シマノ「エクスセンス狂鱗カラー」!定番ルアーにこだわりの新色が追加!のイメージ

シマノ「エクスセンス狂鱗カラー」!定番ルアーにこだわりの新色が追加!

エクスセンスシリーズに新色「狂鱗カラー」が登場!イワシの細かい鱗の並びを再現したホログラムで、従来のカラーよりもよりリアルなフラッシングが期待できます。新色が追加されるルアーは全部で8つ!エクスセンス狂鱗カラーで、スレたシーバスを攻略しましょう!

2020年06月08日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. エクスセンス「狂鱗カラー」が登場!
  2. エクスセンス「狂鱗カラー」とは
  3. エクスセンス「狂鱗カラー」のルアー8つをチェック!
  4. 1.シマノ「エクスセンス:サイレントアサシン 80S狂鱗」
  5. 2.シマノ「エクスセンス サイレントアサシン 99S/99SP狂鱗」
  6. 3.シマノ「エクスセンス サイレントアサシン 99F狂鱗」
  7. 4.シマノ「エクスセンス クー 70F狂鱗」
  8. 7.シマノ「エクスセンス クー 100F狂鱗」
  9. 6.シマノ「エクスセンス ゴリアテハイ 95F狂鱗」
  10. 7.シマノ「エクスセンス ゴリアテハイ 125F狂鱗」
  11. 8.シマノ「オシア 別注平政狂鱗」
  12. エクスセンス狂鱗カラーでシーバスをゲット!

エクスセンス「狂鱗カラー」が登場!

2019年の新ホログラムカラーをチェック!

シマノの定番ルアー8種に新色「狂鱗」が登場!最新の技術を駆使して完成した、シマノオリジナルのホログラムカラーをご紹介します。イワシをイメージした細やかな配置が超リアル!デイゲームが多い方、イワシカラーが好きな方は要チェックです!

エクスセンス「狂鱗カラー」とは

狂鱗カラーを3つに分けてご紹介!

狂鱗カラー

出典: http://fishing.shimano.co.jp

狂鱗カラー

シマノの2019年新作カラー「狂鱗」についてです。生きたイワシを使って作成された緻密なホログラムが魅力のカラーで、シーバス向けシリーズのエクスセンスを中心にリリースされます。リアル系カラーが好きな方、デイゲームメインの方には特におすすめです!

①鱗を模した新作ホログラム!

狂鱗カラーは、2019年からリリースの始まるシマノの新作ホログラムカラーです。イワシの鱗サイズや並びを忠実に再現したリアルなホログラムで、一枚一枚がしっかり輝く水中でのフラッシングが魅力。生きたイワシのパターンを使って、生命感、本物感のある輝きが再現されています。完全シマノオリジナル!リアル系カラーが好みの方は要チェックのアイテムです!

②魅力的なフラッシングで幅広い魚種にアピール!

狂鱗カラー

出典: http://fishing.shimano.co.jp

狂鱗カラー

角度によって輝きが変わるホログラムの特性と、細やかな鱗のパターンによってフラッシングはよりリアルに。魚に気づかせる、リアクションを狙うといった働きだけでなく、見せて食わせる効果も期待できる完成度の高さです。ベースに選ばれたルアーから魚種はショアゲームターゲットがメインですが、シーバス、ヒラ、青物と魚種は問わずに有効!澄み潮、ハイプレッシャーでも選びたいカラーに仕上がっています。

③人気ルアーを中心にリリース!

新しいホログラムカラーとして開発された技術なので、ベースとなるルアーは実績の高い既存アイテムが選択されています。魚種を問わない「サイレントアサシン」、シーバスゲーム定番の「ゴリアテハイ」「クー」に、オフショア向けの「別注平政」。好みの釣りで、新しいホログラムのフラッシングをチェックしてみましょう!

エクスセンス「狂鱗カラー」のルアー8つをチェック!

各ルアーの特徴とインプレをチェック!

狂鱗カラー

出典: http://fishing.shimano.co.jp

狂鱗カラー

狂鱗カラーで展開されるルアー8モデルを、解説とインプレ付きでご紹介!インプレは旧カラーのものを紹介しています。どのモデルも発売日は2019年1月中予定、価格はベースモデルそのままの据え置き価格!品番もそのままなので、カラータイトルに「キョウリン」とついているものをチェックしてみましょう。流通はかなり安定しているルアーですが、発売直後は実店舗の在庫が不足する可能性があります。すぐほしい場合は、店頭予約や通販も検討してみてください!

1.シマノ「エクスセンス:サイレントアサシン 80S狂鱗」

使いやすい一口サイズのアサシン!

小型サイズで使いやすい!小規模な河川やセイゴが多い釣り場で活躍する、コンパクトなサイレントアサシンです。シンキングの設定で、ピンスポットの攻略にも対応しています。他のサイズよりもアクションはややハイピッチで、振動を手元で認識しやすい!初心者の方でも巻き感と流れによる変化を感じながら遊べるミノーに仕上がっています。リップレスミノーの分かりにくさが苦手な方は、80Sから試してみてください!

サイレントアサシン 80Sのインプレをチェック!

シマノ エクスセンス サイレントアサシン 80S AR-C XM-280N 013 キョウリンRH(東日本店)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

サイレントアサシンの特徴は「AR-C」と名付けられたシマノオリジナルの重心移動システム。他メーカーのルアーでも重心移動はポピュラーな構造ですが、シマノのものは特に評価が高いです。小粒でもしっかり飛んで、キャスト時のストレスはナシ!シルエットを抑えた分反応が得やすい点も、遊びやすさに繋がるポイントです。ハイピッチなスイミングと狂鱗のフラッシングで、デイゲームのシーバスを攻略しましょう!

サイズ感もちょうど良くなかなか釣れる~(笑)
飛距離も申し分無し!

2.シマノ「エクスセンス サイレントアサシン 99S/99SP狂鱗」

スタンダードサイズのシンキングとサスペンド!

大規模河川、堤防に外洋向きと幅広いエリアで活躍する、スタンダードサイズのサイレントアサシンです。99Sはシンキング、99SPはサスペンドの設定で、どちらもボディやリップは共通のパーツが採用されています。後述するフローティングモデルよりも飛距離が欲しい場合や、水深に対応したいシチュエーションにおすすめ。Fよりもややアクションは強めで、パワーアップした狂鱗のフラッシングが魚を引き付けます!

サイレントアサシン 99Sのインプレをチェック!

シマノ エクスセンス サイレントアサシン 99S AR-C XM-299N 012 キョウリンカタクチ【ゆうパケット】
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

15g、17gと十分なボディウェイトで、ストレスのない飛距離を実現。シンキングは特に浮き上がりにくく、早巻きでリアクションを狙うような釣りにもマッチします。ミノーの早巻きが効くサゴシ、シイラにも狂鱗の輝きが有効!フォールも交えながら、リアルなフラッシングで魚を反応させましょう!


飛距離の評判を見て購入。確かに飛びます。少々早巻きしても泳ぎは乱れない。 ショアシイラでも使用。

3.シマノ「エクスセンス サイレントアサシン 99F狂鱗」

迷ったらコレ!超定番ミノー

安定感のあるアクションに絶妙なレンジ設定、ちょうどいいサイズ感で定番になっているシリーズを代表するモデルです。先ほどご紹介した99S/99SPとは別のボディ、リップを持っており、アクションは余韻の残るリアルなスイミング。狂鱗の見せるフラッシングが効きそうです。食わせのイメージで選ぶときは、このモデルを試してみましょう!

サイレントアサシン 99Fのインプレをチェック!

【シマノ】OT-190J オシアペンシル 別注 平政 キョウリンイワシ
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

アクションはローリングよりもウォブリングが強く、しっかりアピールできる王道のミノーゲームが楽しめます。潜行レンジは30cmから80cmの設定で、リップレス系よりもワンランク下のレンジをサーチ。深すぎない潜行レンジで、デイゲームはもちろん、マズメや常夜灯周りならナイトゲームでも狂鱗のフラッシングに期待できそうです!

ウォブリングが強めで、レンジも意外に入ります。水深が1~1.5mくらいのところだとベストかも。このサイズでは飛距離はスゴいです。広く探るときに使ってます!

4.シマノ「エクスセンス クー 70F狂鱗」

シンペンアクションのフローティングルアー!

シーバスゲームでは定番となっている、シンキングペンシル系のアクションを持つルアーです。浮力設定はフローティングで、水面直下20cm程度まで潜行。シャローはもちろん、藻場の攻略でも活躍します。スローに巻けて沈まずアクションはシンペン。明かりに寄った小魚系のパターンなら、狂鱗カラーが活躍します!

クー 70Fのインプレをチェック!

シマノ エクスセンス クー70F XAR−C XL−107P キョウリントウゴロ011
楽天で詳細を見る

シンペンに近い弱弱しいアクションながら、沈まないのがクーのセールスポイント。シンペンをスローに巻いて根掛かりしてしまうエリアの釣りで、絶大な効果を発揮します。沈み根、藻場におすすめ!強い動きのルアーを嫌うタイミングは、ロール主体のルアーで攻略しましょう!

膝くらいの水深でも引けて、連続トィッチで良く来ます!流速あってもリップがないので余計な波動も起きず、引き重りによる嫌な感じもありません!どちらかというと動かして釣るタイプで、イナっ子パターンとかには良いルアーだと思います!

7.シマノ「エクスセンス クー 100F狂鱗」

100mmサイズでピール力アップ!

サイズアップでアピール力もアップ!ベイトサイズにも対応できる、100mmサイズのクーです。他にも様々なサイズが展開されていますが、狂鱗カラーが追加されるのはご紹介している70F、100Fの2サイズ。まずはスタンダードな2つのモデルで、使い分けを楽しんでみてください。100Fは70Fよりも潜行角度がやや浅く、5cmほど浅いレンジを泳いできます!

クー 100Fのインプレをチェック!

シマノ エクスセンス サイレントアサシン 99S AR-C XM-299N 011 キョウリンボラ(東日本店)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

70F同様、100Fもコンセプトであるフローティング+シンペンアクションがしっかり反映されたモデルに仕上がっています。スローな釣りに強いタイプなので、狂鱗は光源を見ながら使うのがおすすめ。暗く根の位置が確認できないシチュエーションでも、根掛かりを気にすることなく釣りを続けられるルアーです!

沈まないペンシル。潮位が低くて根があるポイントで絶妙です。サイズ違いも問題無いです。

6.シマノ「エクスセンス ゴリアテハイ 95F狂鱗」

ハイレスポンスなリップレスミノー!

スローなリトリーブに強いリップレスミノーからは、「エクスセンス ゴリアテハイ」が登場。浮力の高い素材とバネ付きのAR-Cを搭載し、着水直後のレスポンスを向上させたモデルになります。着水後の重心戻しは不要、ラインを張ってスローに巻き始めれば、自然に重心が戻るセッティングになっています。使い方はスローリトリーブ、ドリフトがメイン。シーバスナイトゲームのスタンダードルアーです!

ゴリアテハイ 95Fのインプレをチェック!

シマノ/SHIMANO エクスセンス ゴリアテ EXSENCE GOLIATH Hi 95F X AR-C XL-195Q 狂鱗 011 キョウリンビジ /ミノープラグ【ラッキーシール対応】
楽天で詳細を見る

スローに巻いてもユラユラと泳ぐゴリアテハイ。レスポンスにこだわった設計もあって、着水直後から理想的なスピードでアクションを始められます。狂鱗のリアルなホログラムをゆっくり見せて、シーバスをゲットしてください!

低速でもアクションがしっかり出せるので、潮が穏やかなエリア向きです!スローリトリーブでもしっかり泳ぐので、あまり巻きすぎない方が釣れています!

7.シマノ「エクスセンス ゴリアテハイ 125F狂鱗」

125で大型ベイトに対応!

17gのウェイトとトリプルフックセッティングのロングボディ!ライトな磯、サーフでも活躍できるシルエットの大きなモデルです。こちらも95F同様、ハイレスポンスな立ち上がりが持ち味。港湾系のシーバスはもちろん、ヒラスズキゲームにも対応可能です。シマノHPでは狂鱗の輝きをシビアなヒラスズキでテストしたエピソードが紹介されており、タフな状況での活躍も期待できそうです!

ゴリアテハイ 125Fのインプレをチェック!

シマノ 狂鱗 エクスセンス ゴリアテ ハイ 125F XL-112Q (001 キョウリンイワシ) / ルアー (メール便可)
楽天で詳細を見る

用途についてのインプレです。流しても動く、シルエットが大きめといった125Fの特徴は、落ち鮎シーズンのルアーとしても効果抜群。ラインスラッグを回収する程度の速度で、ゆっくり巻き続けるのがポイントになります。ルアーのアクション、リアルな狂鱗の輝きを信じて、低速のリトリーブを続けましょう!

ゴリアテはHIになる前からファンです。 落ち鮎シーズンには必須ルアーです。 巻かない釣りに是非。

8.シマノ「オシア 別注平政狂鱗」

オシアからは別注平政が登場!

オフショアをメインターゲットにした「オシア」シリーズにも、狂鱗カラーを採用したモデルが登場!人気のヒラマサキャスティングをはじめ、青物全般に効くロングセラーアイテム「オシア 別注平政」の145F、160F、190F、220Fに4つのカラーが追加されます。オシアシリーズの中でも特に人気の高いルアーなので、大型魚向けのトップをお探しの方は要チェック!オシアのジグやロッドも人気が高いです!

オシア 別注平政のインプレをチェック!

シマノ(SHIMANO) オシアペンシル 別注 平政 F 145mm 008(キョウリンオレンジ) OT-145K
楽天で詳細を見る

使用感についてのインプレです。オシア製品は大手メーカーらしく使いやすいセッティングで、少し練習すれば初心者の方でも簡単にダイブ、スイミングが楽しめます。使い方はダイブ後に巻いて泳がせるだけでも十分。イワシ、トビウオといったリアル系だけでなく、視認性に優れるオレンジも用意されているので、状況に応じて使い分けを楽しみましょう!

良い!ダイブさせてグリグリ巻で十分な動きをします。最初のダイブもしやすいです。

エクスセンス狂鱗カラーでシーバスをゲット!

新しいカラーで釣りを楽しもう!

2019年の新色として発表された狂鱗ホログラム。耐久性、劣化の速度等は発売してみるまで分からない部分がありますが、完成度が高く他ルアーへの普及も期待ができそうです。価格は据え置きで試しやすい!実績の高いルアーばかりなので、初心者の方も是非店頭でチェックしてみてください!

エクスセンスが気になる方はこちらもチェック!

エクスセンスが気になる方は、下記のリンクをチェック!2018年新作ロッドの「エクスセンスジェノス」、ミドルクラスリールの「18エクスセンス CI4+」と、エクスセンスリールのまとめを紹介しています。今回ご紹介した狂鱗カラールアー達との相性はバッチリ!シーバスタックルのステップアップを検討中の方は、是非検討してみてください!

Thumbシマノ「エクスセンスジェノス」!コンセプトをより明確にした新作シーバスロッドが登場! | 暮らし~の[クラシーノ]
エクスセンスジェノスは、シマノの2018年新作シーバスロッドです。新しいタイトルを持つシリー...
Thumbシマノ「18エクスセンス CI4+」特集!先進のシーバス用リールに注目! | 暮らし~の[クラシーノ]
「シマノ - 18エクスセンス CI4+」はシマノのシーバスゲーム用スピニングリールで、抜群...
Thumbシマノ「エクスセンス」特集!最新17モデルと旧モデルの総まとめ! | 暮らし~の[クラシーノ]
17エクスセンスはシマノのシーバス向けシリーズ、エクスセンスのスピニングリールです。人気機種...

あなたへのおすすめ