250ccネイキッドバイク最新ランキング12!最速/安い/楽しい人気車種はこれ!

250ccネイキッドバイク最新ランキング12!最速/安い/楽しい人気車種はこれ!

250ccのネイキッドバイクの最新モデルに人気の絶版車を加え、最速ランキング順に比較して紹介します。250ccのネイキッドバイクは気軽に乗れることも楽しいのですが、エンジン特性の差が大きいので面白いですね。新車や中古車の実勢価格を含めた最新情報を提供します。

記事の目次

  1. 1.250ccネイキッドバイク最速ランキング:はじめに
  2. 2.250ccネイキッドバイクのエンジン
  3. 3.250ccネイキッドバイク最速ランキング外①
  4. 4.250ccネイキッドバイク最速ランキング外②
  5. 5.250ccネイキッドバイク最速ランキング10位
  6. 6.250ccネイキッドバイク最速ランキング9位
  7. 7.250ccネイキッドバイク最速ランキング8位
  8. 8.250ccネイキッドバイク最速ランキング7位
  9. 9.250ccネイキッドバイク最速ランキング6位
  10. 10.250ccネイキッドバイク最速ランキング5位
  11. 11.250ccネイキッドバイク最速ランキング4位
  12. 12.250ccネイキッドバイク最速ランキング3位
  13. 13.250ccネイキッドバイク最速ランキング2位
  14. 14.250ccネイキッドバイク最速ランキング1位
  15. 15.250ccネイキッドバイク最速ランキング:まとめ

250ccネイキッドバイク最速ランキング:はじめに

250ccのネイキッドバイクは親しみやすいデザインに人気があります。ヘルメット、ブーツ、グローブさえ着用すれば、ストリートファッションでも違和感がありません。

ここでは安くて楽しい250ccのネイキッドバイクを厳選し、最速ランキング順に紹介します。ストリート系バイクやオールドルックバイクは、性能に大きな差がありますので今回は省かせて頂きます。ご了承下さい。

250ccのネイキッドバイクの現行モデルは?

新車で買える250ccのネイキッドバイクは少なくなっています。国内で正規販売されている250ccのネイキッドバイクは5モデルしかありません。

ここでは、中古車市場で人気がある絶版車を含めたランキングにしました。ただし、在庫数が少ないモデルや極端に年式が古いバイクは省きますね。

また、最高速度を計算できるほどデータが集められないモデルはランキング外モデルとして紹介します。

250ccネイキッドバイクのエンジン

250ccのネイキッドバイクのエンジン特性を大きく分けると、低中回転域のトルク感を重視したモデルと、低回転から高回転までフラットなトルク特性になっているモデルがあります。

250ccのバイクは回転数全域で十分なパワーを得られるほど排気量が大きいとはいえません。アクセルを開けるだけでは面白い走りができない…それが250ccの楽しい特徴だともいえます。

250ccのネイキッドバイクは面白い?

低中回転域のトルク感を重視したモデルはワインディングロードでのファンライドが楽しいですね。低い速度域でも路面にトルクをかけ続けられますので、街乗りでも安定感を得られます。

逆に、低回転から高回転までフラットなトルク特性になっているモデルは、街乗りから高速まで過不足を感じません。ツーリングではシーンを選ばない扱いやすさがストレスを軽減してくれます。

250ccネイキッドバイク最速ランキング外①

安いのに楽しいおすすめの【FZ25】

出典: https://www.goobike.com/catalog/YAMAHA/FZ25/index.html

FZ25はヤマハのインド法人で生産されている250ccのネイキッドバイクです。国内で正規販売されていませんので、輸入車として扱われています。アップライトなライディングポジションや14Lの燃料タンクは国内ツーリングで便利な仕様です。新車の車両価格は約24万円(2019年3月12日現在)ですので、極めて安い250ccのネイキッドバイクだといえます。

新車が人気の面白いFZ25

FZ25のランキング
最高速度 ランキング外 -km/h
全長 4位 2015mm
車両重量 5位 152kg
シート高 11位 795mm
※2019年3月12日現在
※最高速度は理論値

FZ25はデータが不十分なため最高速度の計算ができませんでしたのでランキング外です。しかし、FZ25のエンジンとセロー250のエンジンは外観が酷似していますので、低中回転域で面白いほど粘るエンジンだといえます。

今回紹介する12モデルで比較すると、車体サイズはやや小さく、車両重量はやや軽いですね。しかし、シート高が高いのでやや大きいと感じる可能性があります。

250ccネイキッドバイク最速ランキング外②

安いのに楽しいおすすめの【250DUKE】

KTMの250DUKEはワインディングロードでのファンライドが楽しい250ccのネイキッドバイクです。フロントフォークとフレームの剛性感が高いですし、リアサスペンションはKTMならではの非リンク式であるものの、確実に路面を追従します。

新車の車両価格は約40~57.5万円(2019年3月12日現在)ですので、スポーティでおしゃれな250ccネイキッドの割には安いといえます。

新車が人気の面白いKTM 250DUKE

250DUKEのランキング
最高速度 ランキング外 -km/h
全長 ランキング外 -mm
車両重量 3位 147kg
シート高 12位 830mm
※2019年3月12日現在
※最高速度は理論値

250DUKEはデータが不十分でしたので、最高速度を計算できませんでした。高回転型のエンジンで、4,000から5,000回転あたりでトルクの谷間を感じますが、7,000から8,000回転以上では面白いほど加速します。

今回紹介する12モデルで比較すると、車体サイズはコンパクトで、車両重量も軽量です。シート高がかなり高いので、大きさを感じる人は多いといえます。コンパクトなモタードバイクに乗っているかのようなライディングフィールですね。

250ccネイキッドバイク最速ランキング10位

安いのに楽しいおすすめの【ジクサー】

出典: https://www.goobike.com/catalog/SUZUKI/GIXXER/index.html

スズキのジクサーは国内で販売される軽二輪MT車でもっとも安いネイキッドバイクです。インドで生産されていますが、国内仕様はフューエルインジェクション化されていますので快適です。また、リアホイールにはラジアルタイヤが装着されていますので安定感があります。

ツーリングでの航続距離に影響する燃費性能は軽二輪最強の50km/L!しかも、新車の車両価格は約22~32万円(2019年3月12日現在)ですので、安いのに楽しいネイキッドバイクだといえます。

新車が人気の面白いジクサー

のランキング
最高速度 10位 108.3km/h
全長 3位 2,005mm
車両重量 1位 135kg
シート高 7位 785mm
※2019年3月12日現在
※最高速度は理論値

ジクサーのエンジンは低中回転域を重視した街乗りが楽しいネイキッドバイクです。高速道路では最大トルクを発生させる6,000回転から最高出力を発生させる8,000回転まで、エンジンを常に回し続けなければなりません。しかし、ワインディングロードでのファンライドが面白いうえに、思いのほかエンジンフィーリングはスムーズです。

今回紹介する12モデルで比較すると、車体サイズはコンパクトで、車両重量はもっとも軽量でした。シート高は平均的な数値だといえますので、大きいと感じることはありません。

250ccネイキッドバイク最速ランキング9位

安いのに楽しいおすすめの【GSR250】

出典: https://www.goobike.com/catalog/SUZUKI/GSR250/index.html

スズキのGSR250は長距離ツーリングが楽しい250ccのネイキッドバイクです。残念ながら生産が終了していますが、スズキの新車在庫を今も購入できます。

新車の車両価格は約29~42万円(2019年3月12日現在)ですので安いといえます。2012年モデルから2017年モデルまであり、中古車価格は約17~38万円ですので、年式が新しい割には安いですね。

中古車で人気の面白いGSR250

GSR250のランキング
最高速度 9位 117km/h
全長 11位 2,145mm
車両重量 12位 183kg
シート高 9位 795mm
※2019年3月12日現在
※最高速度は理論値

GSR250は低中回転域のトルク感を重視したエンジンを搭載しています。エンジンフィーリングは重厚ながらスムーズな雰囲気です。ハンドリングは大らかで安定感があり、タンデムツーリングも楽々とこなします。

今回紹介する12モデルで比較すると、GSR250は大きい車体サイズや重い車両重量をメリットにしてしまう面白い存在です。大人のツアラーといった雰囲気がありますね。実車を見るとシルエットの迫力に驚くこと間違いありません。

250ccネイキッドバイク最速ランキング8位

安いのに楽しいおすすめの【CB250R】

出典: https://www.goobike.com/catalog/HONDA/CB250R/index.html

ホンダのCB250Rはスタイリッシュな250ccのネイキッドバイクです。洗練されたスタイリングは初心者からベテランまでを納得させる説得力があります。

新車の実勢車両価格は約37~55万円(2019年3月12日現在)ですが、質感の高さが安いと感じさせてくれます。キャンプツーリングでは荷物の積載に工夫を強いられますが、ロングツーリングではストレスを感じさせないほど安定感が高いですよ。

中古車で人気の面白いCB250R

CB250Rのランキング
最高速度 8位 138.5km/h
全長 5位 2,020mm
車両重量 2位 144kg
シート高 9位 795mm
※2019年3月12日現在
※最高速度は理論値

CB250Rは低回転から高回転までフラットなトルク特性のエンジンを搭載しています。どんな場面でも過不足を感じることはありません。面白いエンジン特性だとはいえませんが、旅の相棒としては優秀ですね。

今回紹介する12モデルで比較すると、車体サイズはやや小さいですし、車両重量は軽量です。シート高の高さが原因で大きいと感じる可能性がありますが、待望のローダウンキットがアフターパーツで販売され始めています。

【EFFEX (エフェックス)】 【4550255036089】 【6月下旬入荷予定】ローダウンCOMPキット 20mmダウン CB250R 18/CB125R 18 【plpha0040dset】

楽天

250ccネイキッドバイク最速ランキング7位

安いのに楽しいおすすめの【CB250F】

出典: https://www.goobike.com/catalog/HONDA/CB250F/index.html

ホンダのCB250Fは乗りやすさをおすすめしたい250ccのネイキッドバイクです。先述した後継モデルであるCB250Rと比較すると、大らかで素直なハンドリングが楽しいといえます。

販売店に残っている新車在庫(約35~52万円)は残り少なくなりました。中古車価格は約22~43万円と落ち着きましたので、コンディションが良くて安い中古車を購入するなら今がチャンスです(2019年3月12日現在)。

中古車で人気の面白いCB250F

CB250Fのランキング
最高速度 7位 142km/h
全長 6位 2,035mm
車両重量 7位 161kg
シート高 4位 780mm
※2019年3月12日現在
※最高速度は理論値

CB250Fのエンジンは低回転から高回転までフラットなトルク特性を発揮するエンジンを搭載しています。最高速度がCB250Rより高いのが面白いですね。シャープでクセのないエンジンですので、ツーリングでストレスを感じることはありません。

今回紹介する12モデルで比較すると、車体サイズは極めて標準的です。250ccのネイキッドバイクはスポーティな方向へと向かっていますので、シート高が高くなりつつありますので、最新モデルを大きいと感じる人におすすめします。

250ccネイキッドバイク最速ランキング6位

安いのに楽しいおすすめの【Z250SL】

出典: https://www.goobike.com/catalog/KAWASAKI/NINJA_250SL/index.html

カワサキのZ250SLはベテランライダーも満足させられる楽しいキャラクターとスタイリッシュなデザインが魅力です。なぜマイナー車のまま絶版となったのかが理解できません。

販売店には新車在庫(約40~44万円)が残っています。中古車在庫は約30~36万円ですので、年式の割には安いですね。新車、中古車とも販売店の在庫数はかなり少ないので、購入を検討している人は急ぎましょう(2019年3月12日現在)。

中古車で人気の面白いZ250SL

Z250SLのランキング
最高速度 6位 144.7km/h
全長 1位 1,935mm
車両重量 4位 148kg
シート高 7位 785mm
※2019年3月12日現在
※最高速度は理論値

Z250SLのエンジンは低速からトルクを維持しながら高回転まで伸びるエンジンを搭載しています。元気がいい面白いエンジンですので、初心者よりもベテランライダーにおすすめです。

今回紹介する12モデルで比較すると、車体サイズは極めて小さく、車両重量も軽量だといえます。シート高は標準的な数値ですので、大きいと感じることはありません。元気がいいシングルエンジンを軽量でコンパクトな車体で堪能する…ワインディングロードでのファンライドが楽しい250ccネイキッドですね。

250ccネイキッドバイク最速ランキング5位

安いのに楽しいおすすめの【VTR250】

出典: https://www.goobike.com/catalog/HONDA/VTR250/index.html

ホンダのVTR250はボリューム感があるシルエットと素直なハンドリングが楽しい250ccのネイキッドバイクです。1998年の1月に販売が開始され、2009年モデルからはフューエルインジェクション化されました。リアサスペンションは非リンク式ですが、路面追従性は良好です。

人気モデルですので販売店の新車在庫はわずかとなりました(約51~60万円)。しかし、中古車在庫は豊富であり、キャブレター車で約8~33万円、フューエルインジェクション車で約22~60万円(2019年3月12日現在)ですので、かなり安い価格になってきました。

中古車で人気の面白いVTR250

VTR250のランキング
最高速度 5位 149km/h
全長 9位 2,080mm
車両重量 6位 160kg
シート高 3位 755mm
※2019年3月12日現在
※最高速度は理論値

VTR250にはVT250F(1986年発売のMC15)から引き継がれた信頼性が高いMC15Eエンジンが搭載されています。Vツインマグナやゼルビスにも搭載された名機です。低回転から高回転までスムーズな加速性能や、トラブル知らずな頑丈さに対する評価が高く、旅の道具として優秀な面白いエンジンだといえます。

今回紹介する12モデルで比較すると、車体サイズは大きいのですが、思いのほか車両重量が軽くてシート高が低いので、街乗りでの扱いにくさは感じません。この中庸な雰囲気がホンダならではですね。

250ccネイキッドバイク最速ランキング4位

安いのに楽しいおすすめの【バリオス2】

出典: https://www.goobike.com/catalog/KAWASAKI/BALIUS_II/index.html

カワサキのバリオス2はスムーズな高回転型エンジンが楽しい250ccのネイキッドバイクです。一時期少年バイク的な扱い方をされていましたが、名車であることは間違いありません。1997年の2月に販売が開始され、2007年モデルまで生産されました。

絶版車ですので新車は手に入りませんが、中古車在庫は豊富です。約17~75万円(2019年3月12日現在)と中古車価格に差がありますが、コレクターズコンディションを無視すれば比較的に安いといえます。

中古車で人気の面白いバリオス2

バリオス2のランキング
最高速度 4位 約165km/h
全長 8位 2,070mm
車両重量 11位 170kg
シート高 1位 745mm
※2019年3月12日現在
※最高速度は理論値

バリオス2には水冷のDOHC4バルブ4気筒エンジンが搭載されていますので、爽快で楽しいエンジンフィールです。エンジンはレーサーレプリカであるZXR250由来ですので、面白いほど高回転までストレスなく回ります。しかし、イメージとエンジン特性のフィーリングにギャップを感じさせないデチューンが施されているのがカワサキ車らしいですね。

今回紹介する12モデルで比較すると、車体サイズは大きいですし、車両重量は重いですね。しかし、シート高が低いので、手ごわさを感じることはありません。

250ccネイキッドバイク最速ランキング3位

安いのに楽しいおすすめの【MT-25】

出典: https://www.goobike.com/catalog/YAMAHA/MT_25/index.html

ヤマハのMT-25はバランスの良さが楽しい250ccのネイキッドバイクです。ライディングポジションはアップライトですので、街乗りでも交通の流れを把握しやすいですね。YZF-R25と共にフルモデルチェンジするかと思われましたが、2019年の3月にマイナーチェンジが施されました。

新車価格は約40~53万円(2019年3月12日現在)ですので、2019年モデルのYZF-R25の性能や価格と比較すると安いと思いにくいのが現状です。しかし、ツーリングに適した仕様を求めるなら、MT-25のほうがベストチョイスだといえます。スポーツ性が高くなってしまったYZF-R25よりも、フレンドリーなMT-25のほうがストレスを感じさせません。

新車が人気の面白いMT-25

MT-25のランキング
最高速度 3位 約165km/h
全長 10位 2,090mm
車両重量 9位 166kg
シート高 4位 780mm
※2019年3月12日現在
※最高速度は理論値

MT-25のエンジンは低回転から高回転までフラットなトルク特性で、回転数に応じてパワー感が増します。7,000回転以降のエンジンフィールが気持ちよく、10,000回転を超えるとさらにトルク感がアップするスポーティな味付けも面白いですね。素直で接地感が高いハンドリングと相まって、これ以上の性能は必要?そんな疑問さえ生じます。

今回紹介する12モデルで比較すると、車体サイズがやや大きいですし、車両重量も平均値より重いのですが、シート高は比較的に低いので、手強さを感じることはありません。ハンドリングがいいので乗ってしまえば軽快です。

250ccネイキッドバイク最速ランキング2位

安いのに楽しいおすすめの【Z250】

出典: https://www.goobike.com/catalog/KAWASAKI/Z250/index.html

カワサキのZ250は2019年の2月にフルモデルチェンジし、軽量でコンパクトな250ccのネイキッドバイクになりました。旧型のZ250は大らかでツアラー的な要素が強かったのですが、新型のZ250はスポーティで楽しい印象が強いですね。

新車の実勢価格は約52~60万円(2019年3月12日現在)。ヤマハのMT-25と比較すると安いとは言えませんし、ニンジャ250と比較しても割安感は少ないといえます。ツーリングでの大らかさを求めるのであれば、販売店に残っている旧型の新車在庫もおすすめです。

新車が人気の面白いZ250

Z250のランキング
最高速度 2位 約176km/h
全長 2位 1,990mm
車両重量 8位 164kg
シート高 9位 795mm
※2019年3月12日現在
※最高速度は理論値

Z250には元気の良さが面白いエンジンが搭載されています。トルク特性はエンジンを回すほどパワー感を得られる高回転型で、高速道路ではかなりの余裕を得られます。ワインディングロードでは2速3速で5,000から7,000回転を多用すると面白いですね。このあたりのエンジンの味付けがカワサキ車らしいといえます。

今回紹介する12モデルで比較すると、車体サイズは非常にコンパクトで、大きいバイクだとはいえません。車両重量はやや重い程度なのですが、シート高が高いので、体格によっては街乗りでの信号待ちで神経を使う可能性があります。しかし、乗ってしまえばハンドリングは軽快です。

250ccネイキッドバイク最速ランキング1位

安いのに楽しいおすすめの【ホーネット】

出典: https://www.goobike.com/catalog/HONDA/HORNET/index.html

ホンダのホーネットは楽しい250ccのネイキッドバイクとして、先述したバリオス2とともに今も絶大な人気を集めています。1996年の2月に販売が開始され、2007年モデルまで生産されましたが、2003年モデルのマイナーチェンジでシート高が15mm落とされました。

絶版車ですので新車は購入できませんが、中古車在庫は豊富です。中古車価格は約20~70万円(2019年3月12日現在)と幅が大きいといえますが、年式や走行距離と見比べると安いとはいえません。

中古車で人気の面白いホーネット

ホーネットのランキング
最高速度 1位 186km/h
全長 6位 2,035mm
車両重量 10位 168kg
シート高 1位 745mm
※2019年3月12日現在
※最高速度は理論値

ホーネットはレーサーレプリカである名車CBR250RR(MC22)由来のエンジンを搭載しています。デチューンされているにもかかわらず、250ccのネイキッドバイクとは思えない最高速度ですね。カムギアチェーンのメカノイズを聞きながらのシフト操作が面白いといえます。

今回紹介するモデルと比較すると、車体サイズは平均値に限りなく近いですね。車両重量は重いのですが、シート高が低いので、街乗りで大きいと感じることはありません。

250ccネイキッドバイク最速ランキング:まとめ

楽しくて面白い250ccが増えました!

人気が高いおすすめの250ccネイキッドバイクを12モデル紹介しました。穏やかな250ccのネイキッドバイクが多かった時期がありましたが、CBR250RR(MC51)が2017年の5月に販売が開始されて以降、スポーティで楽しいモデルが増えつつあります。

今回紹介したモデルの平均値
最高速度 約149km/h
全長 2,038mm
車両重量 158kg
シート高 782mm
※2019年3月12日現在
※最高速度は理論値

穏やかなモデルも残ってほしい!

250ccのネイキッドバイクは街乗りからツーリングまで気軽に楽しめるのが魅力ですので、ハイスペックなモデルばかりになると寂しいですね。ヤマハのMT-25がYZF-R25のフルモデルチェンジに応じなかったのは、フレンドリーなキャラクターを崩したくなかったからかもしれません。今後はすき間産業が得意なスズキに期待したいですね。

250ccが気になる人はこちらもチェック!

250ccの人気モデルを最速対決した記事もチェックしてください。ネイキッドバイク以外にも面白いバイクはたくさんあります。また、街乗りには単気筒モデルも人気ですので、合わせてチェックしてくださいね。

250ccで最強最速は?馬力や加速などを比較しながら現行モデル12選を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
250ccで最強最速は?馬力や加速などを比較しながら現行モデル12選を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
250ccの最強最速バイク決定戦!理論上の最高速度や最大トルク発生時の速度を計算し、250ccバイクの加速性能について検証します。最強最速バイクをランキング形式で紹介しますね。まとめでは1990年代のレーサーレプリカとも比較しています。
単気筒の250ccバイクの性能は?魅力からおすすめについてご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
単気筒の250ccバイクの性能は?魅力からおすすめについてご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は、250ccクラスのバイクの中でも、とりわけ、低速から中速域、普段の街乗りに強い単気筒のエンジンを搭載したバイクをご紹介します。250ccの単気筒の魅力から、乗りやすいバイクについて、魅力を最大限ご紹介します!検討材料にしてみてはどうでしょうか。
hosokawa_taka
ライター

hosokawa_taka

キャンプや野宿をしながらバイクツーリングをしています。狭路や林道で穴場のツーリングスポットを探索するのが基本スタイルです。家族旅行の宿代わりにするキャンプや車中泊も別の楽しみがありますね。愛車はホンダのXR250。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking