【2019】スキーブーツおすすめ10選!特徴比較で最適な選び方もご紹介!

【2019】スキーブーツおすすめ10選!特徴比較で最適な選び方もご紹介!

冬の定番スポーツといえばスキー。スキーをするためにはブーツが必須となりますが、初心者だとどのブーツを選んでいいのか分かりませんよね?今回はスキーブーツの選び方や各メーカーの比較や評判、足幅、軽さ、特徴やスタイルなどを紹介していきますので、参考にしてくださいね。

記事の目次

  1. 1.【2019】人気のスキーブーツをご紹介!
  2. 2.スキーブーツの選び方
  3. 3.スキーブーツの選び方番外編
  4. 4.スキーブーツ買い替え時
  5. 5.スキーブーツの選び方・注意点
  6. 6.2019年人気スキーブーツ比較【特徴・評判・スタイル】
  7. 7.スキーブーツ人気 おすすめ①
  8. 8.スキーブーツ人気 おすすめ②
  9. 9.スキーブーツ人気 おすすめ③
  10. 10.スキーブーツ人気 おすすめ④
  11. 11.スキーブーツ人気 おすすめ⑤
  12. 12.スキーブーツ人気 おすすめ⑥
  13. 13.スキーブーツ人気 おすすめ⑦
  14. 14.スキーブーツ人気 おすすめ⑧
  15. 15.スキーブーツ人気 おすすめ⑨
  16. 16.スキーブーツ人気 おすすめ⑩
  17. 17.まとめ

【2019】人気のスキーブーツをご紹介!

日が暮れるのが早くなり、明るい時間帯が短くなっていく冬。気温もグッと下がりストーブやこたつなど暖を取るアイテムが大活躍する時に大人気のスポーツといえば"スキー"ですね。今までに経験したことがある方は困らないかもしれませんが、まだ経験したことがない方はスキーに必要なアイテムの多さに驚くかもしれません。

今回はスキーをする上で欠かせないスキーブーツにスポットを当て、選び方やメーカー別比較、評判、足幅、軽さ、スタイルなどさまざまな面から紹介していきます。

スキーブーツの選び方

一言でスキーブーツと言っても多くのメーカーやブランドがあり、どれを購入すればよいのか分かりづらいですよね?趣味で楽しむためだったり、競技として使用するためだったりと用途に合わせたスキーブーツ選びが重要になります。

スキーブーツを選ぶ際に気を付けておきたいポイントがいくつかありますが、ここからは特に重要視しておきたいポイントをまとめていきますので、ブーツ選びの参考にしてください。

こちらの動画は、スキーブーツを選ぶ際の注意点がまとめられているのでぜひご覧になってください。

スキーブーツの選び方①サイズ(足幅)

まず最初に確認しなければならないのがスキーブーツの"サイズ(足幅)"です。普段履く靴でも同じことですが、小さすぎたり大きすぎたりするとかえって足が疲れてしまいますよね。スキーは下半身、主に足に負担のかかるスポーツなので特に重要なんです。

スキーブーツのサイズは1㎝刻みであることが多いですが、メーカーやブーツのスタイルによって足幅が若干異なるので必ず1度履いてから購入するようにしましょう。スキーブーツを選ぶ際は足幅が特に重要です。

スキーブーツの選び方②フレックス(硬さ)

スキーブーツを購入する時にサイズ以外に確認しておきたいものが"フレックス(硬さ)"です。スキーブーツの硬さは外側のプラスチック部分の硬さのことで、ショップなどでは100や110といった数値で硬さを表しています。この数値が低いと柔らかく、数値が高いと硬くなるという仕様です。

しかし、同じ数値でもメーカーによって硬さが異なることがあるので、数値だけを見て購入するのは避けましょう。サイズ確認のためにも1度履いてみるのがおすすめです。初心者は100未満を目安に、中級者は100~110の間を目安に、上級者は110以上の物を目安に購入するのが良いと言われています。

スキーブーツの選び方番外編

スキーブーツのインソール

スキーブーツを選ぶ時の基準は先ほど紹介した2点がメインとなりますが、それ以外にも気にしておきたいポイントをご紹介します。普通の靴などにも入っているインソール(中敷き)はスキーブーツも例外ではなく標準装備となっていますが、標準装備のインソールでは物足りなさを感じる方もいるんです。

そんな時に購入を検討したいのが別売りのインソールで、これを導入することによって滑走中のボディバランスの安定感や足が疲れにくくなるといったメリットが得られます。最近ではプロのスキーヤーは必ずと言っていいほど導入しているので、今よりもスキーが上達したいと思う方は検討してみてください。

スキーブーツ買い替え時

スキーブーツの一般的な寿命は約5年と言われています。スキーブーツは決して安い買い物ではないので少しでも長く使いたい、長年愛用してきたからずっと履き続けたいという気持ちがあるかもしれませんが、数年前のモデルだと思わぬ怪我・事故に遭うかもしれません。

滑走中にスキーブーツが割れて転倒したり怪我をしたりしてしまうと、せっかくスキーを楽しもうと思ったのに、スキーどころではなくなってしまいますよね?ですので、今シーズンのスキーを楽しむ前に以下のポイントをチェックしてみてください。

スキーブーツ買い替え時のチェックポイント

スキーブーツはプラスチック製なので、水分を吸って加水分解していくという特徴があります。しっかりと手入れをしていても年々劣化していきますので、今シーズン初めて使用する際は以下のポイントを見てください。

①スキーブーツ本体や部品に色褪せがないか?
②スキーブーツ本体や部品にひび割れている個所はないか?
③室内で履き、スキー動作を行っても異音や異常がないか?

これら3点の中で当てはまるものがあったら、買い替えを検討した方がいいかもしれません。

スキーブーツの選び方・注意点

昔に比べ、スキーブーツの種類は多くなりました。カラーや形状など自分の好きな物に出会える可能性が高くなってきましたが見た目に固執するあまり、自分に合うブーツを選べないこともあるかもしれません。

見た目に固執することが悪いことではありませんが、実際に自分の目で確かめて履いてから購入する方がよりスキーを楽しめるので、インターネット上での評判や友人などの口コミだけで購入するのは避けた方が無難です。

初心者のスキーブーツの選び方はここに注意

スキーを始めてやる人にとって一番重要なのが、実はスキーブーツ選びだったりします。ついつい見た目が格好いい物や価格の安い物を選びたくなるかもしれませんが、自分の足にぴったりフィットする物が重要です。

自分の足に合わないスキーブーツでスキーをすると、足が痛くなったり上手に滑れなかったりしてスキー自体が嫌いになってしまうかもしれませんので、スキー初心者の方はスキーブーツの選び方に注意しましょう。

初心者は相談するのがおすすめ

スキーブーツに対して知識を全く持っていないという方は、ショップのブーツフィッターや店員に相談するのがおすすめです。今はインターネットやSNSが発展してきたこともあり、ある程度の知識を得ることはできますが、それはあくまでその人の経験や意見なので、自身には当てはまらないかもしれません。

今更聞くのは恥ずかしいと思っても、今後のスキーライフを快適にするためにもまずは相談しましょう。その際に、自身のスキーレベル・スタイル、1日の間でどれだけ滑るのかを伝えるのが重要です。

購入するのが2度目以降の方は

スキーブーツを以前購入されたことがある方も、やはり店員やブーツフィッターに相談するのがいいでしょう。その際に以前購入していたブーツを実際に持っていき、そのブーツの良い所・悪い所を伝えるのがおすすめです。それをすることで自身に合ったブーツに出会える可能性が上がり、より楽しいスキーライフを送れるようになりますので、恥ずかしがらずに相談してみてくださいね。

2019年人気スキーブーツ比較【特徴・評判・スタイル】

ここからは2018‐2019年おすすめのスキーブーツを紹介していきます。各メーカーによって足幅や軽さ、スタイルや特徴などが異なりますので、ここからの記事を参考にしてお店で実際に履いて比較しながら購入しましょう。

価格が高いからいいブーツ、価格が安いからダメなブーツということはなく、自身に合ったブーツを選ぶというのが重要になります。見た目がオシャレなブーツが多いので、つい見た目で選びたくなってしまいますが、見た目以上に履き心地やサイズ感が合わないとスキーを楽しめなくなってしまいますよ。

スキーブーツ人気 おすすめ①

ラング LANGE スキーブーツ メンズ RS 110 S.C. LBG1310

スキーブーツ ラング RS 110 SC(18-19 2019) LBG1310-H LANGE スキーブーツ 【w39】

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

最初に紹介するのは「LANGE RS110S.C LBG1310」です。サイズが23.5㎝から28.5㎝まであるので、お子様や女性から男性の方まで幅広くサポートしてくれます。フィット感や動作の安定性も申し分なく、鮮やかな色合いでデザインされ見た目もおしゃれと評判のブーツです。
 

その他の特徴・評判

出典: https://www.amazon.co.jp/LANGE%EF%BC%88LANGE%EF%BC%89-POWER-BLUE-%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%84-Mens%EF%BC%89/dp/B075R1DYHJ?psc=1&amp&SubscriptionId=AKIAIAN4UFBEXLLXVFHQ&amp&tag=kurashino0b-22&amp&linkCode=xm2&amp&camp=2025&amp&creative=165953&amp&creativeASIN=B075R1DYHJ

ほとんどのブーツが1㎝刻みのサイズ展開をしている中、こちらのブーツは0.5㎝刻みでサイズ展開しているので、他のメーカーと比較するとより自分のサイズに合うブーツを手に入れられるかもしれません。ラスト幅は97㎜でフレックスは110に設定されているので、中級者~上級者におすすめのブーツです。

スキーブーツ人気 おすすめ②

ATOMIC アトミック スキーブーツ 2018/2019 REDSTER WORLD CUP 130

【18-19 NEWモデル】ATOMIC〔アトミック スキーブーツ〕<2019>REDSTER CLUB SPORT 130

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

2番目に紹介するのは「ATOMIC アトミック スキーブーツ 2018/2019 REDSTER WORLD CUP 130」です。REDSTARのために開発されたTシェーブシムシステムを導入しており、自分好みに角度を調節することができます。真っ白なゲレンデに真っ赤なスキーブーツは目立つこと間違いなしですね。

その他の特徴・評判

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%84-%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84-REDSTER/dp/B06XFMM283?SubscriptionId=AKIAIAN4UFBEXLLXVFHQ&amp&tag=kurashino0b-22&amp&linkCode=xm2&amp&camp=2025&amp&creative=165953&amp&creativeASIN=B06XFMM283

サイズは22㎝~28.5㎝まで展開しており、サイズダウンアジャスターが付いているので、もしサイズが違っても多少の調整は可能です。REDSTARのために独自開発したPU素材を使用したレースシェルは、気温による変化を抑えどんなコンディションにも対応できます。フレックスは130と硬めに設定されているので、スキーに慣れている上級者の方におすすめのブーツになります。

スキーブーツ人気 おすすめ③

FT フルチルト スキーブーツ DROP KICK

FT フルチルト スキーブーツ 2019 DROP KICK Green

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

3番目に紹介するのは「FT フルチルト スキーブーツ DROP KICK」です。履いた時の心地良さやフィット感が評判のフルチルトのブーツで、軽さも人気があります。初めてスキーをする方やガッツリスキーを楽しむ方、あらゆるスキーヤーのスタイルに応えてくれるブーツです。

その他の特徴・評判

出典: https://www.amazon.co.jp/FULLTILT-%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%AF-18-19-28-5/dp/B07G3CV9KV?SubscriptionId=AKIAIAN4UFBEXLLXVFHQ&amp&tag=kurashino0b-22&amp&linkCode=xm2&amp&camp=2025&amp&creative=165953&amp&creativeASIN=B07G3CV9KV

カラーは全体が黄色のブーツと写真のような黒色を主体とした2種類が展開、サイズは22.5㎝~31.5㎝まで展開しています。足幅は99㎜と少しゆとりある設計で、ブーツのフレックスを調整することも可能です。フリースタイルブーツの中でも軽さが人気で、最軽量を謳っていますので少しでも軽いスキーブーツをお探しの方におすすめのブーツとなっています。

スキーブーツ人気 おすすめ④

レクザム スキーブーツ PowerNEX-100 Black ウォークモード搭載(18-19 2019)

レクザム スキーブーツ PowerNEX-100 Black ウォークモード搭載(18-19 2019) REXXAM スキーブーツ【w63】

楽天

4番目に紹介するのは「レクザム スキーブーツ PowerNEX-100 Black ウォークモード搭載(18-19 2019)  」です。足幅が103㎜と従来のブーツよりも余裕があり、指先部分にも少しゆとりがある設計が特徴のブーツ。上級者仕様のブーツで、パウダースノーや深雪などあらゆるスタイルの対応した滑走ができます。

出典: https://item.rakuten.co.jp/websports/52149/

その他の特徴・評判

サイズは22.0㎝~28.5㎝まで展開し、足幅103㎜、重量2200gとなっています。ウォーキングシステムを搭載しているので、滑走せず歩く時や休憩時なども見据えて設計されているのが特徴です。伸縮性に優れたインナーを採用しており、履き心地、保温性、反発性など全ての面において質が高くなっています。

スキーブーツ人気 おすすめ⑤

サロモンスキーブーツ GHOST FS 80(ゴースト FS 80) (18-19 2019)

サロモンスキーブーツ GHOST FS 80(ゴースト FS 80) (18-19 2019) SALOMON フリースタイルスキー ブーツ【w39】

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

5番目に紹介するのは「サロモンスキーブーツ GHOST FS 80(ゴースト FS 80) (18-19 2019)」です。フレックスが80に設定されているので、履き心地がよく快適さも感じられます。フリースタイルブーツなので、さまざまな滑りに対応してくれるブーツです。

その他の特徴・評判

カラーはブラック、ダークパープル、オレンジの3種類で、足幅は100㎜、重量は2090gとなっています。ブーツ上部と下部の素材を変えることで軽量化を図り、他のメーカーのブーツと比較して軽さも人気のブーツ。大型ピポットを採用することでパワーバランスの伝達が向上し、上達を促進させる設計となっています。

スキーブーツ人気 おすすめ⑥

NORDICA〔ノルディカ スキーブーツ リアエントリー〕<2019>GRAN TOUR S RTL

NORDICA〔ノルディカ スキーブーツ リアエントリー〕<2019>GRAN TOUR S RTL〔ブラック 黒〕グランツアー【オリジナルケース付き】

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

6番目に紹介するのは「NORDICA〔ノルディカ スキーブーツ リアエントリー〕<2019>GRAN TOUR S RTL」です。レバーロックを解除するとブーツの口が広がるので、履いたり脱いだりするのがとても楽チン!幅広設計なので足幅が広い方でも履きやすく、調整ダイヤルが3点あるので各部分の締め付けもできます。軽さもそこそこで何より歩きやすいので、休憩時も楽なのが特徴です。

その他の特徴・評判

出典: https://www.amazon.co.jp/NORDICA-%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AB-GRANTOUR-%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9%E4%BB%98%E3%81%8D/dp/B014M24MUU?psc=1&amp&SubscriptionId=AKIAIAN4UFBEXLLXVFHQ&amp&tag=kurashino0b-22&amp&linkCode=xm2&amp&camp=2025&amp&creative=165953&amp&creativeASIN=B014M24MUU

ブーツ前方部分の浸水があまりなく、保温性も高いブーツ。足がしっかりと包まれている安心感があり、履き心地は他のブーツと比較しても抜群です。初心者や中級者、中高年世代におすすめのブーツとなっています。

スキーブーツ人気 おすすめ⑦

ダルベロスキーブーツ ジャック

【18-19 NEWモデル】DALBELLO〔ダルベロ スキーブーツ〕

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

7番目に紹介するのは「ダルベロスキーブーツ ジャック 」です。ジャンプの着地やトリックの際にヒットすることを防ぐために第一バックルが逆向きになっているなど他社と比較すると変わった特徴を持っています。衝撃吸収材が導入されているので、快適性とクッション性が抜群です。

その他の特徴・評判

出典: https://www.amazon.co.jp/DALBELLO-%E3%83%80%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AD-DALBELLO%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AD-18-19%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%84-JAKK%EF%BC%88%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%89/dp/B07KTGLK28?psc=1&amp&SubscriptionId=AKIAIAN4UFBEXLLXVFHQ&amp&tag=kurashino0b-22&amp&linkCode=xm2&amp&camp=2025&amp&creative=165953&amp&creativeASIN=B07KTGLK28

サイズは21.5㎝~31.5㎝までと幅広く展開しており、足幅は102㎜とゆとりある設計のブーツです。JAKKは快適さとパフォーマンスを追及して開発されたフリースタイルブーツで、フリースキーを楽しむ方に人気があります。大手通販サイトで上位に輝いたこともあるブーツです。

スキーブーツ人気 おすすめ⑧

ロシニョール メンズ EVO 70 RBH8150

ロシニョール Rossignol メンズ スキー・スノーボード シューズ・靴【Evo 70 Ski Boots】BLACK/YELLOW

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

8番目に紹介するのは「ロシニョール  メンズ EVO 70  RBH8150」です。シンプルなデザイン、設計のスキーブーツで、控えめな価格設定になっているので購入しやすくなっています。フレックスは70に設定されており、1日中履いていても疲れにくいのが特徴のブーツです。

その他の特徴・評判

サイズは24.0㎝~33.5㎝まで幅広くサポートしており、カラーはブラックイエローとブラックグリーンの2種類を展開しています。足幅は104㎜とゆとりのある設計で、パワー伝達と軽量化を図ったモデルです。

スキーブーツ人気 おすすめ⑨

ATOMIC 18-19 スキーブーツHAWX ULTRA XTD 120

ATOMIC アトミック 18-19 スキーブーツHAWX ULTRA XTD 120 ホークス ウルトラXTD 120 2019 ウォークモード付

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天61,900円

9番目に紹介するのは「ATOMIC 18-19 スキーブーツHAWX ULTRA XTD 120」です。履き心地に優れ、軽さも定評のあるブーツで、滑走能力・歩行能力共に高い水準を誇っています。ストレスフリーでスキーを楽しみたい方におすすめのブーツです。

その他の特徴・評判

サイズは24/24.5cm~29/29.5cmまでをサポートし、サイズダウンアジャスターが付いているので、多少の調節ができるブーツです。足幅は98㎜、重量は1596gと他のブーツと比較してかなり軽い部類に入ります。硬めのフレックス値ながら、自然な動きを可能にしたブーツです。

スキーブーツ人気 おすすめ⑩

サロモンスキーブーツ クエスト QST ACCESS 80

サロモンスキーブーツ クエスト QST ACCESS 80(18-19 2019) SALOMON スキーブーツ ハイクモード【w63】

楽天

最後に紹介するのは「サロモンスキーブーツ クエスト QST ACCESS 80」です。高い滑走能力と歩行能力を兼ね備え、軽さと保温性も完備しています。足の出し入れもしやすく、1日中履いていても疲れにくい設計となっているので、快適性や軽さを重視する方におすすめのブーツです。

その他の特徴・評判

サイズは23.5㎝から28.5㎝までサポートし、足幅は104㎜とゆとりを持たせた設計となっています。先ほどご紹介したサロモンのGHOST FS 80と同じく大型ピポットを採用しており、高速滑走中も的確なコントロールができるブーツです。インナーのループを倒すとブーツ口が広がり、足の出し入れがしやすいという点も人気があります。

まとめ

【2019】おすすめのスキーブーツを紹介しました。各メーカー、ブーツ共に特徴やこだわりが異なっているのが分かりますね。スキーブーツ選びで重要なのはサイズ(足幅)とフレックス(硬さ)ですが、軽さも重要となってきます。

メーカーやブーツごとに足幅や軽さなどの比較し、自身のスキースタイルに合わせたスキーブーツを選んでスキーを楽しみましょう。まだスキーを経験したことがないという方は、今回の記事を参考にショップへ足を運び、スキーブーツ選びから始めてみてくださいね。

スキーブーツ情報が気になる方はこちらもチェック!

以下に紹介する記事にもスキーブーツに関連した情報を得ることができますので、ぜひそちらも参考になさってください。

スキーブーツの選び方って?種類や人気メーカー別に特徴比較で徹底解説! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
スキーブーツの選び方って?種類や人気メーカー別に特徴比較で徹底解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
スキーブーツ選ぶ時に何をポイントにしたらよいか迷います。スキーブーツは選び方を間違えてしまうと、足が痛くなってしまったり、後悔してしまうことがあります。スキーブーツを購入する前に、おさえておきたい選び方について、スキーブーツの種類や人気メーカー別に解説します。
【2018】スキーブーツおすすめ14選!有名メーカーの人気&最新商品をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【2018】スキーブーツおすすめ14選!有名メーカーの人気&最新商品をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回はスキーブーツのおすすめ紹介します。ウォークモードといった機能が付いている物から、普段からスキーをしている人に人気・評判が高い物まで様々な種類のおすすめスキーブーツをしょうかいしますので自分に合っているスキーブーツを是非見つけてみて下さい!
スキーブーツのおすすめ5選!正しい知識と失敗しない選び方とは? | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
スキーブーツのおすすめ5選!正しい知識と失敗しない選び方とは? | 暮らし~の[クラシーノ]
スキーブーツにはさまざまなブランドがあり、滑り方などによって選び方も変わり選択に迷います。また個人個人の足の形が違うので合うブーツもさまざまです。良いスキーブーツを選ぶことは難しいですがコツがあるので紹介していきたいと思います。
楊
ライター

ご当地グルメを求めて旅行するのが好きです。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking