ハイキング・登山に奥多摩ビジターセンター!コース・駐車場・アクセスをご紹介!のイメージ

ハイキング・登山に奥多摩ビジターセンター!コース・駐車場・アクセスをご紹介!

奥多摩ビジターセンターは、奥多摩の登山、ハイキングなどのアウトドア活動の拠点ともいえる公共施設です。美しい渓谷、トレイル、林道、野鳥、自然を楽しむイベントなど、奥多摩の自然の魅力と最新情報を提供する奥多摩ビジターセンターについてご紹介いたします。

2019年04月13日更新

tukunegogo
tukunegogo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 奥多摩ビジターセンターはどんな施設?
  2. 奥多摩ビジターセンターは奥多摩登山の拠点
  3. 奥多摩むかし道を歩こう!
  4. 大多摩ウォーキングトレイルを歩いてみよう
  5. 奥多摩ビジターセンターの楽しみ方
  6. 奥多摩ビジターセンターのイベント
  7. 奥多摩の林道
  8. 奥多摩は野鳥や野生動物の宝庫
  9. 奥多摩ビジターセンター周辺の観光スポット
  10. 奥多摩を訪れる際に知っておきたいこと

奥多摩ビジターセンターはどんな施設?

奥多摩ビジターセンターとは

奥多摩ビジターセンターは、東京都が運営する公共の自然公園施設です。奥多摩を訪れる観光客に、奥多摩の自然や動植物、登山道や林道の状況等などの情報提供などを行う奥多摩エリアの観光案内所的な役割を担っています。また、自然教室などのイベントも開催しています。(当記事は2019年4月11日時点の情報をもとに作成されております。)

奥多摩ビジターセンターの基本情報

【所在地】東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1
【電話番号】0428-83-2037
【営業時間】9:00~16:30
【休館日】月曜定休(ただし、月曜日が祝日の場合、その翌平日)年末年始(12/29~1/3)
【利用料金】無料
【アクセス】電車:JR奥多摩駅から徒歩2分/自動車:圏央道青梅ICから国道411号線 約50分
【駐車場】5台(無料)※大型車利用不可

奥多摩ビジターセンターは奥多摩登山の拠点

魅力的な登山・ハイキングコースが充実

奥多摩ビジターセンターでは、登山道や林道の状態、熊の出没などに関する様々な情報を提供しています。また、登山届も提出することができます。奥多摩ビジターセンターの利用にも便利な、お薦めの日帰り登山・ハイキングコースを3つご紹介いたします。

お薦め登山コース:①川苔山(川乗山)

川苔山(標高1,363m)は、年間を通して日帰り登山・ハイキング客が訪れる奥多摩エリアの中でも多くの登山者から人気を集める山です。複数あるコースの中から、川苔橋から百尋ノ滝を経て頂上に向かい、JR鳩ノ巣駅へ下るモデルコースをご案内いたします。

川苔山モデルコース:百尋ノ滝を経て頂上へ鳩ノ巣駅に下山

■コース:【川苔橋】⇒【細倉橋】⇒【百尋ノ滝】⇒【東の肩】⇒【川苔山頂上】⇒【東の肩】⇒【舟井戸】⇒【大根ノ山ノ神】⇒【鳩ノ巣駅】
■参考コースタイム:5時間45分
■対象:中級者向け

登山口までのアクセス・駐車場

【アクセス】登山口の川苔橋へはJR奥多摩駅から、鍾乳洞方面、又は、東日原行きのバスに乗り、「川苔橋バス停」で下車します。バスの乗車時間は約13分です。川苔橋から百尋ノ滝までは林道を90分ほど歩きます。
【駐車場】川苔橋周辺には駐車場はないので、JR奥多摩駅からのバス利用が便利です。

お薦め登山コース:②御前山

大岳山、三頭山とともに奥多摩三山と呼ばれる御前山は、カタクリの花の自生地として知られています。カタクリの花が最盛期を迎える3月半ば~4月の始めの時期は、カタクリの花を目当てに多くの登山者が訪れます。ここでは、奥多摩湖から惣岳山を経て御前山に登り、栃寄へと下山するモデルコースをご案内いたします。

御前山モデルコース:奥多摩湖~惣岳山~御前山から堺橋バス停に下山

■コース:【奥多摩湖バス停】⇒【惣岳山】⇒【御前山頂上】⇒【栃寄ノ大滝】⇒【堺橋バス停】
■参考コースタイム:4時間30分
■対象:中級者向け

登山口までのアクセス・駐車場

【アクセス】登山口の奥多摩湖バス停へは、JR奥多摩駅から2番バス停発のバスに乗車し、「奥多摩湖バス停」で下車します。乗車時間は約15分。
【駐車場】奥多摩湖岸の小河内ダム駐車場を無料で利用できます。駐車台数72台の大型駐車場です。

お薦め登山コース:③雲取山

雲取山(標高2,017m)は、日本百名山にも選ばれた東京都でもっとも標高が高い山です。登山ルートは、鴨沢ルート、三峯ルート、三条の湯ルートの3ルートがあります。ここでは、奥多摩駅からバスでのアクセスが良い、鴨沢ルートをご紹介いたします。日帰りも可能ですが、体力に自信がない方は雲取山荘で1泊する予定を組まれた方が安心でしょう。

雲取山モデルコース:鴨沢より七ツ石山を経て山頂に至り同じ道を下る

■コース:【鴨沢】⇒【小袖乗越】⇒(1時間10分)⇒【堂所】⇒【七ツ石小屋】⇒【七ツ石山】⇒【ブナ坂】】⇒【奥多摩小屋】⇒【小雲取山】⇒【雲取山頂上】※下りは同じ道を帰る
■参考コースタイム:登り 5時間20分/下り 3時間30分
■対象:上級者向け

登山口までのアクセス・駐車場

【アクセス】奥多摩駅前のバス停から、丹波又は鴨沢西行きバスに乗り、鴨沢バス停で下ります。乗車時間は約35分です。留浦行きバスに乗り留浦バス停で下り鴨沢まで歩くこともできます。
【駐車場】鴨沢バス停前の無料駐車場は約10台が駐車可能です。また、鴨沢小学校跡地にも無料駐車場があり約5台が駐車可能です。その他、国道411号線沿いの鴨沢バス停から林道に入った先の小袖乗越駐車場は約60台が無料で駐車可能です。

奥多摩むかし道を歩こう!

奥多摩むかし道とは?

「奥多摩むかし道」をご存知ですか?国道411号線を青梅街道と呼ぶのに対し、昔小河内地方の人々が甲府との交易に使った道を旧青梅街道と呼びます。旧青梅街道の一部が「奥多摩むかし道」としてハイカーに人気のコースとなっています。不動の上滝、白髭神社など見どころ多い「奥多摩むかし道」を①氷川~惣岳渓谷コースと②氷川~白丸コースとに分けてご案内いたします。

奥多摩むかし道:①氷川~惣岳渓谷コース

JR奥多摩駅から奥多摩湖の小河内ダムまで約9.4㎞の長さの奥多摩むかし道の前半部分を歩くコースです。奥多摩むかし道の入り口は、JR奥多摩駅から徒歩約7分の「むかし道南氷川入口」ですが、その途中にある奥氷川神社で、その日の山歩きの安全をお参りするのもよいでしょう。

コース案内

■コース:【むかし道南氷川入口】⇒【羽黒坂・羽黒三田神社】⇒【槐木】⇒【不動の上滝】⇒【白髭神社】⇒【弁慶の腕抜き岩】⇒【耳神様】⇒【ひろは楓巨樹】⇒【惣岳の不動尊】⇒【惣岳渓谷】
■トイレ設置場所:槐木、不動の上滝、惣岳の不動尊
■参考コースタイム:2時間
■対象:初級・中級者向け

奥多摩むかし道:②惣岳渓谷~水根コース

奥多摩むかし道の後半部分の惣岳渓谷から奥多摩湖までを歩くコースです。西久保の切り返しから浅間神社までの区間は急登の登山道で、その先には落石注意の場所もありますので、気を付けて歩きましょう。

コース案内

■【惣岳渓谷】⇒【厳道の馬頭様】⇒【縁結びの地蔵尊】⇒【馬の水のみ場】⇒【牛頭観音様】⇒【虫歯地蔵尊】⇒【玉堂歌碑】⇒【道祖神】⇒【西久保の切り返し】⇒【浅間神社】⇒【水根新道の碑】⇒【青目立不動尊】⇒【奥多摩湖】
■トイレ設置場所:西久保の切り返し
■参考コースタイム:2時間
■対象:初級・中級者向け

大多摩ウォーキングトレイルを歩いてみよう

大多摩ウォーキングトレイルとは?

JR奥多摩駅からJR古里駅間のハイキングコース「大多摩ウォーキングトレイル」をご案内いたします。渓谷に沿って歩くこのコースは、美しい景観や野鳥の鳴き声など奥多摩の自然を楽しみながら歩けるトレイルとして人気です。全長8.3㎞の大多摩ウォーキングトレイルを①奥多摩~鳩ノ巣コースと②鳩ノ巣~古里コースとに分けてご案内いたします。

大多摩ウォーキングトレイル:①氷川~鳩ノ巣コース

奥多摩の渓谷沿いに歩く大多摩ウォーキングトレイルは、奥多摩駅方面から下るか、逆に奥多摩方面に登るか、目的や体力等に合わせてお決めいただくことができます。ここでは、JR奥多摩駅から歩く前半部分の鳩ノ巣までのコースをご案内いたします。

コース案内

■コース:【JR奥多摩駅】⇒【東電氷川発電所】⇒【数馬峡湯歩道】⇒【数馬の切通し】⇒【綾瀬橋】⇒【白丸駅】⇒【白丸ダム】⇒【鳩ノ巣渓谷】⇒【鳩ノ巣駅】
■トイレ設置場所:東電氷川発電所、白丸駅
■参考コースタイム:1時間45分
■対象:初級・中級者向け

大多摩ウォーキングトレイル:②鳩ノ巣~古里コース

大多摩ウォーキングトレイルの後半部分である鳩ノ巣からIR古里駅までのコースをご案内いたします。途中、景色の良い展望台があるほか、滝、わさび田などの奥多摩ならではの景観も楽しめます。

コース案内

■コース:【鳩ノ巣駅】⇒【雲仙橋】⇒【展望台】⇒【上の滝・下の滝】⇒【寸庭橋】⇒【観光わさび田】⇒【清見滝】⇒【釜の水】⇒【古里駅】
■トイレ設置場所:展望台手前の分岐、寸庭橋、古里駅
■参考コースタイム:1時間10分
■対象:初級・中級者向け

奥多摩ビジターセンターの楽しみ方

奥多摩ビジターセンターの利用者はどんな人?

奥多摩ビジターセンターには、登山以外のレジャーや観光を目的に訪れる一般の方も、奥多摩の自然情報、散策マップ、イベント参加などの様々な目的でたくさん訪れています。また、話題のクライミングウォールの設備もありますので、チャレンジしてみるのも楽しいでしょう。

奥多摩ビジターセンターのイベント

奥多摩ビジターセンター主催のイベント

奥多摩ビジターセンターは、自然教室のイベントを開催しています。過去には「大多摩ウォーキングトレイル(氷川ー古里)」「親子で観察 渓谷を翔るムササビ」「奥多摩湖で野鳥観察ツバメ博士になろう!」などのイベントが開催されています。参加募集要項は、ホームページに告知されますので、こまめにチェックするとよいでしょう。

ボランティア会主催のイベント

奥多摩ビジターセンターでは、ボランティア会主催のイベントも開催されています。これまで「春の奥多摩湖むかし道と見晴の丘」「日原鍾乳洞観察会」「秋の植物観察会むかし道~境~井戸林道」などの自然教室が開催されました。ボランティア会主催のイベントの募集要項もホームページで確認できます。

奥多摩の林道

林道でツーリング、ドライブを楽しもう

奥多摩には、自然を感じながら車やオートバイで走れるドライブやツーリングに適した林道がたくさんあります。奥多摩ビジターセンターでは、土砂崩落、整備作業による通行止めなどの情報を提供しています。また、ホームページでも随時情報を更新していますので、お出かけ前にチェックするとよいでしょう。

奥多摩は野鳥や野生動物の宝庫

野鳥やムササビなど珍しい動物を観察しよう

自然豊かな奥多摩には、野鳥や野生動物がたくさん生息しています。特に野鳥は100種類ちかくが確認され、バードウォッチングのメッカとなっています。奥多摩ビジターセンターでは、ウソ、アカゲラなどの野鳥や、ムササビなどの野生動物が見られる場所等の情報提供を行うほか、自然情報を紹介する資料を配布しています。

奥多摩ビジターセンター周辺の観光スポット

氷川キャンプ場

氷川キャンプ場は、氷川渓谷の河原に面し、日帰り・宿泊ともに利用可能なキャンプ場です。敷地内で川遊びやバーベキューが楽しめ、登山、散策などの拠点としても便利です。テント泊できるテントサイトのほか、ロッジ・バンガローの宿泊施設も整備されています。キャンプ・バーベキュー用品のレンタルも充実しているので初心者でも気軽に利用できます。

氷川キャンプ場の基本情報

【所在地】東京都西多摩郡奥多摩町氷川119-1
【電話番号】0428-82-7770
【営業時間】9:30~20:00※時期により変更あり
【休館日】月曜定休※月曜日が祝日の場合、その翌平日
【利用料金】大人:780円~/小学生:410円~※テント泊の場合
【予約】テントサイトの事前予約は不可
【アクセス】電車:JR奥多摩駅から徒歩10分/自動車:圏央道青梅ICから国道411号線 約50分
【駐車場】40台(無料)

奥多摩温泉もえぎの湯

もえぎの湯は、奥多摩の地下深く古生層から湧き出る源泉100%の日帰り温泉施設です。奥多摩駅から徒歩10分というアクセスの良さも魅力です。ドライブ、ツーリング、登山やハイキングなどで奥多摩の自然を堪能した後は、もえぎの湯の温泉で日頃の疲れを癒されてはいかがでしょうか。

もえぎの湯の基本情報

【所在地】東京都西多摩郡奥多摩町氷川119-1
【電話番号】0428-82-7770
【営業時間】9:30~20:00※時期により変更あり
【休館日】月曜定休※月曜日が祝日の場合、その翌平日
【利用料金】大人:780円/小学生:410円
【アクセス】電車:JR奥多摩駅から徒歩10分/自動車:圏央道青梅ICから国道411号線 約50分
【駐車場】40台(無料)

奥多摩を訪れる際に知っておきたいこと

熊の出没情報などの安全情報

奥多摩を歩く際に必ず確認しておきたいのが、熊の出没情報です。奥多摩にはツキノワグマが生息しており、通年広い地域で目撃情報が寄せられています。登山・ハイキング中に限らず、林道や散策路に姿を見せることもあります。奥多摩ビジターセンターでは、ツキノワグマの目撃情報を公表するほか、ホームページでも随時情報を公表しています。

奥多摩ビジターセンターに関して役立つ情報をご案内してきました。今後、奥多摩を訪れる際には、美しい奥多摩の自然を十二分に楽しむために奥多摩ビジターセンターにお立ち寄りになって、情報収集をしたり、イベントに参加したりと、フルに活用してみてはいかがでしょうか。

奥多摩が気になる方は、こちらもチェック!

奥多摩が気になる方は、以下の情報も是非チェックしてみてください。

Thumb奥多摩で初心者も楽しめる人気な登山・ハイキングコース9選!日帰りでも行ける! | 暮らし~の[クラシーノ]
奥多摩エリアで登山やハイキングを楽しめるコースを紹介!奥多摩エリアには自然豊かなおすすめポイ...
Thumb奥多摩エリアのおすすめ日帰り温泉12選!絶景露天や駅近施設もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
奥多摩エリアは広く、各エリアを訪れる登山・行楽者の数は1年を通して膨大なものになります。帰り...
Thumb奥多摩「川苔山」の初心者&日帰りおすすめ登山コースをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
奥多摩にあるマイナスイオン川苔山は、登山初心者でも日帰りでアクセス可能な登山コースがあります...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ