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑩

ヤザワ後方電池ボックス型LEDズーム式ヘッドライト(400lm) Y06GH05BK
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

後方部分に電池用のボックスが備わっているLEDヘッドライトになります。サイドだけでなく縦にもバンドが付いていますので、落ちないようにしっかりと固定する事ができます。

おすすめポイントは?

出典: https://biccamera.rakuten.co.jp

【サイズ】ヘッド部:横50×縦40×奥行45mm、電池BOX部:横86×縦50×奥行27mm

【重量】約130g(電池別、ヘッドバンド含む)

【ルーメン数】High:約400ルーメン、Low:約95ルーメン(最大値)

【実用点灯時間】High:5時間、Low:20時間

 

スイッチを押していくごとに明るさ400ルーメンのハイモードから明るさ95ルーメンのローモード、最後に点滅し緊急時にも役立つフラッシュモードにする事ができます。

出典: https://biccamera.rakuten.co.jp

IPX4の防水規格もクリアしていますので、急な雨に見舞われても安心です。ナイトハイクや夜間の工事現場などでも安心して使える高機能なLEDヘッドライトです。

アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑪

CAPTAIN STAG キャプテンスタッグ ギガフラッシュ LEDヘッドライト(センサー機能付) UK-4027
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

アウトドアギアの人気メーカーのキャプテンスタッグが販売しているセンサー機能が付いたLEDヘッドライトになります。

おすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

【サイズ】幅63×奥行47×高さ50mm

【重量】約77g(乾電池含まず)

【実用点灯時間】白色1灯:6時間、赤色2灯:40時間、赤色SOS:40時間(アルカリ乾電池使用時)

【機能】自動点灯するセンサー機能搭載

 

帽子やヘルメットにバンドにて固定し、ヘッド部分に手をかざすだけで自動的にオンとオフの切り替えが出来て便利です。明るさも強いので、夜の山道を散策するナイトハイクでも安心して使えるセンサー付きヘッドライトです。

アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑫

マイルストーン(milestone) 距離センサーモデル 最大220ルーメン 充電式/単四電池式 GY(グラスイエロー) MS-B6
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

遠方や近距離に応じて、自動的に明るさを調整してくれる「距離センサー」が搭載された明るさ220ルーメンのLEDヘッドライトになります。

おすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

【サイズ】約幅60×高さ45×奥行35mm

【重量】約41g(本体のみ)約97g(電池込み)

【ルーメン数】約220ルーメン

【機能】距離に応じて照度を変えるセンサー機能搭載

 

IPX5の防水規格もクリアしている為、ナイトハイクや登山時の急な雨でも問題なく使う事が出来ます。照射距離も約70mまでと長く、しっかりと前方を確認しながら進む事が出来ます。単4のアルカリ乾電池3つを入れて使う電池タイプのセンサー付きヘッドライトになります。

アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑬

ヘッドライト USB充電式 センサー機能 IPX4防水
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

本体ヘッド下部のUSBポートからUSBケーブルをモバイルバッテリーなどに繋げて充電するタイプのLEDヘッドライトになります。

おすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

【重量】約73g

【実用点灯時間】2.5時間の充電時間で点灯時間4〜20時間

【機能】自動点灯するセンサー機能搭載

一回の充電により点滅モードによりますが最大で20時間連続で使用できるヘッドライトです。防水性にも優れている為、雨によって故障する事も少なく安心して使えます。

出典: https://item.rakuten.co.jp

センサーコントロール機能付きで、センサースイッチを押す事により手をかざすだけで自動的に点灯させる事も出来て非常に便利です。明るさ150ルーメンのハイモードを含めて計5つの点灯モードから選択して使える事も魅力的なセンサー付きLEDライトです。

アウトドア向け高性能ヘッドライトおすすめ:⑭

出典: https://www.amazon.co.jp

モンベルブランドから販売されているマイクロヘッドランプは、軽量かつコンパクトサイズなヘッドライトになります。お値段も安く、色も三種類の中から決められます。

おすすめポイントは?

出典: https://www.amazon.co.jp

【重量】約32g

【ルーメン数】約11ルーメン

【照射時間】12時間

一般的な点灯モードだけでなく点滅モードもありますので、夜間の登山シーンでの緊急時に知らせられます。またアウトドアだけでなく、日常的にも夜間に暗闇の中で作業する時や、夜の屋外でのお仕事に従事されている方にも役立ちます。

ヘッドライトについてのまとめ

いかがでしたでしょうか?ヘッドライトは暗い山道を歩くナイトハイクだけに限らず、日常的にも夜の工事現場で頭に固定して使ったり、暗闇の中で探し物などをする時などにもとても便利なアイテムです。前述でもご紹介した選び方をご参考にして、自分が使いたい環境に適したヘッドライトを手に入れ、活用してみてください。

DIYについて気になる方はこちらもチェック!

DIYの為になる知識を得たい方におすすめな2記事になります。エアーコンプレッサーのおすすめ製品や壁の下地探しに役立つ知識が得られる記事なので参考にしてみてください。

Thumbエアーコンプレッサーおすすめ11選!DIYや家庭向けでの選び方もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
多くのメーカーが販売するエアーコンプレッサーのおすすめ11選を紹介します。DIY・家庭向けと...
Thumb壁の下地探しはどうやる?壁の中の柱を探すセンサーの使い方や探し方を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
壁にカーテンレールや手すりなどを取り付ける時に必要となる下地探し。下地探しでは壁の裏にある柱...

あなたへのおすすめ