強力撥水の防水スプレーは?おすすめ商品10選比較で効果性を徹底解説!のイメージ

強力撥水の防水スプレーは?おすすめ商品10選比較で効果性を徹底解説!

防水スプレーには水や雪が付着しても染み込まないように撥水するだけではなく主成分による違いを比較すると撥水効果が長持ちしやすかったり、汚れなども防いでくれたりします。成分の違いを比較しながらおすすめの防水スプレーを10種類紹介します。

2018年12月04日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 防水スプレーとは
  2. 防水スプレーの成分による違い1
  3. 防水スプレーの成分による違い2
  4. 防水スプレーの形状による違い
  5. 防水スプレーの成分比較
  6. おすすめの防水スプレー1
  7. おすすめの防水スプレー2
  8. おすすめの防水スプレー3
  9. おすすめの防水スプレー4
  10. おすすめの防水スプレー5
  11. おすすめの防水スプレー6
  12. おすすめの防水スプレー7
  13. おすすめの防水スプレー8
  14. おすすめの防水スプレー9
  15. おすすめの防水スプレー10
  16. 防水スプレーのまとめ

防水スプレーとは

強力に撥水して濡れにくくなる

pocojanさんの投稿
12558817 220394938296347 1102490185 n

防水スプレーはシリコンやフッ素を使ってスプレーを振りかけるだけで生地をコーティングして撥水してくれるスプレーです。製品によっては強力撥水や超撥水加工などかいている場合もありますが、どちらも同じ意味合いになり、撥水とは水を弾いてくれる効果になります。弾かれた水は染み込むことなく落ちていくので結果的に防水できるという仕組みになります。撥水効果の持続時間などは成分によって異なるので製品ごとに違います。

使い方を間違えるとデメリットも

出典: https://www.amazon.co.jp

雨が降っている時に便利な超撥水の防水スプレーですが使い方を間違えると白い染みができたり、生地の質感が変わったりします。これは強力に撥水してくれる成分であるシリコン、フッ素の2種類によって向く素材と向かない素材があるからです。向かない素材に無理やり使うことで強力な撥水効果は得られますが、先程紹介した染みや質感の変化だけではなく通気性を失う原因になるので成分の違い、使い方の違いを把握して使うことが大切です。

防水と撥水の比較

少しややこしいですが防水スプレーは撥水するためのスプレーになります。例え超強力、超撥水となっていっとしても完全に防水することはできません。防水とは水が染み込まないことで、撥水は水を弾き染み込まなくすることです。超強力と書かれている防水スプレーを散布してもやがて染み込むので防水ではないので注意しましょう。

防水スプレーの成分による違い1

フッ素と比較すると強力に撥水できるシリコン

シリコンはもう一種類の撥水成分のフッ素と比較すると強力に撥水してくれます。ただし超撥水や超強力と書かれている製品全てがシリコンを使用しているとは限りません。シリコンを主成分として使っている防水スプレーの使った時のイメージとしては、生地の上にシリコンの膜ができ、膜があるのでなかなか水が染み込まず強力に撥水してくれます。

シリコンはフッ素と比較すると低価格

dfshop_officialさんの投稿
44732501 231103647797693 13437422002698223 n

シリコンはフッ素を主成分に使った防水スプレーと比較すると価格がかなり安くなります。メーカーや製品によりますがフッ素が主成分の防水スプレーの半額から7割ぐらいの価格になることが多く最近は100円ショップでも入手できます。撥水効果が強力で価格も安いのですが、冒頭紹介したように防水スプレーはシリコンだけ使うのではなく素材に合った防水スプレーが必要なので超撥水だとしても何にでもおすすめできるわけでありません。

シリコンを主成分にする防水スプレーに向く素材

出典: https://www.amazon.co.jp

シリコンによる防水効果は表面に膜が張られることで防水できるようになるので起毛素材に使うと硬くなったりごわついたりと質感が変わる原因になります。また表面に膜ができることから通気性を失うのでゴアテックスのような透湿素材に使うと通気性ななくなり蒸れる原因になるためスエードや革、ゴアテックスなどの透湿素材に使う防水スプレーではありません。価格が高くなりますがフッ素を主成分にする防水スプレーを使いましょう。

防水スプレーの成分による違い2

シリコンと比較すると汚れに強いフッ素

フッ素はシリコンと比較すると防水スプレーとしては超撥水とは言えません。シリコンが膜を張るようにして防水しますが、フッ素は繊維に引っかかるようにして繊維をコーティングするため撥水効果が弱くなります。しかしフッ素は油や泥なども弾いてくれる特徴があるため汚れやすい物に対して使うことができる防水スプレーになります。例えばバッグなどにスプレーをすると撥水してくれるのは当たり前ですが、泥はねによる汚れも弾いてくれます。

フッ素の防水スプレーはいろいろな製品に使える

出典: https://www.amazon.co.jp

シリコンと比較すると超撥水でも強力撥水ではありませんが通気性を保ったまま撥水できるようになることからフッ素を主成分にしている防水スプレーは素材を選ばず使うことができます。持続時間は一概にどちらが長いとは言えませんが、ガラスに使う防水スプレーではフッ素のほうが長いと言われています。しかしガラス以外では即効性がなく長時間持続するわけではないので定期的に防水スプレーを使い必要があります。

持続時間の比較

出典: https://www.amazon.co.jp

フッ素は摩擦など効果が落ちやすいのでシリコンと比べると持続時間は短くなる場合が多くあります。しかし前述したガラスに使う防水スプレーの場合はフッ素のほうが持続すると言われています。成分による違いもありますが、雨の量や環境による違いで防水スプレーの持続時間は変化します。そのため持続時間にこだわらず防水スプレーの効果が落ちてた時に使ったり、一週間に一度使ったりしてこまめにスプレーすることが大切です。

繊維製品の種類・使用頻度・伸縮・摩擦・風の強さ・雨量・砂ホコリ等の付着状況・本製品の塗布量等の様々な条件により撥水効果の持続性は異なります。

防水スプレーの形状による違い

塗る防水スプレーとの比較

出典: https://www.amazon.co.jp

スプレータイプはそのまま散布して使いますが、靴に使う防水スプレーやキャンプやアウトドアで使うテント用の防水スプレーにはフッ素やあシリコンの主成分以外に形状の違いとして塗るタイプがあります。スプレータイプとの違いは直接靴などに塗り込むので細部まで好きなようにコーティングでき無駄がありませんが、スプレータイプのようにすばやく振りかけることができないので時間がかかるため忙しい時にはおすすめできません。

防水スプレーの成分比較

成分の違いを比較して覚えよう

出典: https://www.amazon.co.jp

主成分が2種類ある防水スプレーは違いを覚えておくと便利です。

効果/成分 シリコン フッ素
撥水効果 フッ素より強力 シリコンより弱い
防汚、防油 不可能 可能
ガラス(車)での持続 短い 長い
布などでの持続 普通 摩擦で落ちやすい
透湿素材・革・起毛素材 使えない 使える
価格 低価格 シリコンより高い

おすすめの防水スプレー1

100円ショップの防水スプレー

satoshi_fujiwaraさんの投稿
29740040 204086160366068 5127713011758268416 n

いろいろな100円ショップがありますが季節用品として防水スプレーを売っている期間もあります。ダイソー、セリア、キャンドゥの大手3社共に防水スプレーを発売していてシリコンを主成分にしているためしっかり撥水効果があります。少量なのでコストパフォーマンスはあまりいいとは言えませんがカバンに入れておいて急な雨や雪に備える使い方ができたり、携帯用として使えたりと便利です。成分を比較しても一般的な防水スプレーと変わりません。

ダイソーは比較的種類が豊富

大手3社の防水スプレーを比較するとダイソーの防水スプレーは種類が豊富です。パッケージのデザインが変わっただけ場合もありますが、シリコンを主成分にしたものや油分を利用して撥水させる防水スプレーなどがあります。油分を利用して撥水させる防水スプレーはシリコンを使わないことから通気性が必要な靴でも使える特徴があります。100円ショップの防水スプレーを選ぶ時は主成分や大きさなど比較して選ぶようにすると失敗がありません。

おすすめの防水スプレー2

靴におすすめの防水スプレー アメダス

アメダス 防水スプレー 420mlあす楽対応 アメダス 420 大容量 防水スプレー 雨 雪 撥水 フッ素 手入れ メンテナンス 革 鞄 靴 革製品 スノボ スノーボード スキー レジャー アウトドア ウィンタースポーツ コロンブス COLUMBUS【D】
楽天で詳細を見る

100円ショップのもと比較するとフッ素が主成分になるため通気性が大切な靴でも使える防水スプレーになります。フッ素なので水分だけではなく汚れも弾いてくれる効果がスエードなどにも使えますが即効性はなくスプレーした後は完全に防水スプレーが乾くまで時間がかかるので雨の日に出かける時は前日など前もってスプレーするようにしましょう。容量違いもあるのであまり使わない方は容量の少ないアメダス600もおすすめです。

アメダスは成分が比較的くっつきやすい

アメダスがおすすめの理由はただ人気のある製品だけではなく服などの生地から傘などの合成繊維、革万能に使える点です。効果の持続時間は環境のより変わりますが、シリコンの防水スプレーよりこまめなスプレーが必要ですがアメダスは繊維にフッ素がくっつきやすい特徴もあります。

おすすめの防水スプレー3

ネバーウェットネオ

NEVER WET NEO ネバーウェットネオ 超はっ水 防水スプレー 撥水スプレー 撥水 スプレー 防水 防汚 防錆 撥油 シミ DIY スキー スノーボード ウェア【あす楽対応】【送料無料】
楽天で詳細を見る

主成分がシリコンですが通気性を失わないため靴にも使用できるタイプでスエード、革、ポリエステルといろいろな生地にも使用できるためTVでも紹介されるほどの人気商品です。超強力な撥水効果がありますが石油系の溶剤の臭いが非常に強いとの口コミがたくさんあるので絶対に室内での使用をは控えましょう。そもそも防水スプレーは必ず屋外で使うようになっているので溶剤の臭いはあまりデメリットはありません。

比較的万能だけどゴムには使えない

超強力でTVでも紹介されたほどの商品でSNSでも人気がある防水スプレーですが使えない生地も存在します。ゴム製品に使うと変形する恐れがある他に薄い生地などには向かないようです。また通気性は失わないとのことですがゴアテックスのように高価な透湿素材には使わないほうがいいでしょう。撥水効果自体は超強力なのでおすすめです。

おすすめの防水スプレー4

スコッチガード(スエード用)

住友スリーエム スコッチガード スエード靴専用 防水・防汚スプレー 170ml 1個
楽天で詳細を見る

スコッチガードは防水スプレーとしては比較的撥水効果が弱いフッ素を主成分にした防水スプレーです。撥水効果はシリコンより落ちますが防汚、防油にも使え通気性も維持できるのでスエードなどの起毛素材の靴におすすめです。使い方は汚れをよく落としスエード専用の防水スプレーとはいえ目立たない場所で一度色落ちや変色、染みにならないか確認してから使うようにしましょう。またスコッチガードは靴の素材によって使い分ける必要があります。

用途を比較して使おう

☆3M/スリーエム SG-P45KUTSU スコッチガード防水+ツヤ出しローション 革靴専用  コード(1028639) 【RCP】
楽天で詳細を見る

スエード専用の防水スプレーにはスエードなどの起毛素材しか使えません。逆に革靴、革靴用の防水スプレーはスエードなどの起毛素材は使えないのでスコッチガードを使う時は注意しましょう。スコッチガードの製品はそれぞれ専用の防水スプレーの他に革靴用には撥水効果と一緒に艶出しの防水スプレーなどもあります。こちらも革靴を使う方におすすめですが、スプレー方式ではなく直接塗り込む必要があるタイプです。

おすすめの防水スプレー5

スコッチガード 防水&UVカットスプレー

☆3M/スリーエム SG-V300SEN スコッチガード防水&UVカットスプレー 繊維製品・衣類用 300ml  コード(1158508) 【RCP】
楽天で詳細を見る

衣類や傘、テントなどに使える繊維用の防水スプレーです。散布するだけで撥水効果とUVカット効果が得られるだけではなく、フッ素とシリコンのハイブリッドなので防汚、防油することもできるため非常に便利な防水スプレーとなっています。紫外線による生地の劣化も防いでくれるのでアウトドアでも有効的です。またズボンの折り目をキープしたりしわも防止してくれる万能な防水スプレーですがビニールなど一部素材には使えないので注意しましょう。

効果が落ちたらスプレーする

シリコンとフッ素のハイブリッドですが持続時間は長くて2週間程度となりフッ素は摩擦で防水(撥水)効果が落ちてくるので2週間以内に効果が落ちたと感じる場合は防水スプレーを再度散布するようにしましょう。ゴアテックスなどの透湿素材にも使えますが軽く散布しないと白くなったり通気性を悪くする恐れがあるので適度な距離から軽くスプレーして一箇所に防水スプレーが集中しないように気をつける必要があります。

おすすめの防水スプレー6

ヴィオラ 防水スプレー

【シューケア】ヴィオラ 防水スプレー 146ml(旧表記220ml)【あす楽対応】(ツヤ革・起毛革・ヌメ革用 防水・汚れ防止)
楽天で詳細を見る

フッ素を主成分とする防水スプレーで散布した後しっかり乾かして使います。フッ素が主成分なので防水だけではなく防汚、防油で、通気性も損なわないことからスエードなどの起毛素材の靴におすすめですが、キャンバス生地などの布から一般的な布製のバッグ、革製のバッグ、合成皮革素材にも使えます。他のスプレーと比較するとやや即効性があるようでスプレーしても短時間で乾くことから急なお出かけでも使いやすい特徴があります。

他のスプレーと比較すると容量が少なく見える理由

ヴィオラの防水スプレーは防水スプレーと比較すると内容量が少なく感じるかもしれませんが、炭酸ガスを使っているため内容物として計算されていないだけです。炭酸ガスを内容物として計算すると容量のは他社の防水スプレー220mlと同程度の使用することができるので特別コストパフォーマンスが悪いというわけではありません。

おすすめの防水スプレー7

コニシ 防水スプレーハイパワー

コニシ 防水スプレー ハイパワー 420ml  #05452
楽天で詳細を見る

フッ素を主成分とした防水スプレーで幅広い用途に使える便利なタイプです。コニシは黄色いボトルに赤いキャップの木工用ボンドで有名なメーカーになります。通気性を損なわないことからレインウェアやアウトドア用品、バッグ、革製品にも使えて使用量の目安と手しては雨傘4本分となります。大容量でいろいろな生地、製品に使える便利な防水スプレーを探している方におすすめで、テントのフライシートに人気の防水スプレーの一つです。

ハイブリッド型もおすすめ

防水 コニシ ボンド 防水スプレー 長時間 420ml 夜割価格
楽天で詳細を見る

防水スプレーを使用できる生地や材質をそのままに成分を変えることで撥水効果が長持ちするようになったタイプがこちらのハイブリッド型になります。フッ素とシリコンを両方使うことで摩擦などに弱かったフッ素でしたが長持ちするようになりました。他のメーカーの防水スプレーと比べるとコストパフォーマンスが非常にいいと言われていてアウトドアで使えることからキャンパーに人気の防水スプレーです。

おすすめの防水スプレー8

セメダイン 防水スプレー多用途+長時間

水・汚れ・油をしっかりはじく 防水スプレー 多用途+長時間 294ml フッ素 タイプ除菌 消臭 大容量 長時間 防水スプレー 靴 皮革 スウェード 合皮 綿 ウール ナイロン ポリエステル アクリル 通勤 通学 皮 革 手袋 レイン レインウェア 撥水 防水 防汚 透湿 撥油
楽天で詳細を見る

接着剤で有名なセメダインの防水スプレーの多用途タイプは靴や鞄、レインウェア、透湿素材に使える防水スプレーです。革、化学繊維、綿や麻などの食物繊維、ウールまで使用でき、シルクやビニールなど一部素材は使用できません。幅広く使えて通常の10倍長持ちするとパッケージに書かれているため持続時間に自信がある防水スプレーとなっていますが、フッ素はコーティングが剥がれやすいので注意しましょう。

防水スプレー除菌・消臭もおすすめ

セメダインの防水スプレーには除菌と消臭効果を合わせ持つ繊維に便利にな防水スプレーもあります。多用途タイプと比較すると使える繊維が限られてきますがレインウェアやスポーツウェア、傘の防水と除菌、消臭を同時にしてくれるので防水以外にも使うことでき、フッ素とシリコンのハイブリッド型なのでフッ素だけの防水スプレーよりかは持続時間は長いです。

おすすめの防水スプレー9

コロニル ウォーターストップスプレー

【コロニル ウォーターストップスプレー400ml 防水スプレー】ウォーターストップ 防水スプレー 400ml
楽天で詳細を見る

コロニルの防水スプレーは主に靴に使う防水スプレーが多いですが革なら革に栄養を与える防水スプレー、スエードならスエード専用、そして他社では散布することができない爬虫類の革専用の防水スプレーと用途によって細かく分かれている特徴があります。その中でウォーターストップスプレーはフッ素を主成分とした用途を気にせず使えるマルチな防水スプレーでスエードなどの起毛素材、革、ゴアテックスなどに使えます。

革に使うなら専用防水スプレーがおすすめ

【送料無料】Collonil 革用品のメンテナンスにドイツ製コロニル シュプリームプロテクトスプレー 200ml カラーレス 【バッグ】【財布】【レザー コードバン】【革靴シューズ】【メンズレディース】さいふ・財布・ウォレット・wallet/saifu バレンタイン
楽天で詳細を見る

オールマイティーに使える防水スプレーでも良いのですが革製品に使うのであれば革専用の防水スプレーがおすすめです。特に主成分がフッ素で撥水効果と同時に革に栄養を与えることでひび割れなどを防ぐシュプリームプロテクトスプレーはスプレーするだけで革靴や革製品の手入れも同時にできるのでクリームなどを別途使う必要がなくなります。

おすすめの防水スプレー10

モンベル SRスプレー

モンベル S.R.スプレー 330ml
楽天で詳細を見る

日本の有名アウトドアメーカーの防水スプレーです。アウトドアメーカーから発売されているのでテント以外にもレインウェアやゴアテックス、リュック、靴など幅広く使えます。ただし注意点もあり黒い色のものに使うと白くなりやすいとのレビューもたくさんあるので使う前に目立たない場所でチェックしてから使うようにしましょう。主成分はフッ素とシリコンのハイブリッド型になります。

アウトドアメーカーも防水スプレーが発売している

化学系のメーカーだけではなくキャンプ用品や登山用品を作っているアウトドアブランドからも防水スプレーが発売されているのでキャンプなどを良くする方は自分の好きなブランドをチェックしてみましょう。特にモンベルには使用方法や主成分が異なる防水スプレーがたくさんあります。

防水スプレーのまとめ

正しく使うことがどんな防水スプレーも大切

出典: https://www.amazon.co.jp

防水スプレーは大きく分けて2つのタイプがりそれぞれに違いがあります。撥水効果が超強力なシリコン、通気性を維持したまま撥水効果が得られるフッ素がりますが両者のハイブリッドもあります。一概に持続時間は言えませんがどの防水スプレーも効果がなくなれば使うようにしてこまめにメンテナンスすることで撥水効果を最大に発揮できるようになます。また防水スプレーによって使える生地や素材が違うので正しく使うことが大切です。

雨が気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のには防水スプレーが必要な雨に関するさまざまな記事があるのでよかったらチェックしてみてくださいね。

Thumbリュックを雨から守れ!ザックカバー・レインカバーのおすすめと選び方! | 暮らし~の[クラシーノ]
リュックを雨から守るレインカバーを様々なブランドからご紹介します!選び方で重視したいポイント...
Thumb雨の日の登山には注意!雨の対策術から急な悪天候での注意点や回避策を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
雨の日の登山は想像以上に危険がたくさんあり少しの判断ミスでも命を落としかねません。できれば雨...
Thumbゴアテックスのシューズおすすめ14選!雨や水に強い釣り用シューズをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
防水透湿素材「ゴアテックス」を採用しているシューズを人気のブランドからご紹介します。釣り靴と...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ