キャンプツーリングにおすすめなテント7選!使いやすい軽量な商品をご紹介!のイメージ

キャンプツーリングにおすすめなテント7選!使いやすい軽量な商品をご紹介!

今回はこれから暖かくなるにつれ、バイクでキャンプツーリングを再開される方も多くなる季節です。また、これからキャンプツーリングを始めたい方などに向けて、キャンプツーリングにおすすめなテントを七つご紹介します。またキャンプに必要なアイテムもご紹介していきます。

2019年02月28日更新

みさお
みさお
サバゲーを始めて十数年~、いろいろなエアガンに触れてきました。また、バイクに乗ってツーリングすることにも精通しておりまする。エアガン、バイク系統について、最新の情報から、お役立ち情報までいろいろと発信します。よろしくお願いします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. できるだけコンパクトにしていこう
  2. キャンプツーリングを楽しむコツ
  3. キャンプツーリングにおすすめなテントその1
  4. キャンプツーリングにおすすめなテントその2
  5. キャンプツーリングにおすすめなテントその3
  6. キャンプツーリングにおすすめなテントその4
  7. キャンプツーリングにおすすめなテントその5
  8. キャンプツーリングにおすすめなテントその6
  9. キャンプツーリングにおすすめなテントその7
  10. キャンプツーリングにおすすめなアイテムその1
  11. キャンプツーリングにおすすめなアイテムその2
  12. キャンプツーリングにおすすめなアイテムその3
  13. キャンプツーリングにおすすめなアイテムその4
  14. キャンプツーリングにおすすめなアイテムその5
  15. キャンプツーリングは身軽が一番!

できるだけコンパクトにしていこう

キャンプツーリングを楽しもう!

これからどんどん暖かくなっていく季節になってきました、そんな暖かい中で楽しむキャンプはまさに至福のひとときですね、キャンプを楽しむ醍醐味の一つでもある、楽しいキャンプができそうです。そのため、どんどんキャンプを再開する方も多くなってくる季節です。また、これからキャンプを始めたい方も多くなってきます。そのため、今回はキャンプツーリングにおすすめなテントを7つご紹介していきたいと思います。また、テントだけではなく、テントに持って行きたいアイテムについても一挙ご紹介するので、是非最後まで見ていってください。

バイクに乗せる荷物は少ない方がいい

キャンプツーリングではバイクに荷物をくくりつけて走行するか、リュックなどのバックパックに荷物を詰めて走行するか、になってきますが、バックパックの場合、荷物の量が多いと、割ときつい時間を走行に当てなければならないため、割としんどいことがあります。また、シートバッグなどを使うにしても荷物の量が多すぎると、バイク自体をバンクさせたときに危ない、といったことがあるため、なるべく荷物はコンパクトにしていきたいですね。

キャンプツーリングを楽しむコツ

ルールは守ること

キャンプツーリングは目的地についてキャンプをすれば終了という訳ではありません。家に帰り着くまでがキャンプツーリングです。また、キャンプツーリングを思いっきり楽しむには、守らなければならないことは絶対守るようにしましょう。中でも見落としがちなのは、キャンプ場にて、直火でのたき火は禁止されているので、直火でたき火をしたりしてしまったり、伐採禁止の場所でかってに木を伐採してたき火の材料にしたりと、マナーを守らないなど、身勝手な行為はしてはいけません。そんな行為が続けばキャンプ場が閉鎖してしまうこともあるので、たき火などしたい方は事前に確認しておきましょう。

キャンプツーリングにおすすめなテントその1

コールマンテント ツーリングドーム

出典: https://www.amazon.co.jp

コールマンやキャプテンスタッグブランドやタープ、シートバッグもご紹介!

最初にご紹介するテントは、キャンプ用品を多く販売しているコールマンから販売されている、ツーリングドームSTというテントになります。210✕120✕100cmとなっており、ソロだと広くスペースがとれるテントです。防水加工もしっかりしてあるテントで、撥水効果も滝です。ソロキャンプツーリングなどで、一人でも立てられるようにとポールポケット式になっていて、全室も広く、非常に快適に過ごすことができる、とてもおすすめなテントになっています。収納時には23✕54cmほどと、持ち運びにはあまり困らない程です。価格帯はおおよそ1万3000円~となっていることが多い商品です。

出典: https://www.amazon.co.jp

キャンプツーリングにおすすめなテントその2

Sutekus テント

出典: https://www.amazon.co.jp

コールマンやキャプテンスタッグブランドやタープ、シートバッグもご紹介!

続きましてご紹介していくおすすめテントは、Sutekusの一人用テントになります。こちらのテントの素晴らしい部分は、ある程度の防水機能がありながらも、価格が非常に安いことにあります。価格は2000円前後で購入が可能となっており(現時点2019年2月段階)、価格の安さが魅力です。価格重視で、とりあえずキャンプツーリングやソロキャンプを楽しんでみたい、という方にとてもぴったりなおすすめテントです。大きさ的には、長さが200cm、幅が100cm、高さが85cmとなっています、まさにソロキャンプにおすすめです、集王子も10✕40cmとコンパクトです。身長が高い方だと窮屈になる可能性があるので気をつけてください。

出典: https://www.amazon.co.jp

キャンプツーリングにおすすめなテントその3

バンドックソロドームテント

出典: https://www.amazon.co.jp

コールマンやキャプテンスタッグブランドやタープ、シートバッグもご紹介!

続きましてご紹介するのは、バンドックが販売するソロのドーム型テントです。こちらのテントは、高い水圧性能を持たせており、ポールも柔軟なので、組み立てやすく、機能性も高いと非常に評価の高いテントになります。ソロ用のテントとしては十分なほどです。インナーはメッシュタイプになっており、室内にはランタンをかける場所や、ちょっとした小物を入れておけるスペースがあるなど、充実しています。

ツーリングにも最適

出典: https://www.amazon.co.jp

こちらのバンドックのテントは、収納時には38cm✕15cmとなっており、コンパクトにたたんで持ち運ぶことができます。他にもいろいろと持ち込みたいときに、こういったコンパクトなテントだと、いろいろと、重くら内々程度で装備をそろえられるのでおすすめです。

キャンプツーリングにおすすめなテントその4

ノースイーグルテント

出典: https://www.amazon.co.jp

コールマンやキャプテンスタッグブランドやタープ、シートバッグもご紹介!

続きましては、ノースイーグルが販売を行っているミニドームテントのご紹介になります。こちらのテントは、下記の画像にもあるとおりの大きさとなっており、わりかしソロキャンプツーリング用のテントにしてはやや大きめな設計となっています。その分、ソロキャンプで多くの荷物を置くだけでなく、広いスペースでゆったりすることができます。広いテントも捨てがたいですね。大きめのテントでゆっくりキャンプを楽しむのもおすすめです。

人気です

出典: https://www.amazon.co.jp

こちらのテントは、収納時には57cm✕15cmと、コンパクトなテントと比べるとやや大きな収納となってしまいますが、こちらのテントは、その分室内に余裕を持っているため、ソロキャンプでも大きなテントがよい、という方にとてもおすすめです。ゆったりくつろげる、というのもまた魅力的ですね。

キャンプツーリングにおすすめなテントその5

DODのライダーズワンタッチテント

出典: https://www.amazon.co.jp

コールマンやキャプテンスタッグブランドやタープ、シートバッグもご紹介!

続きましてご紹介するのは、アウトドアをしている方にも有名なDODが販売するライダーに人気のライダーズワンタッチテントになります。ツーリングしようと言うこともありますが、室内は結構広く、二人用テントとして販売されています。ソロキャンプにももちろんおすすめです。ソロで使う場合でも、広々と使えて、かえって気兼ねなくのびのび室内を使える、とてもおすすめなテントになります。DODが販売するライダーズワンタッチテントは、組み立ても非常に簡単で、値が張る物の、長い間使う物であれば値段以上の商品としておすすめです。

DODのテントはとてもおすすめ

出典: https://www.amazon.co.jp

DODのテントはどれもデザインがよく非常に人気です、さすがDODブランドですね。

DODのライダーズワンタッチテントについて正確な情報をご紹介します。まず、キャンプツーリングで持って行くのに気になるのは収納団歌での大きさが気になりますよね、こちらのDODのライダーズワンタッチテントの収納時の大きさは、全長が56cmとなっており、コンパクトではありませんが、大きさを考えたら妥当な物です。耐水圧に対してもかなり優秀で、アウターテント、フロアーも合わせてとても高い耐水圧を持つ、とてもおすすめなDODテントです。

キャンプツーリングにおすすめなテントその6

キャプテンスタッグの格安テント

出典: https://www.amazon.co.jp

キャプテンスタッグのテントとして人気が高いです

コールマンやキャプテンスタッグブランドやタープ、シートバッグもご紹介!

続きましてご紹介するのはキャプテンスタッグが販売するクレセントドームテントになります。これからキャンプを始めたい、でもそこまで予算がない、という方が検討するであろうテント、と予測がつくのは、この点との価格が大体3000~4000円ほどと安い上に、室内も広いためです。広々としていて、かつ、値段も安いことから、広いテントでキャンプをしたい方、荷物を多く持って行きたい方、でもそこまでかけたくない方、などなど、検討されている方も多いと、人気なテントです。なによりもキャプテンスタッグブランドの力もあり、非常に人気です。

出典: https://www.amazon.co.jp

キャンプツーリングにおすすめなテントその7

DODのテントタープ

出典: https://www.amazon.co.jp

DODの人気なタープですDODのロゴがかっこいいですね

コールマンやキャプテンスタッグブランドやタープ、シートバッグもご紹介!

続きましてご紹介するのはテントの上に立てるタープをご紹介します。タープを立てることにより、より防水効果をもたらすことができるのと、そこにキャンプツーリングで乗っていったバイクを収納しておいたりすることができたりします。紫外線対策になったりするので、こちらは合った方がいいおすすめアイテムですね。タープと合わせることで、テントも安い物ですませたり、また全室がないタイプのテントでもタープ内で行動できたりと場所をより大きくとりたいときに便利内アイテムです。

出典: https://www.amazon.co.jp

キャンプツーリングにおすすめなアイテムその1

シートバッグに積載するのがおすすめ

出典: https://www.amazon.co.jp

荷物をコンパクトにまとめておけるのがシートバックのいいところですね

コールマンやキャプテンスタッグブランドやタープ、シートバッグもご紹介!

バイクは一部のバイクを覗いて、基本的に積載能力がほとんどない乗り物です。そのため、キャンプツーリングなどに持っていく荷物を積むのは、こういったシートバッグがおすすめになります。積載方法について、下記の画像がわかりやすいですね。ツーリングネットなどで、しっかりとバイクと固定することで、様々な荷物をシートバッグ内部、もしくは外部に積載することができます。これはキャンプツーリングにはほぼ欠かせないアイテムで、またこちらの商品は容量も大きく使い勝手もよいなど評判もよいおすすめアイテムです。

出典: https://www.amazon.co.jp

キャンプツーリングにおすすめなアイテムその2

キャンプツーリングにはランタン

出典: https://www.amazon.co.jp

コンパクトな物がおすすめです

コールマンやキャプテンスタッグブランドやタープ、シートバッグもご紹介!

続きましてはランタンのご紹介です。そもそもキャンプツーリングで宿泊する場合には、こちらのランタンなどの光源がなければ、暗すぎて移動ができなかったりと、危ないので、こういったランタンなどの光源は必ず持って行きましょう。価格帯が安い物もあるので、キャンプツーリングに行く際には1~2つは持って行きたいアイテムですね。また、中にはコンパクトなサイズにたたんでおけるような、コンパクト仕様のランタンもあるので、そこはお好みの物を選びましょう。

出典: https://www.amazon.co.jp

キャンプツーリングにおすすめなアイテムその3

調理などをするなら焚き火台

出典: https://www.amazon.co.jp

コールマンやキャプテンスタッグブランドやタープ、シートバッグもご紹介!

続きましてご紹介するのは、なにかしら火を使った調理をしたい場合、ソロで焼き肉をしたり、ご飯を炊いたり、そもそもたき火で温まりたい時なんかにおすすめなのが焚き火台です。キャンプ場によっては直火でのたき火がだめなところもあるので、そういったところに行かれるときに持って行きましょう。焚き火台が必要ないところもで、一つあると片付けも楽になるので、合って損はないとても便利なアイテムです。

種類がいくつかある

出典: https://www.amazon.co.jp

焚き火台にはいくつか種類があります。ネットの上で薪をくべるタイプの物か、囲いがついていてい、ネットを置くタイプの物かなどなどあります。そこについてどれがいいかなのですが、自分がどういう風に使いたいのかで選ぶのが一番です。焼き肉したいからネットを直接上におけるバーベキューコンロタイプのものがいい、だったり、普通にたき火を楽しみたい方はネット型の物を買うなど、自分が使いたい物を買うか、いくつか種類を買ってみるのがおすすめです。

キャンプツーリングにおすすめなアイテムその4

クッカーセットは料理するなら必須

出典: https://www.amazon.co.jp

キャンプツーリングでは、テントやシートなどなど、割と大きな荷物を持っていくことから、他のアイテムを入れるところが少なかったりします。そのため、車などと違って、大きいフライパンやお皿などといったアイテムをまるごと持って行くことは厳しいです。そんなときのために、クッカーセットがおすすめです。いろんな機能がついたも調理器具がコンパクトに収納できるようになっており、またセットと言うことで、このセット一つで割と料理が楽しめたりします。

クッカーセットってどんなのがおすすめ

出典: https://www.amazon.co.jp

クッカーセットにもいろいろな物があります。フライパンになる物だったり、マグになるものだったりと、種類、セットによって入ってる物が変わってきます。フライパンのように調理できる物から、様々なセットがあるので、まず、自分がキャンプツーリングでどれくらいのクッカーセットを持って行けるのかを確認してから、どんな調理をするのか、そういったところを決めてから購入するのもおすすめです。マグとフライパン、トレイがセットになっているものと余裕があればプラスアルファで、別の調理器具を持って行く形にするのがおすすめです。

キャンプツーリングにおすすめなアイテムその5

アウトドア用のマットレスがおすすめ

出典: https://www.amazon.co.jp

最後になりますがおすすめアイテムをご紹介します。最後は、テントに直接シュラフを引いて寝ると、どうしても地面の冷たさがダイレクトに伝わってしまいますし、なによりも地面によってはダイレクトに衝撃が伝わってきます。そんなときに、地面にマットレスを引くことで、寒さ対策から地面対策にもなるので、キャンプツーリングに是非とも持って行きたいアイテムとしておすすめします。

銀マットじゃだめ?

出典: https://www.amazon.co.jp

一般的な銀マットだと、薄い物が多く、正直そこまで効果が感じられないこともあります。薄い物ではなく、ある程度厚みがある物であれば大丈夫です。なので、薄い物を引くよりも、なるべつ厚さを重視するのがおすすめです。

キャンプツーリングは身軽が一番!

身軽にいろいろと回る楽しみ

さて、今回はキャンプツーリングにおすすめなテントのご紹介、と、キャンプにおすすめなアイテムをご紹介してきました、いかがだったでしょうか。キャンプはそんなに連続していける物でもありませんが、いけるときは率先していきたいですね。たまの休みにふらっと楽しんだり、目的を決めて観光と合わせて楽しんだり、などなど、キャンプツーリングは一種の旅行です。おすすめのテント情報からアイテム情報までご紹介しました、是非、今後のキャンプツーリングにて参考にしてみてはいかがでしょうか。

他にもキャンプ情報が気になる方はこちらもチェック!

Thumb一つは持つべきキャンプギアおすすめ16選!流行り知らずな人気&定番道具はコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]
アウトドアがブームになりキャンプギアはさまざまなメーカーからたくさん発売されています。その中...

さて、こちらでは、キャンプ情報について、他にも気になる方へ向けておすすめの記事をご紹介しています。上記の記事は、キャンプに持って行きたいおすすめなキャンプアイテムについて深くご紹介しています。下記の記事については、キャンプの朝食などで食べたいホットサンドメーカーのおすすめについてご紹介しています。どちらもキャンプについて多くをご紹介しているので、是非興味がある方は見てみてください。

Thumbキャンプ用ホットサンドメーカーおすすめ13選!直火もOKな人気製品も! | 暮らし~の[クラシーノ]
普通のパンを別格の美味しさに昇華するとしておすすめの、ホットサンドメーカーを活用していますか...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ