検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

ツーバイフォーの寸法(長さ)の規格は?DIYでの木材の種類と選び方を解説!

DIYをする際に使用する木材には、寸法規格があります。中でも、ツーバイフォー材について、寸法規格も含めて、詳しく解説します。また、DIYで何を作るかによって、適したツーバイフォー材の種類が異なります。その素材選びについても詳細に説明します。
2021年12月2日
haseke

そもそもツーバイフォーって何のこと?寸法規格って?

ツーバイフォーの断面寸法は1.5x3.5インチ

ツーバイフォーとは、英語で2×4という意味です。ツーバイフォー材は、断面で見たときに、縦が2インチ、横が4インチのサイズになる材料のことです。1インチは約25.4mmですので、縦が50.8mm、横が101.6mmです。

しかし、木材を乾燥する工程などで寸法が変わるため、実際に使用する段階では0.5インチほど痩せてしまいます。したがって、現在のツーバイフォー材の寸法規格は、約38mmx約89mmとなっています。


ツーバイフォーは外国の木材

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ツーバイフォー材は、もともと欧米のツーバイフォー工法などで使用されている材料で、ほとんどが輸入材となっています。木材の種類も、ホワイトスプルースやレッドシダーなど、日本では聞きなれない、あまりなじみのない種類が多いです。また、サイズの単位もインチやフィートで統一されているなど、海外仕様であることが目立ちます。

その他の断面寸法規格

2x4の他にも、似たような寸法規格があります。例えば、2x6(ツーバイシックス)や、1x4(ワンバイフォー)、1x6(ワンバイシックス)などがそれにあたります。1x〇の特徴は、厚さが1インチであり、2x4に比べると、板の様な形をしています。

他にもありますが、全て〇x〇の表記なので、イメージがしやすいと思います。ただし、実際のサイズは、単純に25.4mmを掛けた値と異なりますのでご注意ください。


ツーバイフォーの長さ寸法規格

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ツーバイフォー材は、長さにも規格があります。日本の規格とは異なりますので、注意が必要です。

ツーバイフォーの長さ寸法にも規格がある

ツーバイフォー材の長さは、フィートで表します。最も短いもので、3フィートです。続いて、6,8,10,12フィートというサイズが規格となっています。1フィートは304.8mmですので、短いものから順に、914mm、1828mm、2438mm、3048mm、3657mmとなっています。細かい数字なので、なかなか覚え難いですね。


ツーバイフォー材の長さ寸法の目安

実はフィートは、日本建築で用いられる、尺の長さと似ています。1尺は303.03mmですので、1単位あたりの差は約1.8mmです。厳密にいうと異なりますが、そもそもツーバイフォー材の長さ自体、そこまで正確なものでもありません。目安として知るには十分です。

ツーバイフォー材の長さを測るには

ツーバイフォー材の長さを測るためには、日本の建築用のメジャーで簡易的に測ることが可能です。建築用のメジャーであれば、ほとんどが尺とmmの併記となっており、ツーバイフォー材の長さ寸法の目安とすることができます。

例えば、6フィートであれば、まず尺表記の6を見て、となりのmm表記を見れば、1820あたりを指しています。このようにして、長さ寸法の目安として活用することができます。

ツーバイフォー材を選ぶ際のポイント

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ツーバイフォー材の選び方にはいくつか気を付けるべきポイントがあります。それらについて、紹介します。

用途にあった寸法を選びましょう

用途に合わせてサイズを決めるので、当然といえば、当然ですが、必ずしも『全体量があっていればよい』ということにはなりません。断面のサイズは、大体DIYに合わせて、購入を検討することが多いと思いますが、問題は長さです。

長さを検討する上での注意点

例えば、200mmの長さの2×4が欲しい場合、3フィートを2本買ったのでは8本しか取れません。6フィートであれば、9本確保することができます。だからといって、必要以上に長いものを買ってしまうと、保管場所をとってしまいます。

後で「しまった」ということがない様に、適切なものを選択しましょう。また、ホームセンターによっては、希望のサイズにカットしてくれるところもありますので、ぜひ活用しましょう。

まっすぐな材料を選びましょう

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

2x材や1x材は、曲がっていることが多い木材です。なぜなら、2x4工法で建築する場合、パネルに2x材や1x材を釘で打ち付け、そうして出来上がった部材を組む工法です。

この時に、2x材の曲がりを矯正することが可能であり、実際の建築では問題になることが少ないからです。また、安く、大量に作られていることもその理由の一つです。DIYで使用する場合、購入の際は、まっすぐな材料を選ぶようにしましょう。

ツーバイフォー材の選び方のコツ

DIYに木材を使用する場合、木材の選び方にはコツがあります。以下にそのコツを紹介していきます。

節のある材料は避けましょう

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

樹木には、太い幹から、枝分かれしている部分が必ずあるため、木材には、節目があります。節目は、床材などに工夫して使えば、美しく映えますが、通常は好まれません。なにより、節目は固いので、ネジや釘が打ちにくく、穴あけなどの加工も困難です。

選び方としては、できるだけ、節目のない材料を選択しましょう。もしも節目がある場合は、DIYで使わない部分に節目が来るか、加工する部分に節目が来ないか、などよく検討し、購入しましょう。

まっすぐな木材の選び方

まっすぐな木材の選び方のポイントは、横から見るのではなく、縦に眺めると良いです。つまり、一方の断面を目の前に置いて、反対側の端部を、木材の辺に沿って見るようにします。そうすることで、木材の反り具合がわかりますので、できるだけまっすぐに見える木材を選びましょう。

ツーバイフォー材の種類:SPF(ホワイトウッド)

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

SPF材とは?

DIYで最も使用頻度の高い材料です。SPF材とは、針葉樹の総称です。スプルース(米トウヒ)、パイン(松)、ファー(松)の頭文字をとって、SPFと呼ばれています。安い木材で、大量に輸入されています。

また、比較的柔らかい木材なので、DIYする際の加工も容易で、DIY初心者向けの木材です。白い木材なので、ホワイトスプルースや、ホワイトウッドとも呼ばれ、色を塗る場合も美しく仕上がります。

SPF材を使ったDIY

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

SPFは最も多く使用される2x材です。また、1x材も多く、さまざまなDIYに使用できます。また、色が白く、木目も目立た無いため、屋内外で広く使用されます。屋外ではベンチなどを作ることができます。

屋内では、作り付けの棚や、テーブルを作ってもよいでしょう。また、塗料を塗る場合は、茶系のみではなく、多くの色を使用することが出来るので、自分の好きな色に仕上げることができます。

ツーバイフォー材の種類:レッドシダー

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

レッドシダーとは?

レッドシダー(redceader)は、通常、日本では米杉のことを指します。日本で杉と言えば、柔らかい、腐りやすいというイメージが多く、木目の美しさから内装材に用いることが多い材料です。レッドシダーは、逆に、固くて腐りにくいとされています。

したがって、土台などの構造材や、DIYであればウッドデッキなどに使用されることが多い木材です。サイズなどについては、SPF材などと同様の規格が用意されています。

レッドシダーを使ったDIY

レッドシダーは、木目が非常に美しい木材です。ただし、一般的なSFP材などと比較して、高価であることも特徴として挙げられます。DIYで使用することはあまり多くないかもしれません。

もしも本格的なウッドデッキや、ラティスを手掛けることを検討しているのであれば、レッドシダーが最適です。もしも内装材に用いるのであれば、選び方の基準を木目重視にしましょう。

View this post on Instagram

The Fence Experts - Choose Extraordinary! 💪

A post shared by Integrous (@builtbyintegrous) on

ツーバイフォー材の種類:オーク

オークとは?

オークとは、広葉樹の一種で、日本でいうナラの仲間を指します。オークなどの広葉樹は、一般的に床材などに使用されます。DIYで使用することは少ないかもしれませんが、テーブルや棚をDIYする際は、オークなどを使用すると、大変美しく仕上がります。

ペイントなどでは表現できない、自然の風合いが魅力です。ただし高価であるため、1x材を使用するようにしましょう。

2x4を使ったDIYで気を付けること

2x材や1x材を使用してDIYをする場合、注意すべき事柄があります。それらについて、説明します。

SPF材は土台などに使用しないこと

一般に市販されているSPF材は、防腐処理が施されていません。屋外で使用する場合の耐久性は、2~3年とされています。防腐処理が施されているものも市販されていますが、それほど長くはもちません。

もしも土台や、ウッドデッキなどに使用する場合は、レッドシダーやイエローシダーなどを選択するようにしましょう。値は張りますが、長い目で見るとこちらのほうがお得です。

SPFに塗料を塗る場合

DIYでは、仕上げに塗料を塗ることも多く、特にSPF材の場合は、塗装仕上げとすることが多いです。SPFの場合、比較的水分を多く吸うので、塗料を多く必要とします。慣れないとなかなか難しい作業ですので、捨て材などで様子をみてから行いましょう。

また、大きな面積に、高価な塗料を使用する場合などは、まず小さいもので経験し、感触をつかむ様にしましょう。

2x4材を購入する方法

ツーバイフォー材を購入する手段はいくつかあります。それぞれのメリットやデメリットを解説します。

ホームセンターで購入する

DIYをする場合、最も多いのがホームセンターでの購入です。価格も安く、常に在庫がある為、調達には困りません。ただし、ホームセンターで手に入る木材は、SPFが基本となります。それ以外の木材が必要な場合は、他の手段を検討しましょう。

通販で購入する

木材はネットなどの通販でも購入することが出来ます。通販で購入するメリットは、運送を自分でする必要が無いということです。しかし、逆に送料がかかってしまうというデメリットもあります。

特に木材の場合、体積が大きくなることが多いので、送料に注意しましょう。また、他の物を買う時と同様に、実際の質感と異なる場合があるので、よく確認しましょう。

材木店などに頼む

工務店や、材木店などであれば、発注することも可能です。ホームセンターなどにない木材も手に入れることが可能です。ただし、ロット買いの必要がある場合もありますので、業者に確認するようにしてください。

大工さんなどと仲の良くなって、業者さんを紹介してもらってもよいと思います。余った端材などがあれば、安く譲ってくれるケースもありますので、こまめに足を運んでみてください。

ツーバイフォー寸法規格まとめ

寸法についてのまとめ

ツーバイフォー材の寸法規格は、インチとフィートです。1インチは25.4mmですが、2x〇や、1x〇の数字に掛けたものとは、実際の断面のサイズとは異なります。長さ寸法については、3フィートから、12フィートまであります。必要以上に長いものを購入すると、管理が大変になりますので、注意しましょう。

種類についてのまとめ

ツーバイフォー材の種類については、針葉樹から、広葉樹まで広くあります。使う目的に応じて、適切な木材を使用しましょう。選び方の基本は、まっすぐな材料であること、節目が無い物を選ぶことです。

ツーバイフォーが気になる方はこちらをチェック!

ツーバイフォー材を使用したDIYについて、もっと知りたい方はこちらもどうぞ。