【関東編】冬キャンプにおすすめのキャンプ場10選!冬でも暖かい場所も!

【関東編】冬キャンプにおすすめのキャンプ場10選!冬でも暖かい場所も!

キャンプと言えば夏と思っている人は多いのではないでしょうか。実はキャンプは冬がおすすめです。冬のキャンプ場の澄んだ空気を味わうと冬キャンプの醍醐味が分かります。冬キャンプにおすすめのキャンプ場を10つ紹介しますので参考にして冬キャンプに挑んでみましょう。

記事の目次

  1. 1.関東近郊の冬のおすすめキャンプ場を紹介!
  2. 2.冬のキャンプがおすすめな理由
  3. 3.冬のキャンプ場をチェックする時の注意点
  4. 4.おすすめキャンプ場1:北軽井沢スウィートグラス
  5. 5.おすすめキャンプ場2:キャンプアンドキャビンズ
  6. 6.おすすめキャンプ場3:グリンヴィラ
  7. 7.おすすめキャンプ場4:PICA富士吉田
  8. 8.おすすめキャンプ場5:有野実苑
  9. 9.おすすめキャンプ場6:森のまきばオートキャンプ場
  10. 10.おすすめキャンプ場7:フォレストパークあだたら
  11. 11.おすすめキャンプ場8:青根キャンプ場
  12. 12.おすすめキャンプ場9:大洗キャンプ場
  13. 13.おすすめキャンプ場10:出会いの森
  14. 14.冬キャンプに揃えたいギアを紹介!
  15. 15.冬キャンプで一味違うキャンプを楽しんでみては

関東近郊の冬のおすすめキャンプ場を紹介!

キャンプと言えば夏!なんて思っている方も多いと思いますが、澄み切った空気のキャンプ場を味わえる冬キャンプが人気があります。通年営業しているキャンプ場の中には冬季にも営業しているキャンプ場が全国では数多く存在しているのです。通年営業しているキャンプ場の中から関東地区でおすすめの冬季に行けるキャンプ場を紹介します。

冬のキャンプがおすすめな理由

冬季にキャンプなんて気が進まないなんて言う人が多いのは確かです。キャンプと言えば夏というのが一般的だからです。しかし、キャンプが好きな人たちからは「冬季こそキャンプ」という人が多いのが実際の所です。もちろん、テント泊だけではなくコテージやバンガローなどでも冬季のキャンプ場の雰囲気を楽しめるのでおすすめです。

冬がおすすめの理由1:虫が少ない

出典: http://sweetgrass.jp/facilities/fc1023?sname=w

キャンプを避けている人の中には虫が出るからといった人も多いです。そういう人こそ冬季のキャンプ場へ行ってください。アブや蜂などの害虫は冬季には活動していませんから、虫を気にすることなくキャンプ場を満喫できるのでおすすめです。また、蜘蛛なども少ないので虫嫌いの人には冬季のキャンプ場がおすすめといえます。

冬がおすすめの理由2:空いている

出典: http://sweetgrass.jp/facilities/fc1023?sname=w

口コミなどで評判の高いキャンプ場はなかなか予約が取れないものです。そんな評判のキャンプ場が通年予約が取れないかというとそうでもありません。やはりシーズンオフとみられている冬季であれば意外に予約が取れます。ですから、口コミなどで評判のキャンプ場を楽しみたいなら冬期がおすすめです。

冬がおすすめの理由3:値段が安い

出典: http://sweetgrass.jp/facilities/fc1014?sname=w

通年営業しているキャンプ場の中でも口コミで評判のキャンプ場などは、ピーク時期の宿泊費はそれなりに高額になります。テント泊だけではなくコテージやバンガローも同様です。そうした口コミで評判の通年営業しているキャンプ場でも、オフシーズンの冬季となれば低価格で宿泊できます。口コミで評判のキャンプ場を狙うなら冬季がおすすめといえるのです。

冬のキャンプ場をチェックする時の注意点

いざ冬キャンプをしようとしても、初めての冬キャンプというのはどうしても不安なものです。どこに注意をしてキャンプ場を選べばよいか分からないといったこともあるかと思います。そこで冬キャンプで宿泊する時のキャンプ場のチェックポイントを数点ピックアップします。

冬季に営業をしているか確認

出典: http://www.hananoko-camp.jp/facility.html

一番重要なことですが、冬キャンプをしようとしてもキャンプ場が営業していなければ楽しめません。通年営業や春から秋口までの営業をしているキャンプ場など営業形態はさまざまです。冬季キャンプが可能なキャンプ場かしっかりと確認をしましょう。

積雪があるか確認

キャンプ場はその性質上、山にある所が多いです。冬は雪の時期です。そのため、冬季になると積雪を伴うキャンプ場も数多くあります。通年営業しているキャンプ場でも時期によってその表情が変わります。冬以外の時期に行ったことがあるキャンプ場であっても積雪があるかかならず確認するべきです。

冬の営業時間を確認

通年営業しているキャンプ場であっても時期によって営業時間が変わっているキャンプ場は数多くあります。冬以外の時期に行ったことがあるキャンプ場でも営業時間が違う場合がありますので、必ず確認しましょう。また、コテージやバンガローなど施設によってチェックインの時間が違う場合もありますので、併せて確認するとよいでしょう。

電源があるか確認

冬は天気がよい時でも冷え込みが厳しい時期です。特に冬のキャンプ場の冷え込みは侮れません。電源があれば家で使っている暖房器具などが使用可能ですからおすすめです。料理なども電源があればホットプレートなども使えて楽です。電源があると何かと安心な場合もありますので、電源があるか確認をするとよいでしょう。

あると嬉しいお風呂

シャワーが付いているキャンプ場は多くありますが、お風呂があれば冬の空気で冷え切った体を温めることができます。キャンプ場の中には温泉施設を完備しているキャンプ場もありますので、お風呂を楽しみたい場合はチェックしてみるとよいでしょう。また、施設内にお風呂が無くても近くにお風呂がある場合もありますので調べてみるのもおすすめです。

コテージやバンガローもおすすめ

出典: http://sweetgrass.jp/facilities/fc1015?sname=w

キャンプと言えばテントと考えがちです。冬のキャンプではコテージやバンガローなど室内施設の利用もおすすめです。特に積雪が見込めるキャンプ場ではコテージやバンガローであれば冬でも暖かい部屋の中からキャンプ場の雰囲気を楽しめます。電源があるので暖房器具も使えますし、中には薪ストーブなどが付いているコテージやバンガローもあっておすすめです。

デイキャンプで下見をしてみても

出典: http://sweetgrass.jp/facilities/fc1047?sname=w

冬のキャンプ場での宿泊が不安な場合はデイキャンプでも雰囲気を楽しめることができます。口コミで評判であっても実際に自分で確かめないとキャンプ場の良し悪しは分かりません。電源が使用できるか、コテージやバンガローなどの施設や温泉が近くにあるかなど環境も含めて、デイキャンプを行うと確認することができますので、不安が解消されます。

おすすめキャンプ場1:北軽井沢スウィートグラス

出典: http://sweetgrass.jp/facilities/fc1047?sname=w

関東地区キャンプ場ランキングで常に上位にランクインされる高規格キャンプ場であるスウィートグラスは、浅間山の麓にある広大な敷地になるキャンプ場です。冬の時期となる12月下旬から3月ぐらいまでは積雪が見込まれるため雪中キャンプを楽しむことができます。

出典: http://sweetgrass.jp/facilities/fc1015?sname=w

コテージやバンガローの宿泊施設には薪ストーブが設置されているので、薪ストーブを楽しめると口コミなどでも評判です。テントサイトやコテージそしてバンガローなどの施設は時期によって使用料金が違うのですが、冬の時期であれば格安で宿泊することが可能です。関東エリアで雪中キャンプを楽しむにはおすすめのキャンプ場です。

キャンプ場情報

キャンプ場名:北軽井沢スウィートグラス
住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990
電話:0279-84-2512
営業時期:通年
電源サイト:あり
コテージやバンガロー:あり

北軽井沢スウィートグラス

おすすめキャンプ場2:キャンプアンドキャビンズ

出典: http://www.camp-cabins.com/facility/stay/auto-camp/choi.html

子供と一緒にいろいろなイベントが楽しめることで口コミなどで評判のキャンプアンドキャビンズも関東で冬キャンプを楽しむにはおすすめのキャンプ場です。施設内には露天風呂があるのでキャンプ場で温泉を楽しめます。また、水道などでは温水もでますので料理なども安心です。

キャンプ場情報

キャンプ場名:キャンプ・アンド・キャビンズ
住所:栃木県那須郡那須町高久甲5861-2
電話:0287-64-4677
営業時期:通年
電源サイト:あり
コテージやバンガロー:あり

キャンプアンドキャビンズ

おすすめキャンプ場3:グリンヴィラ

出典: http://www.greenvila.jp/shisetsu/index.html

予約開始とともにすぐに満室となってしまう関東でも屈指の人気を誇るキャンプ場のグリンヴィラも冬のキャンプにおすすめです。センターハウスには温泉があるほか、隣接しているフォレスパ大子という温泉型プール施設もあるので通年楽しむことができます。年末年始を除く12月1日から3月31日までは料金が割引されています。

キャンプ場情報

キャンプ場名:大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ
住所:茨城県久慈郡大子町矢田15-1
電話:0287-64-4677
営業時期:通年
電源サイト:あり
コテージやバンガロー:あり

グリンヴィラ

おすすめキャンプ場4:PICA富士吉田

出典: https://www.pica-resort.jp/stay/site/yoshida/?view=site

贅沢なキャンプを味わいたいならPICA富士吉田がキャンプ場としておすすめです。関東にいながら海外の雰囲気を味わえます。パオやトレーラーハウスなどの宿泊施設は口コミでも評判です。プレイパークなど子供も楽しめる施設が充実していますので、家族でキャンプを楽しむことができます。

キャンプ場情報

キャンプ場名:PICA富士吉田
住所:山梨県富士吉田市上吉田4959-4 
電話:0555-30-4580
営業期間:通年
電源サイト:あり
コテージやバンガロー:あり

PICA富士吉田

おすすめキャンプ場5:有野実苑

出典: https://arinomi.co.jp/acg.html

雪が心配という場合は有野実苑オートキャンプ場キャンプ場がおすすめです。関東の中でも平野部に位置しているこちらのキャンプ場であれば、積雪の心配はありません。また、ヒノキ風呂が付いた野天風呂サイトや、お風呂も用意されているので寒い時期でも楽しくキャンプができます。

キャンプ場情報

キャンプ場名:有野実苑オートキャンプ場
住所:千葉県山武市板中新田224
電話:0475-89-1719
営業期間:通年
電源サイト:あり
コテージやバンガロー:あり

有野実苑

おすすめキャンプ場6:森のまきばオートキャンプ場

出典: http://www7b.biglobe.ne.jp/morimaki/

都心から約1時間とアクセスの良さが口コミで評判のキャンプ場です。関東の平野部ですので積雪の心配もありません。宿泊施設はありませんが、広大な敷地の中で開放感のある気持ちのよい冬の空気を楽しめます。

キャンプ場情報

キャンプ場名:森のまきばオートキャンプ場
住所:千葉県袖ヶ浦市林562-1-3
電話:0438-75-2966
営業期間:通年
電源サイト:あり
コテージやバンガロー:なし

森のまきばオートキャンプ場

おすすめキャンプ場7:フォレストパークあだたら

出典: http://www.fpadatara.com/guide/free.html

自然豊かなフィールドが特徴のこちらのキャンプ場ですが、場内はしっかりと整備されたおすすめキャンプ場です。敷地内には温泉がありますので、冬のキャンプで冷えた体には最高です。関東からも多くのキャンパーが訪れている口コミで評判のキャンプ場です。

キャンプ場情報

キャンプ場名:ふくしま県民の森フォレストパークあだたら
住所:福島県安達郡大玉村玉井字長久保68
電話:0243-48-2040
営業期間:通年
電源サイト:あり
コテージやバンガロー:あり

フォレストパークあだたら

おすすめキャンプ場8:青根キャンプ場

出典: http://aonecamp.jp/detail/

フリーサイトは予約がいりません。しかも直火で焚火などを楽しめるキャンプ場です。キャンプ場と隣接している入浴施設「青根緑の休暇村いやしの湯」を利用すれば、本格的なキャンプを楽しみながらくつろぎのキャンプを楽しめることができます。

キャンプ場情報

キャンプ場名:緑の休暇村青根キャンプ場
住所:神奈川県相模原市緑区青根807-2
電話:042-787-1380
営業期間:通年
電源サイト:あり
コテージやバンガロー:あり

青根キャンプ場

おすすめキャンプ場9:大洗キャンプ場

出典: http://www.oarai-camp-jo.com/

近くに海産物販売センターなどがあるので新鮮な海産物を楽しめることでも有名なキャンプ場です。予約なしでフリーテントサイトが利用でき北関東自動車道の東水戸道路の水戸大洗ICから約10分ほどの場所にありながら、自然実が溢れる口コミで評判のキャンプ場です。

キャンプ場情報

キャンプ場名:大洗キャンプ場
住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8231
電話:029-267-2276
営業期間:通年
電源サイト:あり
コテージやバンガロー:あり

大洗キャンプ場

おすすめキャンプ場10:出会いの森

出典: https://www.deainomori-ac.com/%E6%96%BD%E8%A8%AD%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85/

大芦川と田園風景が広がる、自然豊かなキャンプ場です。場内は清潔に保たれています。また、シャワーやランドリーは無料で使うことができるので、多くのキャンパーが訪れる人気のキャンプ場となっています。

キャンプ場情報

キャンプ場名:出会いの森総合公園オートキャンプ場
住所:栃木県鹿沼市酒野谷1335-3
電話:0289-60-3321
営業期間:通年
電源サイト:あり
コテージやバンガロー:なし

出会いの森

冬キャンプに揃えたいギアを紹介!

出典: https://sweetgrass.jp/facilities/fc1001?sname=w

冬のキャンプは夏のキャンプとは違い寒いのが特徴です。そのため、ギアなども夏の装備では寒さをしのぐことができません。冬キャンプに備えたギアを揃えることをおすすめします。そこで、最低限これは揃えておいた方が良いというギアを紹介しますので、冬キャンプに備えて参考にしてください。

冬キャンプに暖房器具は必需品

出典: http://sweetgrass.jp/facilities/fc1015?sname=w

冬キャンプには暖房器具が必需品です。電源があるサイトであればこたつやホットカーペットなどを用意するとよいでしょう。電源が付いていない場合は灯油ストーブや薪ストーブなどを用意するとよいでしょう。ただし、テント内などで使用する場合は一酸化炭素中毒になる可能性もありますので気を付けましょう。

冬対応の寝袋で寒さを防ごう

出典: https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1121316

寝袋の中には冬に対応している寝袋も存在します。オールシーズンに対応した寝袋もありますが、できれば冬対応の寝袋を用意しましょう。寝袋には何度まで対応しているか対応温度が記載されていますので、そちらを確認して購入するとよいでしょう。また、電源がある場合は電気毛布を持ち込むなんていう手もあります。

服装にも冬キャンプは注意が必要

出典: http://sweetgrass.jp/winter/

冬のキャンプで防寒着を着込むのは当然のことですが、意外と汗をかいてしまうものです。汗をかいたままでいると体が冷えてしまいますので、必ず替えのシャツなどを持ち込みましょう。また、足元もスニーカーなどの靴だと冬が降った場合に冷えてしまいますので、できれば長靴などを着用して防寒対策をしましょう。

出典: https://www.dod.camp/photo_gallery/29952/

また、突然の雨や突風などで体が冷え切ってしまう場合もあります。上着以外にもウインドブレーカーなどを備えておくと無難です。焚火などを楽しむ場合は火の粉が飛んで服に穴を開けてしまう場合もありますので、そういった状況も考慮した洋服を選ぶようにするとよいでしょう。

冬キャンプで一味違うキャンプを楽しんでみては

出典: https://www.dod.camp/photo_gallery/29949/

冬におすすめのキャンプ場を紹介してきました。夏のキャンプも確かに楽しい物です。しかし、冬のキャンプはそれ以上に楽しい場面もいっぱいあります。普段の生活と離れて自然のなかで澄んだ空気を楽しめる冬キャンプに出かけてみてはいかがでしょうか。

冬キャンプが気になる方はこちらもチェック!

【冬キャンプの決定版】寒さ対策で暖かく、冬ならではの大自然を楽しもう!のイメージ
【冬キャンプの決定版】寒さ対策で暖かく、冬ならではの大自然を楽しもう!
一度はしてみたいキャンプスタイルとなった冬キャンプは準備が大切です。どんな装備や服装がいいのか、どんな必需品があるのか、ストーブなどの暖房器具や防寒対策、冬キャンプにおすすめのキャンプ場など冬キャンプに大切なことを一気に紹介します。
フクスケ
ライター

フクスケ


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking