【2019】ランドナーおすすめ12選!自転車旅用の最新&人気モデルを大公開!のイメージ

【2019】ランドナーおすすめ12選!自転車旅用の最新&人気モデルを大公開!

今回は、ランドナーのおすすめを紹介します。おすすめを参考にすれば、自分に合っているランドナーをとても見つけやすく、自転車旅行をより円滑に進める事ができます。身体も疲れにくいため、後に体力を残しておく事も可能で、便利です。

2019年03月28日更新

つばめ99
つばめ99
登山やキャンプに関する記事が得意です。登山やキャンプで使用する物の最新情報、便利な使い方を中心に、読者の方に分かりやすく届けられるように執筆しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ランドナーとは?
  2. ランドナーとスポルティーフの違い
  3. ランドナーの選び方
  4. ランドナーのおすすめ12選をご紹介!
  5. ランドナーのおすすめ1
  6. ランドナーのおすすめ2
  7. ランドナーのおすすめ3
  8. ランドナーのおすすめ4
  9. ランドナーのおすすめ5
  10. ランドナーのおすすめ6
  11. ランドナーのおすすめ7
  12. ランドナーのおすすめ8
  13. ランドナーのおすすめ9
  14. ランドナーのおすすめ10
  15. ランドナーのおすすめ11
  16. ランドナーのおすすめ12
  17. まとめ

ランドナーとは?

ランドナーとは、フランス語で小旅行を意味しているランドネにちなんだ自転車の事です。形がとても美しい上に、頑丈に作られている事が特徴で、使いやすいです。特に長距離を走る事に向いているため、ツーリングをする際には充分に役立てられます。

ランドナーとスポルティーフの違い

ここからは、ランドナーとスポルティーフの違いを紹介していきます。ランドナーとスポルティーフのどちらもツーリング自転車ですが、細かい違いがいろいろとあります。その違いを知っておく事は非常に大事で、購入する時などに間違わずに済みます。

スポルティーフとは

まずスポルティーフとは自転車の種類の一つで、フランス語で「スポーツの」と言う意味です。スポルティーフの大きな特徴は速さに重きを置いていて、25~28Cの細めのタイヤを使用している部分です。疾走感をより味わいやすくなっています。

ランドナーとスポルティーフの違い1:タイヤの幅

ランドナーは太目のタイヤ、スポルティーフは細目のタイヤを使用しています。太目のタイヤだと、小石がたくさんある道を走っても衝撃やダメージを受けにくく、漕いでいる人もあまり影響を受けずに済みます。

ランドナーとスポルティーフの違い2:タイヤの大きさ

ランドナーとスポルティーフはタイヤの幅だけではなく、大きさ自体も違っています。具体的にランドナーの方がスポルティーフよりも大きく、安定感が非常にあります。スピードは少し劣りますが、誰でも漕ぎやすく、便利です。

ランドナーとスポルティーフの違い3:荷物の量

ランドナーは荷物をたくさん載せる事ができますが、スポルティーフはタイヤが細いという事もあり、中々たくさんの荷物を載せる事は難しいです。長距離のツーリングや自転車旅行をする時にはランドナーの方が向いており、荷物で困る事はほとんどないです。

ランドナーの選び方

ここからは、ランドナーの選び方を紹介します。具体的な選び方を分かっていると、ランドナーの事をよく知らない人でもより良い物を見つけやすくなります。実際に乗る時に困らずに済み、快適な走りを味わえて、楽しめます。

選び方1:ブレーキが効きやすい

雨や雪が降っている時の運転が怖い人には、ブレーキが効きやすいランドナーが合っています。地面がぬかるんでいて、もし滑りそうになっても事前に自転車を止める事ができて、滑らずに済みます。持ってきた荷物と自分の身体をしっかりと守れて、より安全性を高められます。

選び方2:キャリアを装備しやすい

長距離のツーリングをしたい人には、キャリアをしっかりと装備できるランドナーが合っています。持って行く荷物がたくさんあっても、充分に積む事が可能で、万全の状態で出発できます。最近ではキャリアの強度は上がっているため、荷物の重さに負けると言う事もほとんどなく、安心感が増しています。

選び方3:デザイン性が高い

見た目にも重点を置きたい人には、デザイン性が高いランドナーが合っています。現在ではレトロなデザインの物から、色のバリエーションが多く、現代風のアレンジが加えられている物まであります。そのため、大人から若い人まで選びやすくなっており、走る時のテンションやモチベーションもより上げられます。

選び方4:タイヤの大きさ

乗りやすさが気になる人には、ランドナーのタイヤの大きさを意識する方法が合っています。タイヤにも650Aの物や700Cの物があり、大きさが違います。身長が少し小さい人には650A、大きい人には700がおすすめで、楽な姿勢を取りやすく、身体に余計な負担をかけずに済みます。

選び方5:クロモリフレームを使っている

たくさん走る時に自転車が壊れないかが心配な人には、クロモリフレームを使っているランドナーが合っています。クロモリフレームは特に強度と耐衝撃性に長けているため、どんな道でも進みやすく、そう簡単にはダメージを受けないです。他のフレームと比較しても壊れにくく、とても頼れます。

選び方6:人気が高い

ランドナーを初めて購入する人で、どれを選べば良いかが分からない人には人気が高い物が合っています。特に多くの人に人気が高いランドナーは何かしらの良い特徴を持っていて、走る時にとても頼る事ができます。ツーリング初心者の人も使いやすい物が多く、気軽に楽しめます。

選び方7:変速機能が多い

その時に進む道ごとに自転車のスピードをしっかりと変えたい人には、変速機能が多いランドナーが合っています。特に上り坂や下り坂で力を発揮させる事ができて、体力を余計に使わずに道を進めます。平坦な道でも自分に合っているスピードだと、より早く漕げて、距離も非常に稼げます。

ランドナーのおすすめ12選をご紹介!

ここでは、ランドナーのおすすめを紹介します。おすすめの中には、性能が高い物が多いです。自転車旅行をより円滑にしてくれて、一層楽しむ事ができて、良い思い出を作りやすいです。中には自転車にあまり触れてこなかった人も乗りやすい物もあり、誰でも快適に走る事もできます。

ランドナーのおすすめ1

MIYATA Eiger

MIYATA(ミヤタ) EIGER(アイガー) 26インチ 2018年モデル ロードバイク
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

このランドナーは、SSTVクロモリチューブをダウンチューブに使用しています。軽量性と高剛性の2つを兼ね備えていて、乗り心地は非常に良く、高い人気を誇っています。ハンドルについては、下部が八の字状に広がっていて、本格的なランドナーバー形状のドロップハンドルと言う物を採用しています。他のメーカーのランドナーと比較すると長距離走っていても疲れにくくなり、おすすめです。

カンチブレーキを活用している

それにこのランドナーは高いコントロール性を持っていて、オフロードを走っている時の泥つまりを防ぐ構造のカンチブレーキを活用しています。雨が降っている時やぬかるんでいる所を走る際の制動力を格段に上げる事ができて、止まりたい時にすぐに自転車を止められます。事故も未然に回避できるようになり、安全性が増します。

ランドナーのおすすめ2

2019モデルMARIN FOUR CORNERS グラベルロードバイク・ツーリングバイク

MARIN(マリン、マリーン) 2019年モデル FOUR CORNERS (フォーコーナーズ)[ランドナー・ツーリングバイク][自転車本体・フレーム]
楽天で詳細を見る

このランドナーは、上りと下りのどちらにも上手く対応できるwtb resolute 650b×42cタイヤを使っています。とても高い安定感があり、他のメーカーのランドナーと比較すると走りやすいです。ディスクブレーキも採用しているため、制動力にも長けており、雨や雪などで天気が悪く、地面が濡れている時でもしっかりと止まる事ができます。転ぶ事や人とぶつかる事を未然に防げて、事故なども起こさずに済みます。

自分の走りを支えてくれる

出典: https://item.rakuten.co.jp

そしてこのランドナーのヘッドチューブは長めの物が採用されており、アップライトな乗車姿勢が実現しています。腕や腰に余計な負担をかけずに済み、長時間の走行にも充分に耐える事ができて、高い人気を誇っています。クロモリフレームも使用している事から強度や衝撃吸収性にも優れており、自転車自体も壊れにくいです。自転車旅行をする時などの自分の走りをずっと支えてくれて、おすすめです。

ランドナーのおすすめ3

ARAYA 2019年モデル TOURISTE TUR[ランドナー・ツーリングバイク][自転車本体・フレーム]

ARAYA(アラヤ) 2019年モデル TOURISTE (ツーリスト) TUR[ランドナー・ツーリングバイク][自転車本体・フレーム]
楽天で詳細を見る

このランドナーの色はボルドーレッド、ナチュラルカーキ、ミッドナイトブルーの3種類あります。ゴールデンサイズと呼ばれているハチサンのホイールを使用しており、走行性に長けているだけではなく、取り回しもしやすくなっています。他のメーカーのランドナーと比較すると自転車旅行や長距離のツーリング以外に普段使いもしやすく、ショッピングや友達と出かけたい時などにも便利です。

伝統的なオールクロモリ仕様

出典: https://item.rakuten.co.jp

それにこのランドナーのフレームは伝統的なオールクロモリ仕様になっており、ハンドル部分は高めに設定されています。あまり前かがみにならずに済み、しっかりと姿勢を正して運転を行えるようになります。姿勢が良いと、より周りも見やすくなり、他にツーリングしている人などとぶつかる事を未然に防げます。

ランドナーのおすすめ4

ARAYA 2019年モデル FEDERAL FED[ランドナー・ツーリングバイク][自転車本体・フレーム]

《在庫あり》ARAYA(アラヤ) 2019年モデル FEDERAL (フェデラル) FED[ランドナー・ツーリングバイク][自転車本体・フレーム]
楽天で詳細を見る

このランドナーはSHIMANOカンティブレーキを採用していて、安全性をより高めています。ハンドルの上の部分にはセーフレバーも付いていて、安定した制動操作もしやすくなっています。他のメーカーのランドナーと比較すると、止まりたいと思った時にしっかりと自転車を止める事ができて、とても役に立ちます。自分自身と他の人だけではなく、自転車自体も充分に守れます。

ロングツーリングや自転車旅行も楽しめる

出典: https://item.rakuten.co.jp

それとこのランドナーはオプションにあるフロントキャリア装備やキャンピー装備を活用すれば、ロングツーリングや自転車旅行を気軽に楽しむ事もできます。たくさんの荷物を入れて、自転車に積んでも大丈夫で、走っている時に落ちる事も無く、高い安定感を持っています。

ランドナーのおすすめ5

マルイシ エンペラー ツーリングマスター クロモリフレーム製 ランドナー ツーリングモデル

マルイシ エンペラー ツーリングマスター 2018年モデル 外装24段変速 クロモリフレーム製 ランドナー ツーリングモデル
楽天で詳細を見る

このランドナーは、650Aタイヤを採用しています。他のメーカーの自転車と比較すると少し小さめですが、安定感は抜群です。自転車で旅行に行く事が初心者な人にも合っていて、とても乗りやすく、高い人気を誇っています。フレームについては、ラグ式ダブルバテッドクロモリフレームを採用していて、タフさがあります。足場が悪い所でも進みやすく、おすすめです。

オリジナルツーリングバーを採用している

出典: https://item.rakuten.co.jp

それにこのランドナーはオリジナルツーリングバーを採用していて、ハンドルの良いポジションを取りやすくなっています。特に長距離を走る時に役に立ち、ずっと漕いでいても疲れにくいです。しっかりと後まで体力を温存させる事が可能で、ペース配分にも良い影響を与えてくれます。

ランドナーのおすすめ6

マルイシ エンペラー ツーリングコンダクター 外装24段変速 クロモリフレーム製 ツーリングモデル

マルイシ エンペラー ツーリングコンダクター 2018年モデル 外装24段変速 クロモリフレーム製 ツーリングモデル
楽天で詳細を見る

このランドナーは、クロスバイクでもよく使われている700Cタイヤを採用しています。高身長の人でも気楽に乗りやすく、便利で、身体にあまり余計な負担をかけずに済みます。デザインはレトロな雰囲気を出しつつ、現代の流行もしっかりと取りいれており、非常に綺麗です。若い人だけではなく、大人の人達にも合っていて、高い人気を誇っています。

ドロップハンドルを使用している

出典: https://item.rakuten.co.jp

そしてこのランドナーは、高いグリップ性能を持っているドロップハンドルを使用しています。手が雨や汗で濡れていても、しっかりとハンドルを掴む事が可能で、力を非常に入れやすいです。他のメーカーのランドナーと比較すると操作も手軽にできるため、運転の幅がより広がります。

ランドナーのおすすめ7

マルイシ エンペラー ツーリングプレイヤー クロモリフレーム製 エントリーモデル ランドナー ツーリングモデル

マルイシ エンペラー ツーリングプレイヤー 2018年モデル 外装24段変速 クロモリフレーム製 エントリーモデル ランドナー ツーリングモデル
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

このランドナーは汎用性の高い26インチタイヤを採用していて、自転車旅行の初心者向けの物です。カンチブレーキやWレバーなどの高い耐久性を持っているパーツも使用していて、長距離の走行にも合っています。風や雨がとても強く、天気が悪い日でもほとんど影響を受ける事は無く、安定感は抜群で、とても安心です。

男女ともに乗りやすい

出典: https://item.rakuten.co.jp

そしてこのランドナーの色は、エンジとブルーの2種類です。どちらも綺麗なデザインをしていて、男女ともに手に取りやすく、乗りやすいです。走っている時のテンションやモチベーションを一層上げてくれて、いつも以上に軽快な動きを見せる事ができます。その他にはリーズブルで、他のメーカーのランドナーと比較すると、コストパフォーマンスに長けている所も良いポイントの一つです。

ランドナーのおすすめ8

ブリヂストン CHeRO Drop [CD7516] 700c フレームサイズ:510mm ツーリングバイク

[ブリヂストン]CHeRO Drop(クエロドロップ) [CD7516] 700c フレームサイズ:510mm ツーリングバイク
楽天で詳細を見る

このランドナーの色はスパークシルバーとジュエルブラウンの2種類で、レトロな雰囲気を醸し出しています。特に30代~40代ぐらいの大人の人達に人気が出ています。フレームはクロモリ製の物を使用していて、他のメーカーのランドナーと比較すると耐衝撃性に優れている上に、強度も充分にあります。小石などがたくさんあり、走りにくい場所でもしっかりと進む事ができて、とても便利です。

16段変速になっている

それとこのランドナーは16段変速になっていて、その時の状況によって速さを自分で変える事ができます。特に上り坂や下り坂を走る時に役に立ち、漕ぎやすさが変わってきます。体力もしっかりと温存が可能なようにもなり、ペース配分を考えられて、長距離のツーリングをする人にもおすすめです。

ランドナーのおすすめ9

パナソニック クロモリ FJC4

このランドナーはトップとダウン、シートのそれぞれのチューブは力がかかる両端を厚くして、中央部分を薄くするダブルテッド加工を施しています。軽量性と高強度、高剛性を両立していて、とてもバランスに優れています。しっかりと長距離の移動にも耐える事が可能で、ツーリングにも合っています。他のメーカーのランドナーと比較すると、より快適な走りを体感できて、人気が高いです。

フレームにフッ素クリア塗装が施してある

そしてこのランドナーのフレームには、フッ素クリア塗装が施してあります。雨にたくさん打たれたり、太陽の光をずっと浴びたりしても、ダメージを受けずに済みます。新品と同じぐらいに綺麗な状態をキープできて、自分からより積極的に乗りたくなります。思わず、友達や家族に自慢したくなるほどの一品です。

ランドナーのおすすめ10

GIANT GREAT JOURNEY

このランドナーはジオメトリアルミフレームが採用されており、上体の起きたアップライトな姿勢を取る事ができます。他のメーカーのランドナーと比較する疲れにくい上にリラックスもしやすく、一日中のペダリングにも対応できます。数日間かけて、長距離のツーリングをする時におすすめで、体力を後に残しておけます。

ツーリングバッグ2つと前後キャリアが付属してある

それとこのランドナーには、ツーリングバッグ2つと前後キャリアが付属してあります。荷物を持ち運ぶためのバッグを一々自分で用意しなくても済み、とても助かります。容量は充分にあるため、必要な物が多い人でも大丈夫で、しっかりと入れる事が可能です。キャリアに関しても安定感は高く、重さに耐えきれずに壊れる可能性も低く、信頼できます。

ランドナーのおすすめ11

ルイガノ GMT V

このランドナーはバタフライハンドルを採用していて、さまざまなハンドルポジションを取る事ができます。バタフラハンドルには耐久性とクッション性に優れているGueeのシリコンバーテープも使用していて、激しく動かしても壊れにくいです。他のメーカーのランドナーよりも楽に走れるようになっていて、ロングツーリングにも向いています。

open double standを装備

そしてこのランドナーは、安定した駐輪をできるopen double standをフレームのセンター部分に装備しています。ツーリングに必要な物がたくさん入った重たい荷物を積んだままでも大丈夫になり、重量に負ける事は無く、倒れずに済みます。走っている時には、open double standはコンパクトに収納できるようにもなっており、漕ぐ時の邪魔にはならないです。

ランドナーのおすすめ12

RALEIGH CLS

このランドナーの色は、クラブグリーンとマルーンレッドの2種類あります。レトロな雰囲気がありますが、デザイン性が良い上に、自転車の見た目は非常にスタイリッシュになっていて、特に若い人から非常に人気が出ています。長距離でもより気持ち良く走る事ができて、楽しく、いつもよりも疲れが感じにくくなります。

操作性と機能性を向上させている

それとこのランドナーはシマノロード系コンポを積極的に採用していて、操作性と機能性を向上させています。そのため、他のメーカーのランドナーと比較すると扱いやすく、思い通りの運転をしやすいです。価格は少し高いですが、手元にあれば自転車旅行の幅が一層広がり、おすすめで、より良い思い出を作れます。

まとめ

View this post on Instagram

@kamadas61がシェアした投稿 -

今回の「【2019】ランドナーおすすめ◯選!自転車旅用の最新&人気モデルを大公開!」は、いかがだったでしょうか。ランドナーがあれば、長距離のツーリングでも、より円滑に行う事ができます。本当に自転車で走る事を楽しめて、良い思い出を作れます。もし自転車で旅行してみたい人がいれば、自分に合っているランドナーを探して、走ってみてください。

自転車が気になる方はこちらもチェック!

自転車用チェーンオイルの選び方とおすすめを紹介していきます。また、ミニベロ・折りたたみ自転車の選び方と最新のおすすめモデルも紹介していきます。

Thumb自転車用チェーンオイルって何がいい?選び方とおすすめ12選をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
自転車のチェーンアメンテナンスに必要なチェーンオイル。しかし売り場にはたくさんのオイルが並び...
Thumbミニベロ・折りたたみ自転車の選び方は?最新のおすすめモデル含めてご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
街乗り自転車として人気のミニベロと折りたたみ自転車。ここでは初心者の方に分かりやすく、ミニベ...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ