Twitter
Facebook
LINE

エアーコンプレッサーおすすめ11選!DIYや家庭向けでの選び方もご紹介!

エアーコンプレッサーおすすめ11選!DIYや家庭向けでの選び方もご紹介!

tryyua

多くのメーカーが販売するエアーコンプレッサーのおすすめ11選を紹介します。DIY・家庭向けとしてエアーコンプレッサーを購入てもいろいろあって難しい、そんな方のためにおすすめの選び方も合わせて説明します、どのようなエアーコンプレッサーが適しているのでしょうか。

はじめに

圧縮空気を利用して使用するエアーツールにとってなくてはならないもの、それがエアーコンプレッサーです。今回はDIY・家庭用におすすめのエアーコンプレッサー11選になります。安いもの・高いもの、静音タイプなど、エアーコンプレッサーの選び方もお伝えしつつ、現在販売されているエアーコンプレッサーでおすすめのものを見ていきましょう。

エアーコンプレッサーの選び方のおすすめその1

性能

エアーコンプレッサーの選び方の1つは性能重視の選び方です。コンプレッサーのタンク容量や吐出量に馬力などだけを見たとしても、購入後にどのようなエアーツールを使用するのかといった用途の違いによって必要となるエアーコンプレッサーのスペックは変化します。タンク内に圧縮空気が十分集まった状態でも、エアーツールを使用していればそれは減少していくのですが、タンク容量が大きければすぐになくなることもありません。コンプレッサーを長時間連続して使用することも可能です。

静音や衛生面も大切

エアーコンプレッサーの役割はエアーツールを使用すること、具体的にはタイヤに空気を入れることや塗装用スプレーガンを使用することなどが挙げられますが、それらができればよいということではありません。例えば、オイル式のコンプレッサーなら専用のオイルをコンプレッサーに使用しなければならず、空気には多少のオイルが含まれることや排出される空気にもオイルが含まれます。オイル式であればオイルを定期的に交換するなど、メンテナンスも必要なのです。比較的静音であれば近所トラブルも少ないでしょう。

使いやすさと求める性能を確認しよう

オイル式コンプレッサーには安価で内部が錆びにくいといった良さがありますが、オイルを使わないオイルレスタイプのコンプレッサーのにはオイルを使わないためオイルメンテナンスフリーで塗装時に活躍してくれるとといったメリットもあるのです。コンプレッサーのタンク容量が大きくなればサイズも大きくなる傾向にあるので、コンプレッサーの選び方が大切となります。小型よりも大型が良い、タンク容量が大きいほうが良い、などユーザーによって求めるスペックが違うので、確認しましょう。

エアーコンプレッサーの選び方のおすすめその2



価格

コンプレッサーの選び方の2目は価格基準の選び方です。業務用であれば仕事で使うものですのである程度の金額を投資する(つまり高性能なものを購入する)ことに意義がありますが、趣味での使用が主な用途となる場合には予算をできるだけ低くする必要があることでしょう。エアーコンプレッサーは小型・ミニタイプなら10,000円くらいのものから、高いもので200,000円以上するものもあるなど、価格帯が広くなっています。

必要なスペックに合った金額で

しかし、使用用途を満たすことのできる最低限の性能を備えたエアーコンプレッサーを購入することは最低条件です。入門用と称して10,000円くらいのエアーコンプレッサーを購入、実際に使ってみてコンプレッサーのスペックで自身の用途に使ってみて、どれくらい作業を効率的に行えるか、確認してみると良いでしょう。

30,000円あれば十分なエアーコンプレッサーを購入できる

高いものは100,000円のコンプレッサーや200,000円のコンプレッサ―が、安いもので10,000円くらいのものがあるなどピンからキリまでありますが、30,000円用意しておけばDIYでも十分使えるエアーコンプレッサーを購入できることは間違いなしです。それは以降で紹介するおすすめのエアーコンプレッサー11選をご覧頂けば納得させることでしょう。

おすすめのエアーコンプレッサーその1

KENOH ミニオイルレスコンプレッサー

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B00JJKQH0Y?tag=mybest_presses_3474-22

【スペック】
タンク容量:6L
吐出量:37L/min (起動時)
コード長:約2m

おすすめのエアーコンプレッサーその1はKENOH ミニオイルレスコンプレッサーです。使用時にオイルを必要としないオイルコンプレッサーになります。価格は税込で12,000円以下とお買い求めやすくいのがうれしいです。

手軽に使える・入門用エアーコンプレッサーとしておすすめ

価格は12,000円とエアーコンプレッサーの中でもかなり安い価格帯、吐出量は37L/minとそこそこ高く、重量は8kgと10kgダンベルよりも軽く持ち運びやすい、取扱いやすさにそれなりに使えるスペックを備えているエアーコンプレッサーとなっています。車やバイクなどのタイヤ空気入れ用やエアーガンを使って埃飛ばしなどの用途用として検討している方におすすめの小型・DIY・家庭用のエアーコンプレッサーです。

おすすめのエアーコンプレッサーその2

ナカトミ エアーコンプレッサー BCP-58T

ナカトミ エアーコンプレッサー BCP-58T (単相100V/0.78MPa/容量58L)

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

【スペック】 電源:AC 100V 50/60Hz タンク容量:58L 吐出量:129/147L/min 電源コード:VCTF 2×2.0平方mm 約1.8m

おすすめのエアーコンプレッサーその2はナカトミ エアーコンプレッサー BCP-58Tです。圧力タンクが2つ搭載されていることからもわかるように大容量タイプで、タンク容量は58Lとなっています。1つ目に紹介したエアーコンプレッサーと比較しても、そのスペックの違いは歴然で、吐出量に関しては129/147L/minと4倍の違いがあるほどです。

DIY・家庭用としては申し分ない

他のエアーコンプレッサーと比較しても吐出量やタンク容量は大きく、ベルト駆動式のため静音で故障も少ない、近隣の迷惑とならないような選び方基準の方にはうれしいDIY・家庭用として活躍間違いなしのエアーコンプレッサーです。しかし、重量58kgで価格は70,000円を超えるなど、小型でもなくなおかつ高くなっています。大容量のタイプが必要となった時や予算を避ける時におすすめのエアーコンプレッサーです。

おすすめのエアーコンプレッサーその3

藤原産業 SK11エアコンプレッサー SR-251 SR-B30LPT-01

SK11 エアコンプレッサ SR-251 オイル式 エアーコンプレッサー SR-B30LPT-01 30L 1410W/1370W 【〇】

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

【スペック】 サイズ:幅660X奥行354X高さ619mm 重量:37.7kg タンク容量:30L 吐出量:175L/min・210L/min(0MPa時)・115L/min・145L/min(0.45MPa時) 電動機サイズ:1.5kW

おすすめのエアーコンプレッサーその3は藤原産業 SK11エアコンプレッサー SR-251 SR-B30LPT-01です。移動用のタイヤ2本と取っ手が取り付けられているエアーコンプレッサーで、タイプはオイル式となっています。タンク容量は30Lとそこそこ大きいのでDIYでの使い勝手も期待できるスペックです。DIY・家庭用でありながらもある程度高いスペックを探す選び方にはおすすめできます。

騒音やサイズ感が気になるところ

DIY・家庭用としては十分な性能を備えているエアーコンプレッサーですが、少し気になるところは騒音やサイズ感です。静音仕様や静音なベルト式ではないので騒音は少し気になる可能性が高く、サイズ感も幅660X奥行354X高さ619mmとこれまでに紹介したコンプレッサーと比較しても少し大きい部類となっています。しかし、メーカー品であることや、小型のエアーコンプレッサーには無いタンク容量など、安いわけではないが特別高いわけでもない価格で購入できるのでDIY・家庭用にもおすすめです。

おすすめのエアーコンプレッサーその4

マキタ電動工具 エアコンプレッサ

マキタ電動工具 【11L】高圧エアーコンプレッサー【2口高圧・2口一般圧】 AC462XL(青)/AC462XLB(黒)/AC462XLR(赤)

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

【スペック】 サイズ:長さ522mm×幅322mm×高さ347mm 重量:15kg タンク容量:11L 吐出量:一般圧/106L/min(0.69MPa時)、高圧/85L/min(2.26MPa時)

おすすめのエアーコンプレッサーその4はマキタ電動工具 エアコンプレッサです。電動工具メーカーとして世界的に知られているメーカーのマキタが製造・販売するエアーコンプレッサーになります。クラス最小で軽量15kg、静音モードで59dB(A)そして速打ちモード62dB(A)という低騒音、耐久性に優れた防振ゴムを使った防振フローティング構造による低振動、マキタの技術がぎっしり詰まったエアーコンプレッサーです。

デジタル表記で見やすい

このエアーコンプレッサーの特徴としてチェックしておきたいのはデジタル表記です。電源電圧や圧力タンク、吐出圧をデジタル画面で確認することができます。タンク内の圧力を必要に合わせて3段階から選択することができるので、用途に合った圧力の選び方でDIYをより効率的に行うことができるのです。しかし、価格が税別206,000円と非常に高額、他のDIY・家庭用の安いエアーコンプレッサーや高いコンプレッサーを色々使ってみてから、購入して使ってみると良いでしょう。

おすすめのエアーコンプレッサーその5

マキタ エアコンプレッサAC462XGB

【マキタ】一般圧 / 高圧対応エアコンプレッサーAC462XGB (50/60Hz共用)

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

【スペック】 タンク容量:16L 吐出量:高圧/高圧85L/min(2.26MPa時)

おすすめのエアーコンプレッサーその5はマキタ エアコンプレッサAC462XGBです。先ほど紹介したタイプと比較するとタンク容量が4L多くなっています。一般圧 と 高圧のどちらにも対応(各2口)、従来品よりもコンパクトで低騒音や低振動が売りのエアーコンプレッサーです。

価格は高い

コンパクトで使いやすい、騒音対策も施されていて、タンク容量も同メーカー製品の中でもトップクラス、非常に優れたエアーコンプレッサーではあるのですが、いかんせん価格が税別約250,000円とかなり高くなっています。DIY・家庭用としてはお世辞にも安いとは言えない価格です。用途の関係上性能を追求したい方や予算に余裕のある方であればDIY・家庭用としておすすめします。

おすすめのエアーコンプレッサーその6

シンセイ オイル式コンプレッサー EBS-25

シンセイ オイル式コンプレッサー 25L EBS-25【smtb-s】

出典: Amazon
出典: Amazon

【スペック】 サイズ:約540mm×360mm×540mm 重量:18kg タンク容量:25L コード長:2m

おすすめのエアーコンプレッサーその6はシンセイ オイル式コンプレッサー EBS-25です。タンク容量25L、オイル式、最高圧力0.78MPa(8㎏f/cm2)、サイズは約540mm×360mm×540mmと小型より、そして税込価格10,663円、DIY・家庭用としては十分ではないかと期待できるスペックを備えています。オイル式のため換気やオイルメンテナンスが必要となるのでオイルレスと比較すると手間はかかりますが、価格メインの選び方や弄るのが好きな方には特に問題ないでしょう。

多用途重視の選び方にもおすすめ

タンク容量が25Lと中型サイズ、持ち運びには取っ手と2本のタイヤが活躍してくれるため効率的です。タイヤ交換やエアーインパクトレンチの使用、エアースプレーガンなど幅広い用途に問題なく使えるでしょう。中華製でいろいろ購入には気になる点がありますが、DIY・家庭用であれば十分性能を発揮してくれるおすすめエアーコンプレッサーです。

おすすめのエアーコンプレッサーその7

アネスト岩田キャンベル フェニックス HX7007

アネスト岩田キャンベル HX7007 フェニックス(オイル式コンプレッサー)

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

【スペック】 重量:30.3kg タンク容量:24L 吐出量:(50Hz)60L/分・(60Hz)65L/分

おすすめのエアーコンプレッサーその7はアネスト岩田キャンベル フェニックス HX7007です。税込価格約15,000円でこれまで紹介したコンプレッサーの中でも比較的安く、重量は約30kgで軽量ではないけれど重たすぎるわけでもない、取っ手とタイヤも付けられているので移動を楽にできるなどコスパも含めて使い勝手の良いモデルになっています。これくらいの性能があれば一般的なDIY・家庭用として十分機能してくることでしょう。

オイル式で長時間使用も可能

オイル式を採用したことで連続使用時間が60分と長くなっています。メンテナンスの手間や換気対策など考えることは増えますが、タンク容量などのスペックは小型タイプと比較しても優れているので用途は広く、タイヤ交換や塗装などに十分使えること間違いなしのアイテムです。メーカーも国内メーカーで安心、おすすめできるエアーコンプレッサーになります。

おすすめのエアーコンプレッサーその8

AP 12V ミニエアポンプ

AP 12V ミニエアポンプ【空気入れ エアコンプレッサー】【シガーライター タイヤ内圧 タイヤ交換】【アストロプロダクツ】

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

【スペック】 サイズ:L176×W80×H136mm 重量:1.5kg 電源コード長:約3m ・電源:DC12V 吐出量:25L/min 連続使用時間:12分

おすすめのエアーコンプレッサーその8はAP 12V ミニエアポンプです。エアーコンプレッサーと言いながら紹介するものはポンプですが、タイヤの空気入れを主な用途と考えている方なら必ず気になる小型エアーポンプになります。自動車の12V電源(シガーソケット部分から)を使って電源を確保することができる素晴らしい特徴を備えているのです。タイヤの空気入れ用途がメインならこれで十分でしょう。

コードも長く使いやすい

電源コードは長さ約3mと一般的なエアーコンプレッサーよりも長くなっています。これだけながければ車内のシガーソケットから電源を引っ張ってきてもコンパクトカーであれば確実にタイヤに空気を入れられそうです。コンパクトで持ち運びも便利ですから、車載しておいても問題ないでしょう。使用後の本体がかなり熱を持っている可能性が高いことと連続使用時間を守ることさえ気を付けておけば、小型で十分性能を発揮する、タイヤ交換用途におすすめの製品です。

おすすめのエアーコンプレッサーその9

高儀 EARTH MAN エアーコンプレッサー オイルレス 静音タイプ

高儀 EARTH MAN エアーコンプレッサー オイルレス 静音タイプ 25L ACP-25SLA

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

【スペック】 重量:21.2kg タンク容量:25L 吐出量:50Hz 80L/min 60Hz 96L/min

おすすめのエアーコンプレッサーその9は高儀 EARTH MAN エアーコンプレッサー オイルレス 静音タイプです。さまざまな工具を取り扱うメーカーの高儀が製造するエアーコンプレッサーで、オイルを使わないオイルレス式となっています。タンク容量は25Lと比較的中型サイズ、価格は約22,000円で安いというよりは少し高めです。

使い方・使い道はさまざま

中型サイズのエアーコンプレッサーということもあり、ミニタイプと比較して用途は多くなっています。タイヤの空気入れや塗装につかうスプレーガンなど、自宅でのDIY作業の可能性が広がること間違いなしです。静音タイプで、サイズも小型、重量も約20kgと程よい重さ、持ち運び安さなどを大事にする選び方などでも十分選択肢となるでしょう。

おすすめのエアーコンプレッサーその10

縦型 業務用 5馬力 50L エアーコンプレッサー

縦型 業務用 5馬力 50L エアーコンプレッサー 100V 【エアー工具の使用 タイヤ交換や簡単な整備、釘打ち】 【美容・コスメ・トルソー】

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

【スペック】 本体サイズ:約1000×500×320mm 重量:約32kg タンク容量:50L 吐出量:120L/140L

おすすめのエアーコンプレッサーその10は縦型 業務用 5馬力 50L エアーコンプレッサーです。オイル式のエアーコンプレッサーで馬力は5馬力も備えていて、タンク容量が50L、メーカーが宣伝しているように業務用に使えるエアーコンプレッサーになります。DIYや家庭用で本格的な仕様を探しているならおすすめのコンプレッサーです。小型ではなく大型です。

幅広い用途に

タイヤの空気入れ、タイヤ交換、塗装、埃掃除etc、これまで紹介した製品も用途の広い製品ばかりですが、それらと比較してもさらに可能性を秘めているコンプレッサーです。大型サイズのため小型タイプを探している方には必要ありませんが、スペースを確保できる方にはおすすめしたい大容量タイプです。

おすすめのエアーコンプレッサーその11

ミナトワークス オイルレス型エアーコンプレッサー

【スペック】
重量:7.7kg
タンク容量:約8L
吐出量:19.8L/min
 

おすすめのエアーコンプレッサーその11はミナトワークス オイルレス型エアーコンプレッサーです。DIY向けにメーカーが製造したエアーコンプレッサーになります。重量7.7kgにタンク容量約8L、コンパクトで持ち運びに長けたコンプレサーです。

オイルレスでメンテナンスも簡単

オイルレス式でオイルメンテナンスの必要が無いので、初心者にも使いやすい点はうれしいところです。衛生的にも使用環境を綺麗にすることができます。

タイヤ交換などに

タイヤ交換にも十分使えるコンプレッサーですので、タイヤ交換やタイヤ空気圧調整に使用したい方におすすめです。価格はDIY用というだけあって13,000円弱で安い点もうれしい点です。メーカーが自らDIY用とおすすめする、おすすめのコンプレッサーになります。静音かどうかは気になるところです。

まとめ

安いコンプレッサーから高いコンプレッサーまで合わせて色々なメーカーのものを11種類紹介しました。安いコンプレッサーよりも高いコンプレッサーのほうがコンプレッサーとしての性能は優れていることがほとんですが、DIYや家庭用で使う場合には静音や安いか否か、メンテナンスが容易かどうかなども大切です。安いコンプレッサーでも性能は意外に良いものもあるので、安いものをいろいろ探して比較すること、そして置き場所や使用用途に必要なスペックを把握してから購入するようにしましょう。

エアーコンプレッサーの基本が気になる方はこちらをチェック

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【基本】地直しのやり方を解説!簡単すぎる作業でその後が変わる!

今回は地直しのやり方について解説させて頂きました!買ってきた生地はどうしても多少のゆがみがあります。また、天然素材は縮みやすいものが多いため、買った生地をそのまま裁断してしまうと、一度洗濯をしたら型崩...

釣りのラジオ釣りラじ「全部忘れちゃう第33回」

★プレゼント企画応募はコチラから★ kurashino.present@gmail.com ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?lis...

【基本】ファスナーの簡単な付け方を紹介!慣れればすぐ!

今回はファスナーの簡単な付け方をご紹介させて頂きました! ファスナーには様々な種類があります。一般的なファスナーや、玉つき、レース付きのものなど、あとはコンシールファスナーです。コンシールファスナーは...

21ツインパワーSW開封インプレッション!やっぱりシマノリールだね。

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

コルトスナイパーBB100M実釣インプレ・・・どころじゃない

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...