250ccで最強最速は?馬力や加速などを比較しながら現行モデル12選を解説!

250ccで最強最速は?馬力や加速などを比較しながら現行モデル12選を解説!

250ccの最強最速バイク決定戦!理論上の最高速度や最大トルク発生時の速度を計算し、250ccバイクの加速性能について検証します。最強最速バイクをランキング形式で紹介しますね。まとめでは1990年代のレーサーレプリカとも比較しています。

記事の目次

  1. 1.現行250ccバイクの最強最速は?はじめに
  2. 2.現行250ccバイクのエンジン
  3. 3.現行中型250cc最強最速バイク12位
  4. 4.現行中型250cc最強最速バイク11位
  5. 5.現行中型250cc最強最速バイク10位
  6. 6.現行中型250cc最強最速バイク9位
  7. 7.現行中型250cc最強最速バイク8位
  8. 8.現行中型250cc最強最速バイク7位
  9. 9.現行中型250cc最強最速バイク6位
  10. 10.現行中型250cc最強最速バイク5位
  11. 11.現行中型250cc最強最速バイク4位
  12. 12.現行中型250cc最強最速バイク3位
  13. 13.現行中型250cc最強最速バイク2位
  14. 14.現行中型250cc最強最速バイク1位
  15. 15.現行250ccバイクの最強最速は?まとめ

現行250ccバイクの最強最速は?はじめに

250ccのバイクは厳しい排出ガス規制を受けて非力になったと思われがちですが、エンジン性能を引き出せば十分な馬力や加速を得られます。大型バイクならアクセルを開けるとスルスルと加速しますが、250ccという小さなエンジンを巧みに操作し、軽量でコンパクトな車体を振り回すのも楽しいですね。

エンジンの馬力と加速にこだわってランキング!

エンジンの性能だけに着目し、250ccの最強最速バイクをランキング形式で紹介します。理論上の最高速度や最大トルク発生時の速度を計算し、エンジン特性について解説しますね。なお、今回はすべての現行モデルを比較するために、MT車に限定しました。また、エンジンの潜在能力を比較する材料にするために、足回りや空力特性については一切無視して解説します。

現行250ccバイクのエンジン

現行の250ccのバイクのエンジンについて解説します。モデルによって味付けが違いますが、大まかな違いをはじめに把握しておきましょう。現行の250ccバイクには、空冷エンジンと水冷エンジン、単気筒と直列2気筒エンジンがあります。

空冷or水冷

空冷エンジンは構造がシンプルですので、メンテナンスしやすいですし、転倒時に破損しにくいですね。水冷エンジンは冷却性能が高いので、熱による膨張が少なく、エンジンの精度を高められます。精度が低いエンジンは厳しい排出ガス規制をクリアするのが困難なので、空冷エンジンは少なくなりました。

単気筒or2気筒

かつては4気筒エンジンを搭載した250ccのバイクがありましたが、現行モデルには単気筒と直列2気筒しかありません。単気筒エンジンはスムーズな回転フィーリングが得られるショートストロークエンジンが増えました。直列2気筒エンジンは、ハイパワーなショートストロークエンジンと、低中速域が扱いやすいロングストロークエンジンがあります。

現行中型250cc最強最速バイク12位

馬力と加速ランキング!Vストローム250

出典: https://www.goobike.com/catalog/SUZUKI/V_STROM_250/index.html

スズキのVストローム250は2017年の7月に販売が開始され、2018年の10月に不具合を調整するマイナーチェンジが施されました。低中速で豊かなトルクを発生させるロングストロークエンジンを搭載していますので、一般道での扱いやすさは群を抜いています。

Vストローム250の加速性能

スズキのVストローム250の最高速度を計算すると、お世辞にも速いとはいえません。また、最大トルク発生時の速度が100km/h以下ですので、高速道路を走行すると疲労をともなう可能性があります。

しかし、ユーザーレビューを確認すると、理論上の最高速度以上にスピードが出るというコメントがあります。高回転時の加速に伸びしろが期待できるエンジンですね。

スズキ Vストローム250のスペック
エンジン 水冷4stSOHC2バルブ
直列2気筒
最高出力 18kW(24PS)
/8,000rpm
最大トルク 22N・m(2.2 kgf・m)
/6,500rpm
最高速度
(理論値)
107.9km/h
最大トルク発生時の速度
(理論値)
87.6km/h

現行中型250cc最強最速バイク11位

馬力と加速ランキング!ジクサー

出典: https://www.goobike.com/catalog/SUZUKI/GIXXER/index.html

スズキのジクサーは2017年の1月に販売が開始されたライトウェイトネイキッドバイクで、街乗りバイク最強の名をほしいままにしています。150ccの非力なエンジンを搭載したバイクですが、低中速域で粘り強く加速する単気筒ロングストロークエンジンの評判は上々です。

ジクサーの加速性能

スズキのジクサーで高速道路を走行すると疲労をともなう可能性があります。理論上の最高速度はVストローム250より速いのですが、最大トルク発生時の速度が遅いので、追い越しする場合は余裕をもって加速しなければなりません。

しかし、たまにしか走らない高速道路よりも、毎日走る一般道の加速性能を重視するのは賢い選択です。低中速での加速性能がいいジクサーのエンジンは、コンパクトな車体を振り回して走る楽しさがあります。

スズキ ジクサーのスペック
エンジン 空冷4stSOHC2バルブ
単気筒
最高出力 10kW(14PS)
/8,000rpm
最大トルク 14N・m(1.4kgf・m)
/6,000rpm
最高速度
(理論値)
108.3km/h
最大トルク発生時の速度
(理論値)
81.2km/h

現行中型250cc最強最速バイク10位

馬力と加速ランキング!GSX250R

出典: https://www.goobike.com/catalog/SUZUKI/GSX250R/index.html

スズキのGSX250Rは2017年の4月に販売が開始されて以降、スタイリッシュなデザインと重厚な乗り味が高く評価されています。エンジンはVストローム250と同じですが、加速感を微調整をするために、ドリブンスプロケットの歯数が1丁少ないですね。

かっこいい外観にトルキーなエンジンを搭載した方向性は正解です。大らかなエンジン特性はワインディングロードからロングツーリングまで幅広く楽しめます。GSX250Rをベースにしたネイキッドスポーツバイクのラインアップが欲しいところです。

GSX250Rの加速性能

スズキのGSX250Rは低中速回転を重視したエンジン特性が災いし、最高速度が速いとはいえません。Vストローム250よりは幾分かましですが、体感できるほどの差はないですね。

Vストローム250と同じく、理論上の最高速度より速いというユーザーレビューが見受けられますので、加速の伸びしろに期待ができます。速いとはいえない最高速度を帳消しにしてくれるほど、低中速域の加速が楽しいです。

スズキ GSX250Rのスペック
エンジン 水冷4stSOHC2バルブ
直列2気筒
最高出力 18kW(24 PS)
/8,000rpm
最大トルク 22N・m(2.2 kgf・m)
/6,500rpm
最高速度
(理論値)
110.2km/h
最大トルク発生時の速度
(理論値)
89.6km/h

現行中型250cc最強最速バイク9位

馬力と加速ランキング!セロー250

出典: https://www.goobike.com/catalog/YAMAHA/SEROW250/index.html

ヤマハのセロー250は2005年の4月に販売が開始され、2008年の1月にフューエルインジェクション仕様となるマイナーチェンジを受けました。2017年モデルで一旦カタログ落ちしましたが、2018年の8月に復活したのは記憶に新しいですね。

粘り強く地面にトラクションをかけ続ける空冷4stSOHC単気筒エンジン特性が最大の魅力です。アタックツーリングからロングツーリングまで幅広く愛されています。

セロー250の加速性能

セロー250は速いといえませんが、低中速域を重視したオフロードバイクとしてはまずまずの最高速度だといえます。高速道路は林道までの移動区間ととらえるユーザーがほとんどですので、高速道路で最強最速を求めるユーザーはいませんね。むしろ、林道や獣道で粘るエンジン特性のほうが重宝されています。

ヤマハ セロー250のスペック
エンジン 空冷4stSOHC2バルブ
単気筒
最高出力 14kW(20PS)
/7,500rpm
最大トルク 20N・m(2.1kgf・m)
/6,000rpm
最高速度
(理論値)
113.3km/h
最大トルク発生時の速度
(理論値)
90.6km/h

現行中型250cc最強最速バイク8位

馬力と加速ランキング!トリッカー

ヤマハのトリッカーは兄弟車であるセロー250よりも早い2004年の3月に販売が開始されました。以降、セロー250と同じ経過をたどるのですが、個性的なトリッカーを復活させたヤマハの心意気がうれしいですね。

セロー250とエンジン性能を比較すると、スペックはほぼ同じです。タイヤ径の違いを埋めるために、ドリブンスプロケットの丁数が3丁減らされています。

トリッカーの加速性能

トリッカーの加速性能はセロー250と比較すると体感できるほどありません。高速道路を走行するうえで最低限必要な速度は出せますが、それ以上の加速は難しいですね。セロー250との最高速の違いは、タイヤ径やドリブンスプロケットの違いから出ています。

セロー250と同様に低中速域の加速を重視したエンジン特性と、「まるで自転車」といわれるほど軽量でコンパクトな車体にメリットを感じるユーザーからの評価が高いですね。

ヤマハ トリッカーのスペック
エンジン 空冷4stSOHC2バルブ
単気筒
最高出力 14kW(20PS)
/7,500rpm
最大トルク 20N・m(2.1kgf・m)
/6,000rpm
最高速度
(理論値)
115.8km/h
最大トルク発生時の速度
(理論値)
92.7km/h

現行中型250cc最強最速バイク7位

馬力と加速ランキング!CRF250L&ラリー

出典: https://www.goobike.com/catalog/HONDA/CRF250L/index.html

ホンダのCRF250Lは2012年の5月に販売が開始され、2017年の2月に排出ガス規制をクリアするためのマイナーチェンジを受けています。CBR250R(MC41)譲りのショートストロークエンジンを搭載していますが、低中速域でのレスポンスを高めるために、最高出力が抑えられました。

スムーズな回転フィーリングやフラットなトルク特性は引き継がれましたので、道路状況を選ばない加速性能を評価する人は多いですね。

CRF250Lの加速性能

出典: https://www.goobike.com/catalog/HONDA/CRF250_RALLY/index.html

ホンダのCRF250Lの最高速度を計算すると、オフロードバイクとしては早いことがわかります。CRM250Rのような、胃の内容物がこみ上げるような加速感はありませんが、4stトレールとしては一般道から高速道路まで過不足なく加速する、バランスがいいエンジン特性だといえます。最高速度は名機MD17E(XLR250RとXR250に搭載されたエンジン)よりも早いですね。

派生モデルの加速性能

CRF250LにはCRF250ラリーとCRF250Mの2モデルの派生車種があります。CRF250ラリーとは全く同じエンジンスペックです。しかし、タイヤ径が違うCRF250Mと比較すると、ドリブンスプロケットを1丁減らして加速特性を微調整しています。CRF250Mの最高速度は130km/h、最大トルク発生時の速度は103.3km/hです。

CRF250L/CRF250ラリーのスペック
エンジン 水冷4stDOHC4バルブ
単気筒
最高出力 18kW(24PS)
/8,500rpm
最大トルク 23N・m(2.3kgf・m)
/6,750rpm
最高速度
(理論値)
134.1km/h
最大トルク発生時の速度
(理論値)
106.5km/h

現行中型250cc最強最速バイク6位

馬力と加速ランキング!CB250R

出典: https://www.goobike.com/catalog/HONDA/CB250R/index.html

ホンダのCB250Rは2018年の5月に販売が開始されたネイキッドスポーツバイクです。カフェレーサーを思わせる短いサブフレームやグラマラスな造形に人気がありますね。

高回転までスムーズに加速するエンジン特性が魅力的です。初心者からベテランまでを満足させられるネイキッドスポーツだといえますね。乗り手やシーンを選ばないところにホンダイズムを感じます。

CB250Rの加速性能

CB250Rの最高速度や最大トルク発生時の速度を計算すると、高速道路でも不足なく走れる加速性能を備えていることがわかります。決してパワフルではありませんが、ネイキッドバイクとしては十分すぎる数値だといえますね。「シングルスポーツCBR250R?」が販売されないのが不思議なくらいのエンジンです。

最高速度と最大トルク発生時の速度に差が少ないので、パワーバンドが薄いのでは?と思ってしまいます。しかし、実際は4,000回転から8,000回転の加速感やトルク感が逞しいと評判です。

ホンダ CB250Rのスペック
エンジン 水冷4st4バルブ
単気筒
最高出力 20kW(27PS)
/9,000rpm
最大トルク 23N・m(2.3kgf・m)
/8,000rpm
最高速度
(理論値)
138.5km/h
最大トルク発生時の速度
(理論値)
123.1km/h

現行中型250cc最強最速バイク5位

馬力と加速ランキング!ヴェルシスX250ツアラー

出典: https://www.goobike.com/catalog/KAWASAKI/VERSYS_X_250_TOURER/index.html

カワサキのヴェルシスX250ツアラーは2017年の3月に販売が開始されたアドベンチャーツアラーです。ひと世代前に人気が高かったネイキッドバイクに代わり、ツーリングで多く愛用されています。

エンジンフィーリングは後述するニンジャ250とうり二つです。高回転型ですので、ロングツーリングで距離を稼ぎやすい加速性能だといえます。

ヴェルシスXツアラーの加速性能

View this post on Instagram

オメガより笠置展開中の各部隊へ C装備搭載完了 現刻をもって状況を開始 なお笠置展開地には、12:30を予定 送れ #motorcycle_moment #photos #instapics #バイクのある風景  #バイク  #bike #ネコ #motorcycle #motorcycles #motorcyclelife  #写真 #写真好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #photo #キジシロ#canphack取材 #ファインダー越しの私の世界 #ヴェルシス250  #versys250x #versys250 #チームアラフォーアラフィフ #ヴェルシスx250 #ヴェルシスx250ツアラー #kawasaki #偽装網 #バラキュー #笠置キャンプ場 #ミリタリー #ミリタリーキャンプ

A post shared by 幻影鉄騎旅団 (@suzuki.dr800s) on

ヴェルシスX250ツアラーの最高速度を計算すると、150km/hを超えました。最大トルク発生時の速度も130km/hを越えますので、高速道路で不足を感じることはないですね。

かといって、低速トルクが不足していないのがヴェルシスX250ツアラーの美点。低中速域を重視したエンジンと比較すると、大人しい印象を受けますが、発進時のクラッチミートで神経質になる必要はありません。紳士的な加速性能だと評価されています。

カワサキ ヴェルシスX250ツアラーのスペック
エンジン 水冷4st4バルブ
直列2気筒
最高出力 24kW(33PS)
/11,500rpm
最大トルク 21N・m(2.1kgf・m)
/10,000rpm
最高速度
(理論値)
153.3km/h
最大トルク発生時の速度
(理論値)
133.3km/h

現行中型250cc最強最速バイク4位

馬力と加速ランキング!レブル250

出典: https://www.goobike.com/catalog/HONDA/REBEL/index.html

ホンダのレブル250は2017年の4月に販売が開始された、貴重な250ccアメリカンクルーザーです。2019年に入ってヤマハのドラッグスター250がカタログ落ちしましたので、唯一の新車で買えるアメリカンクルーザーとなりました。

セクシーなデザインは完成度が高く、派手にカスタムするユーザーは少ないですね。ショートストロークエンジンながら単気筒らしい鼓動感があり、ツーリングで淡々と移動するシーンでも楽しさを感じられます。

レブル250の加速性能

レブル250の最高速度を計算すると、ネイキッドスポーツであるCB250Rを上回って、150km/hを越えました。最大トルク発生時の速度との差が大きいので、高速道路での加速性能には余裕があるといえますね。

ユーザーレビューでは、高速道路を速い速度域で走ると風圧で体力を消耗してしまうといわれています。また、タイヤ径の関係で最高速度が早くなったともかんがえられます。しかし、エンジンの潜在能力が高いバイクであることは間違いありません。

ホンダ レブル250のスペック
エンジン  
最高出力 19kW(26PS)
/9,500rpm
最大トルク 22N・m(2.2kgf・m)
/7,750rpm
最高速度
(理論値)
154.4km/h
最大トルク発生時の速度
(理論値)
126km/h

現行中型250cc最強最速バイク3位

馬力と加速ランキング!YZF-R25

出典: https://www.goobike.com/catalog/YAMAHA/YZF_R25/index.html

ヤマハのYZF-R25は2014年に販売が開始され、ごくわずかな変更点を含むマイナーチェンジが2017年の3月に施されています。2019年の春に予定されているモデルチェンジも楽しみですね(2019年2月12日現在の情報)。

兄弟車であるYZF-R3をボアダウンして250cc化したのは、街中での乗りやすさを重視するためだと考えられます。新型YZF-R25は2018年モデルのエンジンをベースに開発されていますので、加速特性は引き継がれる可能性が高いですね。

YZF-R25の加速性能

YZF-R25の最高速度を計算すると、250ccスーパースポーツの名に恥じない速さを確認できました。最大トルク発生時の速度は140km/hに届きそうですね。

高出力エンジンですが、低中速域での扱いにくさは感じられません。ユーザーレビューを確認すると、エンジンを回しただけパワーがついてくる加速特性といわれています。そんなオールマイティなキャラクターもYZF-R25の人気を押し上げています。

ネイキッドスポーツMT-25の加速性能

出典: https://www.goobike.com/catalog/YAMAHA/MT_25/index.html

ヤマハのYZF-R25から派生したネイキッドスポーツ、MT-25の加速性能も確認しました。エンジンのスペックに違いがありませんでしたので、最高速度と最大トルク発生時の速度は同じです。

MT-25は2019年の3月にカラーチェンジされます。新型YZF-R25と同様のフルモデルチェンジを受けるか?それとも従来型が継続されるか?ネイキッドスポーツMT25に対するヤマハの回答が楽しみです。

ヤマハMT-25/YZF-R25のスペック
エンジン 水冷4stDOHC4バルブ
直列2気筒
最高出力 26kW(35PS)
/12,000rpm
最大トルク 23N・m(2.3kgf・m)
/10,000r/min
最高速度
(理論値)
165.1km/h
最大トルク発生時の速度
(理論値)
137.6km/h

現行中型250cc最強最速バイク2位

馬力と加速ランキング!CBR250RR

出典: https://www.goobike.com/catalog/HONDA/CBR250RR/index.html

ホンダのCBR250RRは新開発のエンジンを搭載し、2017年の5月に販売が開始されました。ハイスペックなエンジンに最新のデジタル制御をあたえ、大型バイクにも匹敵する豪華装備に驚いたホンダファンは多いですね。高い価格にも驚かされました。

CBR250RRはエンジンの加速特性を選べるのが最大の特徴です。デフォルトのスポーツモードを基準に、緩やかな加速特性のコンフォートモードや、加減速時の輪郭が明確なスポーツ+モードを選べます。

CBR250RRの加速特性

CBR250RRの最高速度は驚異の170km/hに達しています。また実際には180km/hはゆうに超えると言われています。最大トルク発生時の速度は150km/h弱ですので、高速道路走行が楽ですね。最高速アタックする場合はサーキットへ向かいましょう。

走行モードは加速特性を変更するものであって、最高速や最大トルク発生時の速度を速くするものではありません。ぬるい250ccのバイクに辟易していた兄貴にファンライドしてほしいですね。

ホンダ CBR250RRのスペック
エンジン  
最高出力 28kW(38PS)
/12,500rpm
最大トルク 23N・m(2.3kgf・m)
/11,000rpm
最高速度
(理論値)
170km/h
最大トルク発生時の速度
(理論値)
149.6km/h

現行中型250cc最強最速バイク1位

馬力と加速ランキング!ニンジャ250

出典: https://www.goobike.com/catalog/KAWASAKI/NINJA_250/index.html

カワサキのニンジャ250は2018年の2月にフルモデルチェンジし、スパルタンな走行性能と精悍なデザインが与えられました。

旧型ニンジャ250は大らかなキャラクターが勝っていて、ツアラー的な印象が強かったのですが、新型ニンジャ250はスポーティなツアラーという印象が強いですね。250ccツアラーの名車ZZR250の血統を受け継いでいるため、極端にスポーティな味付けはなされませんでした。

ニンジャ250の加速性能

カワサキのニンジャ250は現行モデルナンバーワンの最高速度を誇ります。理論値とはいえ、170km/hを軽く終える加速性能に驚かずにはいられません。

排出ガス規制を受けた4st2気筒エンジンとしてはかなり優秀な加速性能だといえます。それに加えてツーリングでも扱いやすい性能を備えていますので、最強最速バイクはニンジャ250だと結論を出してもいいですね。

ネイキッドスポーツZ250の加速性能

出典: https://www.goobike.com/catalog/KAWASAKI/Z250/index.html

ニンジャ250の派生車種として、2019年の2月にネイキッドロードスポーツであるZ250がフルモデルチェンジしました。新型ニンジャ250の兄弟車としてのフルモデルチェンジです。Z250の最高速度を計算すると、新型ニンジャ250と全く同じでしたが、最大トルク発生時の速度は147.6km/h(10,500rpm)と上回りました。

エンジンとタイヤ径が同じであれば加速特性を変更しないメーカーが多い中、Z250はエンジンの味付けにこだわったカワサキらしいネイキッドスポーツバイクだといえますね。

カワサキ ニンジャ250のスペック
エンジン 水冷4st4バルブ
直列2気筒
最高出力 27kW(37PS)
/12,500rpm
最大トルク 23N・m(2.3kgf・m)
/10,000rpm
最高速度
(理論値)
175.7km/h
最大トルク発生時の速度
(理論値)
140.6km/h

現行250ccバイクの最強最速は?まとめ

カワサキ史上最強最速250ccバイクの加速性能

カワサキの4st250ccバイクで史上最強とされるZXR250(1991年モデル)の最高速度は209.4km/h、最大トルク発生時の速度は150.6km/hです。

エンジンスペックから算出した速度ですので、かなり引っ張らないと達しない速度だと考えられますが、レーサーレプリカ4st4気筒モデルの驚異的な加速性能に驚かされます。

現行250ccバイクの楽しみ方

現行モデルの250ccバイクとかつてのレーサーレプリカを比較すると、最高速度に大きな差があります。しかし、最大トルク発生時の速度は、ハイスペックな2気筒エンジンと大差ありません。現行モデルの250ccバイクは最高速度を切り落とし、実用速度域での扱いやすさが強調されているといえます。

バイク選びの最終決定要素は相性です。最高速度が低いバイクは劣っている…速いバイク以外はかっこ悪い…そう考えるのは時代遅れ。バイクの性能を最大限に引き出せ、周囲への気配りができてこそグッドライダーですよ。

かっこいいバイク男子を目指す人はこちらをチェック!

バイク男子にとって必要なことは何か?投稿サイトの女性からのコメントをまとめ、かっこいいバイク男子増につて模索した記事をチェックしてください。あなたが乗っているバイクが最強最速であっても、女性には関係のないことなのです。

バイク男子ってどう?モテる?かっこいい?女性が感じるイメージや印象を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
バイク男子ってどう?モテる?かっこいい?女性が感じるイメージや印象を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
女性のバイク男子のイメージを探ります。yahoo!知恵袋の女性コメントから「かっこいい」と「かっこ悪い」のイメージを引用して検証しました。それぞれの項目でバイク男子の課題を見出し、最後には考察も記載しています。バイク男子はモテると思っている諸君、必見ですよ!
hosokawa_taka
ライター

hosokawa_taka

キャンプや野宿をしながらバイクツーリングをしています。狭路や林道で穴場のツーリングスポットを探索するのが基本スタイルです。家族旅行の宿代わりにするキャンプや車中泊も別の楽しみがありますね。愛車はホンダのXR250。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking