秋冬におすすめな観葉植物15選!室内向きで初心者も育てやすい植物はコレ!のイメージ

秋冬におすすめな観葉植物15選!室内向きで初心者も育てやすい植物はコレ!

秋冬でも育てられる、おすすめの観葉植物をお探しでしょうか?空調を効かせることで冬越しできる観葉植物は多いのですが、空調なしでも冬越しできる観葉植物の方が簡単で良いですよね!今回はそんな秋冬におすすめな観葉植物を15選して紹介していきます!

2018年09月13日更新

T・S
T・S
元農家で農業検定を持つライターです!植物に関すること、海のこと、DIYについて主に書かせて頂きます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 秋冬におすすめな観葉植物15選!
  2. 秋冬におすすめな観葉植物①
  3. 秋冬におすすめな観葉植物②
  4. 秋冬におすすめな観葉植物③
  5. 秋冬におすすめな観葉植物④
  6. 秋冬におすすめな観葉植物⑤
  7. 秋冬におすすめな観葉植物⑥
  8. 秋冬におすすめな観葉植物⑦
  9. 秋冬におすすめな観葉植物⑧
  10. 秋冬におすすめな観葉植物⑨
  11. 秋冬におすすめな観葉植物⑩
  12. 秋冬におすすめな観葉植物⑪
  13. 秋冬におすすめな観葉植物⑫
  14. 秋冬におすすめな観葉植物⑬
  15. 秋冬におすすめな観葉植物⑭
  16. 秋冬におすすめな観葉植物⑮
  17. まとめ:秋冬におすすめな観葉植物

秋冬におすすめな観葉植物15選!

moon.11mnさんの投稿
38784101 1144767695672241 5700917521721327616 n

秋冬でも育てやすい観葉植物となると、どのような種類をイメージされるでしょうか?どの観葉植物も空調をしっかり効かせることで冬越しはできるのですが、空調を入れ忘れたりしてしまうと一気に状態が悪くなってしまうかもしれません。ちょっと気を使う秋冬の時期でも育てやすい種類は初心者にとって有り難いですよね。今回はそんな秋冬でも育てやすい種類を15選して紹介していきます!

秋冬におすすめな観葉植物①

初心者でも育てやすい「ユッカ」

jardin_hananonaさんの投稿
38170735 469114990266329 2373845965145636864 n

秋冬でも育てられる、人気・おしゃれなインテリア観葉植物1種類目は「ユッカ」です。こちらは「青年の樹」とも呼ばれる植物で、非常に丈夫で育てやすく、寒さも0度以上あれば耐えられるので人気があります。幹が太く、上向きに葉がつくユッカは、狭い場所よりも広い場所の飾りにピッタリ。日陰でも育ちますが、ちょっと葉が細くなってしまいますので、窓越しに光があたる場所をおすすめします。

育て方の詳細

u.s.junkieさんの投稿
35542487 2209210639105833 8681353709629734912 n

日当たり:日陰でも育ちますが、日光がある方が葉が元気に育ちます。カーテン越しにでも日光をあてましょう。
用土:市販されている観葉植物の土を使用出来ます。
水やり:春~秋は、土の表面が乾いてから水やりをします。冬は土の表面が乾いてから3日ほどあけて水やりをしましょう。
肥料:夏から秋時期に、一ヶ月に一回、緩行性肥料を与えます。
お手入れ:2~3年に一度植え替えをしましょう。
増やし方:挿し木・幹挿し
注意点:乾燥するとハダニの被害を受けやすくなります。葉水をして防ぎましょう。

秋冬におすすめな観葉植物②

シェフレラ・ホンコンカポック

chamu2014さんの投稿
20479350 326616824463832 3131904128066781184 n

秋冬でも育てられる、人気・おしゃれなインテリア観葉植物2種類目は「シェフレラ・ホンコンカポック」です。こちらは数ある観葉植物の中でもトップクラスに丈夫だと言われています。家の飾りだけでなく、オフィスの飾りになっていることも多いですよね。それなりに管理していればほぼ枯れませんので、とにかく育てやすいものを探している初心者の方におすすめです。0度以上の温度があれば冬越し出来ますので安心ですね。

育て方の詳細

nagahamacoffee_moriokanishiさんの投稿
33210390 459247671182227 4831651218008834048 n

日当たり:日当たりの良い場所の方がより元気に育ちますが、耐陰性はありますので、あまり日の当たらない場所でも構いません。
用土:市販されている観葉植物の土を使用出来ます。
水やり:春~秋は、土の表面が乾いてから水やりをします。冬は土の表面が乾いてから3日ほどあけて水やりをしましょう。
肥料:緩効性固形肥料を二か月に一回ペースで与えます。
お手入れ:植え替えは2年に一回ペースで行います。成長すると自重で倒れることがありますので、適時剪定をして形を整えましょう。
増やし方:挿し木
注意点:乾燥するとハダニの被害を受けやすくなります。葉水をして防ぎましょう。

秋冬におすすめな観葉植物③

初心者でも育てやすい「シュロチク」

antwharfさんの投稿
32097907 115635619314603 3442148689806622720 n

秋冬でも育てられる、人気・おしゃれなインテリア観葉植物3種類目は「シュロチク」です。漢字では棕櫚竹と書きますが竹の仲間ではありません。しかし、まるで竹のような雰囲気がありますので和室の飾りにピッタリですよね。こちらも耐陰性・耐寒性ともに高いので、秋冬の室内でも十分に育てられます。また病気などにもなりにくいので初心者にとってとても育てやすい観葉植物ですね。

育て方の詳細

izmipincoさんの投稿
13126715 497199113810348 487731735 n

日当たり:強い直射日光は得意としませんので、カーテン越しに日をあてる程度がおすすめです。
用土:市販されている観葉植物の土を使用出来ます。
水やり:春~秋は、土の表面が乾いてから水やりをします。冬は土の表面が乾いてから3日ほどあけて水やりをしましょう。
肥料:春から秋は緩効性固形肥料を一ヶ月に一回ペースで与えます。
お手入れ:剪定する際は根本から切りましょう。3年に一度ペースで植え替えをします。
増やし方:株分け
注意点:エアコンの風があたりすぎると葉が茶色く枯れてしまいますのでご注意下さい。

秋冬におすすめな観葉植物④

初心者でも育てやすい「ガジュマル」

marinsta55さんの投稿
40424288 2086234171706204 7607626314322130947 n

秋冬でも育てられる、人気・おしゃれなインテリア観葉植物4種類目は「ガジュマル」です。こちらは沖縄やアジア地域でよく見かける植物であり、精霊が宿っている樹として大切にされていますね。暖かい地方に自生していますが、実は寒さにも強く、また室内でも育てられる観葉植物です。小さなポットでも育てられますので、玄関の飾りにも出来ます。出来れば日光をそれなりにあてて育ててあげましょう。

育て方の詳細

green_life_health_care11さんの投稿
39272025 328535764554143 539242541401243648 n

日当たり:日当たりの良い場所の方がより元気に育ちますが、耐陰性はあります。
用土:市販されている観葉植物の土を使用出来ます。
水やり:春~秋は、土の表面が乾いてから水やりをします。冬は土の表面が乾いてから3日ほどあけて水やりをしましょう。
肥料:春から秋時期は緩効性固形肥料を二か月に一回ペースで与えます。冬は肥料を与えません。
お手入れ:植え替えは3年に一回ペースで行います。成長すると自重で倒れることがありますので、適時剪定をして形を整えましょう。
増やし方:挿し木
注意点:風通しが悪いとカイガラムシが発生することがあります。逐一チェックして、見つけた場合は歯ブラシなどで落としましょう。

秋冬におすすめな観葉植物⑤

初心者でも育てやすい「ストレチア・レギネ」

uta.16さんの投稿
17076923 1381495888563196 5649512591458828288 n

秋冬でも育てられる、人気・おしゃれなインテリア観葉植物5種類目は「ストレチア・レギネ」です。こちらは「極楽鳥花」と言われるほど美しい花を咲かせる観葉植物です。花を楽しめないものも多い中で、美しい花がつくのは嬉しいですよね。乾燥にも寒さにも強いのですが、日光はあった方がいいので、窓際の飾りにすることをおすすめします。

育て方の詳細

interior_site_growさんの投稿
40572922 178017666348479 6012136300958433119 n

日当たり:日光をあてなくても育ちますが、日当たりが無いと花付きが悪くなります。
用土:市販されている観葉植物の土を使用出来ます。
水やり:春~秋は、土の表面が乾いてから水やりをします。冬は土の表面が乾いてから3日ほどあけて水やりをしましょう。
肥料:液体肥料を1か月に3回ペースで与えます。
お手入れ:植え替えは2年に一回ペースで行います。
増やし方:種まき
注意点:葉の水分が減ると丸まってしまいますので、葉水を行いましょう。ハダニ対策にもなります。カイガラムシがつくこともありますので、見つけたら歯ブラシなどで落としましょう。

秋冬におすすめな観葉植物⑥

初心者でも育てやすい「パキラ」

flower_kitchen_jiyugaokaさんの投稿
38876745 267465254079041 6217045914935099392 n

秋冬でも育てられる、人気・おしゃれなインテリア観葉植物6種類目は「パキラ」です。こちらは観葉植物の定番として多くの方に知られています。室内でも育てられる上にとても丈夫で、冬は3度まで耐えることができ、初心者でも安心して育てられます。サイズはそれなりに大きいので居間の飾りによく使われていますね。見た目もとてもおしゃれなのでおすすめです。

育て方の詳細

primesolve_shinsotsuさんの投稿
40489506 1524817210953457 7363808303812116930 n

日当たり:日当たりの良い場所の方がより元気に育ちますが、耐陰性はありますので、あまり日の当たらない場所でも構いません。
用土:市販されている観葉植物の土を使用出来ます。
水やり:春~秋は、土の表面が乾いてから水やりをします。冬は土の表面が乾いてから3日ほどあけて水やりをしましょう。
肥料:春から秋にかけて、緩効性固形肥料を二か月に一回ペースで与えます。冬は肥料を与えません。
お手入れ:植え替えは2~3年に一回ペースで行います。
増やし方:挿し木、種まき
注意点:乾燥するとハダニの被害を受けやすくなります。葉水をして防ぎましょう。またカイガラムシも発生しやすいので逐一チェックし、見つけたら歯ブラシなどで落としましょう。

秋冬におすすめな観葉植物⑦

初心者でも育てやすい「オーガスタ」

asasa0509さんの投稿
16230619 1706505342975067 6535322920216952832 n

秋冬でも育てられる、人気・おしゃれなインテリア観葉植物7種類目は「オーガスタ」です。こちらも非常に育てやすい観葉植物で、寒さは5度まで耐えられます。先述して紹介しましたストレリチアの仲間でもあり、花を咲かせるのもポイント。画像のようにとても大きく育ちますので、広い場所の飾りにピッタリです。また、蒸散作用が高いのもポイントで、部屋の空気を潤してくれます。

育て方の詳細

hanacosanchiさんの投稿
30894230 167211363986786 5262097904180396032 n

日当たり:直射日光を苦手としますので、カーテン越しの光をあてるのがおすすめです。
用土:市販されている観葉植物の土を使用出来ます。
水やり:春~秋は、土の表面が乾いてから水やりをします。冬は土の表面が乾いてから3日ほどあけて水やりをしましょう。
肥料:緩効性固形肥料を二か月に一回ペースで与えます。
お手入れ:株分け
増やし方:植え替えは2年に一回ペースで行います。割れた葉があれば剪定しましょう。
注意点:乾燥するとハダニの被害を受けやすくなります。葉水をして防ぎましょう。またカイガラムシも発生しやすいので逐一チェックし、見つけたら歯ブラシなどで落としましょう。

秋冬におすすめな観葉植物⑧

初心者でも育てやすい「ドラセナ・マッサンゲアナ」

sachiyo520さんの投稿
39022310 275849803020313 9028761833107881984 n

秋冬でも育てられる、人気・おしゃれなインテリア観葉植物8種類目は「ドラセナ・マッサンゲアナ」です。こちらは「幸福の木」とされ、古くから愛されてきた観葉植物です。寒さは5度まで耐えられますので、冬の室内であれば十分冬越しが出来ます。稀に白い花をつけるのですが、この花は夜に開花し、甘い匂いを出すのもポイントです。

育て方の詳細

naneibuildingさんの投稿
40450673 1908000416176182 2984500146051840665 n

日当たり:直射日光を苦手としますので、カーテン越しの光をあてるのがおすすめです。
用土:市販されている観葉植物の土を使用出来ます。
水やり:春~秋は、土の表面が乾いてから水やりをします。冬は土の表面が乾いてから3日ほどあけて水やりをしましょう。
肥料:緩効性固形肥料を二か月に一回ペースで与えます。
お手入れ:植え替えは2年に一回ペースで行います。よく伸びる植物ですので、伸びすぎて欲しくない場合は適期切り戻しをしましょう。また放っておくと混み合ってきて風通しが悪くなりますので、その際も切り戻しをしてあげます。
増やし方:挿し木
注意点:乾燥するとハダニの被害を受けやすくなります。葉水をして防ぎましょう。またカイガラムシも発生しやすいので逐一チェックし、見つけたら歯ブラシなどで落としましょう。

秋冬におすすめな観葉植物⑨

初心者でも育てやすい「キダチアロエ」

masya_herbさんの投稿
39990132 1173552069449860 8828964527100689896 n

秋冬でも育てられる、人気・おしゃれなインテリア観葉植物9種類目は「キダチアロエ」です。アロエはもともと寒さに強い植物ではありませんが、こちらの種類は寒さに強い種類で、3度まで耐えることが出来ます。また育てやすいことでも知られていますので初心者にもおすすめ。とげとげしい見た目をしていますが、部屋のアクセント・飾りに使える植物です。

育て方の詳細

coco_santihさんの投稿
39152776 504277860035697 422187060334428160 n

日当たり:直射日光を好みますので、窓際に置いて育てましょう。
用土:サボテン専用用土を使いましょう。
水やり:春~秋は、土の表面が乾いてから水やりをします。冬は10日に1回ペースくらいまで水やり頻度を下げます。
肥料:春から秋は、緩効性固形肥料を二か月に一回ペースで与えます。寒い季節は肥料を与えなくても大丈夫です。
お手入れ:植え替えは2~3年に一回ペースで行います。
増やし方:挿し木・株分け
注意点:カイガラムシが発生しやすいので逐一チェックし、見つけたら歯ブラシなどで落としましょう。

秋冬におすすめな観葉植物⑩

初心者でも育てやすい「グリーンネックレス」

saki_385さんの投稿
37294411 232686264233116 3075000638938021888 n

秋冬でも育てられる、人気・おしゃれなインテリア観葉植物10種類目は「グリーンネックレス」です。こちらは名前の通り、本当にネックレスのような見た目をしている可愛らしい観葉植物です。小ぶりですので窓際などに小物として飾りにするのがおすすめです。この丸い葉の中に水分をためていますので、乾燥に強いのがポイントです。育てやすいので初心者にもおすすめです。香りのある花も咲きます。

育て方の詳細

m.s.y5416さんの投稿
39981236 2021015441275689 2187778721933426688 n

日当たり:直射日光は少し苦手ですので、真夏はカーテン越しの光をあててあげましょう。
用土:多肉植物用の土を使います。
水やり:春と秋は、土の表面が乾いてから水やりをします。夏と冬は土の表面が乾いてから3日ほどあけて水やりをしましょう。
肥料:緩効性固形肥料を春と秋に与えます。
お手入れ:よく伸びますので、春に切り戻しをします。10㎝程度まで短く切り戻ししましょう。鉢が根でいっぱいになったら植え替えをします。
増やし方:挿し木・株分け
注意点:アブラムシがつくことがあります。少なければガムテープでとり、多ければ薬剤で対応するのがおすすめです。

秋冬におすすめな観葉植物⑪

初心者でも育てやすい「ゴムノキ」

neo_greenさんの投稿
33880225 458596051220824 3767247477544058880 n

秋冬でも育てられる、人気・おしゃれなインテリア観葉植物11種類目は「ゴムノキ」です。ゴムノキとして扱われていますが「フィカス・エラスティカ・デコラ」が本当の名前です。ゴムノキは非常に生命力が強く、寒さも0度まで耐えることが出来ますので育成は簡単。ボリューム感はありますので、居間など広いスペースの飾りに適しています。

育て方の詳細

kotomouさんの投稿
14033514 1210355189016085 1218491677 n

日当たり:直射日光は得意としませんので、カーテン越しの光をあててあげるのがおすすめです。
用土:市販されている観葉植物の土に、赤玉土と鹿沼土を少し足して水はけをよくしてあげましょう。
水やり:春~秋は、土の表面が乾いてから水やりをします。冬は土の表面が乾いてから3日ほどあけて水やりをしましょう。
肥料:春から秋に緩効性固形肥料を二か月に一回ペースで与えます。冬は肥料を与えません。肥料は無くても育ちますが、あるとより元気に育ちます。
お手入れ:植え替えは2年に一回ペースで行います。大きくなりすぎた際はハサミで剪定しましょう。樹液が出てくるのですが、この樹液は皮膚に良くないので、ゴム手袋をして作業して下さい。
増やし方:挿し木
注意点:乾燥するとハダニの被害を受けやすくなります。葉水をして防ぎましょう。またカイガラムシも発生しやすいので逐一チェックし、見つけたら歯ブラシなどで落としましょう。

秋冬におすすめな観葉植物⑫

初心者でも育てやすい「モンステラ・デリシオサ」

akikoyokooさんの投稿
15253241 1658997724398977 3811459583126274048 n

秋冬でも育てられる、人気・おしゃれなインテリア観葉植物12種類目は「モンステラ・デリシオサ」です。こちらは南国の雰囲気があり、大人気の観葉植物です。育てやすく、寒さも5度までなら耐えることが出来ます。大きくなる観葉植物ですので、居間などの広いスペースの飾りにピッタリです。ただし、カーテン越しにでも日にあたらないと形が悪くなりますのでご注意下さい。

育て方の詳細

suisou.to.uekibachiさんの投稿
14350369 1112735272097676 7021880042690969600 n

日当たり:半日陰の場所がおすすめです。室内であればカーテン越しの光をあてましょう。
用土:市販されている観葉植物の土を使用出来ます。
水やり:春~秋は、土の表面が乾いてから水やりをします。冬は土の表面が乾いてから3日ほどあけて水やりをしましょう。
肥料:春から秋に緩効性固形肥料を二か月に一回ペースで与えます。冬は肥料を与えません。
お手入れ:鉢内が根で詰まってきたら植え替えをしましょう。
増やし方:挿し木
注意点:乾燥するとハダニの被害を受けやすくなります。葉水をして防ぎましょう。またカイガラムシも発生しやすいので逐一チェックし、見つけたら歯ブラシなどで落としましょう。

秋冬におすすめな観葉植物⑬

初心者でも育てやすい「シュガーバイン」

indoorplants_lifeさんの投稿
35176560 260355191367198 869940514793717760 n

秋冬でも育てられる、人気・おしゃれなインテリア観葉植物13種類目は「シュガーバイン」です。こちらは5枚に分かれた可愛らしい葉が大人気の観葉植物で、窓辺の飾りにピッタリです。寒さは0度まで耐えることができ、冬越ししやすいのも特徴。つる性であり、どんどん伸びていきますので、伸びすぎたら適時ハサミで切って調整しましょう。

育て方の詳細

nico_m333さんの投稿
37765121 467552663723033 6141889849885458432 n

日当たり:直射日光は苦手ですので、カーテン越しの光をあててあげましょう。
用土:市販されている観葉植物の土を使用出来ます。
水やり:春~秋は、土の表面が乾いてから水やりをします。冬は土の表面が乾いてから3日ほどあけて水やりをしましょう。
肥料:春から秋は緩効性固形肥料を1か月に一回ペースで与えます。冬は肥料を与えません。
お手入れ:植え替えは2年に一回ペースで行います。つるが伸びすぎたらハサミで切り戻し、形を整えます。
増やし方:挿し木
注意点:カイガラムシが発生しやすいので逐一チェックし、見つけたら歯ブラシなどで落としましょう。

秋冬におすすめな観葉植物⑭

初心者でも育てやすい「トックリラン」

marcopcuore_さんの投稿
34392035 1963630933655568 6118379740073033728 n

秋冬でも育てられる、人気・おしゃれなインテリア観葉植物14種類目は「トックリラン」です。こちらはまるでとっくりのような膨らみから葉が出ていることから名付けられた観葉植物で、「ポニーテール」と呼ばれることもあります。寒さは0度まで耐えることができ、また膨らみに水分をためているので乾燥にも強く、育てやすい品種です。サイズもほどよく、家中のどこにでも、飾りとして使えます。

育て方の詳細

yukiko_tajima_rlfさんの投稿
36787946 235232570419684 1076973739645599744 n

日当たり:日光が好きなので、窓から光があたる場所に置いてあげると元気に育ちます。日光が全くあたらない場所では下部が膨らみにくくなりますのでご注意下さい。
用土:市販されている観葉植物の土を使用出来ます。
水やり:春~秋は、土の表面が乾いてから水やりをします。冬は土の表面が乾いてから3日ほどあけて水やりをしましょう。
肥料:緩効性固形肥料を二か月に一回ペースで与えます。冬は肥料を与えません。
お手入れ:植え替えは2年に一回ペースで行います。
増やし方:種まき、挿し木
注意点:乾燥するとハダニの被害を受けやすくなります。葉水をして防ぎましょう。

秋冬におすすめな観葉植物⑮

初心者でも育てやすい「オリヅルラン」

koro_koro.rinさんの投稿
38097316 199610050913012 6785509446723305472 n

秋冬でも育てられる、人気・おしゃれなインテリア観葉植物15種類目は「オリヅルラン」です。こちらはまるで折り鶴がぶらさがっているように見えるということで名付けられた植物です。涼しげな印象があり、人気ですね。寒さは5度まで耐えることができ、冬越しは容易なのですが、直射日光は苦手ですので直接日があたらない場所に飾りましょう。

育て方の詳細

mokolouk02さんの投稿
39687805 2480156968877454 7545587330900295680 n

日当たり:カーテン越しの光をあててあげるのがおすすめです。
用土:市販されている観葉植物の土に赤玉土と鹿沼土を少し足して水はけをよくするのがおすすめです。
水やり:春~秋は、土の表面が乾いてから水やりをします。冬は土の表面が乾いてから3日ほどあけて水やりをしましょう。
肥料:緩効性固形肥料を二か月に一回ペースで与えます。冬は肥料を与えません。
お手入れ:植え替えは1~2年に一回ペースで行います。葉が変色したら適時ハサミで切り取ります。
増やし方:ランナーで子株をつけますので、その子株を違う鉢に植え付けしましょう。
注意点:乾燥するとハダニの被害を受けやすくなります。葉水をして防ぎましょう。またアブラムシも発生しやすいので逐一チェックし、見つけたらガムテープでとり、多ければ薬剤も使いましょう。

まとめ:秋冬におすすめな観葉植物

syk0329さんの投稿
40026248 1895222710584857 1869099127802700284 n

今回の「秋冬におすすめな観葉植物15選!室内向きで初心者も育てやすい植物はコレ!」はいかがでしたでしょうか?ほとんどの観葉植物では室内であれば室温管理が出来ますので冬越しが可能です。しかし耐寒性が無いものはかなり気を使うことになりますので大変ですよね。今回ご紹介したものはどれも耐寒性が高いので、簡単に冬越しが出来ます。冬時期は水の与えすぐに注意し、完全に乾いてから与えるようにしましょう!

観葉植物が気になる方はこちらもチェック!

今回は秋冬におすすめの観葉植物を紹介させて頂きましたが、他にもガーデニング・観葉植物に関する記事が沢山あります。気になる方は是非チェックしてみて下さい。

Thumb観葉植物の水やり方法と注意点!頻度やタイミングなどの正しい手入れとは? | 暮らし~の[クラシーノ]
お庭がなくても育てられる観葉植物は、1人暮らしやお店やカフェなで幅広く大人気ですね。しかし水...
Thumb観葉植物に発生する虫10選!小さい害虫の虫除け対策と駆除方法含めてご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
観葉植物の虫にはどんな種類があるのか。小さい虫はつい見逃してしまい被害が大きくなってから気づ...
Thumb水栽培で観葉植物を育てよう!水だけでおしゃれに植物を育てる方法をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
土を使わずに手軽にグリーンを楽しむことのできる水栽培。お部屋のおしゃれなアクセントにもなり人...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ