Twitter
Facebook
LINE

冬キャンプを安全に満喫するための11つのポイント!必要な道具や装備もご紹介!

揚げ餅

冬キャンプを安全に満喫するための11つのポイント!必要な道具や装備もご紹介!

揚げ餅

夏のキャンプはアウトドアのシーズン真っ盛りなので初心者でもしたことがある方が多いと思いますが冬のキャンプはしたことありますか?冬でもしっかりと装備や道具を整えて対策をすると楽しい冬キャンプができるのでその対策方法をまとめてみました。



冬キャンプとは

寒いのが魅力かもしれないキャンプ

キャンプを非日常的な場所で寝泊まりするアウトドアと考えると冬キャンプは寒さまでも魅力になるキャンプです。一般的にキャンプなどのアウトドアをするシーズンは春~秋ですが、装備や道具を整えることで冬でもキャンプをすることできます。冬キャンプを行うまでのハードルは高いか低いかでいうとキャンプをしたことがない初心者には少しハードルが高いかもしれません、が夏にキャンプをしたことがある方は装備や道具を整えたら意外と簡単です。

冬キャンプの装備とは

見つける服装やテント、シュラフ(寝袋)などを装備は気温に対して合った装備でなければ大変です。わかりやすく言えば冬に夏用の布団、半袖で過ごしていると寒いように冬は冬用のシュラフ、長袖の温かい服装など防寒対策に力をいれた装備になります。テントも重要な装備ですが、玄人は冬キャンプでもテントを使わずタープで一泊をする方もいるぐらいなので、まずは服装、シュラフが大切な装備になります。

冬キャンプの道具とは



何人でキャンプをするのかにもよりますが道具は使い慣れたものを準備してそこに防寒対策としてカイロや湯たんぽなど夏のキャンプでは使わないような道具を新たに持っていくことになります。ソロや少人数だと防寒対策として寝袋以外の装備としてコット(簡易ベッド)を持っていったり快適に過ごすためには道具の質だけではなく道具が増えすぎないように厳選しながら選ぶ必要があります。

冬キャンプの魅力1

人が少なく快適

冬しかない魅力としては虫と人が少ないのでキャンプ場を貸し切ったようになります。人気キャンプ場は冬でもそれなりにキャンプを楽しんでいる方はいますが春~秋までのシーズン中のキャンプ場と比べると段違いです。そのため初心者でも周りに迷惑をかけずに気兼ねなく過ごせるのでおすすめですが、最近は冬キャンプの魅力が知れ渡り、人気が高まりつつあります。

虫が少なくて快適



虫が嫌いな方は冬キャンプはとっても魅力に溢れています。刺されると痒くなる蚊や痛いアブなど直接人間に害を与えるような虫もほぼいなくなり、蛾などの光に集まる虫もいなくなるため快適です。冬にしかない、寒い季節だからこその魅力です。

雨が少なくて快適(太平洋側のみ)

地域限定の魅力になりますが太平洋側は乾いた気候になりやすく雨(雪)が少ないので意外とキャンプしやすいという特徴があります。逆に日本海側は北から冷たい風が吹き込んできて雨や雪が多くなります、これは日本海側から吹いてきた風が山を超えて太平洋側に吹く頃には風が乾いているためです。つまり初心者で装備や道具がまだ充実していない場合は太平洋側だとまだ過ごしやすくなります。

冬キャンプの魅力2

寒いから焚き火が楽しめる

防寒対策としても、ただ単に焚き火をしても楽しめるのは間違いなく冬です。夏はどうしても気温が高いため燃え盛る炎を見ながら待ったりするのは難しく服装だけで温度の調節は限界があります。一方冬キャンプは焚き火で暖を取りながらゆっくりすることも、料理をするときも長時間焚き火を楽しむことができます。仮に長時間焚き火で熱くなっても服装で調整しやすいのは冬キャンプで、脱いだり羽織ったりと簡単です。

火の粉に注意

焚き火の火の粉で服やテントに穴を開けないように適度に離れたところで焚き火をしたり安い服やズボンを一番上に着て穴があいても良いようにしましょう。薪の入れ過ぎも火の粉が起きやすくなる原因です。

寒い季節だからこそ温泉が気持ちいい

夏の暑い時期のキャンプでは汗を流すのは快適ですが、温かなお風呂や温泉がより魅力的に感じるのは冬キャンプです。場所によりますがキャンプ場の周辺には入浴施設が多いので風呂上がりに体を冷やさないように防寒対策をしっかりした服装に気をつけながら温泉などを楽しみましょう。空気が済んでいて綺麗なので露天風呂だとさらに夏より魅力的に感じます。

冬キャンプの魅力3

冬だからできる遊び

近くにスキー場がある場合はスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツを楽しんだりすることができるのも冬キャンプの魅力です。快適に過ごすにはそれなりに服装など防寒対策や装備が必要になりますが、初心者でも楽しめる魅力はたくさんあります。降雪しているキャンプ場では遠くまで遊びに行かなくても雪でも遊んだりできますしソロキャンプなら静かなに読書などをしながら過ごすことができます。

天体観測も冬がおすすめ

天体望遠鏡などの道具がなくても冬は空気が済んでいて綺麗なのでそのままでもきれいな星空を堪能することができます。快適な天体観測をするためには服装などで防寒対策を必ずして天体観測をしましょう。体が冷えると翌日高熱が出たりするので注意が必要です。同じような理由で入浴後はしっかり拭いて体を冷やさないように気をつけながら冬キャンプを楽しんでください。

冬キャンプの対策1

快適なキャンプを過ごすにはテントを揃えよう

大人数ならスクリーンタープを使ったりツールームテントを使って暖かく過ごすのが一般的な方法です。そのため大型の普通のテントならば寒さを防げるスクリーンタープを揃えるかツールームテントを揃えることが大切になります。スクリーンタープがあればテントを買い換える必要はないのでうまく活用してください。

冬キャンプにおすすめのテントの条件1

snow peak スノーピーク ランドロック TP-671R六人用(6人用)

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

フライシートにスカートがあるテントがおすすめになります。ファミリーキャンプでも使える大きなテントやソロキャンプでも使える小さなテントでもスカートがあるテントもあります。新しくテントを買い換える予定がある場合は参考にしてみてください。

冬キャンプにおすすめのテントの条件2

登山で使うようなソロ用のテントにはインナーがメッシュになっているものがあります。これはインナーをメッシュにすることでテント自体を軽くする効果がありますが冬キャンプでは風が入ってきて寒い原因にになるので、防寒対策として初心者はメッシュになっていないテントがおすすめです。テントの生地は結露に強いポリコットンかコットンがおすすめになります。

冬キャンプの対策2

テントのメンテナンスをしておこう

ある程度使ったテントだとテントの生地に施されている撥水効果が落ちてくるので雪が積もりやすくなったりします。雪が積もるとやがて凍ったり、生地に染み込んだりするトラブルの原因になるので冬キャンプに行く前にテントに防水スプレーなどを散布することで防げます。防水スプレーによるメンテナンスは冬キャンプだけではなく春~秋のキャンプでも有効的です。

雪の上に設営する場合

ロゴス LOGOS フォールディングショベル 折りたたみ スコップ シャベル ノコギリ のこぎり アウトドア キャンプ テント タープ レジャー BBQ バーベキュー ガーデニング DIY

出典: Amazon

雪は気温と共に溶けていくのでしっかりペグを使って固定しないとゆるい場合があります。雪が多いのであれば普通のペグではなく雪に埋める専用のペグが有効的です。しっかり踏んで固くした雪の上に設営しましょう。スコップなどの道具があると作業が楽になります。

冬キャンプの対策3

初心者は服装を工夫しよう

冬キャンプ初心者に限らず防寒対策は大切です。冬キャンプに慣れているとどれくらい着込んでいれば過ごせるのかわかりますが冬キャンプが初めての場合はできるだけ防寒着を揃えましょう。よく冬キャンプでおすすめされているのはヒートテックなどの機能性のあるインナーをベースにして防寒着などを重ね着していく方法です。そして防寒着を着込みすぎて熱いよう出れば脱いで調節するようになっています。

服装の整え方

まずベースレイヤーとして機能性タイツで暖かくします。ベースは汗をかいてもすぐ乾くような素材だとさらにおすすめです。上だけではなく下もタイツを履くことで暖かく過ごせるようになります。そして中間着となるミドルレイヤーはフリースなどの温かい服装をして一番上に着込むアウターは防水になっているものがおすすめです。服装は着込みすぎて蒸れすぎると汗をかく原因になるので気温に合わせて脱いだり着たりと調節します。

さらに防寒着を足す

さらに寒そうな時はネックウォーマーや手袋、ニット帽などを足して暖かく過ごしましょう。靴下を重ね履きしたり手袋を使ったり手先や足からも冷えないように気をつけましょう。

冬キャンプの対策4

テント内は床が大切

【レジャーマット/レジャーマット折りたたみ】《アルミロールマットの折畳みタイプ》極厚 15mm マット/レジャーマットU-P930【3枚セット】(アルミ折畳み、テント用マット、アウトドアマット、遮熱シート、ヨガマット、銀マット、プール用マット レジャーシート)

スカート付きの冬でも使えるテントを買っても地面からの冷気はグランドシートだけでは対策が不十分です。より快適に過ごせるようにするためには銀マットなどを使って床も夏のキャンプ以上に厚くして冷気をシャットアウトしましょう。初心者でも簡単にできる床の作りかたは厚め銀マットの上にさらにマットを敷いてから毛布やブランケットなどのを重ねて行くだけです。ソロキャンプでも床を工夫することで快適に過ごせます。

冬キャンプの対策5

寝る時は暖かく

ナンガ (NANGA) ダウンバッグ 750 STD 寝袋 シュラフ ダウン コンパクト マミー型 登山 キャンプ アウトドア

シュラフ(寝袋)はダウンでも化繊でもどちらでも良いので3シーズンようではなく冬用の温かなシュラフを使うようにしましょう。特に初心者は寒い状態で寝なれていないため足元から冷えてくるとなかなか寝付けません。そうなると翌朝は寝不足気味になり冬キャンプが楽しく感じない原因の一つになるかもしれません。シュラフの他にも必ずマットを敷いて床からの冷気を防ぐようにしましょう。

オーバースペック気味でも大丈夫

体を冷やさないようにするには冬山用のオーバースペック気味のシュラフでも大丈夫です。最悪のことを考え少しぐらいオーバースペック気味のシュラフを用意しておいたほうが安心です。また冬用のシュラフだけで寒そうな場合はシュラフ中に入れるインナーシュラフやシュラフの外につけるシュラフカバーを使うことで表示の快適温度より少しだけ低くても過ごせるようにできます。

あると便利な道具

【1年保証】コット アウトドアコット ベッド 折りたたみ アルミ コンパクト ベンチ レジャーコット チェア 椅子 イス キャンプ [約]190cm x 60cm x 17cm 車中泊 簡易ベッド キャンプ用 寝具 フィールドア cot FIELDOOR[送料無料][レビュー特典]

冬キャンプはコットをマットと一緒に使うことでより暖かく快適に過ごせるようになります。理由はコットを使用することで地面に体が引っ付かなくなるので体温が奪われにくくなります。通常シュラフの下に敷くマットでも保温できるのは、マットの凹凸や中にある空気の層が冷気から身を守ってくれるためです。そのため地面に体がつかずに間に空気の層できるコットはかなり有効寒さ対策の手段です。

冬キャンプの対策6

初心者は特に電源付きサイトを

寒い時期はホットカーペットや電気毛布、電気ストーブなどを利用すると暖かく過ごす事ができるので、サイト利用料が少しだけ価格が高くなるかもしれませんが、キャンプ場を利用する時は電源付きサイトが冬キャンプ初心者にはおすすめです。冬以外でも電源付きサイトだといろいろなことができますが夏以上に冬は電源付きサイトだと快適なるので極力選ぶようにしましょう。

冬キャンプが楽しくなる

テントの中にホットカーペットやこたつがあるだけで冬キャンプは楽しくなります。電気ストーブがあるだけでも小さなテントなら暖かく、大きめのテントでも電気ストーブとこたつなど併用することでわりと快適に過ごせるので初心者の方はまず電源付きサイトから冬キャンプにチャレンジしてみてください。電源の関係で併用が難しいならこたつ(電源なし)にホットカーペットなどうまく組み合わせて使ってみましょう。

冬キャンプの対策7

寒いなら湯たんぽを使おう

【マルカ】湯たんぽ A (エース) 2.5L フラット底 巾着タイプカバー付 IH 対応 直火対応 替えパッキン付 金属日本製 SGマーク【RCP】

湯たんぽはお湯を容器に注ぐだけの簡単な暖房器具ですが、効果は絶大でこたつ(電源なし)に湯たんぽ入れるだけでも暖かくなります。シュラフにも湯たんぽを入れることで暖かくなります。焚き火をしている冬キャンプだとお湯を沸かすのも簡単です。金属の湯たんぽは注ぎ口を開けておくと直火で温めることができるものもあるのでキャンプなどのアウトドアでも使いやすいですが、湯たんぽの取扱説明書を必ず読む用にしましょう。

繰り返し使えるカイロがおすすめ

ハクキンカイロ ミニ mini シングルセット すぐ使えるセット 本体と燃料のセット【温かい 長時間 何度も使える エコロジー カイロ 白金懐炉 ハッキンカイロ】

使い捨てカイロが使いやすいですがアウトドアでは熱量が追いつかずあまり暖かくならず使えない場合もあります。そのため大抵のキャンプ初心者は持っていないない道具になりますが、カイロは使い捨てではなく繰り返し使えるカイロがおすすめです。冬のキャンプでもしっかり発熱してくれます。

冬キャンプの対策8

さらに暖かくするにはストーブを使う

電気ストーブやホットカーペット、こたつなどは電源付きサイトしか使えません。そのうえ熱量はあまりないので大きなテントでは力不足になるので、テント内で石油ストーブや薪ストーブを使うことが多くあります。石油ストーブや薪ストーブは電気ストーブなどよりも遥かに暖かくストーブを使って調理することもできるのでおすすめです。ただし薪ストーブはテントの外にしっかり排煙できるようにしましょう。石油ストーブの場合は換気が必須です。

専用の穴がない場合

穴がない場合はテントの縁に薪ストーブを配置して煙突だけ入ぐりから外に出るようにします。この時自分で木の枠を作ったりして煙突とテントの生地が触れないようにしましょう。

ガスは寒さに強いタイプを

ソト SOTO 新富士バーナー ST-7601 パワーガス 3本パック カセットボンべ缶 POWERGAS 屋外専用 キャンプ BBQ サバイバルゲーム サバゲ アウトドア マウンテンリーコン ミリタリー メンズ レディース

安いカセットボンベなどは寒すぎるとまともに点火できなくるので「パワー」や「寒冷地仕様」などとか書かれた寒さに強いタイプを用意しましょう。新たに道具を揃えるのであればガソリンを使うバーナーが寒さに強いのでおすすめです。ガスランタンも同様に1月~2月の寒さがピークの時は使いにくい場合があるのでガソリンを使うランタンがおすすめになります。

冬キャンプの対策9

一酸化炭素中毒を防ぐ!

テント内のように新しい酸素があまり供給されないようなとこでテント内で薪ストーブ、石油ストーブ、ガス、炭など何かを燃やして発熱するものは絶対に気をつけないといけません。酸素が少ない状態でこれらを使うと一酸化炭素が発生し最悪の場合は死に至ります。毎年のように冬キャンプ以外でも換気不足により事故が起きているので注意しましょう。一酸化炭素中毒を防ぐには換気を良くしてテント内ではあまりガスや炭を使わないことが大切です。

警報機(感知器)を必ず一緒に使う

日本語説明書付き 一酸化炭素 警報器 警報機 アラーム チェッカー センサー 警報 警告 音 中毒 防止 CO濃度 デジタル表示 防災 グッズ

換気を良くしていても一酸化炭素中毒の対策としては不十分です。一番の対策は警報機を必ず薪ストーブや石油ストーブと一緒に使うことです。警報機は製品によって多少違いますが音や光、数値などで一酸化炭素が検出されたら知らせてくれるようになっているので、検出されたら速やかに換気するようにしてください。実際に冬キャンプ中に亡くなった事故もあるので他人事だと思わず暖房器具を使う時は注意しましょう。

冬キャンプの対策10

水は確保しておこう

【予約】≪12月中旬〜下旬頃発送予定≫ウォータータンク 20L アイリスオーヤマ(災害対策 水くみ・キャンプ・アウトドア・防災グッズ・防災用品・水保存)

キャンプ場によっては凍結による水道管が破裂しないように冬は水道を止めている場合があります。そのため冬キャンプを行う前に飲水などの水を確保しておきましょう。市販されている水をペットボトルのまま用意してもいいですしウォータータンクに入れて用意すれば使いやすくいです。

意外と乾燥する

冬は空気が乾燥しているのと暖房器具、焚き火をするため意外と乾燥します。乾燥肌の方は保湿クリームなどあると便利です。また乾燥していることから火事にならないように気をつけましょう。万が一の消火や乾燥対策としても水は大切です。

冬キャンプの対策11

天気予報の確認

冬キャンプを行う前に現地の天気予報を確認し雪が降るようならば車のタイヤを冬用に変えたり車の装備までも気をつけましょう。さらに現地についてからこれからどう天候が変わるのか改めて天気予報を確認して安全に過ごすことが大切です。ベンチレーションがないテントが雪に埋もれると窒息する可能性もあるので気をつけましょう。

冬キャンプのまとめ

たくさん注意点があるけど対策してると大丈夫

冬キャンプは寒さへの対策を中心に焚き火やストーブの使い方、水の確保などいろいろな注意点がありますが、装備や道具が揃っていれば対策が取れるので初心者でも過ごすことができます。無事過ごす事ができたら冬キャンプも魅力がいっぱいなのでおすすめです。

冬キャンプが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のには冬キャンプやアクティビティとなるウィンタースポーツに関する記事がたくさんあります。良かったらチェックしてみてくださいね。

Movie動画記事

賃貸・借家でもOKのキャンプギア収納壁を作ってみた

憧れのキャンプギア棚を作るべく、ラブリコとディアウォールで柱を立てて、有孔ボードのギア壁を作りました!水性塗料を塗るところから設置するところまで撮影していますので、参考になれば幸いです! ラブリコの...

新型ジムニーで1週間車中泊生活してみたら想像以上に辛かった…

1日だけなら車中泊は楽勝ですが、もしも7日間連続で車中泊をするとどうなるのか?2ヵ月前に届いた新型ジムニーでやってみました! 結果、超辛かったのでもうやりません…。 【初心者から始める毎日キャンプ生...

キャンプ初心者に「好きなだけギア買ってきて!」と伝えてみたらこうなった…

「今日中ならキャンプギア買い放題です!」と暮らしーの編集部から言われ、急いでワークマンとゼビオに行って爆買いしてきました! ですが、本当にそんなにギアが必要なのかと考えてしまい、意外と大量に買えずに終...

デカカツオHIT!!!!! #shorts

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉

カンパチ爆釣!オフショアジギングで奇跡の7連発!

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcP...